« 24時間地下鉄 | トップページ | アボガドロ数 »

2013年4月17日 (水)

愛ゆえに

オイラが徒歩通勤始めた頃からほぼ毎朝あうオバチャンがいて。犬を連れてるんですが、普通の散歩ではなく、台車みたいなのにベルトで固定して台車についた紐を引っ張ってるんです。見たところ、犬の後ろ足が悪いようなので、それでも散歩に連れて行こうってことなんでしょう。

毎日のように会ってるうちに、前足もオバチャンのペースについて行けなくなって、歩幅が追いつかないような変な感じになってたんですが、オバチャンは分からんよね。後ろ見てないから。
そのうち前足も動かなくなってアスファルトの上に引きずるようになりました。

この冬ぐらいからパッタリ見かけなくなりましてね。何だったんだろうあれは、と。見るからにオバチャンは犬に対して愛情一杯なんですけど、犬は幸せだったのかしらと。暑い日も寒い日も台車にくくられて30分か1時間か知らないけど引っ張り回されるわけです。もちろん、家の外に出たいよ、っていう夢を叶えていた可能性も無くは無いけど。一方的な愛情というか、「この子はこうして欲しいに違いない」みたいな。少しストーカーとかが頭を過ぎったのはオイラの性根が歪んでるんですよねそうですよね。

そんなこと思ってたら、こないだからまた会うようになりました。お犬様、元気に4本足で歩いていますよ。同じ犬種。まさかね。

あの犬も動けなくなるまで愛されるんでしょう。なんだかな。

|

« 24時間地下鉄 | トップページ | アボガドロ数 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/51269575

この記事へのトラックバック一覧です: 愛ゆえに:

« 24時間地下鉄 | トップページ | アボガドロ数 »