« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

お産便

昨日は仕事で税制改正のセミナーを受けに行って来た。何でも屋です。

民主党政権時代は結局税制改正しきれなかったので、今回は盛りだくさんなんだそうだけど、簡単に言うと「ジジババから金を引っぺがして若者に移す」「皆、家とか株とか買えよ」ってな感じかな。ま、後者は消費増税とトレードオフの優遇措置みたいなとこもあるけど。

代々伝わる土地なんてものも無いオイラには相続なんて無縁な訳ですが、お金持ちの相続税対策って大変なんだねぇ。持つものの不幸ってのはブッダが説いて、それに感動した金持ちが資産なげうって祇園精舎を寄附したんだっけ。口八丁ですなぁ。

男親が死んで相続が発生し、次に女親が死んで2回目の相続が発生します、トータルの相続税を考えたらどういうパターンで2回の相続を行うのが良いでしょう? みたいな算数の問題があったり。実際は1回目と2回目の間の期間がどれぐらいになるか分からないので、その辺りのリスクも勘案しながら、なんてね。

興味深かったのは「お産便」の話。毎年、大晦日になるとハワイ行きやロス行きの便に妊婦が多く搭乗するんだそうな。なんで年末なのかは良く分からないのだけど。
目的は何かというと生まれ来る子供にアメリカ籍を与えるため。で、そういう軽薄な話は良くあるんだそうだけど、この「お産便」の目的は別に二重国籍が最終目的では無い。

子供が産まれたら速攻で日本国籍を放棄するんだそうな。するってーと、この子はアメリカ人確定です。つまり日本からみると外国人。で、この子のお祖父さんに当たる資産家は資産をアメリカに移して、米国債を購入します。その国債を孫に贈与する。
普通なら贈与税がかかるところなんだけど、国内居住者が外国籍で国外に居住する人に海外の資産を贈与する場合は非課税なんだと。でもって、アメリカの法律でも国債の贈与は非課税なんだとか。つまり、丸々資産を孫に相続することが可能なんですね(為替リスクは知らん)。

この「お産便」ってのは税務当局も目をつけていて、目出度く今年の4月1日からNG(課税対象)になるんだそうです。
今後は、子供(孫)の日本国籍を捨てた後、贈与者も海外に移住してから行えば非課税なんだそうですが、「移住」したかどうかってのは単純な住所の問題じゃないらしいので、やるなら徹底的に日本と縁を切った方がいいんだとか。
asahi.com: ハリ・ポタ翻訳の松岡さん、35億円申告漏れの指摘 - BOOK

しかし、日本国籍のパスポートって盗むと一番価値があるとか言われるのに、それを捨てるってどんだけの節税になるんでしょうね。後、孫の立場は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

Tawaraya

旅行から帰ってきて、1週間ほどしてからネット上で故スティーブ=ジョブズの定宿だと知った。ま、知ったところでどうということもないけど。

 

記録を見返したところ、以前泊まったのが2003年の12月らしい。ということは30歳であった。年末に泊まったらまだ庭の楓が赤く色づいていたのを覚えている。

当時は何となく「素晴らしい宿がある」という話だけで泊まりに行ったのだけど、無謀だった。全く以て申し分ないもてなしを受けながら、というか受けきれずに空回りして帰ってきた感じだった。若すぎた。

今回のお大尽旅行は10年越しのリベンジでもある。

入口をくぐって名前を告げると、坂本冬美を若くしたような仲居さんに案内される。前回は新館の2階だったが、今回は旧館を希望していたところ1階であった。

居間と庭の間には三和土があり、三和土と庭の間には良く磨かれた一枚ガラスが。

居間の脇に掘りごたつの小さなスペースもある。布団や料理の用意の際はこちらで待つ。

居間の掛け軸は呉春の書だったか。前に来たときはなんだっけなぁ。

通されて暫くしてお茶と蕨餅を頂く。掛け値無しに美味い蕨餅だった。こちらで作っているそうな。
で、風呂に入って疲れを癒やす。例によって狭めの風呂だけど庭の緑を見ながら入るのは良いものだ。そういえば、熱いお湯をつぎ足すことが出来るようになっていた。前は蛇口なかったような。

お昼をガッツリ頂いたので夕食は遅めにしていただく。こちらの料理長は30前に来て、20年以上いるんだっけな、そんな話だった。

決して派手ではないし、どこどこ産の素晴らしいものです、みたいな押しも強くない。美味しい食事です。お酒は一種類で選べないけど、ここでは言うまい。

食後は腹パンパン。カメラをもってふらりと出る。

どこを切り取っても隙の無い感じは流石。

旧暦に合わせて、ということで雛人形を飾ってあった。

2階には随分前に亡くなった当主のご主人の書斎を再現したという部屋が。10年ほど前に物置だった部屋を改装して作ったと聞いたが、前回訪れたときには無かったと思う。

この写真の逆側に Bear Chair のオリジナルが置いてあって、素晴らしい座り心地だった。

翌朝、食事をとってゆっくり目にチェックアウト。例によって路地まで見送りに出て下さるのを、今回は鷹揚に受け流して姉小路へ曲がるときに振り返って会釈をして終了。
今回は対等に遣り合えたんじゃ無いだろうか、って何の勝負だよ。

ゆったりとした心持ちで先斗町から梅の咲く祇園へ。良い滞在でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

ほりえもん

なんか仮釈放されたみたいですが、ネット上は賑わってるんですね。

何でそんなに好きなんでしょう?公権力に立ち向かったから?金持ちになったから?楽に儲けた(ように見えた)から?

いや、人や物を好きなのは自由ですけどね、なんだか健康食品とかパチンコとかのセグメントと同じ臭いがする気がするのはオイラだけか。収監されるまではそんな気はしなかったんだけど。

サイバーエージェントとか楽天とか mixi とかDeNAとか、2年の間に色々変わった気がするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

千ひろ

以前書いたけど、オイラの行きつけの店で会う良く分からない豪気なオッサンが居て、その人と年末辺りに話した時に「京都行くならな、千ひろっていう少し美味い居酒屋があるから行くと良い」と言われまして。「じゃ、ツケで行ってみます」と軽口を叩いたら「おお、良いよ」とちょっとムキになった感じで答えたんだけど。

なんでそんな話になったかというと、その人のベストカラスミが西では祇園の千ひろだということで、その時もわざわざ京都から持ち帰ってきたカラスミを大将に渡して切ってもらって、オイラもご相伴に預かったわけです。ちなみにカラスミってーと、塩味で固くて大根と一緒に食うものだと昔は思っていたのだけど、良いカラスミってのは塩味も強くなく、むしろねっとりとしているものですわよ。そのまま箸でつついて酒のつまみにする。

先日、何となく京都に行きたくなり、どうせなら久々にお大尽旅行をしようと。いつも実家の行き帰りに立ち寄るだけなので、リュック背負って食事もコンビニのゼリー食品ぐらい持って1日歩き回るって感じだ。世の中的には京都ってーと、ちょっと大人の旅行なんでねーのか。

で、夜は宿で食事を取るので、昼の予約をしてみた。件の「ちょっと美味い居酒屋」に。ちなみに、ランチメニューというのはなくて、夜と同じメニューを昼も出すんだそうだ。なので、お値段も夜のコース3種類ぐらいから選ぶ。正直、非常に良いお値段だ。ランチとしては有り得ないね。
寸前で予約できないと悲しいので1ヶ月半ぐらい前かな、旅程を決めた時点で電話して予約した。後で聞いたら「東京とは違いますから、そんな前に予約いただかんでも大丈夫ですけど」とのこと。とはいえ、カウンターは8席ぐらいしかないし、小上がりも1つぐらいのようだから早いに越したことはないかな。

京都七条からゆるゆる散歩しながら北上し、12時丁度ぐらいに祇園さんの前、四条通の細い屋根付きの路地をつと曲がる。瀟洒な店が並ぶ中、右側に暖簾が。
思うところあって入店前に入口だけ写真撮っておく。

帰りには写真撮れない可能性があるからな。

入ると最初の客であった。眼鏡の大将が大きな声で「いらっしゃいませ」と張る。名前を言ってカウンターに座る。綺麗な設えで、少し緊張感があるな。あんま緊張感あるの苦手だなー。
飲み物のメニューをもらって〆張鶴を選ぶ。日本酒のラインナップが少なく少し残念だった。立山とかスッキリ目を選んでるんだろうけど、京都や滋賀にもすっきりして良いお酒はあるのにな。

料理は流石に美味しく、自慢のカラスミも頂きましたよ。余り食事中に写真を撮るのは得意じゃ無いので画像なしで。
大ぶりな蛤、その蛤の真薯やら湯葉やら色々と。一番印象に残ったのは謎のそぼろのような、でもねっとりとしたもので、これは酒が進んだ。最初何なのか分からず、見た目は挽肉っぽいような、味は塩辛か酒盗か、少しレバーっぽいような、と思ってたら大将が「それ何かわかりますか?言うたら『あぁー』っておっしゃいますけどね」と。「イカですか?塩辛か酒盗の味がしますけど」と言ったら「半分当たりです」。ホタルイカの目とフネを除いて細かく刻んであるんだそうだが、他にも何らか味付けがされているようだった。なるほど言われてみればホタルイカの味だ。後は琵琶湖の鮎の稚魚とせとかの酢の物とか、諸子・畑菜なんて京都ならではな食材も。

途中で「なんでうちをお知りになったんですか?」と聞かれたので「言った方が良いかどうかわかりませんが」と斯く斯く然々お伝えした。流石に「ちょっと美味い居酒屋」とは言わなかったけど。
やっぱりあの人、祇園でも色々楽しい逸話を残してるようで、そんな話で盛り上がってると最初の緊張感はどこかへ行ってしまった。ただ、お弟子さん達の緊張感は凄かったけどね。あんな真剣な目で味噌汁の豆腐を掬ってる人は初めて見たな。

お昼とはいえ、都合2時間ぐらいいましたかね。「ごちそうさまでした」とお勘定をして外に出ると大将が見送りに出てお辞儀をする。四条通まで1分弱か。通りに出るときに振り向いたら、やはり大将が頭を下げていた。帰りに写真を撮れない可能性ってのはこれなんですな。京都怖いとこ。

そんなことを思ったのも束の間、一歩四条通に踏み出すと観光客でごった返す歩きにくい通り。道路を渡って南座の前からバスに乗ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

花見 2013

急にやってきた満開宣言。都内の名所と言われるところでは警備員やゴミ箱、簡易トイレの手配が間に合わなかったり、慌てて「桜祭り」を前倒ししたりとバタバタしたようだ。

オイラも何だか虚を突かれた感じだったのだけど、つらつらと写真を撮ってみた。今年はカメラは持ち歩かず、iPhone だけで撮ってみた。特に目標を決めていったりしたわけじゃ無いし、フラフラ手ぶらで散歩しながら気が向いたら撮るぐらいで。

