« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

外資系

仕事で使ってる月額サービスがありまして。5月ぐらいから使い始めて、月に4本分使ってるんですが、ここ2ヶ月のカード明細で9ヶ月分落とされてる。本来、月4本x2ヶ月で8ヶ月のはず。それも2ヶ月で3ヶ月分+6ヶ月分とかいう訳の分からん請求のされ方。

んで、「これどーなってんの?どれが何の何月分かおせーて(はぁと)」ってメールしたのが今月の初め。すぐに返事が来て「調査しますので数日ください」と。

で、1週間経っても何も来ないんで再度問い合わせ。「経理関連が英国でしてうんたらかんたら」と。そんなこと知らんねん。興味ないねん。どないなっとるか答えろっていうか、お前の「数日」は何日やねん。いつまでに回答できるか期日決めて教えろって優しく聞いたら沈黙。

さすがに今日で月末ですしね、3週間経ちますしね、カード明細見たら更に3ヶ月分加算されてるしね、彼には重荷だったんだろう。早く解放してあげようと思って「あなたの上長の連絡先と、クレーム窓口の連絡先おせーて(はぁと)」ってメールしたら速攻返事が返ってきた。「弊社経理部門から連絡は行っておりませんでしょうか?返金の処理をしているはずなのですが」だって。

あの、過払いが判明して返金処理進める前に、オイラに連絡するんちゃうの?あと、どれが何月分か教えてって言ったのもスルーだし。ってか、9ヶ月分+3ヶ月分で12ヶ月分。月に4本だから3ヶ月分で、もしかしたら帳尻あってるかもしれんのに。

最初の申込の時から変なフォーマット送ってきたりしてたしなー。で、電話したら全然質問に答えてくれないの。妙に言い訳がましく関係ない話するし。挙げ句に「アメリカの大学出てまして」とか知らんっちゅうねん。日本で日本語で仕事しとるんやろが。

というわけで、鋭意解約を検討しつつ、再度「クレーム窓口教えて(はぁと)」ってメールしたところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

三重郡

昨日は国立競技場で塩っぱいJの試合を見た後、知人宅で酒盛り。何が塩っぱいって、東京の攻めのバラバラさ加減と、観客からのブーイングで思い出したようにファウル取る審判と、鳥栖の見苦しい時間稼ぎと、何もかも皆塩っぱかった。神宮球場の花火が綺麗だったな。

で、知人宅で酔いが回ってきた頃に出して来た特別純米の酒。神の穂という三重の酒米で作ったものだそうだが、特純の割にはすっきりとして美味い。と思ってクイクイ飲んでると口の中が甘くなってくるという不思議な酒。

田光と書いて「たびか」と読むらしいこの酒、ラベルを見ると蔵の所在地が「三重県三重郡」となっている。何か気持ち悪いなと思って、何が気持ち悪いのかと思ったら「三重市」じゃないところだ。というか、三重郡があるんだったら三重郡を三重市にして県庁所在地にするのが筋じゃないのか。

調べるとそもそも伊勢国の国府は今の鈴鹿辺りらしい。これが江戸時代には藤堂高虎の伊勢津藩32万石になり、津城が居城となった。ということで、津が中心。
津ってのは古称が安濃津(あのつ)っていう港の名前だそうで、明治に入って廃藩置県の後、統合で安濃津県が出来て県庁所在地が津になったと。この時、南部の鳥羽の辺りは度会県という別の県だった。

ここまでは良かったんだけど、安濃津県の中でも不満分子の多い南部を避けようということで、県庁を北の四日市に移し四日市のあった三重郡の名前をとって三重県と県名を変更した。これが明治5年。

ところがやっぱり四日市は手狭だということと、南部の度会県と合併することになりそうだってんで、県庁所在地を翌年末に津に戻してしまったのだけど、この時は県名を変えなかった。
かくして、三重県なのに津市が県庁所在地で、別に三重郡が存在するという不思議なことに。

ちなみに津はギネスブックに世界一短い地名&駅名として登録されているそうだが「Z」として登録されているんだそうな。何かセコい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

方言

方言と言えば、やっぱりナイトスクープの「アホバカ分布図」が想起される。あの頃は面白かったなぁ。上岡龍太郎の様に筋の通った理路整然とした司会者はいないんだろうか。局の言いなりの古館とか朝っぱらから何でもケチ付けてるみのもんたとか要らない。

