« 消防計画 | トップページ | 第2回 世界最高峰プレミアム日本酒特別試飲会 »

2012年10月26日 (金)

綺麗な日本語

「綺麗な日本語」を使いましょう、ってのには半分同意で半分反対(?)だ。そんな文法だの言い回しだの単語だの、昔の物を守るんだったら未だに万葉仮名で上代日本語喋ってればいいのだ。
ま、ネタ的に突っ込むことはあっても別に伝われば良いぐらいに思ってる。「すべからく」でも「失笑」でも通じればいいじゃないか。自分が仕事のメールとかで書くときは気をつけるけどね(ムダにリスクを負いたくないので)。

でもロジックが破綻してるのは気になってしまうのだ。

先日秋葉のUDXのトイレで見かけたもの。人がいないので写真撮っちゃった。

「予防対策」ってのが何目線の言葉なのかと。「予防」に「対策」するんだから、予防されては困る立場なんだろうな。バイキンマンサイドか。
「風邪の予防に」とか「ノロウイルス対策に」とかでいいのに。

似たようなのに、以前やたらと見かけた「節電対策」がある。「節電対策のため照明を一部暗くしております」とか。「節電のため」で良さそうなものなのに、何故か「対策」つけちゃった。

この何とも言えない気持ち悪い感じって個人差なのかなぁ。ガラスとか黒板引っ掻いても平気な奴がいるみたいに。

|

« 消防計画 | トップページ | 第2回 世界最高峰プレミアム日本酒特別試飲会 »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47598771

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な日本語:

« 消防計画 | トップページ | 第2回 世界最高峰プレミアム日本酒特別試飲会 »