« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

へろうぃん

HELLOWEENから GAMMA RAY への流れってのは別に嫌いじゃ無いけどそう好んで聞くわけでも無くって、ジャーマンって言うとScorpions とか MSG なシェンカー兄弟の方が好きだったな。メタル担当なのにジャーマンメタルにははまれなかった。

という話では無くて、毎年この時期にコンビニやらがオレンジになるのが明け透けなマーケティング臭がして「夏の恵方巻き」ぐらい空々しいんだけど、それに乗っかってる人間を見るとフワフワした感じがする。
で、今日も帰り道に眺めながら思ったんだけど、日本の風習が云々とかじゃなくて、あのハロウィンに乗っかってる親子、特にオカンの上滑り感が半端ないんだな。
なんというか、Facebook で「俺たち充実してます」みたいな写真を載せては"Like" のやり取りしてる人達みたいな上滑り感。で、そのオカン達の虚栄心を満たすために仮装させられる子供。

ってかそこそこ金かかってるよなぁ。あんなのうちの実家の周りでもやってるんだろうか。

別にどっかで勝手にやっててくれればいいんですがね、毎年この時期になるとガキンチョが帰り道を封鎖するんですよ。オカン共は話に夢中で注意もしやしない。ということで今日も子供に体当たりされて帰って来ました。前向いて歩けよー。ありゃもっとだだっ広い敷地の住宅地とかでやる風習ですよ。そういう意味でも都内には合わん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

iOS7

今更ながら iOS7 の話。
ロック回避のバグが見つかってから iOS6 を上げていなかったのだけど、今回やっと修正されたとのことなので、601から703へ。

最初は人身御供の iPad を更新したんだけど、まぁあんまり変わり映えしないなぁ、という感じ。普段はリビングでPCの代わりに使ってるんだけど、良くも悪くもならなかったという感想。

で、iPhone 4S も上げてみた。これはねぇ、いいとこなんもない感じだなぁ。前に書いた Facetime Audio が使えるようになったぐらいだろうか。使ってないけど。

何が嫌って、複数のアプリを立ち上げたときの切替画面で表示するためのスクリーンショットを取っているみたいで、切替時にそれを表示するんだけど、スクリーンショットなので操作できないのよな。裏で頑張ってレジュームしてるんだろうけど、その間もあたかも触れそうな画面が表示されてるのにボタン押したりスワイプしたりしても無反応。で、いつ復帰したかも良く分からないという非常にフラストレーションの溜まるUIだ。iPad は気にならなかったけど、電車の中とかすぐ切り替えて見たいときに「うぐぐ」って感じになる。前はアイコンだけ表示だったから軽かったのかな。

開発時に誰か何か言わなかったんだろうか。それとも 4S じゃなくて5以降になればメモリが増えてるから気にならなくなるのか。
後、昨日も書いたけど、カメラの画面にあれこれとボタンが出るようになったので、ちょっと当たっただけで設定が変わってしまう。似たような感じで行くと、画面の下から上にスワイプでコントロールパネル(?)が出るようになったのが時折うざいと思ってたけど、これは「コントロールセンター」→「App内でのアクセス」をオフで切れるのな。音楽再生もアルバムアートワークが出るのが一覧性低いんだけど、あれもどこかで変えられるんだろうか。

ああそれから、たまにロック画面がぶっ壊れるんだけどオイラだけなのかな。やっぱ5S買えってことなのかな。

ちなみに iOS7 にした途端に WiFi 繋がらなくなって、オフィスには繋がるのに自宅が繋がらない、iPad は繋がるのに iPhone は繋がらないという状況で小一時間ほど格闘してから、4S が 5GHz 非対応だったことに気がついて脱力しましたまる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

勝沼醸造

サッカーの試合が13時K.O.だったので15時には終わる。その後どうしましょうかね、という話をしていたときにAさんから「時節柄ワイナリに行けば試飲できるんじゃないか」と。ということで、バーッと見学・試飲できそうなワイナリをリストアップしたらHさんが「勝沼醸造なら上司の知り合いだから紹介して貰えるかも」と。毎度ながら味スタでFC東京の阿久根社長と観戦したHさんの人脈半端ない。で、聞いていただいたら日曜なので工場はやってないけどショップで試飲出来ます、とのこと。

畑に止めた車に乗り、小瀬からの渋滞から脱出して勝沼醸造に辿り着いたのが16時丁度。後で他のお客に案内しているのを聞くと、試飲は16時か16時半までで、要予約のようだ。
ショップは小規模なんだけど結構混んでいて、忙しそうな店員さんの合間を見て声をかけると「ああ、伺ってます。今呼んで参りますので」といって、社長夫人が登場。簡単に自己紹介をして「サッカー見に来たんです」と話すと「どうなりました?あ、1-1?よかったー」と手を叩いて喜んだ。山梨は案外サッカー浸透してるのかしら、と思ったり。いやほら、福岡は資金不足で倒れそうとか言うしさ。

