« 2度目のEasy Pay | トップページ | 2度目の Genius Bar »

2012年11月29日 (木)

人種のるつぼ

久々に愚弟と飲んだ。

どーでもいいことをくっちゃべりながら、「士農工商ってのは階級制度ではなくて、『老若男女』みたいにありとあらゆる人、って意味なんだよ。だから近頃の教科書には江戸時代の身分制度として士農工商は出てないのよ」という話をした。

すると、しすたーいんろーが「『人種のるつぼ』って言います?」と聞いてきたので「アメリカのことでしょ」と。
「ほらな」と愚弟。

なんでも昭和40年代ぐらいまでしか「人種のるつぼ」と言わないらしく、今は「人種のサラダボウル」というそうな。何そのオシャレ感。

元々はユダヤ人の作家がアメリカを評して Melting Pot と書いた戯曲がキッカケらしいのだけど、

After 1970 the desirability of assimilation and the melting pot model was challenged by proponents of multiculturalism, who assert that cultural differences within society are valuable and should be preserved, proposing the alternative metaphor of the mosaic, salad bowl or "American Kaleidoscope" – different cultures mix, but remain distinct.

色んな文化が一緒くたなってても、混ざり合って一つになるわけじゃ無くて、個々はしっかり独立してるんだから融けて混ざってるわけじゃ無い!っていう何だかどーでもえーよーな理由で「モザイク」とか「サラダボウル」とか言うそうな。
で、今では日本の学校では「サラダボウル」を使うそうですよ。

さばを読んでそうな人がいたら試してみましょう。

|

« 2度目のEasy Pay | トップページ | 2度目の Genius Bar »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

断然るつぼ派

投稿: naotake | 2012年11月30日 (金) 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/48011163

この記事へのトラックバック一覧です: 人種のるつぼ:

« 2度目のEasy Pay | トップページ | 2度目の Genius Bar »