« TRAVEL seconds. 再び | トップページ | 進むべき道 »

2013年6月17日 (月)

Japan 23-8 Wales

土曜日正午、秩父宮ラグビー場正門をくぐった。

正直、あまり乗り気では無かった。日本代表にそんなに興味ないし、IRBランキング5位、今年の6 Nations を制したウェールズ代表が来日するというのであれば見たい選手も沢山いるのだけど、今年は British&Irish Lions の南半球(オーストラリア)遠征の年なので主力はそちらに取られていて来日メンバーは若手主体の1.8軍ぐらいだ。
先日の飲み会で、過去にオイラが何度かラグビーに案内した友人が、ウェールズ戦のチケット取った、一緒に行こうよと半ば絡み気味(飲み会の前から酔ってた)に言ってきたので「わかった、週間天気予報で大丈夫そうなら行くよ」と。実際1週間前の予報では曇りだったのだけど、前日には昼に雨という予報になってしまった。むーん。

正門をくぐると「一般入場の方はこちら」と右手に案内された。いつもはそのまま真っ直ぐ列に並ぶんだけどな、と訝りつつ進むと、なんと今まで入ったことの無いテニスコートの中で並ばされた。え、試合開始2時間前でこれですか?と驚く。10分ほどで入場。オイラはオンラインチケットだっただけど、バーコードリーダが機能しないらしく番号を手書きで控えてバーコードに赤線を引くというアナログ対応だった。前にもあったな。

ひたすらバックスタンドを目指したが、すでに中央部分は無理。というのも、今回は友人3人と観戦するのだ。いつもの13番ゲートを諦めて14番ゲートへ。座席確保したんだけどどうやら日本代表サポの真後ろに陣取ってしまったらしい。んでもってめっちゃ暑い。カッパ必要かと思ってたのに真逆。さしものサーモスのタンブラーでもビールが温もっていくのを飲みつつ本を読んで時間を潰す。メインスタンドのお金持ちの方々(指定席)はまだガラガラ。

1時間ほどして友人2名が来たので正門のところにTシャツを引き替えに。今回の前売りチケットはTシャツ付きだったのだ。

人の流れに逆行しながら正門前に行ったら阿鼻叫喚の修羅場と化していた。「再入場できますので、とりあえず入場して下さい!」とマイク越しに叫ぶ係員。正門からあふれ出しそうな人。ラグビーってこんなに人気スポーツだったんですか。人を掻き分けてTシャツを受け取り、またバックスタンドに戻るのが一苦労でした。

セレモニーの頃にはメインスタンドもギッシリ。伊藤忠側の屋根の下もギッシリ、逆サイドの立ち席にも結構人が入っていて、オイラ秩父宮に何度も通ってますがこんなの初めてです。
ファン殺到!テストマッチ最多2万1062大観衆

2万超えたんですか。すげーな。Jリーグ並じゃないですか(涙)

前半は完全に日本が押し込まれる。ただ、最後の最後でミスやファウルがあり、ウェールズが取り切れない。逆に日本は先週の花園と打って変わってFB五郎丸のキックが正確無比。結局PGのみの 6-3 で日本がリードして折り返す。

が、後半すぐに鮮やかなループからトライを取られて逆転。ま、そんなもんですよね、という感じ。ところが、ここからウェールズのディフェンスに綻びが生じる。ラックサイドが甘いのか何度も日本にゲインを許し、最後は我らが神戸製鋼のウイングがディフェンスを引きずりながらトライ。このコンバージョンを又も五郎丸が決めて 13-8 と再逆転。さらに押し込んでSH 田中の好判断でトライを追加して 20-8 というリード。

ただなー、まだ20分あるからなー。日本代表がWorld Cupなんかで好試合して最後に追いつかれたりひっくり返されたりというのは見慣れてるしなぁ、と観戦経験の少ない友人が隣ではしゃぐのを横目に妙に冷めた気分でいた。

しかしウェールズはその後もスローフォワードなどのミスを連発し、日本の蹴り返したボールへのチェイスやラックの選手の立ち上がりなどが目に見えて悪くなる。この暑さが堪えたのか。逆にエディージャパンは25分を過ぎた当たりから続けてフレッシュな選手を入れてウェールズに簡単な突破を許さない。後15分、10分、5分、あれ?行けるんちゃうん?と思った36分に五郎丸がPGを決めて 23ー8。これで15点差となり、2トライ2ゴールでも逆転できなくなったところで勝負あり。エライもん見てしもうた。

試合終了後はバックスタンドが異様な盛り上がりを見せていました。2軍とは言え、宗主国の一角に対して完勝したというのは凄いなぁ。一緒に見たHさん曰く「前回のスコットランド戦勝利(89年)の後にバブルが来たんだから、今回も来るんだよ!」という謎のコメントが。

試合後は諸事情あってタクシーで移動したんだけど、オイラが2011RWCのシャツを着ていたからか、タクシーの運転手に「今日の結果どうでした?」なんて聞かれて驚いた。もしかして2019の日本開催に向けてちょっとずつラグビーの認知が上がってるのかなぁ。今回の Wales のツアーが人気上昇のキッカケになれば良いなぁ、と思ったんだけど、4時間日向にいたので帰宅したらフラフラで爆睡。月曜になってもデコと鼻が痛いです。しっかり日焼け止め塗っていったんだけどなぁ。

ああ、何となく思ったんだけどSH田中は凄い選手になってるかもしれない。Otagoで Aaron Smith を押しのけてStarter取ってたのは紛れではないかもよ。状況判断、パス、ステップ、キックがこの日は全て正解のように見えた。後、大野はそろそろお疲れ様って感じかなぁ。

|

« TRAVEL seconds. 再び | トップページ | 進むべき道 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/52069891

この記事へのトラックバック一覧です: Japan 23-8 Wales:

« TRAVEL seconds. 再び | トップページ | 進むべき道 »