まずは金曜の通勤路で、少し脇道に逸れたりして。この朝は天気良かったな。

 

 

青山墓地の道の両脇も毎度ながら綺麗なものです。

 

 

さすがに、朝から一眼レフぶら下げたオッチャンとか、コンデジを手にしたOLさんとかもいらっしゃいましたよ。

金曜夜は仕事の飲みだったのだけど、高円寺で飲んで帰りに途中下車。

今年は芝公園が工事中で下品な酔っ払いが全く居なくてそれはそれで不思議な感じでした。目黒の庭園美術館の桜もきれいなんだけど、あそこもメンテナンス中なんだよねぇ。

土曜は近所の公園に酒もって行って飲んだんだけど写真撮らなかったな。

日曜も散歩。毎年行く目黒川に行ってみたけど、当たり前だけど例年と変わらない。まだ花筏が出来るほど散っていないのだけど、何故か花びらでなく、花ごと落ちてくるのが多くて気になった。鳥でもいるのかと見上げてもそんな感じじゃ無いし。

やはり不意打ちの満開のためか、例年より混雑していない感じだったけど、中目黒駅界隈は流石の混みようだったので、道を逸れて菅刈公園へ。穴場です。

ここは西郷隆盛が喧嘩して薩摩に帰った後に弟の従道が「いつか兄貴が帰ってきたときの拠点に」と買った土地なんだそうだが、結局隆盛は東京に戻ること無く戦死してしまい、従道自身の別邸にしていたとのこと。中々の庭園があります。

天気は良かったり曇ったり。この後、西郷山公園に登ったらシートを引いた人達が居ましたがやはり少なめだったような。

最後に近所の寺で、越してきてからずっと気になってたけど入ったことの無いところがあったので入ってみた。

綺麗な枝垂れがあるのだけど、背景がよろしくないな。

 

今もしつこい雨が降っているのだけど、夜中は風速10m予報だとか。会社とかは来週末を予定しているところも多いみたいだけど、これで終わっちゃうんじゃないですかね。

ま、気が向いたらまた桜を見に東北か長野か小旅行するかも。いや、今年は無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

バブル待望なの?

この仕事してると色んなとこに首を突っ込む。お水の世界・芸能事務所・フリーペーパー・証券会社等、特殊な知識が必要なこともある。業界用語とかね。
ということで、近頃は不動産のお勉強がてら雑誌を読んだりするんだけど、こないだ読んだ雑誌は何か違和感が。

まるでバブル来てくれ、バブルが来る、みたいな何らか意志を感じるぐらいの煽り。中に出てくる専門家は誰もそんなこと言っていないのに、記事のトーンとしてはバブル賞賛な感じになっているので、なるほどこれがマスゴミかー、と思う。字なら全体を見て、読み返して再確認できるけど、これをテレビでやられると録画して詳細に見直さないと印象操作されちゃったりするよなぁ。こないだもどこぞで安倍総理追いかけてたはずのレポーターのオネーチャンが火事現場のマンションの住人になってたとかあったけど、あれどうなったんだろ。
テレビ朝日 捏造放送の動かぬ証拠 - YouTube

ま、そんなことは置いておいて終身雇用でも人口増え続ける訳でも無い世界で土地バブルが起きるとも思えないんだけど、何となく雰囲気で動く人達が景気を作るんだってのは誰か言ってたなぁ。以前、バーで隣になった外資系の金融マンもそんなこと言ってた。中学生の娘さんが朝飯食ってるときに「景気良くなるらしいじゃん」って言ったのに驚いたと。どっかにそんな空気が漂ってて伝染したんだなぁって。まぁ、ゆるゆると景気が良くなってくれれば有り難いのです。

ま、地価の上昇とバブル開始は全く別の話ですからなぁ。バブルってのは実質の価値以上の価格で取引されて価格だけが売買される権利のように一人歩きし出して、っていうものだと思うのでなぁ。そういえば古参の不動産投資家さんに聞いたら、昔のバブル時期は家賃収入よりもローンや経費の支払いの方が多い、つまり利回りマイナスでも買うのが普通だったと。キャピタル狙いなので利回りなんて考えて無かったんだそうな。恐ろしいことです。
そういえば2005年〜2008年ぐらいまで外資系金融から金が流れ込んでちょっとした不動産バブルがあったそうで。当時はフリーランス生活に入った頃だったし、不動産業界の仕事なんてしてなかったから全く知りませんでしたねぇ。青山辺りの一等地は2倍以上になったんだとか。そんなことあるんだ。

まあ、キャッシュのまま持っておいてインフレで目減りするのもバカっぽいので、お金持ちの皆様はゴルフ会員権とかベンツとかに変えておくといいんじゃないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

2013シーズン

水曜日が祝日というのは調子が狂う。もちろん休みなのは良いことなんだけど。妙な土曜感覚なんだけど、むしろ日曜的な感じ。

昼前に外に出ると暖かい。近所の公園の桜、この間みたときは蕾が膨らむそぶりも無かったのに、いきなり七分咲きになっていてビックリする。マジックのようだ。

最近見つけた店で軽く昼を食べて、そのまま恵比寿駅へ。予定のバスを逃してしまったので駒沢競技場に入ったときには14時を過ぎていた。入ってビックリ、すごい人。
まぁ味スタと違って収容人員も少ないしなぁ。それにしてもバックスタンドの上の方には立って見ている人もいるぐらいなので、どんどん空席を探して歩いて行ったら結局ゴール裏になった。