最初に簡単に説明いただいたところによると、日本でも早い時期(最初?)にワインの樽熟成を始めたそうでフレンチオークの空樽が置いてあった。今年の新酒を入れる用で今はからっぽのようだ。

ちなみに近頃は日本酒をワイン樽熟成させたものがあるが、その樽も特約店が仲介で勝沼醸造が提供したのが最初だとか。んで、グラスを用意するからその間に2階のグラスの展示でも見て下さい、と促されて2階へ。

成人男性なら頭を打つぐらいの低い屋根裏のようなところに整然とRIEDELのグラスが並んでおります。さすがに大吟醸用グラスはなかった。他にもデキャンタなどが多数。

これもデキャンタな。4人ともあらぬ想像をしたけど。
この辺から何故か iPhone で撮った写真がスクエアになった。UI はシンプルな方がいいんだけどなぁ。ちょっと当たっただけで設定変わる。

ショップに戻る。ショップの外はバルコニー、クリークを挟んで葡萄畑が広がる。逆光で写らないけど、赤紫の甲州が綺麗に色づいていた。この次の日が収穫なんだそうだ。

試飲は夢の装置にワインのボトルがセットされていて、ビアサーバのようにレバーを倒すと出てくるのでセルフで注ぐかたち。12種類あって、ロゼが1つあったのを除いて全て白だった。勉強不足だったのだけど、ここは甲州(品種)で白に拘っているようだ(赤も無くはない)。なのに12種類。年度違い、畑違い、製法違いなど様々な組み合わせで試すことが出来る。後、シュール・リー(Sur Lie)という発酵後に敢えて澱を引かずに樽熟成させて味に厚みを増す製法なども説明いただき勉強になった。普通は雑味を避けるために適当なところで澱を取り除くのだけど、残すことで味が複雑になる。その代わり糖分がほぼ完全に消化されるので辛口になるそうだ。
「あー、オイラ白をマジメにテイスティングしたことなかったなー」と再確認。都内の特約店の話やら世間話やらしながらウダウダ飲んでると、既に完売した商品も含めて3本ほどボトルを出して来て下さって、それも飲ませてくれた。
最後まで迷って2種類を購入して御礼を言って退出。

ステキなお店と奥様でした。レストランもあってそこも良いらしい。


が、Hさんが暴力中華に行ったこと無いというので吉祥へ。正式には台湾料理吉祥らしいが、もはや何料理でも無い。

今回初めてみかけたファミリーコース。13品で6980円らしい。4人でいけるか?無理じゃね?でもまぁ4人で7000円弱ならこれでいいんじゃね?ということで酔った流れで注文。

こうなることは分かっていたはずだ。他に付け合わせの野菜があるのに山のようなサラダが出てくる嫌がらせ。真ん中はいつもの唐揚げね。これで2ピース。元は5ピース乗っていた。
で、13品目の最後3つが炒飯と醬油ラーメンと豚骨ラーメンという破壊力で「炒飯は持ち帰りパックに、ラーメン少なくして貰えますか?」とアッサリ陥落。ちなみにずっしりと重たい炒飯はAさんがお持ち帰りになりました。
オイラは唐揚げを2つ食べたと言うことを高らかにアピールしておきたい。城福さんに。

甲府の残留も濃厚だから東京イナゴも北口小作は許してあげて、来年は吉祥に勝負を挑んでみてはどうでしょうかね?駅からは遠いけど、昭和ICからバスで帰るには便利かも。ちょっとだけ。
台湾料理 吉祥 下石田店 - 甲斐住吉/台湾料理 [食べログ]

その後は甲府駅まで送って頂いて帰還。あずさの車内で寝て起きたら暑くて腹が苦しくて少し気分が悪かった。何故だろうな。盆地が寒いと思ってフリースとか着ていったからかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

銀スタ

午前10時新宿発のあずさに乗る。山に行くときは7時台とかなのだけど、全く客層が違う。早朝はリュックでがっつり登山装備の年配が多いんだけど、この時間だとそんなに大きな荷物持った人もいない。ただ、後ろの60ぐらいの男女がお互い敬語で夫婦にも見えない感じだったのが気になった。

