« YSP-2200 | トップページ | iPhone5 (続報) »

2012年10月23日 (火)

ランス終了

思ったより早くやってきた感じ。
Trek, SRAM が契約を切って自転車乗れなくなっちゃって、Nike と Oakley も契約切ったので着る物無くなっちゃったかも。
UCI confirms Lance Armstrong's life ban

ということで、UCI(世界自転車連盟)が正式にランスのツール7連覇と生涯自転車レースから追放を決定したと。最初はUSADAが騒いで勇み足、みたいに見えたのだけど、チームメイトの自供やらでガンガン外濠が埋まって UCI まで動いたと。というか遅きに失した感はある。

本来であればUCIが真っ先に正当な検査をして、手続きをしてから各国の自転車連盟が従うべきなのに、USのアンチドーピングの告発に引きずられてこういう結果になったのは余りにお粗末。結局、UCI の「ドーピングと戦う」というステートメントは口先だけだったと言われても仕方あるまい。
更には、ランディスの福音にもあったように、ランスとマッケイドUCI会長は蜜月とも言われる関係があったと言われていて、そう考えるとトカゲの尻尾切りというか、マッケイドとUCI の保身のための今回の措置とも思える。

今回の騒動で、自転車界はまた大きくイメージを落とした。実際、長くオランダのチームを支えていたラボバンクは急遽今年いっぱいでスポンサーを降りることを表明している。他のスポーツと違ってクリーンにするために厳格なチェックを繰り返している筈なのに、それが建前で実際はザルだった時のダメージは計り知れない。

Prudhomme: "This era must be remembered as an era without winners"
ランス個人は「もういい」と争いを放棄してから正式にコメントを出していないけれども、Tourからは賞金300万ドルを返せとか、保険会社からも優勝したときの保険金750万ドル(ホールインワン保険みたいに優勝しちゃったらパーティとか色々大変だから保険掛けておくみたいだ)を返せとか色々言われ始めている。多分、もっと増えるんじゃ無いかな。ま、お金持ちだから大丈夫かと思うけど。
後、剥奪された7連覇だけど、その期間のマイヨジョンヌは空席になるっぽい。まさに黒歴史ですな。

でも誰か選手も言ってたけど、この疑惑の雰囲気にピリオドを打てるのはランスしかいないよなぁ。

|

« YSP-2200 | トップページ | iPhone5 (続報) »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47557343

この記事へのトラックバック一覧です: ランス終了:

« YSP-2200 | トップページ | iPhone5 (続報) »