僅かな数の鳥栖サポーターがプチドラムセットみたいなのを持ち込んで軽快な応援を続ける少し横で観戦する。人数が少ないとキレがいいね。声も揃うし。
一度、ラグビーをゴール裏から見たことがあったのだけど(日射しが強すぎて)、その時はライン展開が見えて面白かった。FBってああいう風景が見えているんだなぁ。サッカーはラグビーに比べるとボールの動きが大きいので、ゴール裏だからって見え方が変わる気はしなかったけど、遠近感の無さが際立つ感じで、やっぱ横から見るのがいいな。

前半は東京がこちら側に攻めてきていたので面白かったのだけど点が入らず。後半は向こうに行ってしまったので、あまり盛り上がらなかった。結果はスコアレスドロー。後半から曇って気温が下がってきたのが暗示的な試合でした。
というか試合自体、なんだかJ2に落ちた時を彷彿とさせるボールの落ちつかなさ、鳥栖の妙に荒いタックルと精度の低いロングボールで、後半にはボールに敵味方5人ぐらい群がるような「中学生かよ」みたいな状況になっていた。でも久々に平山が観られて良かったかな。以前の不思議キャラ感がなくなって、視野が広く、ヘディングのタイミングも合ってたので(当たり前だけど…)、ルーコンと組ませて出してあげたら面白いんじゃ無いだろうか。

ということで、今季のJ初観戦はメリハリのない試合でした。Jってかヤマナビだけど。
帰りに一緒にいった友人とモツ屋で飲んで小雨が降り始めた中フラフラと帰ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

いけたら、いけ

海の向こうの同期が見に行ったっぽいWBC準決勝。

よく考えたら球場はおろかTVでも野球を見なくなって5年は確実に経つな。友人達と横浜球場行って米軍兵士にピスタチオもらったのがいつだったか。下手したら10年ぐらい経つのか。

今じゃ、出社前にテレビ付けてダルビッシュやイチローが出てたら家を出るまで付けっぱなしにするぐらいだ。WBCも仕組みが良く分からなくて(何に勝ってどうなるとどのステージに行くのかとか)、週末やってたときは少し見たけど選手も分からん。中田と阿部ぐらいしか分からん。

んで、サンフランシスコで負けて終わったそうですな。1,2塁のチャンスにダブルスチールのサインが出ていたのを2塁走者が見落としたとか言ってたけど、報道によると「いけたら、いけ」というサインだったとか。
それは良いサインだ。天才じゃね?「打てたら、打て」「いけたら、いけ」。サインは2種類で良いんじゃ無いかな。

そんな曖昧なサインが事前に取り決められてたのも不思議だよなぁ。考えるコーチングスタッフも、疑問を持たない選手も。

オイラが仕事で上司からそんな曖昧なこと言われたら絶対に聞き返すんだけどなぁ。
浩二監督あいまい重盗サイン/WBC

そういえば、トップリーグでは42歳の松田努がついに引退したそうな。43キャップ、ワールドカップ4回出場の名選手だが

指導者としての現場復帰には「向いてないと思ってます」。

山本浩二はどちらかと言えば好きなオッサンだが、今回の件で指導者としては大きく株を落としたんじゃ無いかな。選手と指導者の向き不向きは全く別物よね。開発とか営業でもそう思う。
42歳“ラグビー界のカズ”FB松田引退/TL

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

TRAVEL seconds.

以前、飲み仲間(?)のまーさんが「これいいかも」と言っていた TRAVEL seconds. という iOS アプリを使ってみた。
3秒ずつ旅を記録するiPhone向け映像アプリ「TRAVEL seconds.」無料配布中

3月20日まで無料配布中(定価170円)らしい。

起動すると録画出来るんだけど、録画は3秒間。んで、この3秒の撮影を繰り返して、最後にちょっと設定して(タイトルとか日付入れるかどうかとかBGMとか)1本の動画に出来る。ということで、百聞は一見にしかず。拙い作品を貼ってみる。

ちなみに Youtube へのアップロード機能も備えている。あと Facebook への投稿も出来るっぽいけど、FB怖い。

アプリ関係なくね、録画すると手ぶれが酷い。iPhone で動画ってほぼ撮ったこと無いけど、まず撮りにくいしね、脇を締めてしっかり構えるなんて感じじゃないから仕方ないよなぁ。Youtube にアップしたら「手ぶれ補正しますか?」みたいなのがあって、やってみたんだけどあんまり変わらなかった。と思ったら、それなりに処理に時間がかかっただけみたいで凄いね、これ。ただ左下に自動挿入されるテロップがブリブリ動くけど。まぁオリジナルはこのブリブリ分、動画全体がぶれてたとお考え下さい。
後ね、3秒って案外短いね。なので一発で撮るのは難しかったり、Pan するときは3秒でどう動かすかを考えてから撮った方がいいような。でも実際出来上がり見ると単調なPanが多くてアホっぽいな。オイラの撮り方。
それから、結構撮影すること自体忘れます。目的地に着くと、ああ、そうだ、なんて思い出すけど、移動途中の交通機関とか徒歩移動中でも撮影して置いた方がいいよねぇ。ただ、その時はアプリの存在を思い出さないんだよねぇ。

