« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

多摩川クラシコ

土曜日は味スタにいました。
少し早めに行って、貴の生酒でさきイカなど食べつつ。

FC東京と川崎フロンターレの所謂「多摩川クラシコ」のカード。双方に縁があるので見に来るのは何回目かな。
が、今年は両チームとも下位に停滞している。特に川崎ひどいなー。ジュニーニョいなくなってひどいなー。

この日もKENGOを欠く川崎はロングボールとカウンター頼み。東京のゴールを脅かすことはあっても全体としての圧はほとんどなかった。結果として東京の2−0だったけど、東京は東京でもう少し点をとってもおかしくない内容だった。この辺りが双方の問題点なんだろうけど、川崎は重症って感じだなぁ。

Away でも頑張ってコレオやってるサポが可哀相です。

東京ではピンチを潰しまくって、相手を冷静にいなす米本が最高に良かった。川崎は特に良い選手もなく、大久保が何度か切れてたのが印象的だな。体のキレじゃなくて、審判に大きなジェスチャーで文句言う方ね。審判に抗議できるサッカーというスポーツの一番嫌なところを表す選手かも。前節の名古屋の闘莉王と通じるところだな。プレミアだとスアレスか。
結果出してチームに貢献するかも知れないけど、ファンが減りそうな選手。

サッカーも抗議を一発退場にすればもう少し見やすいスポーツになると思うんだけどな。キャプテンからの質問だけ受け付けます、みたいな。もしくはアイスホッケーみたいに乱闘をショーの一部にしてしまうとか。中途半端なのが一番よろしくない。

連休中は総じてとても温かかったのだけど、この夜だけは強い風でメチャクチャ寒かったので後半35分ぐらいで切り上げて帰路についた。まぁ綺麗なゴールが2本みられたので良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

直球

凄くどうでもいいこと。

ダルビッシュが絶好調で昨日も11奪三振だったとか。で、フォーシームが切れてたそうです。
ダル4シームでプホルスねじ伏せた!

子供の頃そんな球種なかったけどね。直球、カーブ、シュート、フォーク、スライダーぐらい?大体、巨人のカムストックだっけ?スクリューボールとか投げたときもちょっと話題でしたよ。チェンジアップとかナックルとか実用的じゃないイメージだった。MLB見始めるまで。
近頃になってツーシームは聞くけどフォーシームねぇ。

調べたら、ボールの縫い目が指に対して交差するように、投げる方向に向かって4回現れるのがフォーシーム、縫い目に沿って指を合わせるのがツーシームなんだそうです。
むーん。昔NHK教育でやってた星野仙一の野球教室とか見てても直球の握りって、縫い目に沿って握るって言ってたような気がするんだけどなぁ。

今になってフォーシームの方が速いとか言われてもねぇ。ってそもそもガキの頃から野球得意ではありませんでしたけど。愚弟はリトルリーグのコーチにスカウトされた事があったような。あの頃から奴は筋肉担当だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

CamFind

おもろいアプリを知ったので落としてみた。

CamFind - Search With Your Camera

iPhone 用の検索アプリだけど、画像を撮るとそれが何かを認識して検索してくれるらしい。

最初に机の上にあった電卓を撮影したら、しばらくたって「カシオのマニュアル計算機」という回答が出て、関連項目が表示された。すげーな。流石に古いから型番とかまでは無理なのかな。

と思って OAKLEY のサングラスを撮ったら「黒いサングラス」、SONYのBTヘッドホンを撮ったら「黒いヘッドセット」という何とも無愛想な回答が。
これはどうだ、とポケムヒを撮ったら「ムヒの青いボトル」とのこと。

なんだ、期待外れだな、と思って最後にロンドン土産にもらったミントを撮ってみた。

で送ったら「王室のミント」だそうです。

ん、ちょっと待てよ、こいつ文字読んでないか?最初の電卓もCASIOのロゴを写してたし、ムヒも「muhi」というローマ字が写ってた。サングラスとヘッドホンはロゴの見えない角度の写真だった。ということは、何となくのモノと文字を読んで当ててるってことかな。だとすると、ただの画像マッチングだけじゃなくて、裏で結構凄いことしてるのかしら?と思ったり。

これが進化して件の Google Glass とくっついたりしたら、まさにスカウターですな。安物とか身につけてるとすぐにばれてしまったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

オール3

暫く前に人事系の会社にいた人から聞いた話。

ある業界でかなり有名な企業があるのだけど、そこの強みは顧客とのコネクションだそうで。どんなに小さな会社であっても開拓していくんだそうな。
コネクションって具体的になにしてるの?と思ったら、営業マンが1日数十社を毎日訪問するんだそうで。顔出して資料置いたら終わりぐらいの時間しかとれないんだそうで、よーやるわ、という感じ。