んで、暫く前からネットで開発中と話題だった方言から出身地を当てます、みたいなチャートが完成したのかな?公開されていた。
出身地鑑定!! 方言チャート

2択を辿っていくと、最終的に都道府県が当たります、みたいなの。
「押しピン」って方言なのか、とか思いつつ進んでいくと「大阪府」であった。惜しい。

というか、県境で方言が変わるわけじゃ無いからなぁ。まだ江戸時代の藩政の区分にした方が良いかもね。摂津か播磨か、とか。

1つ注文を付けるとすれば、2択の中に「唐揚げを『ザンギ』と呼ぶ YES/NO」 みたいなのがあって、ちょっとそれは身も蓋もないんじゃないかと。「あなたの県には甲子園球場がありますか?」みたいなものなんで、もう少しソフトに追い込んでくれれば美しい気がしたんだけどなぁ。まぁ北海道と沖縄は特殊かしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

SMARTalk

日頃はほとんど電話を使わないのだけど、今回引っ越したので電話しまくった。引っ越したので、って変だな。引っ越すにあたって引っ越し業者とか不動産屋とかに電話しまくった。

んで、月額無料の IP Phone があると聞いて契約してみた。月額が無料で使った分だけ課金(のはず)ということで、日頃電話をしないオイラには嬉しい。使わなきゃタダなんだもの。
ヘビーに電話する人には月額定額の他の050サービスの方が安くなることもあるようだ。

んで、ちゃっちゃと申し込んだら 050 の番号が振り出された。ほえー。後は、アプリをダウンロードして振り出されたSIPアカウントとかを登録したら終わり。
スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART

iPhone で、職場と自宅は WiFi で繋いでいるのだけど、WiFi の時と 3G の時で(残念ながらオイラはまだ4SなのでLTEではない)、自動的に圧縮方式を変えるようだ。

とりあえず職場のエレベータホール(WiFi)から寿司屋に予約をしてみた。大将の声が小さく感じたが、これは調節可能。後はやっぱ少しざらついた感じがしたり少し途切れることがあった。なので、先方に聞こえてないかな、と少し不安になったんだけど、こちらからの音声は滞りないっぽい。そういう仕様なのかたまたまなのか。

通話費用は30秒で8.4円ということなので、ソフトバンク携帯以外30秒21円のホワイトプランより随分安い。引っ越しは何かと固定電話にかけまくるので、これは結構圧縮出来たんじゃないかな。
基本的に他人に教える番号はキャリアの電話番号にしてる。けど、一度050に折り返しの着信あったけどそれも問題なく。

海外とか行ったときでも便利そうだなーと思ったり。

あ、1点不便だなと思ったのが、アプリ上で自分の電話番号が分からないことかな。オイラが見つけられないだけかもしれないけど、Web上でしか確認できない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

音楽メディア

CDを売った。いわゆるひとつのブックオフで。

RAID1 のNASを組んでひたすらリッピングして、抜け殻を221枚送った。

元々、全部のCDをリッピングしたいな、と思っていたけどキッカケがなくて。今回、職人のように朝起きて吸い出し、帰って来ては吸い出して3日か4日かかったかな。多分、最初に買った1枚なんだけど、Kylie MinogueのCDとか久々に聞くと懐かしい。ジャケットの華奢なスタイルからは今のお色気ムンムンというか少々ズブいぐらいのしつこさは微塵も感じられない。

実はリッピングしながらもCDを捨てる(売る)かどうかは悩んでいた。同じデジタルデータが、形式は違えどHDDの中に入っているのだから、もとの円盤は要らない。とはいえ、古いのはわざわざ取り寄せて Rocka Rolla から Painkiller まで揃っている Judas Priest のジャケットを見ていると未練が湧く。
高校ぐらいの頃に「CDはLPと違ってジャケットが小さくて味気ない」なんて言ってたオッサン連中を鼻で笑っていたんだけど、いまにして分かるのは立派なオッサンになったからか。

まぁそれでも冷静に考えて、今後この円盤媒体の資産価値はアンティークとしての価値を除けば落ちていく一方な訳で、かつアンティークっても生まれながらにして量産型のコピーな訳ですよ。そのうち再生機器を探すことすら難しくなるのであれば、邪魔だし売っちまおうと。片っ端から段ボールに詰め込んだら小ぶりの段ボールが2つ。Webで買い取りを申し込んだら野良猫トマトが来て回収していきました。数は数えてなかったけど、査定結果を見たら221枚だったそうです。

買い取り金額は1万1千円ちょっと。週末寿司食った。毎年の事ながらこの時期の秋刀魚は美味いんだけど、鮑とイクラが妙に美味く感じた。ありがたや。

物品税があった頃は国内盤で3600円とかでしたかねぇ。1枚3000円と見積もっても60万円か。発売日を心待ちにしたり予約したりしてたのは何だったんだろう。
ってか、昔は予約するとポスター貰えたりね。オイラはポスターとか嫌いなので、あれを断るのが面倒だったんだけど。ネット配信の時代にはみんな壁にポスター貼ったりしないんでしょうかね。タブレットの壁紙程度?

なんて思ってたら
音楽CDが売れるのは日本だけ? ストリーミング全盛の世界に逆行

そっか握手券同封でミリオンセラーのグループが居ましたわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

はだしのゲソ

あんま詳しくは無いけどどこぞの教育委員会だか委員長だかが「はだしのゲン」が小中学校の図書室で閲覧するに相応しくないと判断したとか撤回したとかいう話。

オイラの小学校には漫画が2つしかなかった。学研まんがを除くと、ドラえもんとはだしのゲンの2つ。これだけは鍵のかかったキャビネットに入っててどうするんだっけなぁ、司書の先生に言わないと出して貰えないのか、単に盗難防止だったのか分からないけど、そんな感じだった。

オイラ、おどろおどろしい感じだったので読んだことない。ドラえもんは読んだけど。

今考えると不思議なもんで、なんで「はだしのゲン」があったのかと。あっても悪くはないけど、だとしたらサザエさんとかブラックジャックとか鉄腕アトムとかもあって然るべきなんじゃないかしら。あの2種類だけがあったってことは30年前の教育委員会は「はだしのゲン」こそが小学生に相応しい漫画ということで陳列させてたんじゃないのかなぁ。

他の都道府県というか市区町村ではどうだったんだろう。

今ほど漫画やアニメが多くなくて、タダでさえ漫画は悪って感じだったもんな。アレは社会派漫画だから学校に置いていい、って感じだったのかしら。だとするとドラえもんの説明がつかないけど。

そんなときに殴り込んできたのが軽くエロくてナンセンスな「Dr.スランプ アラレちゃん」だっ たなぁ。オイラが小2か小3ぐらいで、今でこそ神聖化されてるけど、鳥山明ってとんでもない漫画家だな、という感じでPTA連中からもブーブー言われてた。

藤子不二雄と手塚治虫しか読んでなかったオイラも学校の話題についていくのに親に頼み込んでアラレちゃん見せてもらったのをボンヤリと思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

バント

気づけば高校球児の倍以上生きている。

地方の方は結構熱く高校野球を見るようだけど、オイラは性格上の問題か、甲子園までさほど遠く無い場所で育ったせいか、思い入れが無いしそんなに見ない。ガキの頃は毎年1日か2日ぐらい親父に連れられて見に行ったからなぁ、逆に地元がどうこうって感覚もないんだよなぁ。地元の高校が出るから、とかじゃなくて親父の休みの日に行く訳なので。

花巻東・千葉 カット打法できず号泣敗退

そんなわけで今年も興味は無かったんだけど、話題の選手がカットの名手らしく、ファウルで粘って相手のピッチャーに球数を使わせまくるんだそうで。タダでさえ連投の批判の高い高校野球ですから粘られてはたまったもんじゃないですよね。まあ小柄な体型で戦うための知恵と技術だそうでそれは素晴らしい。
でもね、四球を選んだ挙げ句にはガッツポーズをして相手バッテリーに精神的ダメージを与えるというステキな選手だったようです。勝負とは非常なものよね。それ以外にも2塁からバッターにサイン送ったりね。注意されるだけで罰則規定ないんだからやらなきゃ損よね。

花巻東監督「サイン出すなんてことない」
高校野球とは名ばかりで大人の世界の臭いがしますわ。

もうこうなったら花巻東に優勝して欲しかったわけです。いくら給水がとかベンチにクーラーがとか言ってもね、高温注意で屋外運動控えましょうという中、連日昼間に野球大会やってピッチャーには連投させて選手生命縮めるステキ大会にもう1要素加わるわけです。ベットリと。

それが準決勝になって

実は19日の準々決勝の後、大会本部と審判部からカット打法について花巻東サイドに通達があった。「高校野球特別規則に『バントの定義』という項目があります。ご理解ください」。

