« Antwerp/Antwerpen | トップページ | Ghent/Gent »

2012年11月15日 (木)

Bruges/Brugge

ブルージュと聞くことが多いけど、オランダ語圏なのでブルッヘらしい。

アントワープから電車(IC)で2時間ほど。最初に日本で旅程を組んだときには直通があったのだけど、直前に検索したら Gent で乗り換えになっていた。ま、しゃあない。
乗り込んで車内の行き先表示を見ると Oostende と。あれ?Gent行きじゃないのか?切り替わる電光掲示を見ていると Brugge に止まるとある。なんだか変わったんだな、と思って乗っていたら Gent でワラワラ人が降りて誰も居なくなった。慌ててホームに降りて車掌のオバチャンに「この列車ブルッヘ行くの?」と聞くと「ノー、1番線に乗り換えて」と言われて荷物を引っ張り出して降りて乗り換えた。まぁ乗り換えは10分弱あったので余裕だったけど危ないところだった。

ブルッヘについて駅から出ると真っ暗。18時半で、駅の周りには何も無いっぽい。街までは歩くと20分ぐらいの距離。でも暗いし荷物あるし。バスもあるのだけど、どこに停留所があるか良く分からん。まぁ最悪中心の広場まで行けば良いんだけど。ただ、市内地図みると結構込み入ってるのよな。ここは怖さもあるけどタクシーで。何台も待っているタクシーがいるのだけど、白タクじゃねーよなーと恐る恐る乗ってみる。メーターが着いてて少し安心。ホテル名を言うと「OK、OK」と。
地図を見たときは川を渡るのでトレドみたいに街は山の上かと思ったらアントワープと同様フルフラットでした。10分もたたずにホテル到着。7ユーロ。

荷物を開いて少しゆっくりしてから飯。の前に少し歩いてみるか。中央のマルクト広場へ。

鐘楼。14世紀から作られたらしい。
ブルージュはアントワープが栄える前に貿易で栄え、ヴェネチアの商人が入ったりしていたらしいが、川底に砂が溜まって船が入れなくなり、衰退したという。その分、昔のままの町並みが残っているとかなんとか。
この日は魚市場近くの混んでいる店に入ってロブスター食ったら腹一杯になった。海鮮が安くて美味いのだけど、ロブスターって密度が高いのね。食った体積分、胃袋やられる。

次の日はぶらぶら町歩き。ブルッヘではとりあえず世界遺産の修道院を押さえるか、ぐらいで大した目標も立てず。

街はアントワープより良い感じ。H&Mみたいな店もあるのだけど、街並みは古い感じ。でも、例によって朝は雨。んで、南下してベギン会修道院へ。

建物内に入れないので中の庭をぐるっと見るだけ。正直、何でも無かった。

池に浮かぶ白鳥がまぁ良かったかな。でも曇ってるし寒いし。

で、また雨が降ってきたのでダイヤモンド美術館へ逃げ込む。今回の旅行で「ディアマンテ」がダイヤモンドの事だと初めて知った。
予定外に飛び込んだ割にはそこそこ面白い展示でしたよ。で、カットの講義があるというので、ついでに見てみる。

受付のネーチャンだと思ってたらしっかりしたプレゼンをしてくれて、これも面白かった。なるほど、一つとして同じ石がないからカットはマニュアルなんだなぁ。

で、終わって外に出たら雨が上がってたのでラッキー。まぁ、昼過ぎには上がるんだな。カンカンカンカンと音がして何かと思えば

蹄鉄と石畳の音でした。

昼飯どうしようかと彷徨っていたらビール屋。

その前のバイク。ベルギービールはブランド毎にユニークなグラスがあって、お土産用にセットで売ってるんだけど持って帰るの面倒だもんなぁ。機内に持ち込めないし。ビンラデンのアホ。

で、昨晩の店の近所の別の店へ。ランチ17ユーロって書いてあるし、ムール貝あるみたいだから食うか。

前菜の後で出てきたムール貝はとりあえず鍋いっぱい。観光地でこれだから、港とかならもっと安いんだろうな。ってか値段の問題以前に食い切れるのか、これ。

頑張って食い切ったけど、このポテトは無理でしょ。そういえば前の晩もロブスター半身と諸々出て、付け合わせがポテトフライだった。どんだけポテト好きやねん。

苦しい腹でマルクト広場へ戻る。

昨晩見た鐘楼が青空に映える。この広場も世界遺産。世界遺産といえば塔に登る。366段の階段があるらしい。行こう。
と覚悟した割にはあっけなく登れた。セビージャ、プラハ、セゴビア等々鍛えられた俺様には366段は何でも無いな。

山がないよねー。

一通り見渡して降りて、教会見たり、チョコレート屋冷やかしたりフラフラして過ごしました。そうそう、DUMONつーとこのチョコ、洒落てて美味しくて日本に無くて、お土産に最適です。

これと言った見所は無いかも知れないけど、落ち着くというか何というか散歩に最適の街でしたよ。


このブランド、案外ちゃんとしてるっぽくてブリュッセルにもあったんだよな。「極度乾燥(しなさい)」って書いてあって、商品についてるタグにも変な日本語書いてあった。ブリュッセルで買えばよかったんだけど時間切れだったのよね。

ベルギー、オランダの公共の場所のトイレは入場料がいります。駅とか。これは件の修道院の近くだったと思う。ユトレヒトの駅はコイン入れないと開かない自動改札みたいなのがあった。アントワープではトイレの入口で店番みたいなオバチャンがサンドイッチ食いながら話しててちょっとビックリしたな。


最後はたぬき

|

« Antwerp/Antwerpen | トップページ | Ghent/Gent »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47857782

この記事へのトラックバック一覧です: Bruges/Brugge:

« Antwerp/Antwerpen | トップページ | Ghent/Gent »