ま、そういうオイラの問題は置いておいて、一つダメな点は何故かGMT でしか日付処理をしないこと。かつ、DATE はOFFに出来るのだけど、OFFにしても「DAY1」「DAY2」とか表示されるし、その合間が日本時間の午前9時だったりするので、2日旅行が何故か3日間扱いになる。後、最初は Youtube へのアップロードに失敗した。タグとか無しであげ直したら上がったけど。
それ以外のところはまず問題ないんじゃ無いかな。録画開始時の音はしないので、余り周りを気にしないで使えるし(3秒で盗撮ってのも難しいだろうて)、アプリの起動も十分速い。ちなみにBGMはプリセットいくつかの中から選べる形なので、オイラの選曲ではありません。

また機会があればやってみようか。旅行の詳細は追々。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

教皇/法王

アルゼンチンのサッカー1部リーグサポが新教皇になったそうだけど。

教皇境界線とか習ったよね。法王境界線とは言わなかった。今回のニュース、ネット上で見ると新聞社のサイトは軒並み「新法王」のようだ。NHK、日経新聞、産経、朝日、時事通信、CNN Japanやロイターもだな。逆に「新教皇」なのはWIRED とかナショナルジオグラフィックとか報道系じゃ無い感じ。

はてはて。

カトリック中央協議会なるところに行くと、ちゃんと書いてあった。
「ローマ法王」と「ローマ教皇」、どちらが正しい?
正解は「教皇」だが、バチカンとの国交樹立の時は「法王」という言葉を使ったので未だに国としては「法王庁」なんだとか。まぁ、国として公式文書に「法王」を使ってたら報道機関はそれに従わざるを得ないかねぇ。

どうでもいいけど、このカトリック中央協議会の「サイトのご利用にあたって」の注意事項が素敵だ。

16bitカラー以上のディスプレイ表示能力が必要です。

そうなのか。グレイではダメか。256色とかもダメか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

省電力モード

年末ぐらいだかに買ったHDD。省電力モードとかいうのがついてて、暫くアクセスしないと止まるのね。えらいねー。
アクセスしようと思ったら、よっこらしょ、と回転し始めるので遅いんですよ。遅いの。お前遅いっつーの。

で、中々にいりていてぃんぐなので、オフにしようと思ったら何たるエコ。オフに出来ないんだってさ。もう何でしょ。オイラが異邦人なら4文字言葉浴びせそうな感じ。

色々考えて、ああそうか、cron で毎分 ls かけてやればいいかなー、こういうとき OSX でよかったよなー、なんて思ったんだけど、なんか上手く行かない。ls ぐらいじゃだめなのか?何なのか分からない。
大体さぁ腐るほどHDD持ってるGoogleさんが以前、HDDは下手に止めるより回しっぱなしの方が故障率が低いって言ってたじゃんかよぉ。もー。

ってことで色々探してたらこんなのがありました。
SleeplessHD - Keep your Harddisk spinning

とりあえず15秒おきとかに設定したら大分ストレス無くなった。でもたまに休む。何だろうな、このちょっと目を離すと居眠りする感じ。それでもって「エコです!」とか言い張ってたら人間だったらはっ倒すぞこの野郎、って感じですよね。

今度からHDD買うときは気をつけよう。少なくともON/OFF出来るようにしなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

平和

何かこれと言って何もねーんだよなー。
仕事もまずまず忙しいけどねー、家帰ってラグビー見て、朝起きてサッカー見てって感じで。通勤路もどうでもいいことぐらいだしなぁ。
退屈でもないけどね、とりたててね。

あー、ネタ無くは無いけど書くのもはばかられるしなぁ。そんな感じで、今日は余りに風が強いので歩くの諦めて久々に電車で帰ろうと思います。

昨日の晩走ろうと思ってたのに、小腹が空いたから食べ始めたら食べ過ぎて走る気無くして今日走ろうと思ってたのになぁ。この風じゃ無理だなぁ。明日は夜用事いれちゃったしなぁ。と言うわけで今週も走らないわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

リタイア後

以前、40少しでリタイアしたという人と飯を食った。

ありがちと言えばありがちだが外資系金融で死ぬほど働いて、子供の顔もろくに見ないで働いて、40過ぎで会社を辞めたらしい。半年ほど旅行をしたら飽きて、結局投資をしたり、勉強会の主催をしたりしているらしい。曰く、セミリタイアした人って、すぐ旅行に行って大体飽きるんですよね、と。

えらいなぁと思うのは30そこそこで40過ぎ(42だったかな)にリタイアするという目標を立てて、そこへ向かってマイルストーンを置いて実行したというところだなぁ。

で、話していて面白かったのは人間関係の話。

今現在、自分の周りにどういうコミュニティがあるか書いてみて下さい、と。紙に、コミュニティ毎に円を描いていく。
普通の人なら最低2つ、家族と仕事場があるのだと言う。でも、この2つだけという人が案外少なくないそうな。海外に赴任したりしても楽しめない人とかに特に多いそうだけど。仕事して家に帰る。寝て仕事に行く。

確かに海外に行っても何か上手く行かずに帰ってくる人っているしなぁ。今一緒に働いてる若いのも、会社と家、後は高校の時の友達数人と連むぐらいらしい。
オイラは飲み友達2系統とか、大学の友達とか、以前の会社の人とか、スポーツ観戦仲間とか、まずまず円がある方なのかなぁ。

円の数だけ話すことが増える。リタイアした後の楽しみが増える、と。退職してから頑張って趣味を探すような事にならないように、色んな仲間を増やして維持していかなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