粘るためのカットは高校野球ではバントと見なすことが出来るらしい。なので、粘るために2ストライクからカットするとスリーバント失敗でアウトになる可能性がありますよ、と。ってか実質「アウトにするからやるなよ」って通達にしか思えないよな。
このルール、別に昨日から適用な訳じゃ無く、1972年の現巨人の阿部捕手のお父さんがキッカケだと言う。
カット打法“禁止” きっかけは巨人・阿部の父「バントだ」

なのに昨日から適用ってのは余りに可哀相過ぎる。これまで当たって負けてきたチームが。鳴門のピッチャーは件の選手1人に41球投げる羽目になって四球4つを献上した挙げ句に負けたそうだし。
試合や大会の途中でルールを変えるのはやっちゃいかんよねぇ。花巻東が優勝しなきゃならんかったんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

携帯処分

諸事情により携帯端末がそこそこありまして。SIMは少ないけどね。捨てようにもメモリとか気になると気持ち悪かったりでずっと置いてたんですよ。
でもさすがに邪魔なんでどうにかならないかと。前にレアアースっての?貴金属が含まれてるので回収してますとかやってたけどどうなんだろ、と調べたら各キャリアで回収してるのね。
資源の有効活用 | 企業情報 | NTTドコモ
リサイクルへの取り組み │au
リサイクル | ソフトバンクモバイル株式会社
リサイクルについて | ウィルコム(WILLCOM)

で、他のキャリアのものも回収してくれるっていうので、最寄りの携帯ショップを探したところ横断歩道の向こうにドコモショップがありました。ってことで飯買いに行くついでに久々のドコモショップへ。

入ったはいいけど戸惑う。ってのが入口に御用の方はボタンを押して整理券を取れ、みたいなのがあるんだけど、機種変でも請求の質問でもないし…ということで、意を決して作業中のオネーサンに「あの、端末の回収ってここでやってますか?」と聞いたら「はい、こちらでどうぞ」と席を勧められた。
で、おもむろに鞄からゴロゴロと端末を並べる。

ごめんよ、お嬢ちゃん、ドコモの端末はねーんだ…

生まれてこの方、ドコモの端末を自腹で持ったことがないのよね。テスト機はあるけど。
ということで aω4台、Willcom1台、ソフトバンク2台の計7台。ソフバンはiPhone 3GS と海外用のモトローラだ。Vodafone ですよ。昔は海外行くときはこれ持って行かないとねぇ、いつ電話かかってくるかわかんなかったしねぇ、海外ローミングは専用端末だったのよ。

で、出したら、オネーチャンが裏蓋外して電池外し始めたので、手持ち無沙汰だから手伝う。SIMの有無をチェックするらしい。んで、電池外したところのバーコードをリーダーでピッピ読み込んでいく。iPhone だけは蓋が外れないんだけどね。
後は用紙に「データ消えちゃう事了解」ってサインさせられて終わり。

ドコモのページによると目の前で端末に穴を開けるから安心です、って書いてあるけど目の前ではやってくれなかったな。まぁいいけど。

ということで何かのお役に立つことを祈って帰って来ました。

関係ないけど、隣の席では白髪交じりのオッチャンがSDカードの写真が消えたとか何とか因縁(?)つけてました。たまにしか行かないドコモショップだけど、行くと必ずこういうご老体がいる。他のキャリアより明らかに多いと思うんだよね(自分調べ)。ってことは、時間の経過と共にドコモが傾いていくのは致し方ないことなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

ばかったー

オイラが初めてインターネットに繋がったのは1995年の事だったと思う。ちなみに学部4年になって就職活動で某大手電機メーカーの人事の人に名刺もらったとき、そこにはメアドはなかった。ちょっと「意識高め」な人は会社の名刺に一般プロバイダのメールアドレスを印刷してたものだ。

インターネットに繋がったと言っても今ほどのコンテンツは無く、スターウォーズの .au ファイルや今思えば豆粒ほどの解像度の .mpg ファイルを落としてきて「何かすげーな」と思っていた。当時国内にあるのは一部通信会社と官庁以外はほとんどが大学の研究室のホームページ。一部、変な薬局とかうどん屋とかが時前のサーバでホームページ開設してた。

当時、あんなになる前の高城剛が「我々は情報貴族」と深夜番組で言っていたのを覚えている。渡邊浩弐とかも出てたような。当時はインターネットに触れ、色々な情報を得ることが出来るのは一部貴族(ほとんどが理系大学生)の特権だった。

それが、ホームページをHPと呼んだり掲示板が荒れるだの何だのしだして「もう貴族の持ち物じゃねーなー」と思ったものだ。昔から fj とかも荒れるときは荒れてたけど、一定の秩序があった。そうじゃないゲスな荒れ方。訳の分からんポエムとか上げる人も出てきたし。

それでもまだ高価なPCを持たないと参加出来なかったものだけど、今じゃ子供でも持ってる携帯、スマホで繋がっちゃうわけで、ここ数年で更に一段階裾野が広がったのかなぁ、なんてここ最近の冷蔵庫云々騒動を見ているとジジイ的には思う。物理的には別のクラスターに属してる人が繋がっちゃうんだよね。良くも悪くも。気にならない人には気にならないことが、気になる人には気になる。

あともう1つ思うのは、オイラが最初にインターネットに繋がったとき。大学の計算機室で遊んでたら、弾みで何かに登録してしまった。その後、英語のメールがわーってきて、どうやらオランダに本拠のあるメーリングリストに登録してしまっていたらしく。非常に焦った。まさか自分の大学の研究室のマシンがオランダに繋がってるなんて想像も出来なくて。「いくら金取られるんだろう」と真剣に冷や汗かいたのを覚えている。

もしかしたら絶賛炎上中の彼らもそんな遠くまで繋がってるなんて炎上してみるまで知らなかったのかな、とも思う。知らなかったけど触れちゃった。そんなアダムとイヴ的な話なのかも知れず。代償はデカイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

過労

諸事情により疲れております。

銀行行って、ひたすらCDリッピングして、引っ越し業者の相見積もり取って、家中の荷物ひっくり返して不要品捨てて、管理会社と交渉して、段ボールを組み立ててはものを入れて、入れた段ボールの置き場に困って、また銀行行って ← イマココ

結局盆休み3日はずっと段ボール組み立ててた。組み立ててもの入れて蓋して積み上げて…この週末もやってた。東京に来て5回目、7年ぶりの引っ越しだけど、こんなに計画的にやるのは初めてだな。もしかして引っ越し業者が来たときには荷造り終わってるんじゃない?

それにしても、大量のケーブルの中にモジュラーケーブルの多いこと。モデムカードも2枚ぐらいあったし。7年前には旅行や出張には必携だったのかなぁ。もう要らんねぇ。後は分波器とか赤白のスピーカーケーブルやS端子のものも出てきたな。10年後の規格ってどうなってるんでしょ。てか有線のものって何が残ってるかな。

んでまぁ、何がストレスって酒が無いことですよ。常時冷蔵庫の野菜室に日本酒を最低でも2本は入れているのに、今や引っ越しに備えてスッカラカン。もう落ち着かないし手が震えますよね。
ということで、通販で4本ほど発注しておきました。「風の森」が飲んでみたくなって。近頃鍋島とか飲むと甘すぎる気がするようになってきたのだけど、同じく軽く炭酸の感じがする風の森はどうかしら。ま、オイラの場合、軽く甘いチリチリ目とスッキリとした辛口の間で好みが周期的に変動するのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

PS2

PS2 捨てた。

KEi さんから「ワンダと巨像」ってのが面白いと聞いて買ったのが去年の6月だか7月。ちょうどその頃から2回に1回ぐらいしか起動しなくなったので、結局ワンダが巨像の踵にワサワサ登ってグサーってのを数回やったぐらいでやらなくなった。
その後は放置。果てなく放置。Wii も単なる体重計と化したし、ゲームと言えばたまに iPad でちょっとした数独とかやるぐらい。

なのに、動かないPS2を捨てたのがこの盆休みでした。まぁ、オイラが無精ってこともあるんだけど、なんだか捨てづらくて。ネジコンもポケットステーションも全部捨てた。

そもそも実家にいたときはゲーム機買って貰えなくて、大学入ってスーファミ買ってからはどっちかっていうとゲーム好きの部類だったんだけどな。いつからかやらなくなったのは、シニアニートやったりして現実の方がスルリとサスペンスになってしまったのかしら。年齢のせいでは無いと思う。未だにガッツリゲームやってる猛者達がいるから。
オイラの場合、仕事終わって帰宅してからとか、週末とか、かつてゲームをやっていた時間は酒飲みながら人と話したり、スポーツ見たりするのに取って代わられたんですね。

PS2の調子が悪くなってから何度かPS3を買おうかなーっと思ったことはあるんだけど結局踏み切れず。PS4とかがメディアセンター的要素が強くなってゲームがオマケになったら考えるかなぁ。うちのVARDIA(HDR)も古くなってきて色々考えるお年頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

クラック

ちょいと前の話になるけど。

LIXILのトイレ操作アプリに脆弱性

トイレのリモコンアプリがあって、それが同じ機種?のトイレならどれでもつながるようになっているので、Bluetoothの届く範囲内なら誰でも操作できるっていう話らしい。脆弱性っていうのは大袈裟な気がするけど、なんというか緩い設定ってことですね。
人が用を足しているのに蓋が閉まる、なんてこととか、家に帰ってきたら勝手に洗浄がONになってて床が水浸しとか、そういうことが起こりうるんだと。まぁ家の壁の向こうからとかは結構厳しいとは思うけど。集合住宅なら隣の家の蓋が開いたり閉まったり、悪気が無くても起こりそうだ。

ちゅうか、何でリモコンアプリが必要なのかしらと。

LIXIL|サティス|スマートフォンリモコン

どうも、タダのリモコンということではなく、細かい洗浄位置の設定が出来たりするらしいので、なるほど有用(?)かもしれん、と思うんだけど、「スマートフォンに保存している音楽をトイレ本体のスピーカーで再生できます」ってすげーな、おい。更には排便状況を日記に出来るという素晴らしさ。

そういえば、プリウスをクラックしたっていう記事もあったけど、あれは車内からプリウスの制御システムに入り込んだってことみたいなんで、そんなに衝撃的な話ではないような。だったら助手席からアクセル踏めばいいじゃん的な。これがネット経由でクラックだったら恐ろしいんだけど。少佐的。

プリウスなどのハッキング「指南書」、米専門家が公開へ | ワールド | 米国 | Reuters

ガキの頃毎週楽しみにしてたナイトライダーのKITTは、どういう仕掛けかシステム上書きされても最後の最後のところで人を傷つけないようになってた気がする。KARRは人殺せたんだろうか。何書いてるか分からなくなってきたので終わり。

明日○八○○より盆休みに入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

喉元過ぎれば

2011年4月24日フクアリにいた。3.11でJリーグの日程が中止になり、再開された最初の週、当時J2に落っこちていたFC東京と千葉の試合。試合前にアナウンスがあり、「緊急地震速報が出た場合は試合が中止されることがある」とのことだった。実際は何も無く、J1時代を引きずって細かいボール繋ぎをしようとした東京はロングボールをデッカイ異人さんに当てるシンプルなJ2フットボールに 3-0 で大敗した。

緊急地震速報誤報 新幹線など43万人に影響 甲子園でアラーム音、試合は続行
昨日はプチニートに戻っていたので、家に居たら何か音がすると思ったら洗濯物に埋もれた普段持ち歩かないテスト用 au だった。なんだよ、と思った途端に iPhone からアラート音。キャリアによって時差があるのかしらね。

で、とりあえずテレビ付けたら高校野球やってた。緊急地震速報のテロップがスーパーインポーズされた状態で普通に野球が続けられる不思議。

一方、甲子園球場は日川高(山梨)-箕島高(和歌山)の試合中だった。スタンドのあちこちで速報を伝える携帯電話のアラーム音が鳴り響いたが、試合は続行し、混乱はなかった。

いやいや。「混乱はなかった」ちゃうやろ。丁度朝方に南海トラフ地震が起こったらウメチカが水没するかもってニュースやってたとこやんか。甲子園かてえらい海に近いとこにあるで。
南海トラフ地震想定 梅田 最大2メートル津波

何故か後に削除された読売新聞の記事に寄れば

大会本部によると、大会中の速報発表は春夏を通じて初めて。試合を中断するかどうかは球審が最終判断するが、試合中は携帯電話を持っていないため速報に気づかず、試合を続行したという。

平和だ。大会本部は把握してたんじゃないのかな。少なくとも観客は誘導するなりせなあかんのちゃうの?

実際はセンサの異常だったようなので、何も起こらなかったことは目出度いんだけど、それよりも付けっぱなしのNHKニュースで「高い気温が続くので屋外での運動は控えましょう」って言ってる二枚舌っぷりにも驚いた。高校野球はあれかな、「特別な訓練を受けております。よい子は真似しないでね」ってことかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

契約書

なんか、原作者と演出家?か何かが揉めてるところに女優?が殴り込んでどうこうみたいな話。大人なら揉める前にペラ1見せれば終わる話だろうと思うのに、同意があったとかいう演出家だけど「口頭で」とかいう噴飯物。それでご飯が食べられるとは幸せな業界だなぁ。

オイラは学生ベンチャー時代にやった最初の仕事がお世話になってた会計事務所のWebサイトだったので、見積書から発注書からちゃんと教えてもらえて有り難かったかも。っつーのが、見積書も「ちょうだい」って言われて「なんですかそれ?」って感じだったからフォーマットもらって書き方教えてもらってっていうので助かった。
その前にバイトでやったちょっとした素材集の開発の時は今思えば契約書無しで、結果的に成果報酬みたいな感じで数十万もらえたんだけど、あのプロジェクトが転けてたらタダ働きだったのかもしれんな。まぁ学生時代だったし、ああやって仕事するのが楽しかったからいいんだけど。

たまにWeb界隈でも「取りっぱぐれた」みたいな話を聞くんだけど、契約書とか発注書を取り交わしてなかったりする。確かに法的には口頭でも契約は成立するけど、結局揉めたときにどうにもならんよね。なんで杜撰なことをするのかしら。
だったら受けなきゃいいのに、と思うんだけど仕事選べないのかなぁ。1ヶ月仕事して0円だったら1ヶ月仕事しないで0円の方が良くね?

以前司法関係の人と話したときに、少額訴訟って契約書が無いことが多いんですよ、ってのを聞いて驚いたのを思い出す。オイラは色んな人に契約書もらうまでは仕事するなって教えられて来たし、契約書の中身が even かどうか(契約ってのは本来両者に対して平等なはず)をしっかりチェックしろって教えてもらったんで、そもそもの契約書が無いってのが不思議なんだけど、金貸した貸してないとか、何の書面も無いのに訴えが起こされて、契約書無くても裁判は行われるんだと。まぁ、書面が無くても契約があった可能性はあるけどねぇ。

そういえば、先日の松井の引退セレモニーの時に、球場にセットされた机の前に松井が座って、何だか間抜けっぽいしシュールだなーと思ってたら、ヤ ンキースと1日だけの契約をする、という「儀式」だったようで。多分、日本で同じ事をしても契約自体は裏でちゃっちゃとやって始球式に出て手を振って終わ りだったんだろうな。契約にサインすること自体をショウアップするのが如何にも海の向こうの国らしいな、と思った。

ま、口約束にはご用心、ですよ。やるならボランティアのつもりで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

メジャー

ケンカ売ったAロッド初出場にブーイング

自転車見てる身からすると、陸上と自転車以外の競技は「なんだか怪しい」。
今回はMLBのスーパースターが競技能力向上の為の禁止薬物を摂取したということで、今季の残りと来季の出場を禁止する処分が発表され、本人は争う構えだとか。

んで、まだ処分が確定していないということで試合に出たそうな。当然ブーイングも浴びますわね。
かつ、Aロッドの来季末までの出場停止ってのは、証拠隠滅を図って悪質だからなんだそうで、他の12人はそれより軽い処分だとか。

これ、自転車の世界だとまず2年間の資格停止は普通だ。悪質だったらUSADAがランスに提示したように Lifetime Ban になる。今回MLBは「争うつもりなら生涯出場停止」と言ったとかだけど、随分生ぬるい話である。
それから、禁止薬物摂取と主催者が発表した時点で、最低限その選手は外される。争うにしても外される。場合によってはチームごと撤退。そしてスポンサーが怒り、撤退することも多い。

こんな疑惑の選手を堂々とスターターで試合に使うってのはチームの倫理観とかヤンキースのスポンサーとか平気なんかなぁ、っていうのは多分オイラが自転車脳なんだろう。何であれ速い球投げてデカイホームラン打てばいいのかな。そういやコルク入りバットの時もなんだかフワフワしてたし。

前にも書いたが自転車界のスキャンダルの真ん中にいたスペイン人医師のフエンテスの「顧客」は自転車選手だけでは無かったと言う。自転車と陸上以外の人々は観客も含めて大らかなのかもしれんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

誕生祝

祝って貰えるのは有り難いけど派手なのは苦手だ。ガキの頃から、家族や親しい友人が祝ってくれるのは嬉しかったけど、クラスで8月生まれの人は云々(夏休み中なので大抵9月生まれと一緒にされる)とかは苦手だった。オイラは幸い経験したこと無いけど、会社でケーキ買って御祝いするようなところもあるようだし、そんなの虐待ですよ。

昨日は18時頃に帰ろうかと思ったらバーテンダーからメールが。「今日来る?」というので「ちょっと買い物してから寄る予定です」と返す。今週はバタバタするから行けるとしたら月曜ぐらいだと思ってたので。
NAS用のHUBを買って、久々に行く蕎麦屋でおろし蕎麦を手繰りながら鷹来屋を独り飲んで、歩いて向かう。気温が高いのか鷹来屋とそば湯のコンボが効いて来たのか暑い。

店について白ワイン。しばらくしたら店主がやって来たのだけど、小さなケーキを用意してくれていた。

今年の春、店主がノルマンディに行ったときに買ってきてもらったのに開けていなかったクールドリヨン1973を口開け。オイラが買い取って店に置いてもらってたの。少しスパイシーなぐらいの強い香りが店内に広がる。
ケーキに蝋燭を4本立ててもらったのだけど、思いっきり吹いたら2本しか消えなくて、代わりにネームの入ったホワイトチョコが吹っ飛んだ。昔から蝋燭消すの下手だ。受けたからいいや。
常連さんと、シガー吸いたくて入った来たらしい一見さんの外国人のお客様にお裾分けしてケーキを頂きました。「オメデトウゴザイマス」って言ってくれた。

いつもは締めにカルヴァドス飲むので、この後どうしようかなということで、お店に御礼にボランジェ1本入れて、皆で乾杯してヘロヘロに酔っ払って帰って来ました。
15歳ぐらい上の方々に御祝いして頂くと、まだまだ若造だな、という気分ですな。頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

不惑

土曜は花火を見に行っておりました。何か就職してすぐに同期と皆で行ったのが最初だったか、何だかんだで毎年のように行っている。

今年はいつもより人が多い気がしたのと、なんだか欧米でも無いような特殊な進化をしたラブラブカップルが目につきましたな。なんだろう、あの気持ち悪いベタベタ感は。

今年はちょいと良いお酒持って行ってクイクイ飲んでました。って去年も鍋島だったかな。

明けて日曜日。19時過ぎに無事に四十になりました。思えば遠くに来たもんだ。
また1年無事に過ごせました。特に悪いことも無かったしな。

今またバタバタしてるんだけど、これはこれで新しい一歩の始まりということで。少々疲れてるけど身が入るってもんです。

もう惑いませんよ。というかサラリーマン辞めてから迷う暇なかったか。迷っても仕方ないしな。

また1年無事に過ごせますように。無事是名馬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

お金にルーズな会社

毎度月初になると入金遅れが。

「請求書無くしたから再発行してくれ」「経理に回すの忘れてた」等々。あんたらそれでよう商売できてるな?と思う。一番ムカツクコンボは「経理に回すの忘れてた」→「社内の締めに間に合わなかったので来月になります」っていう大手企業。知らんがな。そっちの落ち度でなんでこっちがかぶらなならんのか。利子ぐらい付けて払ってこいっちゅうねん。

逆もあるんだよな。請求書出してないのに払ってくる。聞いたら「あぁ、先月と同じだと思って払ってしまいました」と。返金するのも面倒。

後、地味にせこい系も嫌いだ。契約書には振込手数料は払う側の負担と明記してあるのに差っ引いて振り込んできたり、月末が週末に被ったら普通は金曜に振り込むだろうと思うのに週明けに払い込んできたり。それが普通になってるような会社。よっぽど資金繰り苦しいのかよ。

自分の会社はそんなことしたくないな、と思うわけです。少なくとも契約時に交渉してこいと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

IT系

バーテンダーさんと話をしてたときにふと。

世の中一般に「IT系企業」って言ったときにどこを連想するんだろうか。

で、話してみると楽天とかDeNAとかそういうイメージなんだそうな。オイラはもっとSIerがずらっと頭に浮かぶんだけどな。後はプラットフォーム提供してるような会社とか。楽天って流通の会社だもん。Amazon ぐらいまで行くと十分ITって感じだけど。でも Amazon の「ITな部分」って普通の人は知らないよな。

そう考えるとオイラは、オイラの思うITから足を洗ったというか、恐れ多くてITの世界に居るなんて言えない感じなんだけど、世の中的にはITの人なんだなあ。やってるのは給与計算とか仕訳とかがメインなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »