« 入出力 | トップページ | 秋華賞ならぬ東京ハイジャンプ »

2012年10月12日 (金)

ベビーカー

昨日のエントリで地下鉄内のベビーカーについて寛大なところを見せようとしたんだけど、今日見て一転。

いや、ベビーカーは必要ですよ。時には電車に持ち込むのも仕方ないですよ。でもね。

あのマクラーレンだか何だかしらんが自動改札も通れないようなサイズのは too much でしょうよ。車内でドア脇に置いてもドア半分ぐらい隠してて明確に「邪魔」だし。親用なんだろうかな、カップホルダーまでついてた。
つーか、あのサイズ使っていいのはゲレンデとかカイエンに乗っけて車で移動する層なわけで、地下鉄移動する庶民の持ち物じゃないですよ(個人の感想です)。

んでもって、乗ってるのが十分大きな女の子。それを「イクメン」が押してるんだけど車内じゃ立って歩き回ってるわけですよ。バギーいるか?と思うんだけど、以前知り合いのママさんに聞いたら、何やら異人さんが良くやるらしいんだけど十分歩ける子供でもバギーに乗せるそうで。何故かと聞いたら「ぐずったりしたときに移動が楽」なんだと。なるほど強制連行用ですか。

オイラもそうだったんだろうかどうなんだろうか。記憶の無い時分なので分からないな。
その子を見ながら随分うちの親は時間を割いてくれたんだなぁと思った。インタラクションを取っ払って強制連行された覚えはないしなぁ。今思えば、親だってやりたいこともあっただろうし、邪魔くさいと思うこともあったと思うんだけど、オイラが下らないものに引っかかったり、質問攻めにしても良く付き合ってくれた。

QoL なんて聞き心地の良い言葉を耳にするようになって久しいけど「家族との充実した時間を云々」なんて言いつつ、自分の時間を割いて本当にちゃんと子供と向き合ってる親がどれほどいるのでしょうかねぇ。イベント事だけ乗り出して Facebook に「幸せな」写真をあげるような親が多いような気がしてならない。
ま、独り身ですから言いたい放題ですけどね。

|

« 入出力 | トップページ | 秋華賞ならぬ東京ハイジャンプ »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47424959

この記事へのトラックバック一覧です: ベビーカー:

« 入出力 | トップページ | 秋華賞ならぬ東京ハイジャンプ »