« 2円 | トップページ | ハイネケンカップ消滅? »

2013年9月18日 (水)

チャリンコ事故

朝、ほげーっと出勤しに歩いてたら前方で急にチャリンコが吹っ飛んだ。ワイヤーアクションみたいに。なんて言うんだろ、集団スプリントの時にフェンスの脚に躓いたとか、ハンドルに貼り付けたマップ見てて中央分離帯の縁石に突っ込んじゃった時の感じ。見事な前転。ちなみに広めの歩道だ。

商売人っぽいオッチャンが乗ってたんだけど、すぐ立ち上がったので大した怪我にはならなかったらしい。1回転したので逆にラッキーだったかな。

んで、さらに前方で驚いた顔で振り返って自転車を見る母親。手を繋いでるのは幼稚園ぐらいの男の子なんだけど、どうもすれ違いざまにその子が持ってた何かにチャリンコが引っかかったみたい。多分ペダルのとこかな。

慌てて駆け戻ってくる母親にオッチャンが指さして説教してる横を通り過ぎた。助けが必要どころか元気そうだったし。ヘッドホンしてて良く分からんけど、多分「子供に(こんなもの持たせて)気をつけろ」的な事を言ってるんだろう。母親は申し訳なさそうにぺこぺこと頭を下げる。

どう考えても歩道を疾走したチャリンコ、それも幼稚園児のすぐ脇を相当のスピードですれ違おうとしたオッサンが悪い訳で、本来なら母親側が「歩道やねんから急いどるんなら車道走れや! 子供が怪我でもしたらどないすんねん、あぁ?」ぐらい切れてもいいはずなんだけど、両方とも道交法を知らないからケッタイな事になっておる。
原則車道走行、歩道を走るなら歩行者優先で車道側を徐行すべき(オッチャンはインを突いてた)チャリンコなのに、居丈高に説教するチャリンカーとアワアワと謝罪する歩行者。
ま、あの母親だって自分が乗るとなったら歩道を走って歩行者にベル鳴らすんだろう。ママ友と仲良く歩道を併走とかね。なんだったら魔改造して3人乗りとかにしてるかもね。

こないだ免許更新の時に自転車関連の法律は特別に教わったんだけど、全然浸透してないよなぁ。そもそも免許持ってなきゃ触れる機会は無いわけだ。

まぁ子供がすぐに手提げ袋か何かから手を離したらしく怪我が無かったのが良かったし(下手したら吹っ飛んだり引きずられたりしてそうだし、首に紐状のものが引っかかってたらと思うとゾッとする)、オイラも接近してたら自転車が降ってきたかもしれないので、オッサン独りがこけたのはそれはそれで良かったような。

自転車の右側走行(逆走)が遅くとも12月13日から禁止に。違反者には5万円以下の罰金

これも周知されてるんでしょうか。ってか右側走行は個人的には大して問題じゃ無くて、信号無視で横断歩道に突っ込んでくるのが怖いんですけど。あと歩道は走行禁止ね。

|

« 2円 | トップページ | ハイネケンカップ消滅? »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/53300839

この記事へのトラックバック一覧です: チャリンコ事故:

« 2円 | トップページ | ハイネケンカップ消滅? »