で、その会社から出てきた「求める人物像」というのが「オール3」なんだと。5段階評価で、何をやっても3、変に問題意識を持たずに黙々と働いてくれる人が欲しい、と。

その時は、何かもやーんとした感じながらも、まぁ適材適所っていう言葉もあるしなー、と思っていた。

ついこの間、同じ業界の会社の役員と話す機会があり。「あそこね、凄いけどね、確か従業員一人当たりの売上1000万無いんじゃないかな」とのこと。利益じゃ無くて売上らしい。それってすんごい薄利ってことだよなぁ。んでもって給与水準も低そうだ。なるほど、問題意識の無い「オール3」ねぇ。

ゆで蛙とは少し違うけど、同じ事をグルグル繰り返してる内にいつの間にか埋もれてしまいそうな、そんなイメージ。実際、大手系が盛り返してきて業界内でも下降気味みたいだし。

そんな話を聞いて、やっぱりもやーんとしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

ワイングラスでおいしい日本酒アワード

何だか良く分からなかったんだけど、ネットで見かけて試飲会に申し込んでみた。
なんでも、RIEDEL のグラスがついてて3000円の試飲会だそうで。

お得な気がして申し込んでみたのだけど、当日行く段になって不安になってきた。変な商談会みたいなので、日本酒バルク買いさせられるんじゃないだろうか、いや日本酒ならいいけど毛皮とか壺だったらどうしよう。強い意志で断らねば、とか妄想は広がる。つーのが場所が六本木ヒルズのアカデミーヒルズ(49階)なもんでね。典型的な詐欺商法じゃないですか。

で、ムダに高速なエレベータに乗り、ムダにムーディな廊下を抜けて入ったら拍子抜けするぐらい煌々と灯りのついた普通の試飲会でした。

入るときに受付で確かにワイングラスをくれるんですよね。紙にくるんでケースに入ったちゃんとしたのを。ついでに小ぶりのバスケットにサンドイッチとフルーツが入ったのをくれて、これも結構美味いの。これで試飲もできるからやっぱお得かな。

普通の試飲会と比べると、蔵が持ってきてる種類が少ないのよね。下手すると1種類、多くても3種類ぐらいじゃないかしら。蔵自体はどういう声かけしたのか謎な面子で、やたらマイナーな山形や宮城の蔵があったかと思えば、奥の松や米鶴、楯の川辺りがしっかりいたり、果ては大関や白鶴が居たり。審査員の趣味なのか、運営母体に酒蔵が入ってるからその辺の付き合いとかなのか。
ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013 審査結果
審査風景見ると、これってブラインドテストになってるのかなぁ…

後、お客さんに女性が凄く多くて、何か飲食店のにーちゃんみたいなのと客同士で軽い合コンみたいなのが始まってたり、妙な雰囲気でした。場所柄かもしれんが、試飲会ってのはもっと真剣に殺伐としてるもんなんだよ!(嘘
全体的にドライなのと発泡が多く選ばれてる気がして「おおっ」ってのは無かったですねぇ。米鶴が普通に美味しかったかなぁ。

まぁでも、帰りのエレベータで顔を赤くしたOLさんが「お酒ってあんなに種類があって味が違うんですねぇ〜」なんてハイテンションで話してたので、こういうイベントがあるといいのかねーと思ったのでした。酒蔵の人も「ワイングラスってつけたからか女の人が多いですねぇ」と話してたし。

下世話な話、もらったグラスは2000円相当だったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

大神社展

週末は散々な天気だったので、これなら空いてるだろうと日曜の昼前に家を出て上野へ。国立博物館の「大神社展」に行って来ました。
国宝 大神社展

神社には結構行ってるんだけど、資料館とか宝物殿とかはあんまり入らないのよな。余程目当てのものが無い限り。なんかね、追加で300円とか500円とかね(ケチ臭い)。
なんだけど、この展示は1500円でタップリと全国の神社の国宝・重文などが見られるんですよ!奥様!

で、行ってみたらそんなに混んでなかった。そもそも大して混まない展示なのかな。前にフェルメール見たときは凄い人だったのにな。チケットも家で印刷して持って行ったんだけどチケット売り場に並んでもなかったし。拍子抜け。

順路に従って見ていくと、テーマ毎に別れているので、最初は装束系が多かったり、鏡ばっかりだったり、最後は木像ばっかりだったりとなっている。取り立てて面白いかと言われると人それぞれだろうから、皆にお勧めできるものではないけど、1500円で中々充実の時間が過ごせると思いますよ。
個人的には石上神宮の七支刀とか、どこのか忘れたけど立派な御輿とか興味深かったですね。最後の方の展示の木像は、神像なのであって、そういえば仏像はよく見るけど神像ってあんまり見ないなぁ、と思いながら眺めていた。本地垂迹で仏像になってるのもいくつかあったけど。後は延喜式とか厳島神社に一族繁栄を願って平清盛が納めたという自筆の書とか。結局、効力なかったんじゃん、というツッコミは禁止。

