« Arsenal Asia Tour 2013 | トップページ | 国師ヶ岳 »

2013年7月30日 (火)

金峰山

大弛(おおだるみ)峠という峠が山梨と長野の県境にある。んで、日本で最高地点にある峠の車道ということで、何と一般車で2,360mまで行ってそのまま抜けることが出来る。

朝4時半に起きて5時半前に家を出る。最早慣れ親しんだ各停での甲府方面への旅。通は立川始発の甲府行きを選ぶ。0812 塩山着。完全装備登山スタイルの人の間を短パンサンダルで抜けて駅を出るとAさんがいた。車の中にいたんだけど下向いてるなー、と思ったら後で聞いたら「あまちゃん」見てて、最後の予告のところでオイラが来てしまったんだそうな。悪いことした。

天気予報では昼過ぎから雨かもよ、という感じだったんだけど、駅前はとても良い天気。Aさん曰く「ここんところ甲府盆地雨降らないんですよ」と。
途中コンビニで昼飯や水分を買って、琴川ダム方面へ林道を上っていく。これまた、国内で一番高いところにあるダムらしく、ってかもっと下流に作ればええんちゃうんかと思うんだけどよくわかんね。
山梨県/ダムの概要

ダムの辺りに急にちょろっとだけ民家っぽいのがあって、更にウネウネと登っていく。窓を開けていると寒いぐらいに気温が下がっていく。道路は綺麗。9時半ぐらいに目的の峠に到着するも、駐車場は満杯。なので、長野側に少し下る。が、県境から向こうはゴロゴロの砂利道。グワラグワラと少し降りたところで広いところがあったので停車。降りてリュックから靴を出し、ズボンを長ズボンにチェンジするのだけど、肌寒い&小さい虫が多い。


長野側はこんな感じ

丁度10時頃にスタート。まずは大弛峠まで戻ると、金峰山まで2時間半との表示。予習によれば、高度差はたったの250m、途中4つほど峰があるけど、まあ余裕でしょ。それより天気が心配だな、てな感じでスタート。ちなみに、今回は例の甲州街道5人組で言ったのだけど、オレンジの人、Iさん、Yさんの3人は瑞牆(みずがき)山荘ってとこから1000mほど登って金峰山頂で合流って予定。オイラもそっち行っても良かったんだけど、朝7時スタート予定とかいうので却下。前の日はアーセナル見に行ってたし。ということで、こちらはAさんと2人です。

少し登り始めるともうしんどい。体が鈍ってるのかなぁ、と思いつつも、いやここは2000m以上、酸素が薄いに違いない、と言い聞かせて登る。尾根道かと思いきや両側に木が生えているし、たまに開けても下界は真っ白にガスに覆われてて何も見えない。写真を撮る意欲が湧かないのよね。

何度か小さいアップダウンを繰り返したら急に岩がゴロゴロした開けた場所に出た。みんな休んでる。少し休憩。谷底から吹き上がる風が心地よい、と思ってたら寒くなってきた。ここが朝日岳なのかな、と思ったら違うらしいので更に進む。

ちなみに頭上は晴れてたりするのだけど下界を見下ろすとこんな感じです。

そういえば、この辺りは石楠花で有名だそうで、6月辺りがシーズンとか。まだ少し残ってました。

11時、別に景色が良くも何ともないところに朝日岳。2,581mって看板にあるんだけど2,579mらしい。あれかな169cmだけど171cmってサバ読むような感じなんだろうか。

ここからガレ場をガーッと下る。この写真真横じゃなくて見下ろしてるからね。あのガスの中へ向かって足元の悪い中を滑らないように下っていきます。

1120。前の方で4人組が立ち止まってるので何かと思ったら道が2つに分かれていてそこに倒れた看板が。地図を見るとどうも右らしいので、オイラ達は右に道を取る。鉄山というのを越えていくのだとおもったのだけど、どうも道は山頂ではなく少し北側を回っていくようだ。

暫く行くと木が全く無くなり、道は直角に左へ。頭上のガスも取れて青空が。山頂が近そうだ、とテンションが上がる。

振り向くと長野側に峰が連なって見えるのだけど、見えたと思えばすぐにガスに隠れ、といった感じ。

んで、なんか嫌がらせのような岩場を登って越えたところが山頂だそうです。どう考えても山頂よりも岩場の方が高い気がするんだけどな。上の写真は山頂側から撮ったところ。これだけ見ると天気良さそうだ。

目出度く1155山頂です。2,598m って書いてあるけど 2,599m らしい。今度は年下に見られたい感じ。29歳でも28歳でも変わらんやん、みたいな。

この頂上に五丈岩ってのがあって鳥居がある。ここは平安時代ぐらいから山岳信仰が盛んだったらしい。何か上の方に取りついてる白い長袖とベージュのパンツがいるけど気にしない。

瑞牆山荘組は既について、いつものようにお湯を沸かしているところだった。合流して昼飯。山梨側から登ってくる風が気持ちいい、ってか寒い、ってかマジで寒いから!ってことで長袖を出して着る。まだ寒いな。
たまにガスが晴れると瑞牆山方面に綺麗に尾根道が見える。こういう景色はあまり見たこと無いなぁ。

で、馬鹿話してる内に手がかじかむ程になってきたので再び別れて元来た道を帰ることにする。オレンジの人とIさんは元来た道を戻る。Yさんはオイラ達と一緒に大弛峠方面へ。

朝日岳へのガレ場の急登がきつかったが途中振り返るとガスが抜けたところで金峰山が見えた。真ん中右の出っ張りがあの岩だろう。

ハイキング感覚で行くと大変な感じだな、と思いつつ、ようやく大弛峠に辿り着いたのが丁度14時。往復4時間の割には疲労したなぁ、まぁでも雨に降られなくて良かった、と思ってとりあえず座り込んだ。

この後さらなる悪夢が訪れるとも知らずに。

|

« Arsenal Asia Tour 2013 | トップページ | 国師ヶ岳 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/52656691

この記事へのトラックバック一覧です: 金峰山:

« Arsenal Asia Tour 2013 | トップページ | 国師ヶ岳 »