« サンフランシスコに来ています | トップページ | 喫煙習慣 »

2012年11月12日 (月)

世界の車窓から(ベネルクス)

ということで1週間ほど西方に行っておりました。

元々何かは忘れたけど、ベルギーはブリュッセルのグラン=プラスというとこに行ってみたいなと思っておりまして。随分と前から。強烈な欲では無いけど、薄ぼんやりと頭の片隅にあって。

今回、休暇を取るに当たり、トルコとかスペインとか迷ったんだけど、何となく行ってみようと思った次第。
で、グラン=プラスってのはEU本部もあるブリュッセルにあるわけで、ブリュッセルには空港もあるんだけど、空港使用料が高いとか何とかでそこそこお値段がすると。当然日本からの直行便は無いのでアムステルダムとかパリとかでトランジット。
調べてみると、電車でもそんなに時間かからないみたいなんで、だったら電車で行ってみようか、ということで NRT-AMS だけのチケットを買って電車で移動しました。

予定を立てるにはこの辺で。かなり細かく調べられるので困ることは無い。
NS › Travellers › Home
NMBS/SNCB - timetables

Route Planner

まず、15時過ぎにアムステルダム着の便だったので、16時のIC(InterCity)でアントワープへ。2時間の旅。この InterCity、たまたまなのかこの地域がそうなのか、全域でそうなのか、分刻みに定刻で動いていて便利だった。ウイーンからドナウ川観光に行った時なんて15分遅れをそのまま持続してたし、ユーロスターが2時間遅れなんて話を聞いたりもするのでヨーロッパの鉄道を信用してなかったんだけど今回は完璧。

アントワープ中央駅。内部も荘厳な図書館みたいでめっちゃ綺麗っす。写真の整理がついたら追々。

次の日の夕刻にはブルッヘへ向けて旅立ち。再びICで。途中、ヘントで乗り換えて総計2時間。

18時半頃到着。ブルッヘは何となく2泊にしたけど正解。

その後、個人的に真打ちのブリュッセルへ向かうのだけど

ヘントで寄り道。ブルッヘからヘントは30分ぐらい。

で、また30分乗ってブリュッセル中央駅。
次の日の夕方には Thalys と言う新幹線的なのでアムステルダムへ。これは中央駅ではなくてブリュッセル南駅から2時間弱。最高時速は300km/hらしい。パリから来てベルギーを抜けてアムステルダムまで。ケルン方面の便もあるらしい。

アムステルダム中央駅は運河に浮かぶ島のようになっていて流石にデカイ。常に混んでいてちょっと不安になるぐらい。なんていうか池袋的な不安感。

アムステルダムはタダの大都会なので、電車で30分のユトレヒトへ。

最後はアムステルダムからスキポール(空港)まで13分。

中々快適な旅でした。

電車旅行の為にEurailっつーものを買った。外国人旅行者の為のヨーロッパ鉄道切符で、色んなパターンがあるのだけど、今回はベネルクスというベルギー・オランダ・ルクセンブルグの3カ国内使い放題のもの。ベネルクスは one country 扱いらしい。これで、1ヶ月間の内に好きな5日を選んで乗り放題で使える。(一部 Thalys とか市内のメトロやトラムは別。Thalys は割引で乗れるけど、割引料金での予約は電話か窓口でしか出来ない)
海外で切符買うの面倒だし、コインしか使えないとかトラブルの元なので(ネタ的に美味しかったりするけど)今回はお大尽的にパスを買ってみた。ちゃんと計算してないけど、そんなに乗り回した訳じゃ無いので割高になったかな。
買うときに1等と2等を選べる。上の写真で「2」って書いてあるのが2等。「1」と車体に書いてあれば1等車である。

「ユーレイルパス」で検索すれば日本国内の代理店もあるようだけど、上記リンクから直接買うと送料無料で送ってくれてお得。送料無料は時間がかかるようなことが書いてあったけど、オイラ3日か5日かそこらで届いたあるよ。

アムステルダムの空港とスキポール駅は直結(到着ロビーの下のフロアに切符売り場、その下がホーム)で、切符売り場の「International」つーとこに行って Eurail Pass を activate してもらう。何か色々描き込まれてスタンプ押されて帰ってくるので、これで使えるようになる。で、使う日に電車に乗る前に自分で「今日使うよ」という日付を入れる。
向こうは改札が無いので、車内検札の際に日付が入っていないと結構な罰金取られるらしい。結局使った5日の中で検札は3回ぐらいしかなかったけど。

で、お大尽ついでに1等にしてみた。大きい荷物持って移動するのに座れないのはキツイし。案の定2等は混んでる。特にスキポールからアントワープは空港を通ることもあってか1等も満席で危なかった。
で、編成の中で1等車がどこにあるかってのは分からないのよね。先頭と末尾だったり、真ん中にあったり。たまに駅に編成が書かれてることもあるけど、多くの場合はどれか分からない。ので、入線してきたら目で車両の数字を追いながら「1号車もっと前か!」とか「やべー後ろだ!」とか荷物持ってアタフタする羽目になるのよね。ま、でも乗ってしまうと快適でしたよ。あっちの人の体格に合わせてあるからか、シートでかかったし。

ということで400枚弱の写真を整理せねば…仕事も溜まってるなぁ。

|

« サンフランシスコに来ています | トップページ | 喫煙習慣 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/47816505

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の車窓から(ベネルクス):

« サンフランシスコに来ています | トップページ | 喫煙習慣 »