でも、一番印象に残ってるのはグッズ売り場にあった「神社エール」だなぁ。ちゃんと生姜が入ってるらしい。

展示は前後期で入れ替わるものもあるそうなのでコンプリートしたければ2回行かなきゃなんないみたい。ものによっては途中で無くなったり展示されたりするのか。
東京国立博物館 - 展示 日本考古・特別展(平成館) 「国宝 大神社展」 作品リスト

中途半端な腹具合で行ったら後半倒れそうになってきたので、1階に降りたところで売ってたあんみつ食って帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

湯飲み

ここ1年ぐらい良く茶を飲む。行きつけの店の大将に美味しいお茶を教えてもらったので。
別に昔から拘ってる訳でも無いし、知識もないし、煎れ方に五月蠅いわけでもないけど、日本茶は築地のお店、紅茶は宇治のお店のものを。

んだども、どうも湯飲みっちゅうのが好きになれん。洗いにくいの多いし。

と思ってたら、前に買って絶賛稼働中のタンブラーのシリーズで湯飲みが出てた。サーモスから。
絶賛稼働中なのは保温が素晴らしいのもあるんだけど、スポーツ観戦とかに行った時に座りがいいのよね。ある程度の重さとサイズがあるので。だから近頃は日本酒飲むのにも持って行ってたり。足元に置いておいても存在感があって安心。

ということで、保温を期待して湯飲みも買ってみた。
でも結果から言うと残念な感じだなぁ。煎れた直後の熱々っぷりはそこそこ維持されるんだけど、それは求めてないから。快適に飲めるようになってからの冷め方は普通の湯飲みとあんまり変わらん気がする。
結局熱い物は蒸発とか放射とかで液面の面積の影響が大きいんだろうか? 考えてみたらタンブラーもビールが温もらないっていうのは実感したけど熱い物いれたこと無いかも。

ま、それでも内側も外側もツルッとしていて洗いやすいのは評価出来るな。
ただ、普通の湯飲みだと考えると高い買い物だったかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

アボガドロ数

訳あって、中学生の理科の勉強を見る。
分子式が分からん、つーので、周期表から教える。頭ごなしに覚えろっつーのは性に合わんので。

原子量の説明をしてたら、弾みで「アボガドロ数」が口から出た。アボガドロ数は高校の範囲だったか。まぁいいや、と思って説明を続けようとしたのだけど、いくつだったか分からん。
分からんというか、6.02x10^23 なんてのがフッと頭に浮かんだんだけど、そんなのもう15年か20年か使ってない知識なので自信が無い。6.28だったか?いや、それじゃ円周率の2倍だ。
ということで、結局 iPhone で調べる。6.02であってた。

全く人間の記憶ってどういう仕組みになってるんだろうか。何となく浮かび上がる数字。でもちゃんと思い出そうとすると途端に自信が無くなる。でもあってる。
その後、銀イオンが1価だったかどうかとか、二酸化マンガンってMnO2であってたよな、とか都度自信がなくて情けない。っつーか、まぁ日常必要ないんだけどな。

ただ、必要なくても原理原則を理解しておくのは大事だと思うので、適度な知識と論理的思考は持って欲しいと思うんだよな。ゲルマニウムローラーとか白金ナノコロイドとか買わないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

愛ゆえに

オイラが徒歩通勤始めた頃からほぼ毎朝あうオバチャンがいて。犬を連れてるんですが、普通の散歩ではなく、台車みたいなのにベルトで固定して台車についた紐を引っ張ってるんです。見たところ、犬の後ろ足が悪いようなので、それでも散歩に連れて行こうってことなんでしょう。

毎日のように会ってるうちに、前足もオバチャンのペースについて行けなくなって、歩幅が追いつかないような変な感じになってたんですが、オバチャンは分からんよね。後ろ見てないから。
そのうち前足も動かなくなってアスファルトの上に引きずるようになりました。

この冬ぐらいからパッタリ見かけなくなりましてね。何だったんだろうあれは、と。見るからにオバチャンは犬に対して愛情一杯なんですけど、犬は幸せだったのかしらと。暑い日も寒い日も台車にくくられて30分か1時間か知らないけど引っ張り回されるわけです。もちろん、家の外に出たいよ、っていう夢を叶えていた可能性も無くは無いけど。一方的な愛情というか、「この子はこうして欲しいに違いない」みたいな。少しストーカーとかが頭を過ぎったのはオイラの性根が歪んでるんですよねそうですよね。

