« 経済学 | トップページ | ブラック・ジャック創作秘話 »

2013年2月 1日 (金)

サーカスの熊

大阪の高校生自殺から女子柔道まで体罰騒ぎですな。もちろん肯定されるべきものではないのだけど、所謂「スポ根」ってドラマにしろ漫画(アニメ)にしろ、体罰シーンがあったと思うので(世代がちょっと違うのでリアルタイムで見た覚えはないけど)日本のカルチャーの一部として過去には「普通に」あったのは確かなんだろう。

そういや、どこぞのアイドルが何かやらかして謝罪のために坊主頭になったとかしたとかヤラセだとか。どーでもいいけど、プロデュースした人の頭の中では「悪いことをしたら坊主」なんだろうな。もはや流行らない感覚のような気がするけど、これも体罰と同じ香りがするね。
前にガキ使で松本人志が「なんで悪いことしたら坊主やねん!」と憤慨していたけど、今やスポーツ選手でも坊主頭多いしねぇ。グアルディオラとかどんだけ悪いことしたんでしょう。

思い起こせばオイラが子供の頃は神戸市では中高生は坊主頭だったような。あれも理由が謎だな。当時は嫌だなとは思ったけど、そういうものだと思ってた。「そういうもの」だと思う感覚がカルチャーか。
中学と言えば、柔道部では普通に体罰的なことはあったなぁ。まぁ「死ね」とか足蹴とかはなかったけど叩かれることはあったね。つーか、辞めるって顧問のところに行ったら職員室で往復ビンタくらって、当時矯正器具いれてたもんで口の中切れて運動場に血を吐きながら帰ったのも今では良い思い出、な訳ねーだろーが。何が愛の鞭ですか。某金八先生が「殴った手の方が痛いこともある」とか寝惚けたこと言ってたらしいけど、そんなこた知ったこっちゃないね。

冷静に考えると、体罰ってのは「悪いことする」→「体罰を与える」→「痛い」→「悪いことしなくなる」という学習を用いた広義の教育なんだよな。条件反射みたいなもんだ。
うちの親は基本、まず言葉で注意して、それでも守らない場合は「サーカスの熊さんと一緒で言葉で分からんのなら」とお尻ペンペンされたものだ。オイラはこれはこれで躾として正しかったのかなと思う。「子供の好きなようにさせてやりたい」と言って様々与えつつ、いざ子供がダメなことをしようとしたり、しなければいけないことをボイコットしたときに対応出来ない親が多い気がするのだよ。
ただ、いい年こいて、それも国の代表クラスの選手を殴らなきゃいけない教育・コーチングってなんなんでしょうか。日本語通じる人達でしょうし。だとするとコーチの側のコミュニケーション能力の欠如でしかないよなぁ、と思うのでした。何とかまとめたぞ。

|

« 経済学 | トップページ | ブラック・ジャック創作秘話 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/49102605

この記事へのトラックバック一覧です: サーカスの熊:

« 経済学 | トップページ | ブラック・ジャック創作秘話 »