« ストッキングを買いに | トップページ | フィルタ »

2013年2月12日 (火)

日本選手権 2回戦

土曜日、新宿の用事を済ませて散歩がてら甲州街道を歩いていた。いつぞや日本橋から歩いた道を逆に向かっていると、四谷のホテルの前に「帝京大学」のバスが。グレーのジャージを着た学生が荷物を降ろしている背中を見ると "Rugby" の文字が。あぁ、明日パナソニックと当たるラグビー部か。帝京大学は随分体が出来ているという話だけど、その割に大きく見えないなぁ。

日曜、11時過ぎに着く予定が計算をミスって10時53分に。秩父宮の前には行列が出来ているけど、トップリーグの人気カードの時よりは少ない。まぁ、2回戦は正直消化試合に近いからなぁ。トップリーグの3位、4位がそれぞれ大学2位を虐殺した昇格組と、社会人クラブ代表を虐殺した大学1位と当たって屠り去るというのが例年のことだ。
正直、存在価値があるのかどうかわからないというか、そもそも日本選手権の存在意義がブレブレなまま続いてるんだよなぁ。ただのトップリーグリベンジ大会になりつつある。
ラグビー日本選手権は、現実的で違和感のない改革を。(村上 晃一)

ま、それはさておき、貴重な神戸製鋼の東京での試合なので見に来ましたよ。毎度の事ながらバクスタは暑い。結局11時から16時ぐらいまでいたけど、ダウンを脱いだままだった。今年は雪の中震えながら熱燗を啜る、なんてことがないので非常に助かる。
神戸の相手は、来季からトップリーグに返り咲くコカコーラウエスト。西浦や淵上が元気な頃のイメージはあるけど今のメンバーは良く分からない。両チーム、チームカラーが赤なのだが、神戸製鋼が黒地のジャージで出てきた。

正直、神戸の楽勝だと思っていたのだけど、いきなりペナルティからトライを食らう。時計を見ると1分ちょっと。おやおや、と思っていたけど、前半は荒れまくりで9トライが飛び交い、33-29 とあわやジャイアントキリングを喰らいそうな感じ。

コーラのバックスに入っている外国人を倒しきれずオフロードを繋がれる、それも非常に良いスピードで入ってきてスパーンと抜かれたり、フラットで長いパスを外に振られたりと結構やられたい放題な前半だった。神戸は流石のブラッキーとフーリーで持ちこたえた感じ。タックルも甘く、ミスも目立った。特にブレイクダウンは少し甘く見てたんじゃ無いかなぁ。後、何となくだけどSO森田、キック力は流石だけど、やっぱ内側を突かれたときのディフェンスが難ありかも。

後半に入ってディフェンスが随分良くなって後半は無失点だったので何とかなったけど、サントリー戦とは別のチームのような出来。ウイングがリザーブから出られるように戻って来たこと、フーリーが調子を上げてきたことが好材料かなぁ。次の東芝戦は厳しそうだ。


トライ後に交代する天下のマエショウこと前川鐘平の頭が燦然と輝く

2試合目はパナソニックが帝京を虐殺する試合、と思っていたら案に相違して前半終わって19-14と食い下がる。ラッキーな感じもあったけど昔の大学生と違って力がありますね。タックルも神戸製鋼よりキッチリ入ってるイメージさえあった。後半は予定通り突き放されて、後半38分で秩父宮を後にしました。

来週というか今週土曜は花園で神戸-東芝、秩父宮でパナ-サントリーなので自宅観戦ですかね。

そういえば、SBWは南半球でボクシングして時の人になってるらしく、パナとの契約は終わったのかしら?1試合1000万と言われてたのに、半分ぐらいしか出なかったねぇ。
オールブラックスのウィリアムズ、短縮されたタイトル戦が物議

|

« ストッキングを買いに | トップページ | フィルタ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/49352436

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権 2回戦:

« ストッキングを買いに | トップページ | フィルタ »