« セキュリティコード | トップページ | 統計 »

2013年5月29日 (水)

葬式

葬儀で宗派取り違え、遺族が葬儀社を提訴 全国で相次ぐ

自分の葬式に金をかけて欲しいという人とは価値観があわないのだ。結婚式はまだ分かる。
葬式ってのは残された人の自己満足、と言ってしまうと身も蓋もないが、「ちゃんと葬式しなかった」ことの後ろめたさを排除するために金かけるものだという気がしてならない。迷信めいたものを信じる自分の心に対する言い訳とか、親戚やご近所の目に対するパフォーマンスとか。

この記事で興味深いのは

「故人を弔い、遺族の心を癒やすという利益が侵害された」と主張している。

って部分だな。

結局オイラが昔から思ってることと同じで、葬儀は利益で遺族の心を癒やすものなんですよ。っていうか、そういう風にしなきゃ訴えて賠償金を取ろうということが出来ないんだろうけど。

しかしなんだ、葬儀やるってのはある程度故人の霊的なものを信じて行うんだろうけど、そうなると「宗派違うぞゴルア!」っていう不幸と、それが原因で遺族が訴訟起こす不幸と、故人としてはどっちが不幸なんでしょうかねぇ。いずれにせよ寝覚めの良くない感じでしょうが。

|

« セキュリティコード | トップページ | 統計 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/51822297

この記事へのトラックバック一覧です: 葬式:

« セキュリティコード | トップページ | 統計 »