AirMac Express (2nd Generation)

先日、家に帰ったら iPad がネットに繋がらない。WiFiが切れるのは良くあることで、1ヶ月に1回ぐらい AirMac Express が熱暴走か何かでぶっ飛ぶのだ。で、コンセントから抜いて5秒ぐらいして刺すと復活する。
ということで、この日も抜いて刺したんだけど、一瞬緑のランプが付くものの沈黙。おかしいな、と思って何度もやり直してみたけど変わらない。うーむ。引っ越してくる前から使ってたから、10年近くになるのかなぁ。もうそろそろダメかもしれんね。よく頑張ってくれた。

ということで、会社の昼休みにアポーストアまで遠征。AirMac Expressを探したらあったけど、何か違う。形が違う。そっか新しくなったのか。で、例によって easyPay でスキャンして決済終了。このときについカッとして Magic TrackPad も買ってしまったのだけど。
帰りの地下鉄の中でレシートを見直してたら AirPort Express と書いてあってビックリ。しまった間違えて購入したか、まぁ未開封で返せばいいか、と思っていたら、Apple としては AirPort の方がワールドワイドのブランドらしく、日本だけ AirMac なのね。商標の問題らしい。

家に帰って早速接続。前のはコンセントに直接刺す形だったけど、今回は電源ケーブルが付いているのである程度配置が自由なのが良い。電源繋いで、iPad の設定画面からポチっと押すとハイ繋がった。簡単すぎてどうやったか忘れるぐらい。前のは Utility 入れてグダグダやって大変だった覚えがあるんだけどなぁ。

と言うわけで、YSP-2200 の下の隙間に。iTunes での音楽再生も YSP-2200 に流すんでここが丁度良い。上に置いたのが長く働いてくれた先代。

細かい設定は iTunes Store から AirMac Utility をインストールすれば出来る。
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 AirMacユーティリティ

さて、この新しい AirMac は2.4GHzと5GHzを併用できるのだけど、オイラの iPhone4S は2.4のみ対応、iPad と MacBook は5G対応だ。5Gは速いけど電波の届きが悪いと聞いたことがあるのだけど、オイラの豪邸内では全く問題ない。iPad で速度を調べたら 5G の方が20%増しぐらい速いようだ。なんだけど、2.4でも速くなってる気がするぞ。古い方で測定してないから(壊れてしまって測定出来ない)分からないけど気のせいかな。

AirMac の設定の簡単さと真逆だったのが、プリンタ(iP4100R)の設定。何せ無線でプリントアウト出来るってのが珍しい時代だったから、もうこれも随分古いので WiFi の設定をするためにUSBで接続せねばならん。プリンタ持ってきて PC に繋いで…っていうのが一苦労だった。

とりあえず週末使ってみてまだ落ちてません(当たり前)。appleTV 出たときは良さげに思えたんだけど、あれは Base になれないんだよなぁ。当面これで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

Magic Trackpad

衝動買いした。衝動買いっていうのかな。別件でアポー製品を買う必要があり(それはまた改めて)。そういえば前から気になってたんだよなーということで。

キーボードの左に置いてます。つまり右にはマウス。

そもそもマウスの代わりにトラックパッドを使う気はなくて。なんかイマイチ思い通りにカーソルを持って行けないのよ。家で MacBook Pro 使う時もマウス繋いでる。オフィスではキーボードとマウスとディスプレイ繋いでます。
なので、気にはなってたけど買うことはないな、と思ってたんだけど、何かの記事でキーボードの左にトラックパッドが便利!ってのを読みまして。ついカッとして買ってみたわけです。

実際やってみると、なるほど縦のスクロールでホイールをゴリゴリゴリゴリしなくてもよかったり、左右の画面切り替え、デスクトップ表示等中々便利です。特にデカイDB定義とか見るときにスクロールが縦横直感的に出来るのは便利ですな。つまりマウスを移動したりクリックしたりには殆ど使ってない。

接続が異様に簡単で、買ってきて電源ボタンを押したらパパッと Bluetooth で接続して終わり。最初から電池も入ってるしね。恐ろしく簡単だ。

お値段が定価で6800円、何故か尼では6000円弱なんですが、微妙なCPですね。でも使い続ければ業務効率で得した分が価格を上回るような気がする(=そんだけ仕事が早くできる)。

で、オイラはキーボードトレイを使ってるので、幅13cmを確保するためにキーボードを取り替えたのですよ。 Buffalo のキーボード。テンキーは欲しいけど、テンキーの左の妙なスペースいらんので、と思って。で、Amazon で買ったんですが失敗でしたね。キータッチが安っぽいのはまぁ仕方ないかと思うのだけど、何故かスペースキーが結構デカイ。このせいで、ATOKの切り替えに使ってる変換を押すために右の親指を随分内側に入れなきゃなんないのよね。
やっぱキーボードを通販で買うのは危険だわ。ということで、しばらく週末に幅が短くて(38cm以下)、テンキーがついてる、スペースバーの短い日本語キーボードを探す旅に出ます。良いのあったら教えて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

人に惚れる

以前一緒に働いていた方が元スポーツ選手だか格闘家だかのファンだという話になって。
ふんふんと聞いていたんだけど、何か引退後の活動の理念に共鳴したんだそうで。それは結構なんですが、それでその人が出してる本を全部買ったと。まぁ別にゴルゴ全巻とかそういう数では無いんだろうけどね。10冊ぐらいなんでしょうかね。その活動云々に関係ない旅行記みたいなのとか随筆みたいなのとかも全部買ったそうで。

