« Amsterdam | トップページ | ex-中村勘九郎 »

2012年12月 4日 (火)

Utrecht

アムステルダムにあんまりいてもなぁ、と思ったので、ユトレヒトに行くことにした。お世話になっているトレーナーさんがオランダで修行したり働いていたりしたときにユトレヒトとロッテルダムに住んでた、というのもあって。

アムステルダムから電車で30分ほど。そうそう、今回の旅行で最初に乗ったときから思ってたけど、電車に落書きが酷いのよね。何て言うの、あれ、ストリートアートとか言うのかな。スプレーで描かれてる奴。たまーに上手いのがあるけど、ほとんどはヒドイね。
オランダの電車はあの落書きをされたまんま走ってる。酷いときは窓ガラスまでスプレーされてるのよね。あ、そうだ、窓も汚い。スプレーされて無くても汚いね。

ユトレヒト中央駅はそんなに大きくないのだけど、くっついてる商業施設がデカい。改札が無いからそのまんま商業施設に入っていくのだけど、ちょっと不安になるぐらい歩いてから外に出る。がらんとした駅前からとりあえず歩いて行くと運河。

例によって朝は曇りですよ。前の晩は雨。

夏場とかは気持ちよさそうだ。

如何にもって感じの花屋があったり。

この日は午前中ユトレヒト、午後はアムステルダムでも歩こうかと思って少し早めに着いたのだけど、街中に誰もいないの。ただ、街の中からならどこからでも見える大聖堂の塔。あれ、登れたのかな。結局入らなかったけど。

街の中心部は運河沿いにレストランやショップが立ち並ぶも、何となく落ち着いた雰囲気。少し離れると非常に静かで良い感じである。が、寒い。

てくてく南東へ15分ほどかな、歩いて中央美術館へ。一番上のフロアにあったリートフェルトのコレクション?が良かったなぁ。名前は知らなくても椅子とか誰でも知ってるんじゃないかな。

さらに東へ行けばシュレーダー邸もあるそうなのだけどそこまでは足を伸ばさず。近くにあるミッフィーまみれのディック・ブルーナハウスも共通のチケットだというので覗いてみたけど、特にどうということもね。ま、アラフォーのオッサンには無縁ですよ。子供でもいない限り。

中心部に帰って昼飯でも、と思ったら晴れてくるのもいつものこと。お昼になったらどこからか若者が一杯出てきた。ユトレヒト大学はデカいというので、学生さんかなぁ。

若者達はバントラックとかで売ってるパンとかを立ったまま食ってるようだ。流石に真似する気になれなかったので、少し混んでいるフレンチへ。これ、当たりだった。
ただ、味は当たりだけど量がね・・・オープンサンドを頼んだのだけど、食パン3枚の上にローストビーフ的なのを数枚、その上に卵3つの目玉焼き。折角だからオランダのポテト食べてみようと、サイドメニュー的なフレンチフライを頼んでおいたのだけど、店員のオネーチャンが忘れてて助かった。取りあえずパンは残して後は食べましたけどね。

10人ぐらいのオッチャンの集まりみたいなテーブルがあったんだけど、見ると皆ほぼ完食なんだよなぁ。まぁオランダ人デカいからなぁ。

そういえば、今回の旅行はアジア系の人をほとんど見なかった。ブリュッセルは流石に何組か日本人とか中国人とか見たな。あとはアムステルダムでちょろっとか。ブルージュとかユトレヒトは皆無。
皆スキポールからスペインとかスウェーデンとかフランスとか行くんだろうけど、一度は降りてみると良い国かも知れませんよ。

|

« Amsterdam | トップページ | ex-中村勘九郎 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/48084159

この記事へのトラックバック一覧です: Utrecht:

« Amsterdam | トップページ | ex-中村勘九郎 »