« 防災 | トップページ | ランス父ちゃん 終了のお知らせ? »

2012年10月17日 (水)

お茶の水〜本郷

昔の生活圏だったけど、今は特に用事も無いので足を運ばない。別に遠いわけでは無い。そんなエリアがあるもの。

ここのところ週末は何だかんだと用事が入っていたので何も入れなかったのだけど、散歩は行きたい。
近所は行き尽くしたし、夕刻に池袋で少し用事がある。
久しぶりにお茶の水に行ってみるか。フラフラ歩いて本郷三丁目から丸ノ内線で池袋に行けば良い。

考えてみれば、上京して最初に泊まったのはお茶の水のホテル聚楽であった。体調最悪だったなぁ、などと思いつつ新御茶ノ水を降りる。少し大手町方向へ戻ったところでニコライ堂。存在は知っていたし、グワラグワラ鳴る鐘の音は何度か聞いたことがある。今はUSに住む御方の実家の引っ越しを手伝ったときも朝から鳴っていた。でも、実は一度も行ったことが無いので行ってみた。

なるほどビザンティン様式で丸屋根なのは珍しい。借景も素敵(?)。
聖堂の中は撮影禁止とのこと。300円払って入ったけど、300円に見合うかどうかは謎。ただ、中々珍しい造りで、ステンドグラスが綺麗であった。入場料払うと蝋燭貰えるので、それを立てて退出。

歩いて中央線を跨いで湯島聖堂へ。ここは来たことあるけど夕方だったので見物出来なかった。で、この日もコンテンポラリーダンス?だかがあるとのことで入場不可。ついてない。

ということで逆光気味の孔子像の前を通って退出。

神田明神はこないだ行ったからいいや、と秋葉の裏側を抜けて歩く。問屋さんらしきところがガラスを叩き売り、ガラス叩き売りって何か危なっかしいけど、RIEDEL のワイングラスが1000円とかでお買い得だった。でも、もう拙宅の食器置く場所無いからね。試飲会いく度に猪口が増えていくし…

そうこうすると左手に湯島天神の男坂。登ってみると案外な人出だ。何かあるのかと思ったけど何も無い。桜でも躑躅でもないしね。相変わらずの鈴なりの絵馬。儲かってるな。

ちょうど結婚式をやっていたんだけど、皆が賽銭を投げては白無垢を拝むのが面白かった。

女坂を下りて湯島駅から御徒町駅方面の場末感漂う路地を覗き込む。新橋とも歌舞伎町とも違う何ともな感じ。子供がボール遊びをしていた。

そのまま北上すると不忍池。

一面の蓮である。昔は池の向こうに奇抜なソフィテルが見えたのだけど今はもう無い。代わってマンションが建っている。
池の周りを半周し、天海僧正が竹生島から勧請したという弁天島を抜けて池の西側へ。歩いて東大病院の裏手から入る。昔は霊安室がこの辺にあったはずだけどなぁ、と思ったけど見つけられなかった。構内の地図が分からずウロウロしていたら理学部に「小柴ホール」があったり。ノーベル賞記念だろうか。
国立大学も業態が変わったのか近頃はローソンとかあるのね。大学生協だけじゃ無くて。他にもドトールがあった。

正門を右手に見て赤門方面へ。

赤門は瓦に前田家の梅鉢紋、一番高いところの瓦には葵の御紋が入っている。この赤門が加賀鳶という酒の名前にも繋がるのだ。

大江戸線の駅なんか出来たんだなぁ、と交差点で見上げた空は秋の夕方。やっと涼しくなってきた10月半ばの土曜、本郷三丁目から丸ノ内線に乗って池袋の雑踏へ向かったのでした。

|

« 防災 | トップページ | ランス父ちゃん 終了のお知らせ? »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47485068

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の水〜本郷:

« 防災 | トップページ | ランス父ちゃん 終了のお知らせ? »