傍目に見てて少し狂気に近い感じがしましてね。仕事に関する限り、本人は変な人では無いんですよ。まぁパターン化して仕事を覚える感じの人なんですけど。パターン化ってのは「こういうときはこう!」っていう積み重ねで色々覚えるので、裏側の仕組みとかロジックを理解しようとしないのですよね。まぁでもそれで正確にこなすことが出来れば特定の業種や職種であれば十分仕事の出来る人なのです。バーコードスキャナ付きのPOSの仕組みを知らなくたって優秀なレジ打ちにはなれるように。

話戻って、感じた狂気のはなし。おそらく最初は理念に惚れたんだろうけど、それが何時の間にか人というか、その有名人(なのかな?)というシンボルに対する惚れ感に変わっちゃったんだろうなぁ。

何となく思い出したのが数年前に素晴らしい経営者がいるから話を聞きに行かないか、ってある人に誘われてWebで調べたら「宇宙の波動がうんたら」みたいなページとリンクしてたりして。その経営者本人は確かに凄い人で、色々良いことを言ってるようなんだけど、その先が怪しさ満点なんだよな。本人じゃなくて、利用されてる感じなんだろうか。
思うにデカイ会社を一代で築きあげましたみたいな「凄い人」という肩書きの人が、凄く良いこと、これは殆どの場合単なる正論の実践で、例えば「困ってる人には恵んであげなさい」みたいなのを言うわけです。多分本当にそう思ってるか、マーケティング的な側面で出版社なり会社のコンサルなりに言わされるかなんだけど。実際お金持ちなので結構な寄附をしたりね。正論なので反論のしようも無く、素晴らしい訳です。

ところがその先にへんてこりんなものが見えてきたりする。商品販売とか宗教的なものとかなんとか。明らかにおかしかったりするんだけど、最初の正論でハードルがぐーんと下がってるんだろうな。これで惚れ込んじゃってるとその道に進んでしまうような気がする。いい話の中身だけ咀嚼して吸収すれば良いのにね。何故か語り手に没入してしまうらしい。ミュージシャンの政治的発言に同調するような人達も同じような感じか。

上述のスポーツ選手は別に変なことやってないみたいだし、まぁ他人の事ですから否定するのも変なのでへぇ、と話聞いて終わりましたけどね。何かああいう惚れ込み方する人って危ないなぁ、と思いつつも、あそこまで信じられるってのも羨ましいかもなぁ、という気もしたのでした。アイドル追っかけるとか、そういうミーハーな心理に陥ったことが無いので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

楽天銀行

楽天銀行なる知らぬ存ぜぬ銀行からメールが来た。

お客さまの普通預金口座は、長い間お取引いただいていないため
以下の期限までにお客さまによるお取引(預入れ・引出し等)が 行われない場合、
預金取引の一時停止の手続きを開始させていただきます。

なんだか穏やかでは無い。
長期間利用していない預金はどうなりますか? | よくあるご...

10年間預金の出し入れが無い口座はサービス停止されるらしい。ってことは10年以上前に作った口座なのか。調べたら前身は eBank なのね。それなら記憶の彼方にあるような無いような。

さて、ログインせねばならんのだけど、IDも何も分からん。色々試したけどダメ。コールセンタに電話して紙で手続きってパターンかー、面倒なー、と思ったのだけど、ふと思い起こして探してみたらインターネットバンキング用のオレンジ色の紙が出てきましたよ。で、支店番号と口座番号とパスワードがあればIDを変更出来るというので頑張ってやってみました。

何かね、致命的にサイトが遅いんですけどね。ネット専業の銀行でこれはいいの?
で、ログインするとさすが楽天、口座情報表示の前にキャンペーンのお知らせですよ。うぜぇ。

更にワンクリックしてやっと出てきた預金残高はこちら。

何となく思い出しました。どっかのサイトで「今 eBank の口座を作るともれなく500円キャッシュバック」みたいなのがあって申し込んでそれっきりなんだ。2003年の事なのか。何してたのかね、オイラ。

さて、この口座、使う予定もないけど、そのまま置いておくのもねぇ。と思って解約手続きの仕方を読むと他の金融機関口座を登録することで解約可能。振込手数料をさっ引いた額が振り込まれます、と。210円ぐらい取られるのかな。なんだかな。

気が向いたら解約しよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

好きこそ物の上手なれ

Paris-Nice が始まりました。春へ向かって南へ走る自転車レース。今年はちょっと面子が地味だけど、これが始まるともうすぐ春ですな。

自転車で行くと、元日本チャンピオンの野寺さんが引退してからも続けているブログが中々面白く。この間のエントリーは興味深かった。
SHIMANO Racing Hidenori Nodera Blog: 努力は必ず報われる、遊びもそこそこ報われる

努力したわけではありませんが、遊び感覚で継続することも何かを伸ばすことにはつながりますね。
  『好きこそ物の上手なれ』
  私も自転車に乗ることが好きで、いつしかそれが職業になりました。