そんなこと思ってたら、こないだからまた会うようになりました。お犬様、元気に4本足で歩いていますよ。同じ犬種。まさかね。

あの犬も動けなくなるまで愛されるんでしょう。なんだかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

24時間地下鉄

都営地下鉄を24時間運行 3大都市圏に特区検討

今でも都内で終電後に帰ろうと思えばタクシーがあるわけだけど高い。ので、基本的には歓迎だなぁ。個人的には都バスが24時間動いてる方が便利な気分だけど。ま、文中にもある通り、タクシーあがったりですな。あの六本木や新宿でタクシーが捕まらずに歩いた方が早い、みたいなバブルが来ない限りは。

ただ、終電という概念が無くなると、飲み続けるしか無いわけで、後リア充女子の「もう終電だから」という言い訳が出来なくなり、平井堅のヒット曲も生まれなかったわけです(どうでもいい)。
午前2時の地下鉄とかカオスだなー。0時近くの井の頭線とか山手線とかを超えるんだろうなー。駅員大変だなー。飲食業界的には歓迎か。

個人的には、都心での容積率・用途規制の緩和ってことで、都心で更に再開発進むんですかね、と。するってぇと、近郊と言われるところは益々つらくなりそうな。地方まで行かない近郊が寂れていく。

まぁでも「世界一ビジネスのしやすい事業環境」を目指すんだったら、まずは減税だと思いますけどね。法人税じゃなくて個人のね。税金取ろう取ろうとすればするほど皆逃げちゃいますよ。稼げる人、能力のある人が。中国で「上有政策、下有対策」って言うらしいですけどね、皆色々考えてますよ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

TポイントカードICタグ化のご提案

よく言われる「Tポイントカードお持ちですか」に「いいえ」と答える面倒くささ。ローソンとかも類似だけど。

あれさ、ICタグにしちゃえばいいんじゃね?レジの前にリーダー置いておけば、ポケットに入っていようがスキャンできるわけですよ。

ICタグって言うとプライバシー云々言われるわけだけど、コンビニとかでTポイントカード出す人ってのは、元々購買履歴やサービス利用履歴と個人情報をリンクさせてサーバに取っておいて下さい、っていう奇特な方々なので、そこ(プライバシー云々)は問題はないでしょ。
で、持ってない人は、いちいちお伺い立てないでも良いわけです。素晴らしい。

早いとこ導入をお願いしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

Hawk-Eye

Premier League to use Hawk-Eye for goal-line technology

プレミアリーグでゴールラインテクノロジーが採用されるらしい。来年から。
南ア大会だかで、ゴールラインが歪んでいた(実際は入っていないのにゴールと判定された)事件があったりして、以前から取りざたされていた「機械の目」が投入されるわけです。

既にテニスとかでよくあるんだけど、カメラ画像からボールの軌跡を計算して、ラインを跨いだかどうか(オンライン含め)判定してCGで表示するって奴。こないだもスポーツトレーナの人と、何であれCGなんすかね?逆に嘘っぽい気もするんだけど実写はダメなんですかね?って話をしてたんだけど、あれが採用されるらしい。

ラグビーは実写でのTMOだ。それに近頃は危険なプレーとかに関してもスタジアムのスクリーンで主審が判断出来るようになった。正確性を期した分、ゲームの流れはズタズタだけど。まぁ、元々ラグビーは負傷とかでエラーやファウルのタイミングに少し止まるけどね。
逆にサッカーは誰か選手が倒れたっていったら礼儀として都度ボールを出したりしてプレーを切るから同じようなものか。ま、今回のサッカー用 Hawk-Eye はテニスのより速いらしいけど。

これで、ファギーとかヴェンゲルとかレドナップとかが文句言わなくなるのも寂しいなぁ、と思ったんだけど、よく考えたら監督や選手の審判への不満って「あれはノーゴールだ」っていうのはほとんど聞かないのであって、「あれはオフサイドだ」っていうのが大多数だよな。ということは GLT よりも オフサイドラインテクノロジーの開発・インストールが望まれるな。

そうすれば、試合後の監督は皆ただのオッサンになってしまうんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

フレッシュマン

久しぶりに御指名があって夜のお仕事を再開。

23時前の駅。学生が4人。ホームへの階段を降りてすぐのところに屯って騒いでいる。通行の邪魔なんだが気づかないんだろう。御機嫌だ。少し離れたところにも5人ほど。春ですな。

30分後ぐらい。別の駅で乗り換える。今度は社会人だ。スーツの若い男2人がシートに座って大声で話をしている。そんなに張り上げんでも隣の奴に聞こえるやろ、と思うが酔っ払いなんでね。ドアの近くの男女4人組も初々しいスーツ姿だ。駅で一人が降りるときに女性が「お疲れ様でしたぁっ」と弾けるような声を上げる。いいねぇ。春だねぇ。

ふと思う。何故「春っぽい」光景だと思うんだろうか。梅雨の頃には見られない気がする。スーツが馴染んでくるからなのか。違うな。
あの初々しさはどんどん消化されて削られていくんだよな。初めての職場で新しい仲間や先輩とキャッキャウフフしてるのも連休ぐらいまでよ。社畜としてこき使われ、輝きを失って鈍く光るようになり、くすんでしまうのよ。せいぜい、その時まで騒いでおくが良いわ。

なんて呪いをかけながら疲れた体を引きずって帰ったのでした。いやー、久々に遅くまで働くと堪えるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

隠れ家的

先日、急な飲み会に呼び出され。もう15年になる友人の集まり。

うちから徒歩圏なので(ちなみに徒歩圏ってのは徒歩2時間以内ね)てくてく歩いて行ったら、看板が無いんだけど、それっぽい照明がある戸建てが。住所はここなのでとりあえず階段を上がって玄関に行くと小ぶりな看板が。
なるほど、ネットで「隠れ家的」って書いてあったのもうなずける。しかし、T も何でこんな不便なところを、と思って入ると、いきなり居酒屋だった。

で、2階の個室?に通されたんだけど、まぁ狭くてですね。40前のオッサンが5人膝キツキツで座ってるので個室と言っても扉を閉めたらオッサン臭で死にそうですよ。閉めないけど。後、2階は1階に比べて如実に暑い。古民家をリフォームってよさげに聞こえるけどこういうことよね。

そしたら若い店員がビール持ってきて「皆さんお揃いですか、では乾杯しましょう。はい、かんぱーい」とすんごい大声で叫ぶ。いや、学生飲みじゃないんですよ。2年ぶりぐらいに会う仲間でね、なんて言葉も挟めないような勢いで半強制乾杯。どこが隠れ家なのか。
このオニーチャン、最後までずっとこんな感じで、隠れ家を標榜しつつ、というギャップを狙っているのかと思うくらい全力だった。でも、最後の方に違う店員が料理持ってきたら、やかましくもなかったんだよね。やっぱあの人だけか。ま、一周回ってネタ的に面白かったけど。

T に何でこの店なの?と聞いたら、いや、別に、この辺で新しい店を開拓してみたかった、と。

ま、料理は美味かったし、日本酒も少ないけど冽とかその辺置いてたりで悪くなかったですが。個人的には使わないかなぁ。何か若者の合コンとかに良さそうですよ。
看板のない居酒屋 てやん亭” 西麻布(おも家) てやんでい - 表参道/居酒屋 [食べログ]
なるほど、こういうのが食べログ的には高評価なんだな…

女が集まると恋バナ、男が集まると仕事の話、ってことで、結局仕事やら景気やらの話をしてそれなりに盛り上がって解散。色気の無い飲みも悪くないもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

iPhone 4 バンパー

随分前の話だけど。 iPhone5 にするのはやめた、と決めた次の日ぐらいにバンパーがヨレヨレになった。

純正のバンパーなんだけど、プラスチックの枠の周りにゴムが着いている。このゴムが老化したらしく、一旦外してもう一度嵌めたらその時の捻れだかでボロボロと切れ目が入って仕舞いには所々千切れてしまった。そういえば暫く前から使ってるとどこからか画面の上にゴミが乗ってフリックし難かったのだけど、あれはゴムの老化した破片だったのかも。

これは何だ、やっぱiPhone5 に乗り換えろという啓示なのか、ってかアップルタイマーとでも言うべき戦略か?と思ったけど、そんな手には乗らない。意を決してオンラインのアップルストアからバンパーを注文。

届いたバンパーをはめ直してうむやはり良いね、と思ったのだけど、勝手に電源オフにしようとしたり、ホームボタンを押したらシャッター音がしたり。どうやら電源ボタンのところが上手くはまっていないようだ。んで、何度かはめ直したのだけどダメ。どうにも上の部分が浮いてしまう。で、浮いたところに指が当たると電源ON/OFF。これ、不良品やね。

で、サポートセンタに電話するも5分経っても繋がらないので断念。日曜の昼だしな、と思って月曜の朝9時過ぎにかけて5分待ったけどやっぱ繋がらない。ええい、面倒な、ということで昼休みを利用して渋谷のアップルストアへ。

1階で青シャツのお兄ちゃんに状況を話すと「あ、これはデリケートですね」と。良い言い方をするもんだ、と思いながら2階へついていく。そこで、日本語の上手な白人の兄ちゃんにチェンジ。すると「オンラインストアで購入されたものはオンラインストアでの交換対応になるんで、ここでは…」と予想していた最悪の答が。うええ。ここに連れてきてくれた兄ちゃんは「即交換しまっす!」ぐらいのノリだったのに。

そこへ、別の青シャツ通過。白人兄ちゃんが呼び止めて状況を説明。すると「今回は良いですよ」と。どうやらマネジャーだった模様でめでたく交換してもらいました。対応悪いとか言われるけど、結構臨機応変じゃん、と思って新しいバンパーをその場で付けてフィットすることを確認。礼を言って帰ってきました。

しかしあれだ、ついカッとしてアップルストアに行けたからいいけど、そうじゃない人達はあの5分以上のフリーダイヤルを突破しなきゃならないんだよなぁ。そう考えるとトータルのサポートのレベルは低いよなぁ。つーかオンラインショップで買うリスク高い。

そんなバンパーですが、こないだうっかりして外で道路に落っことしたら見事に欠けながらも本体を守ってくれました。ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

イタリア人と飯を喰う

諸事情あってイタリア人と晩飯を食った。最初に背景を。

  • 現地日系企業で働くイタリア人4人とオイラの友人(日本人)と6人で飯食った。
  • 4人のうち1人は通訳なので日本語ペラペラ、後の3人はイタリア語オンリー(2人は少し英語できるかな)
  • 通訳が日本在住の時に友人が知り合い、で、和食ガイドと日本酒選びのためにオイラが呼ばれた
  • 4人は仕事で日本に来て2週間目ぐらいで、東京に観光に来たらしい
  • 全員イタリア中部の出身。会社はローマの東側辺りのアドリア海沿岸。写真見せてもらったら海が凄く綺麗だったんだけど、通訳曰く「何もないつまらない街」だとか。街の名前忘れた。

とりあえず、オイラがちょくちょく行く日本酒の40種類ぐらいある居酒屋にした。店主が多分オイラより若いし、LA辺りに留学経験有るから英語も流暢だし、いいかな、と思って。

聞くと「普通じゃ無いものが食べたい」「最後に熱燗が飲みたい」の2つがリクエスト。何故「最後」なのかよくわからないけど、エスプレッソ的な意味合いなのか?
ちなみに来日したのは8人らしいのだけど、残りの4人は超保守的で、宿の近くでイタリアンレストランを探し出して毎日そこで飯食ってるんだそうだ。ちなみに日本のイタリアンは美味いらしい。お世辞かどうかは知らん。

飲み物は3人がビール、一人が日本酒というので、とりあえず無難に獺祭を。「美味しい」と言っていた。ビール組のうち1人は2杯目に日本酒を所望したので七田を1合取ってお猪口で注いであげたんだけど、1杯飲んだ後はビールに戻ってたな。美味しいのに。

最初にお通しの枝豆と格闘。良い感じに豆を出して食べるのってちょっとした技術なんだね、と再確認。必死に中身を取り出そうとする異人さん3人は面白かった。

次に刺身。一人が山葵大好きとのことで、デカイ塊を醬油皿に取る。で、醬油ドボドボ。流量が物足りないらしく醬油差しの上の蓋を外してドボドボ。えー、って感じだけどアメリカでも見かけたな。そこに大量の山葵を溶いて、刺身漬けてご満悦らしい。

後は珍味系を。ホタルイカの沖漬けはイマイチだったっぽい。何だよイカスミとか食うくせに。
イカの丸干しは美味い美味いと言ってドンドン食ってた。先の山葵オッチャン(40半ば?)は、イカにマヨネーズを付けたのを山葵醤油で食うという技が気に入った模様。あん肝も飛ぶように無くなった。「このパテは美味い」みたいなことを言うから、パテじゃなくて、アンコウの肝そのまんまや、と通訳経由で教えてあげた。鮭とばも皮を外すのを教えてあげたら良く食ってたな。何せ良く食うな。

で、カウンターの内側でなめろうを叩きだしたら怪訝な顔をしてキョロキョロするので、魚をミンチにしてるんだ、と教える。暫くして出てきた鰺のなめろうも随分と美味いらしくバクバク食う。もうちょっと少しずつ食ってもいいと思うんだけど…この辺で誠鏡の純米を熱燗にしてもらう。
異人さんはぬる燗とかの半端なのはお好きじゃないらしいので、「(温度)高めでお願いします」とつけてもらった。満足頂けたらしい。

イタリア語は何を言ってるか基本分からないので話は良く分からんが、たまに通訳さんが話題を教えてくれるのと、通訳と直で話をして何となく間を持たせる。ベルルスコーニの悪口ネタは鉄板のようだ。

最後にデザート要るか?と聞いたら食うというので抹茶プリンを頼む。やたら口々に「パンナコッタ」というのが何だか面白い。オイラは満腹なので頼まなかったのに、遅れて1つ来たから「あ、僕注文してないですよ」と店員に言ったら、件の山葵オッチャンがお代わりを頼んでた。

お勘定を頼んだら、奢ってくれると。食事代は領収書取れば一定額まで支給されるので大丈夫というので、お言葉に甘えて奢って貰った。「1人30ユーロちょっとか、安い」みたいなことを言ってたらしい。満足頂けたのなら幸い。

で、実は40ぐらいだと思ってた頭がツルッとした人が24歳と聞いてびっくりしたんだけど、日本に来て2週間ぐらいで 2人の日本人女性とデートしてて片方とは良い感じなんだそうで。イタリア人すげーよ。仕事はやい。

総じて楽しかったけど、全員喫煙者だったのがな。ローマ行った時は何となくそんなに吸わないイメージだったんだけど、都市部だったからなのかサンプルが少なかったからなのか。

あ、そうだ、話の中でやたら「ディ、ナターレ」って言ってたから何の話をしてたのか聞いたら「クリスマスの時の料理がどうこう」とかで、ナターレはクリスマスの意味だそうで。
オイラの中ではディ=ナターレはサッカー選手の名前だったんだけど、一説によると Di の付く名字は貴族階級の出自を表すとかなんとか。怪しいけどね。Di Matteo とかもそうなのかしらどうかしら。
アントニオ・ディ・ナターレ - Goal.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

ふりおはぽん

クリエイターは無報酬で協力を……クールジャパンめぐる秋元康氏の発言に賛否両論

炎上マーケティングのプロを相手に叩いてもしかたねーだろ、と思ったら、そういうことも含めて書こうと思ったことは全て上の記事に書いてあった。ぐぅ。

何か前にもあったよね。大阪の方で。自治体が広報を無償で募集したら批判殺到で取りやめたんだっけ。

批判した人の中でどの程度プロがいたのか分からないけど。一種の「嫌儲」って奴でしょうか。その割にはネット市民はホリエモン好きだったりするみたいだしなぁ。良く分からん。

昔、一緒にお仕事したライターさんは某有名フリーペーパーの記事を時々書いているらしく、ページあたりのギャラが他と比べて話にならないぐらい安いと言っていた。でも、媒体の名前を出すと、普通じゃ受けてくれない取材を受けてくれたりするんですよ、と嬉しそうに話していたのを覚えている。
別の人もライターというよりは作家に近かったんだと思うけど、某サイトに寄稿していて、ギャラは無いと言っていた。グッズとか貰えるんだったかな。好きだからやってる、みたいな。

ま、無報酬を掲げて成立するだけのブランドが打ち出せるかどうかですね。

芸能関連のサイトに関わってたときは、ギャラ無しでもテレビに出たいアイドルの卵みたいなのがいれば、1時間拘束XX万円です、みたいなのもいて、あれはいつ入れ替わるんだろうなー、と思ってた。どっかでメディアとの立ち位置が入れ替わるんだよね。
金払ってでも場を与えて欲しい、場があれば活躍できると思ってる人は少なからずいるんだろうから、その場所が批判殺到とかで無くなっちゃうのは可哀相な気もするよなぁ。
何かで読んだ、人権保護の為に見世物小屋みたいなのが禁止された結果、職業を失った人達、みたいなのを想起する。

まぁ、活躍の場を提供じゃなくて、「アイディアパクりまっせ」ってのはどうかと思うが。
応募規約 | MEDIAS W 2画面アプリコンテスト

なお、よりよいサービスをお客様にご提供するために、主催者が、応募作品に類似するアプリ等を独自に企画開発する可能性がございます。その場合、独自に企画開発したアプリ等については、応募者へのご連絡はいたしませんので予めご了承ください。

叩くならこっちだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

不要品

行きつけのバーがバザー?フリーマーケット?やるってので「不要品ないか?」と聞かれた。

考えたけど無いんだよね。新品もしくはそれに準拠するようなもので不要なもの。

よく考えたら何で不要なもの買うんだよ、って話だし。と話したら、「結婚式の引き出物とか」と言われたけど、そういえば結婚式行ってないな。後、近頃の引き出物ってカタログから選べる系だから、昔みたいにタオルとか石けんとかもらって使わないとか無いよねぇ。葬式だと案外削り節とか有用なものだったりするし。
それでも女性はワラワラ色々持ってくるらしい。どんだけ計画性ないんでしょう?とか言うと怒られるんだろうな。後はお金持ち的な人は「買ったけどちょっと大きすぎたんだよね」とか言いながら RIEDEL のワイングラス持ってきたり。とりあえず買ってみるんだな。

結局、数年前にネット通販で買って未開封(佐川の封筒さえ開けてなかった)の電動歯ブラシ持って行った。買って届く前に歯科衛生士の人に「電動だからって油断して歯磨き疎かになる人が案外多いんですよ。手の方が良いですよ」みたいなこと言われて素直なオイラは使わなかったんだよな。
何せそれを持って行ったら値付けしろと。定価で3000円ぐらいのものだけど、いくらでも良いですよ、ってかもう使わないんだし。

他の人何持ってきてるのかなと思ったら、携帯用のウイスキー用金属製カップみたいなの出してる人が居て、ああ、うちにも利き酒用の猪口なら腐るほどあるなぁ、と。白くて底に青い輪っかの入ってる奴ね。ベタな試飲会いく度にもらうから20は優にあるんじゃないかな。でも面倒だから持って行くのはやめた。

果たして売れるんでしょうか?そもそも企画が上手く行くのかどうかもわからんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

Tokyo 7s 2013

今更週末のことを。

土曜は朝から小雨。11時ぐらいに家を出ようと10時過ぎに遅い朝食でクロワッサン食ってたら奥歯が欠けた。10年ぐらい前に治療した虫歯の治療痕をやり直ししてもらってるんだけど、被せてる仮のカバーみたいな奴が裂けた感じで。
「うえぇ」ってことで歯医者に電話したら幸い、「じゃあ今から来て頂けますか」ということで行って治療して戻ってきたら11時前。だったら、午後の部から行くか、と13時過ぎ出発に変更。

ついたら曇天。幸い雨は上がっていた。バックスタンド中央付近は空席を見つけるのが難しい。まぁ、セブンスなので気楽に、と上段へ。
久々の秩父宮だけど、ペイントしたんじゃ無いかってぐらいに芝が綺麗に生えていた。

セブンスと言えば、何故か仮装大会になっている。これ日本だけじゃなく世界中でね。ということで、ナポレオンなフランス人とかスーパーマンの格好に星条旗まとったネーチャンとか、カンガルー(ワラビー?)の着ぐるみとか色々いたんだけど、ひときわ目立っていたのがこれ。

10人以上いたかな?スーパーサイヤ人なニュージーランド人。でも、仮装が派手な割にはインテリっぽくてあんまり馬鹿騒ぎもしていなかった。この仮装、靴もちゃんと濃紺の悟空の靴なのよね。トイレで道着の前をほどいたり結んだりするのが面倒そうだった。

イングランドとサモアが完全にプレミアリーグの色使いだったり。

ま、試合自体は面白かったんだけど、16時過ぎぐらいからどんどん寒くなってきて、人の多い下の方に降りていったんだけど、そのうち小雨もぱらつきだしたので帰ってきました。どうもセブンスは天気悪いイメージ。

日曜は用事があったので土曜の予選を見に行ったんだけど、結局日曜も天気が悪く。その中で決勝は南アがNZを下して優勝しました。ちょっと疑惑の判定もあったけどね。
この Tokyo 7s、とりあえず2015年まで開催が決定してるので、あと2年は開催されます。ラグビーのルールが無くても派手で展開が速く、楽しめるのでオススメですよ。ちゃんとした HSBC World Series の1試合なので来てるチームも超一流だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

電子内容証明郵便

久々に所用で内容証明郵便を出す必要があり。文章作成して電子内容証明サービスに送信ですよ。便利。

で、送信画面で「差出し」ボタン押してもウンともスンとも言わないのですよ。「差し出しボタンは絶対に二度押ししないでください」とか書いてあるしね、分かりますよ、開発者として、と思って放置したけどどう見ても通信してませんよね。
そういえば送信ファイル指定画面の下の方に「Internet Explorer をご使用の場合」「Netscape をご使用の場合」なんて書いてあったのを思い出して不安になって確認したら、動作環境はIE8まででした。

会社で使ってるWindowsマシンは、腐れ銀行のオンラインバンキング用(何故かOSXはサポートしない)用と、腐れIEでの画面チェック用なので、IE10を入れてあるんだけど、この子がダメなのかな。
ということで、
Internet Explorer 9 をインストールまたはアンインストールする方法
なんてのを見ながらIE10をアンインストール。何故かIE9のアンインストール方法しか見つからなかったけど基本は同じだ。一旦IE10をアンインストールしてやりなおしたら、今度は差し出し出来ましたよ。
ああもう。

宛先の設定からやり直しで、15分ぐらい返せよー、とか思ったけど、印刷して郵便局行くこと考えればまぁいいか。それにしてもエイプリルフールに送った内容証明って効力有るんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

優良誤認

最高気温13度予想でも4月1日です。

毎年、色んな企業がホームページ上でエイプリルフールネタを披露するけど、ちょっと食傷気味なのはオイラが歳を取ったからなのか。
どれもこれも「新サービス始めます」みたいなパターンが多いのでもう少し捻って欲しいところではあるんだけどなぁ。

ただ、毎度思うんだけど、上場企業が「新サービス始めます」って言って実際始めないのって、大丈夫なんだろうか?とか。何だよすげーサービス始めるっていうから株買ったら、嘘って優良誤認だろ、風説の流布だろ、とかいうことにならんのかな(なり得ないのかな)?

東スポの記事みたいに「信じたお前がバカ」という判決がでるんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »