« 景気 | トップページ | ソーラー投資 »

2013年9月13日 (金)

サングリアジャム

夏も終わろうとしている今日この頃。

8月下旬頃、暑いなーと思ったけど、オイラ独りじゃビールを飲まない(途中から苦くなって飲めない)ので、だからってコーラとか飲むのもなんだしな、ということでサングリアを作ってみることにした。

レモンとオレンジを買ってきてよーく洗って皮ごとスライス。最初スライサー使ったら薄くなりすぎて潰れたので包丁で切って、麦茶用のポットに入れていく。んで、スーパーで980円だったオーストラリアの赤ワインをドボドボ入れて、引越の時に冷蔵庫から大量に出てきたガムシロップを適当に投入。最後にシナモンをちょいと入れたんだけど、これ失敗で、シナモン入れるなら果物入れる途中に入れて置いた方がいいね、浮くから。

台所の隅で一晩放置して、翌朝冷蔵庫に入れて会社へ。もう一晩おいて、少し飲んでみたら悪くない。悪くないんだけど、お店で出てくるのより濃厚な感じが。ということで、何か無いかなと探してオランジーナで少し割ってみたら良い感じ。

これが結構気に入って、何度か作ってるんだけどグレープフルーツ入れると苦いね。「だが、それがいい」って感じだけど好き嫌いあるかも。ま、適当に入れればいいのだ。こないだは800円ぐらいのワイン買ってきて作ったんだけど、余ったワイン飲んだらクソ不味くて、これはヤヴァいって思ってもサングリア自体はちゃんと美味しいから凄いもんです。

で、サングリア飲み終わると、グダグダの果物のスライスが残るんで、何だか勿体ないなぁ、と。
検索したらジャムにする人がいるようなので、オイラもやってみることにした。ジャムなんてガキの頃にオカンが作るのを見たぐらいなんで、初めてなんだけど、とりあえず果物引きずり出して粗みじんぐらいに切って、鍋に投入。シュワシュワ言うまで強火で熱して水気が無くなってきたら砂糖を1カップほど投入。こんなに入れて大丈夫かいなと思うんだけど、それぐらい必要らしい。
で、後は弱火で焦げないようにエッチラオッチラかき混ぜて行くんだけど、途中で面倒だからシャトルシェフで手抜きしました。

出来上がったのは、何だろう。見た目はビーツっぽいというか、パサパサの繊維の塊みたいなもんで、ジャムっぽくないのだけど、味はマーマレードです、という代物。もっと細かくすれば、所謂ジャムっぽくなるのかなぁ。
結構美味いんで、パンとかヨーグルトとかで食えるのですよ。日持ちが心配だから消毒した容器に入れて冷蔵庫保存でさっさと食べなきゃダメだろうけど。

そんなことを初秋に書いてみるテスト。

|

« 景気 | トップページ | ソーラー投資 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/53245330

この記事へのトラックバック一覧です: サングリアジャム:

« 景気 | トップページ | ソーラー投資 »