まぁ、皆が皆好きな事で飯が食える訳ではないけれども、努力はしてみたらいいんじゃないかと思うよなぁ。特に若いうちは。
何の為に働いてるのか分からないような若者が散見されるので、やりたいこと聞いて見ると「特に無いです」とか。やりたい仕事も特にないし、お金稼いで何に使おうってのも特にないし、ただお腹は空くから働いてお金稼がなきゃ、みたいなの。酷くなると、これは出来ない、あれは知らない、頑張ったり勉強したり働きたくない、でも皆と同じだけお金が欲しい。
ま、オイラも同じぐらいの歳を考えれば特に野望を持っていたわけでもありませんけどね。それでも、小学校の時からいじってて、ちょっと人より得意なコンピュータ周りは頑張って勉強してましたよ。色々読んだりしてね。人手が足りないからって簿記や社労士の勉強もしましたけどね。ま、興味持てれば勉強はさほど苦痛じゃ無い。資格取るまで勉強するのは苦手だけど。

別に競馬でもゲームでもサッカーでもAVでも何でも構わないと思うのだけど、好きなものを極めてそこで生きてる人居るわけじゃない。自らがプレイヤーになったり作り手になるばかりじゃなくて、評論家になったり解説者になったりね。今の時代インターネットがあるんだから、昔みたいに雑誌やTVに出なくても、自分の記事や意見をお金に換える方法はあるんだし。

「好きなものが無い」って本当に言ったらかなり重症だけど、1つでもあれば極めてみればいいと思うんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

ラグビーシーズン

特に書くこともないんだけど。

日本のラグビーシーズンは終了した。まぁ先週で終わってたんだけど、昨日だかにチャリティーオールスターがあったみたいですね。これで完全に終了。日本代表には興味はあまりないのだけど、6月だっけ、にWales代表が来るのは面子次第では見に行きたい。丁度 British & Irish Lions の Australia 遠征の時期に"選ばれなかった面子"が来るのでな。他の国のどのポジションの選手が調子良いかによって、日本に美味しい選手が来るかも知れない。

久々に日本選手権決勝までシーズンが続いたわけだけど(個人的には)、南半球と欧州も熱い。
Super15 は田中・堀江の2人とマイケル・リーチも途中から参加ということで、田中・堀江は既にデビュー済。この週末は堀江がゴール間際まで持ち込むシーンもあったんだがな。
日本人選手が所属するとそれだけが理由でパルマを見るとかマリナーズ見るとかそういう安っぽい効果もあるんだけど、田中のハイランダーズは正直レベル高いので面白い。堀江のレベルズもビールとオコナーの若者2人が引っ張るチームで結果には繋がらないものの今年は面白いラグビーを見せてくれそうだ。概して今年の Super15 は面白い。マコウがお休み(半年間休暇中)なクルセイダーズ弱そうだし。

欧州では 6Nations。こちらもフランスがイタリアに負けたり、アイルランドがスコットランドに負けたりと中々緊迫感のある気合いの入った試合が見られて面白い。イングランドが抜けているんだけどな。アイルランドを応援しているんだけど、まぁ勝っても負けても面白いですよ。

あ、そうだ、今月末は秩父宮で Tokyo Sevens があるので暇なら行くと楽しいですよ。ちゃんとしたワールドシリーズの中のステージだからレベル高いし。異人さん達が仮装して騒いでたりしてお祭り騒ぎの中でスピーディなゲームが見られます。天気良いといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

シェアハウスの思い出

巷で聞く「シェアハウス」。一つの家やマンションの一室を複数人でシェアして暮らすそうな。形としてはドミトリーと言われる部屋の仕切りも無く2段ベッドを並べたようなものと、各部屋にドアなりがあってリビングやキッチン等を共有という形を取るようだ。

普通の賃貸と違って、退去が楽だったりするようだけど、明らかに割高っぽく感じる。んだけど、立地等含めれば安いと感じる人もいるようだ。後、地方から出てきて家電とか揃えなくても良いとかいうのもメリットか。

で、家主からすると空室リスクが分散できて、利回りが良い。こないだ聞いたのなんか、40平米無いのに平米辺り1万/月ぐらいの家賃収入があるとか。いくら立地が良くても、40平米なら月15万も取れれば良い方だと思うんだけど、それが2倍以上になるわけですよ。ま、リフォーム費用とか管理の問題とか、住人のトラブルとか色々リスクもあるけれど。

全然グッと来ないけど、やっぱ世代の差で価値観違うのかなぁ〜なんて話を聞いていたんだけど、ふと思い出したらシェアハウス時代があったよ、オイラにも。
新宿御苑のマンションの一室。学生ベンチャー時代に。2LDK で60平米ぐらいだっけなぁ、そこに Sun のマシンとPC並べて最大6人ぐらいで寝てたかしら。夜はジャンケンして勝った奴がソファー、次が押し入れ、後は雑魚寝みたいな感じで。
炊飯器で飯炊いて、いつも料理する奴がいて適当におかず作ったり、総菜買ってきたりして、床の上でわーっと食べて開発して、みたいな。コーヒーメーカー持ち込んだ奴がいて、動かしたらブレーカー落ちてサーバもみんな落っこちて、みたいな。

オイラは出来るだけ家に帰るようにしてたけどね、数ヶ月帰らずに久々に帰ったら水道も止められてた、みたいな奴もいた。
隣は普通に4人家族が住んでたりしたからねぇ。

その後、ちゃんとしたオフィスビルに移ったときには「会社での寝泊まり禁止」という謎のお達しが出たりしたもんだ。それでもプチプチの上に寝てる奴とかいたけど。

若いうちのちょっとの期間なら可能なのかなぁ。でもやっぱり1週間以上は無理だろうな。ドアがあったとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »