« フレッシュマン | トップページ | TポイントカードICタグ化のご提案 »

2013年4月12日 (金)

Hawk-Eye

Premier League to use Hawk-Eye for goal-line technology

プレミアリーグでゴールラインテクノロジーが採用されるらしい。来年から。
南ア大会だかで、ゴールラインが歪んでいた(実際は入っていないのにゴールと判定された)事件があったりして、以前から取りざたされていた「機械の目」が投入されるわけです。

既にテニスとかでよくあるんだけど、カメラ画像からボールの軌跡を計算して、ラインを跨いだかどうか(オンライン含め)判定してCGで表示するって奴。こないだもスポーツトレーナの人と、何であれCGなんすかね?逆に嘘っぽい気もするんだけど実写はダメなんですかね?って話をしてたんだけど、あれが採用されるらしい。

ラグビーは実写でのTMOだ。それに近頃は危険なプレーとかに関してもスタジアムのスクリーンで主審が判断出来るようになった。正確性を期した分、ゲームの流れはズタズタだけど。まぁ、元々ラグビーは負傷とかでエラーやファウルのタイミングに少し止まるけどね。
逆にサッカーは誰か選手が倒れたっていったら礼儀として都度ボールを出したりしてプレーを切るから同じようなものか。ま、今回のサッカー用 Hawk-Eye はテニスのより速いらしいけど。

これで、ファギーとかヴェンゲルとかレドナップとかが文句言わなくなるのも寂しいなぁ、と思ったんだけど、よく考えたら監督や選手の審判への不満って「あれはノーゴールだ」っていうのはほとんど聞かないのであって、「あれはオフサイドだ」っていうのが大多数だよな。ということは GLT よりも オフサイドラインテクノロジーの開発・インストールが望まれるな。

そうすれば、試合後の監督は皆ただのオッサンになってしまうんだろう。

|

« フレッシュマン | トップページ | TポイントカードICタグ化のご提案 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/51195087

この記事へのトラックバック一覧です: Hawk-Eye:

« フレッシュマン | トップページ | TポイントカードICタグ化のご提案 »