« 多摩川クラシコ | トップページ | 三宮 »

2013年5月 1日 (水)

躑躅

手伝い先のバタバタでこれという予定を立てる間も無く連休に入った。歩いていると、そこかしこで躑躅が乱れ咲いている。あれ、排気ガスとかにも強いんだろうなぁ。車道の脇にも良く植わってるよね。

そういえば、六義園の躑躅もキレイなんじゃ無いかと思いつき、行ってみた。

とりあえず有りがちなパターンとして、旧古河庭園に行く。どれぐらい有りがちかと言うと、六義園(300円)と古河庭園(150円)の共通チケットを「園むすび(400円)」と称して販売しているぐらいだ。何と50円もお得!

相変わらず西洋風の綺麗な庭だけど、自慢の薔薇はシーズンでは無いな。一通り巡って出る。つらつらと15分ほど歩き、駒込駅への坂を登る。オイラの家の近所に比べるとご年配の方が多いが、暮らしやすそうな街だ。駅を過ぎるとほどなく六義園。いつもは閉ざされている染井門は連休中は開いていて、開園時間も1時間延長しているらしい。

いつもの正門ではないので少し勝手が分からないのだけど、とりあえず中央を目指して池へ。

めっちゃ亀。岩の上に登って身じろぎもせず日光浴してるのも多かった。

目当ての躑躅は柳沢吉保が作らせたという築山の周りにびっしり。

色々な種類があって見事なものです。この時期に来たのは初めてかな。

藤棚も綺麗ね。日陰は涼しくて良い季節ね。

自慢のしだれ桜もこの通り。青々と、わさわさとしてました。ここで時間を決めて神楽(大道芸)をやるらしいので興味のある人は連休後半もいいかもね。

帰りに六義園の周りを歩いてみたんだけど、この辺り高級住宅街なんですねぇ。立派な住宅や高級マンション分譲がありました。歳取ってから住むには確かに良さそう。六義園が再開発ってこともないだろうし。固定資産税高そうだけどな…

|

« 多摩川クラシコ | トップページ | 三宮 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/51449103

この記事へのトラックバック一覧です: 躑躅:

« 多摩川クラシコ | トップページ | 三宮 »