« マクラーレン・ホンダ | トップページ | 免罪符 »

2013年5月20日 (月)

五月祭

週末天気が良かったので築地で用事を済ませた後、根津へ。坂を上る。

右につと入ると東大農学部。東大本郷キャンパスの学祭「五月祭」に来たのは初めてだ。以前、通り抜けた家の近所の某私大の学祭とは随分違うなぁ。年配の客が多いのと、チャラい若者が少ない。良いか悪いかは置いておいて。

正門の辺りで「利き酒やってます」というお兄ちゃんが居たので、つられて行ってみる。農学部2号館の古い建物。石造りの中に入るとすーっと風が吹いて涼しい。
前に数人並んでいて待たされる。入れ替え制なのかな?と思ったら、所謂試飲会ではなく、ブラインドテイスティングという意味での「利き酒」であった。

農学部の生命化学工学科(もやしもん的な学科らしい)が戦前から続けているイベントだそうで、全国100以上の蔵が協力してくれているんだそうな。で、利き酒の説明を丁寧に受けて、それから部屋を移して利き酒に。
4種類の酒の入ったカップを渡され、アンケート用紙に香りや味などを書いていく。その後、それぞれの酒の銘柄や種類、価格などが書かれた紙を渡され、ネーミングやラベルのデザイン、価格についてもアンケートを記入。この辺りを協力してくれた蔵にフィードバックするのであろう。4種類の組み合わせは受ける回によって入れ替えるようだ。

オイラの渡されたAは香りからして薬品臭がプンプン。含むと舌に刺さるようにドライで個人的にはかなり不味い部類。後で答を見たら、地酒ブームの頃に有名になった蔵の本醸造であった。飲むのは学生の時以来だなぁ。ひどいなぁ。
逆にDは香りからフルーツ様の吟醸香、口に含んでも綺麗な味で旨い。後で見たら獺祭の50だった。知らない酒だったらいいな、と期待していたので残念。もう一つ開華の純吟も良かったな。

獺祭も近頃有名になったけど、やはり地酒ブームの頃に有名になって、日本酒に余り詳しくない人でも知っているような銘柄があれだと、何だか残念だなぁ、と思いながら講堂を後に。

その後は本郷側に渡り、キャンパスをフラフラしたんだけどすんごい人混み。何故か分からないけど、焼き鳥とタピオカ、チュロスの屋台をよく見かけた。なんでタピオカなんだろうな。そそくさと赤門から出て本郷三丁目から帰りました。

|

« マクラーレン・ホンダ | トップページ | 免罪符 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/51704586

この記事へのトラックバック一覧です: 五月祭:

« マクラーレン・ホンダ | トップページ | 免罪符 »