11時半に甲府についてAさん達と合流。今回は東京からオイラとHさん、甲府でAさんとMさんで4人。車で20分ほどで小瀬に到着するも駐車場が混みまくってて入れない。フラフラと迷い込んだ駐車場が地元の人の駐車場で、あらま間違ったとUターンして出ようとしたらオバチャンが近づいてきた。Mさんが近くの駐車場を訪ねてたんだけど遠くになりそうだということで、とりあえずオイラとHさんはここで降りることに。で、バタバタしてたら、急にオバチャンが「うちの畑でも良ければ…」と言い出した。
後で聞いたら結局、そのオバチャンの家の畑の駐車場に止めさせて貰えたそうです。「500円で良いよ」っていう何だかPLUTOを思い出させるセリフと共に。

前々から計画してたんだけど台風連発でどうなるか不安だったこの週末。

抜けるような青空です。

ということでやってきました「中銀スタ」。でも、オイラは最初にこの名前を目にしたときから「山梨中 銀スタジアム」にしか見えないのよな。

入ったのが試合開始1時間前だったんだけどメイン自由は結構一杯。特に今日は4人で来ているのでな、ということでコーナー近くの上の方に陣取りました。試合は甲府ホームのFC東京戦。
Hさんは熱烈東京サポ、オイラはそのお供、甲府の2人は当然甲府応援なのだけど、とりあえずウロウロするのも面倒なので甲府側に座っちゃった。そっとドロンパグッズを外すHさん。

東京は青と赤のチームだけど、甲府も青と赤(ちょっと小豆っぽいのもあり?)なので、ホームとアウェイのゴール裏がほぼ同じ配色に。

んでまあ、盆地だなーと再確認出来るスタンドの周りに山々が借景になる素晴らしい眺めなんですが、暑い。ガンガンかき氷売れてたし、オイラもビール2杯飲んだし。湿度は無いんだけど日射しがね。後、印象的だったのはゴール裏のスポンサー看板ですね。

こんな数は見たことない。4列びっしりですよ。一口が安いにしても、結構クラブが頑張って営業してるんだなぁと思いました。

試合は双方緩い立ち上がりでミスが多く、何か中学校の体育みたいなシーンも散見された。東京は繋ぐんだけど、甲府の固くて早い守備になすすべ無くシュートを打てない。で、東京ゴール前でバタバタしたところを角度の無いところから決められて甲府が1点リード。
東京サポからの「シュート打て」コールの中、やっとボールを追い始めるんだけど、城福監督の守備固めの指示を堅実に守る甲府の前に最後を決めきれない。

今季で退任の決まったポポが攻撃的な選手交代をするも効果は出ず、あらまぁ、このまま終わっちゃうよー、と思った80分、右サイドから少し内でボールを受けた徳永が目の覚めるようなミドルシュート。真っ直ぐな弾道でサイドネットに飛んでいきました。
この後はどうしても勝ち点3が欲しい東京に対して、甲府は降格回避のために飽くまで守備固め。1-1で終了となりました。

結構喜ぶ甲府サポと、ACLが遠のいてガックリの東京サポ。2つの青赤が混じりながら散っていきました。ま、オイラ達4人は痛み分けってことで良かったかな。

お子様も多いし眺めも良いし、小さいけど良いスタジアムだったな、と思いましたよ。
昨日の観客数は14000強。Aさんによれば食べ物の屋台にあんなに並んでるのは見たこと無いとか。

この後、東京イナゴは甲府駅北口の有名ほうとう屋のほうとうとご飯物を19時前に食い尽くしたらしく、甲府周辺に局地的な経済効果をもたらして東方へ帰って行った模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

オレンジのソーシャルな会社

LINEが14年夏東証上場へ 時価総額1兆円規模

もはやビジネスマンの必須アイテムから飛ばしのネタ倉庫と化した日経ですから本当かどうかわかりませんけどね。

ミクシィは上場初日値付かず--一気にマザーズのリーダー格へ
こっちは7年ちょっと前のニュースだ。栄枯盛衰。そういえば近頃はもう言わないのかしら?Dog Year。わしらが若い頃は業界では1年が7年に相当するなんて言われたもんですがね。7年2ヶ月前っていうと丁度50年に相当するんでしょうか。

「オレンジのソーシャルな会社」の怪文書投稿
どこの会社の事か分からないけど、こういうの見ると労働基準法は不幸な法律だと思うよなぁ。You're fired. と面と向かって言えないから、閑職にあてがって「早くやめねーかなー」って眺めざるを得ない。異動させられた方も「こんなのひどい、飼い殺しだ」なんて話に。
特区云々の時にも思ったんだけど、現状をベースに被雇用側の目線で見れば、雇用側が即刻首切れる社会は恐怖でしか無いけど、それがスタンダードになれば雇われる側にも給与面その他でメリットがでるはずなんだけどな。何より社会が活気づく気がする。永らく雇われてないからそう思うのかしら。

ま、そんなオレンジの会社が元はと言えば IT求人サイトだったのも皮肉なもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

ネットダフ屋

チケット1枚40万円 ネットダフ屋、いいのか

考えてみればマーケティングの基本に「4つのP」というのがあって、Product,Price,Promotion と Place なのである。どこで売るか、ってのも大事なわけで、売れる場所で売れば売れるわけです。売れない場所で売ろうとしても売れない。当たり前だわな。
よく考えると仕入れて売るのが何が悪いのか。商社をはじめ多くの企業はそれで利益を得ているんだけれども、個人がチケットを扱うと捕まってしまう不思議。スタジアムの前などでのダフ屋は違法です。
どうもハッキリした理由はないようで、暴力団の資金源になるとかいう話があるけど、だったら他にも禁止すべき事業(?)があるような。戦後の配給券の買い占め云々とWikipediaにはあるけど、だとしたら借地借家法みたいに out of date な話である。

んで、記事は違法なダフ屋行為がネットオークションサイトで行われていて、それが良いのか、というもの。上述の様にそもそも違法なのが不思議なんだけどな。

「定価1万6500円のチケットに、平気で即決価格40万円などと値付けしている。これではカネ持ちだけで、本当に見に行きたいファンにチケットが回らない」

ポールマッカートニーのライブの話らしいんだけど、40万出すのが「カネ持ち」なのは同意するけど、なんで「本当に見に行きたいファン」じゃないと言い切れるんだろう。ってか40万出すって本当に見に行きたくなけりゃ買わないと思うんだけどなぁ。オイラがもし手元に1000万なり1億なり持ってたとしても40万払わないなぁ。興味ないし。他の事に使いたい。
カネ持ちは本気じゃ無いのか。カネ持ちは何をやっても遊びなのか。この「カネ」って表記にも悪意が感じられるな。記者が変換したのか、本人が指定したのか。

ヤフー広報室は「オークションは自由に売買できる市場であり、需要と供給関係で成り立つ。人気高のモノに高値がつくのはチケットに限らないし、そもそも市場とはそういうもの」と取材に答えた。

こっちの方が余程普通な考え方だと思うけどなぁ。株の新規売り出しに外れて、入手した人から買ったら高くなった!って怒ってたらアホでしょうよ。それで、その企業が本意では無いとかコメントしたらそれもおかしいでしょうよ。
主催者側が本気で転売されるの嫌だと思うならリスクとって前売りなんかしなけりゃいいのじゃないかしら。会場のゲートで木戸銭取って入場させればよろし。それとも40万で流通してるのに手元には正規の利益しか入らん、怪しからん、っていうんならチケットの売り出し価格を上げればいいような。

いやさ、オイラも11月2日のAll Blacks 戦見に行きたかったけど取れなかったけどね。でも、お金積めば見られるチャンスがあるんでしょ?もし転売行為が禁止されたらオイラがチケット取れたかっていうとそうでも無いと思うけどねぇ。だったら市場原理に従ってチャンス広がった方がいいような。

とりあえず11月2日は大雨でも降るように呪っておきますよ(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

友達の輪

いいとも終了 タモリに最高の花道を

昨日昼過ぎにネットを駆け巡ったニュース。いいともの終了間際にタモリの口から「笑っていいともは来年3月で打ち切り」と発表されたと。
後で画像見たけど、鶴瓶師匠と中居君の妙な上ずり加減が不自然でタモリが一番普通にしてたなぁ、という感想。バナナマンとかさまぁ〜ずは知らされてなかったらしいけど。

あれを毎日見てる人って、店とか町の中小企業の人なのかしら。そういえば、昔某ソフトのインストールで北の方の会社に行って13時アポで入ったら、会社入ってすぐのロビーにソファーがあって従業員が笑っていいとも見ながら弁当食ってたな。でかい犬が一緒にいてビックリした。その後「これにインストールして下さい」って指さされたのが外付け付きのSS20で更にビックリした。ああいう会社にいると毎日見るのかも。学生の時スタンドでバイトしてたときは待合室で朝の連ドラ流れてたなぁ。

所謂サラリーマンは毎日見るってことは無さそうなんだけど、それでもほぼ全員が知ってる笑っていいともってのはすごい存在ではある。
1982年の10月ってーと、9歳なのかな。もっと前からあったような気がするけど「友達の輪」ってのは確かに小学校で流行った気がする。映画「TRON」の年かー。テレビ大阪って1982年に出来たのかー。神戸市西区が出来た年かー。500円玉かー。なんかちょっとずつ記憶が蘇るような、でもハッキリとした形にはならんな。

坂本龍一の出演時、日本航空の話となり「あのツルのマークって輪になっているでしょ」と坂本が言いながら、当時の日航のマークを表現するためツルの羽の格好をした。「あれは『世界に広げよう、友達の輪』という意味なんだ」との説明に、タモリは「それは知らなかった。『世界に広げよう、友達の輪』」とまねした途端、会場から「輪!」の声が起こった。この反応にタモリはのった。「小さい輪でやってみるぞ。友達の友達は皆友達だ。世界に広げよう、友達の輪!」に会場は「輪!」と唱和。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

ラム注意

バーに行くと、ワイン飲んで最後にカルヴァドス飲むというのがパターンなんだけど、たまにウイスキーやラムを飲む。

昨日はさっさと帰ろうと決めてたのでワイン1杯でラムにした。LEMON HART というラム。前にバーテンダーさんに勧められてから気に入ってる。

んで、昨日飲んでたら咽せました。何かの拍子に。
で、気管の入り口にアルコール度数75度が来ましてね。燃えるような感じですね。チェイサー煽ったけど正に焼け石に水。

平静を装いつつ残りを飲みましてね、常連さん達に挨拶をして家に帰り着いてすぐにヤクルトを飲んだら随分良くなりました。でもまだ痛い。

ってことで、ハードリカーで咽せると危険だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

クリエイティブ

昨日は友人のプロジェクトの打ち上げに参加。オイラはプロジェクト自体は関わって無くて「へぇー」「この人達すげーなー」と思って傍観してただけなので居酒屋のカウンターの端っこでひっそりしてたんですが。

そしたら、初めてお会いした方が無言でステッカーを置いていった。かわいい動物をデフォルメしたキャラクターのステッカー。猫が虎のマスクを被ったり、熊がパンダのマスクを被ったりしてプロレスやる、みたいなコンセプトらしい。

そしたら暫くしてぬいぐるみ登場。

ちゃんとぬいぐるみとマスクや衣装が着脱可能できっちりした造り。聞くと知り合いと雑談してて、こんなのいいんじゃね?ってことでデザイン起こして、もう1人の人がぬいぐるみ作ったんだとか。仕事でも無いし売り物でも無い。

なんだよーかっこいいよー。面白そうだからってこんなの作っちゃったりさー。ちょっと言われてさらさらって画を描いたりさー。

オイラも思いついてHDR予約用の Greasemonkey Script さらさらって書いたり、友人と「こんなの面白くね?」とか言いながらチャットクライアント作ったりするのに、何か格好良くないよぅ。

なんだろうな。両方ともクリエイティブな人間のはずなのに。差別だ(なんの?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

Google Glass

あっ盗撮!高校生20人に追いかけられ… 岡山

何かコントみたいな話なんだけど。相変わらず疑問なのは

署などによると、男は17日午前9時45分ごろ、北区南方5丁目のコンビニ店内で女子高校生2人のをスマートフォンで盗撮した疑いがある。

足を撮影したらダメなのな。今までの「迷惑防止条例違反」って基本スカートの中に鏡突っ込んでとかそういうのだったと思うんだけど、ついに足で捕まるようになったのか。「迷惑」というアバウトな概念が怖いっていう懸念がついに現実に。足首は?靴は?手のひらは?二の腕は?顔は?
電車内で潰れた酔っ払いの写真をアップしてるのとかはどうなの?

やっぱGoogle Glass の上陸が待たれるな(そっちかよ)。

それにしても、捕まえた子はもちろんエライんだろうけど、名前がフリガナ振らないと読めないって言うね。どうせなら風木津別之忍男とかそれぐらいの名前つけたらどうだい?画数の調整もしやすいでしょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

Facetime Audio

絶賛帰国中のKさんと連絡手段を確認しておこうと思ったんだけど、わしゃ海の向こうの人達大好きの Facebook はやらないのよな。そもそもあの世界が面白いと思わないのに加えて、ログイン状態で「いいね(Like)」ボタンのあるページを開くだけで向こうにログが残るってのが気持ち悪い。ボタンを押したらじゃないよ、ページ(に含まれるスクリプト)読み込んだらですよ。

SkypeはMSがご丁寧にLog取ってるらしいしなぁ、LINEもなんだかなぁ、ということで、そういえば iOS 同士なら Facetime Audio ってのが随分良いらしいというのを思い出したのでやってみた。音も良いけどパケット通信上でやるので電話代もかからんと(パケット定額じゃ無いと死ぬけど)。

ということで、オイラの iPhone の Facetime をONにして、アドレス帳から…と思ったら普通の映像付きのFacetimeしかできない。あれま、iOS 6 だとダメなのか。iOS7 のKさんの方には Facetime Audio があるのでかけてもらったんだけどかかってこない。こりゃダメだね、ということで終了。

家に帰って iPad 開いたら着信履歴が残ってました。ああ、受信側も iOS7 にせにゃならんか。考えてみればごもっとも。
ということで、iPhone をアップデートしようかとおもったら容量不足だと。母艦につなげば出来るのかなぁとも思ったけど、かつて母艦からしかアップデート出来なかったときは、やる度にエラーが出て面倒だったからなぁ…ということで見送り。よく考えたら iOS7 にする理由が無いなぁ。今回の Facetime Audio で初めてモチベーション湧いたのに。

あ、普段 FBも Skype も LINE も使ってないのかって事だけど、使ってないのよね。音声通話自体まず無いのよ。あるとしたら飲食店の予約とかぐらいだなぁ。友達いないのよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

弟に気をつけよう

松雪泰子の弟が傷害容疑で逮捕 タクシー運転手に重傷負わす
ダルビッシュ弟が少年殴って逮捕「腹が立ったので」

弟って危険だなぁ。有名人の兄貴が暴力沙汰って何かあったっけな。
うちも気をつけないとなぁ。筋肉担当だからその気になれば重傷ぐらいいけそうだ。

そういえば鹿児島県薩摩郡出身なのに酒に呑まれて暴行したサッカー選手も兄貴がいるようだなぁ。

いつも不思議なんだけど、オイラは酔っ払うと良い感じに千鳥脚になるんだけど記憶を無くすことは稀(これまで2回ぐらい)なのよね。記憶を無くすまで飲んだ状態で、相手に軽傷なり重傷なりを追わせるだけの殴る蹴るって出来るのかしら。軸足固まらないし腰も入らないし自分の方が怪我しそうだ。

酔拳だって実際は素面でやるものだしねぇ。酒は程々にしようと自戒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

あーれー

台風くるのー?
ってことで窓全部閉めて寝ますか。暑いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

経過措置

10月1日に消費税率の引き上げが正式に発表されたわけなんだけど、9月末の不動産業界は新築家屋の受注で賑わったようだ。所謂「経過措置」で9末までに契約をすれば来年4月以降の引渡でも消費税は5%のままとなる。新築マンションや注文住宅となると3%とはいえ分母がでかい。細かいところでは結婚式とかも経過措置対象だったようだ。所謂駆け込み需要。

逆に。

オイラのお手伝いしているクライアントで会員向けのデータ閲覧サービスをやっているところがある。6ヶ月契約や年契約があって、月額は1万円だ。こういうサービスは経過措置の対象外ということで、4月以降は8%の税金がかかる。
これまでは月額10500円だったのだけど、これが10800円になる。ここまではよろしい。

会員によっては、企業の経理処理の関係で請求書を早く出さなければならないところがある。9月時点で11月からの半年分の請求書をくれと。
さて、9末までは消費税率アップが確定していなかった。11月からの半年分だと4月の1ヶ月分が含まれる。となると、請求書は6万+消費税3000円で出さざるを得ないよね。上がるかどうか分からない8%で計算して請求書出せないもの。
でもって、10月1日になって来年の4月から上げます、と。そうなると11月からの半年分は4月分だけ300円上がって63300円もらわなきゃいけない。でも請求書は出した、先方で経理処理に入ってる。

来年4月の仕訳で売上10500円の内税8%ということで処理するので定価を割るってことになりますね。なんかおかしくねーか?政府が伸ばし伸ばしにして企業が割を食うの。
会社の会計が1期=1年が基本なんだから、少なくとも1年間の猶予は持たせるべきなんじゃないのかと。でなきゃ、全ての契約に関して経過措置を適用しろ(9末までの契約は5%課税)よと。

他に同じようなこと思ってる人いないのかしら。結構ヒドイ話だと思うんだけど。
個人的にはこの短期間でいろんなクライアントの会計システムとか営業管理システムとか消費税がらみのところをチェックし直さなきゃなんないのが面倒くさい。まぁ特需でもあるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

バタバタ

降って湧いたような作業発生で疲れ果てた。明日も続きをやらねばならん。
終わらせてから連休に入りたいものよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

滋賀 地酒の祭典

日吉大社を出て京阪坂本駅についたのが12時前だったと思う。何故かトーマス押しの2両編成に乗り込むと涼しいのだけど汗は引かない。

電車に揺られつつ iPhone を充電。5s 発表直前ぐらいから急にバッテリーの持ちが悪くなった 4S である。OSに何か仕込まれてるんだろうか。ちなみに iOS は 6 のまま。
昼時なので思うところあって膳所駅で降りる。着くまで読み方が「ぜんしょ」だと思ってたら「ぜぜ」である。途中の穴太も「あのう」と呼ぶ変わった名前。こちらは安土城の石組みをした穴太衆で有名だが。

思うところってのは別に大したことなくて、腹減ったからどっかで何か食べたいなと思ったら地図で餃子の王将を見つけたから。目当ての店に入り、カウンターに座ってこの店オリジナルメニューという「エビチリ天津飯」を食った。ビールを飲みたいところだけど我慢。

食べ終わって斜向かいのコンビニで水を買い、坂を下っていく。この辺りでは坂を下っていくと琵琶湖方面なのだな。5分ほど歩くと湖畔の公園についた。

あの辺りが叡山かしらね、と思って眺める。暑いが良い空だ。

そのまま湖畔を進み、角を曲がったところが大津プリンスホテル。伏見をやめて大津に来たのはここで地酒イベントがあると知ったからである。滋賀酒造組合主催のイベントで県内の37蔵が集まるという。ただ、入場が1000円ということであまり期待しないで行ったんだけどちゃんとしてて良かったですよ。各蔵5種類ぐらいずつ試飲させてくれる普通の試飲会でした。

実際には30弱でしたかね。でも1蔵につき長机2つで片方で試飲、もう片方で有料試飲&物販という感じでよい運営でした。仕込み水もたっぷりあったし。

なんか謎の気だるい関西弁のキャラがモテモテでした。地元では有名なんだろうか。

ディスプレイのベストは美冨久(みふく)酒造でしょうかね。普通は前に酒瓶を立てるのに、何故か小さなガンプラ。横の紅葉もオシャレです。

で、タイミング良くは撮れなかったけど、何故か蔵の人がジオン軍っていうね。そういえば連邦側のガンプラは無かったな。余りにインパクト強くて酒の味覚えてませんけど(ぉぃ

都内で手に入る、というかオイラの知ってる蔵以外では、中澤酒造という蔵の「一博」ってのが美味かったですよ。随分小さな造りのようだけど、他のに比べて際立って美味しかったと思うデス。琵琶の長寿が来てなかったのは残念だったな。

客層も老若男女入り交じってて、良い感じでした。客が蔵の人に「俺、分かるか、XXや」「めっちゃ久しぶりやー」みたいなローカルな感じの会話もあちこちで聞かれたり。あと、灘もそうだったけど、やっぱ関西人はプレゼンや司会が上手いねぇ。それから滋賀の蔵には若い女性が多いのかしら。他の試飲会に比べて華やかな感じがしました。

2周ほどしてから会場を出て大津駅行きのシャトルバスに。途中、でかい山車が交差点渡ってるので止められたりしつつも駅について、京都駅まで10分ほど。大津〜京都って案外近いのね。新幹線で爆睡して帰って来ました。こういうローカルなイベントも肩の力が抜けていていいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

日吉大社

当初の予定では伏見の御香宮神社の祭りでも見てから帰ろうかと思っていたのだけど、少し思うところあって、朝8時前に家を出る。もう少し親孝行した方が良いかもしれないが、関西でしか見られないモノもあるのでなぁ。

新快速といえば米原行きと相場は決まっていたのだけど、今では敦賀行きがあるのな。その敦賀行きに乗って70分ほどで比叡山坂本駅。敦賀行きは米原行きと異なり、湖西線を走る。坂本といえば、あの坂本城の坂本、明智左馬助が琵琶湖を馬で渡った坂本である。

ここから琵琶湖と逆側に緩い坂道を上がっていく。この日の最高気温は予報で30度。実際はもっと上がったと思う。20分弱歩いて日吉大社の朱色の鳥居に。ここに来るまでに2つぐらい石造りの鳥居があったかな。すでに汗だく、途中京阪の駅にロッカーがあれば荷物預けてくれば良かったな、などと思う。
鳥居をくぐったところに受付が。拝観料300円を払うと、オバチャンが京都弁ぽい感じで1分ほど丁寧に順路の解説をしてくれる。こっちに降りてしまうともう一度登らんといけませんのでね、といった感じ。

素直なオイラは言われるままに進む。暫く行くと山王鳥居。この形は溜池山王の山王日枝神社でも見られる。あれは江戸城の裏鬼門、この日吉大社は京都の鬼門に位置する。山王とは日吉大社の別名、全国の日枝神社・日吉神社の総本社である。

くぐって進むと西本宮。日吉大社には本宮が2つある。こちらはオオナムチ(オオクニヌシ)を祀る。なんか祈祷とか多いみたいで、行ったときも赤ん坊抱えた夫婦がなんかやってもらってて、その後ろにも順番待ち(?)みたいな夫婦がいた。ご苦労なことよね。オイラはああいうの一切やってないらしいけど40までは元気に生きております。そういえば厄年だ。

この社、前と両サイドに廂がついている日吉造りと言われるユニークなものらしいのだけど、神事中に本殿の後ろに回り込むのも憚られたので我慢。そのまま横に抜けて宇佐宮、白山宮も見るがこちらは質素だ。宗像や白山の神様もいるのね。その後、各宮の神輿が並んでいる倉庫をザッと見る。所謂、叡山の僧兵が担ぎ出した神輿ってのがこれなんだけど、こんなもんか、という感じ。一応400年前のものだそうです。

しばらく進んで左手に石段。1kmほど山を登ると磐座があるということで、登るでしょ、と登り始めたのだけど

この道が異常にキツイ。多分標高差200mぐらいを1kmで登るのですよ。感覚としては道幅一杯に使いながら靴一つ分ずつ歩みを進める富士山状態。かつ暑い。何度か葛折りを折れたらぱっと開けて琵琶湖が見えました。

一息入れて少し行くとゴール。2つの堂の間に10mほどの大きな岩が挟まれるように立っていて、ここが元々オオヤマクイがいたところだとか。今は東本宮にいるそうで。

ということで下る。これまた石がゴロゴロした道で厳しい。降りたら膝がプルプル。三輪山の時と同じだ。磐座を見に行くと膝が震える。ま、受付で「片道30分、今日は暑いから往復で1時間半ぐらいですかね」と言われたところを40分で往復したからなんだろうけど。
降りてすぐ左が東本宮。

こちらは西と違って行事もなく、静かな感じでオイラは好きですね。ただ日照りが厳しいので早々に出る。楼門も綺麗だ。

そのまま降りると最初の鳥居の脇に出る。これでお仕舞い。オイラの足で1時間強でした。

ついでに日吉東照宮という日光東照宮のプロトタイプを天海が作らせたってのがあると言っていたので行ってみたのだけど、拝観料200円の価値があるかどうかは微妙。まあ、確かに陽明門的な感じはしましたけどね。

そんな感じで終了。汗だく。綿のシャツとジーンズで行って後悔する事しきり。タオルで汗を拭いつつ京阪の坂本駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

灘五郷

週末、京都で所用があったのに無くなったけどまぁいいやと神戸へ。特に目的も無く日程が先に決まったんだけど、調べたら白鶴が酒蔵開放をするという。

土日開催だったんだけど、日曜は行けないので土曜日。朝から雨が降っていたのだけど、住吉で阪神電車を降りたらカッと日射しが照りつけて暑かった。余談だけど、梅田行き直通特急に乗って御影で降りたんだけど、後から来た快速急行の奈良行きは御影を通過していった。どちらもオイラが高校時代には無かった種別なんだけど、特急と急行のどちらが速いのか、接頭辞で優位性まで変わるのか、謎である。

さて、国道を渡って暫く行くと青地に白の鶴のマークが大きく見える。酒蔵でここまでデカイのは、石川の菊姫以来かしらねぇ。

んで、入ってすぐ脇辺りは焼きそばや野菜の直販やらと祭りの雰囲気なんだけど華麗にスルーして受付で案内図をもらう。奥の資料館で試飲、後は1時間に4回工場見学があるらしい。これ、酒蔵見学じゃなくて「工場見学」ってパンフレットにも書いてあった。凄い。

とりあえず試飲コーナーへ。「本店壱号蔵」を改装して作ったという資料館は良くある酒造りの歴史とかを人形とかで展示してあって、あとはショップというところ。ここに試飲コーナーが作ってあって、果物系と安めの酒は無料、吟醸等は有料試飲だった。無料の方は「んー」って感じだったので、有料試飲を試す。大吟が500円、その他200円が2種類と100円が2種類あったので、3つ飲んでみたんだけど、あの試飲会とかの小さなプラスチックコップみたいなのに並々入れてくれるのよね。50〜60cc ぐらいあるんじゃないかと。なので3種類飲むと1合ぐらい飲んだ状態になります。結構ヤヴァい。

吟醸酒は中々のもので、そんじょそこらの地酒屋のいかれた吟醸なんかよりずっと上ですな。どうも安酒なイメージがあるけど、やはり技術はしっかりしているんでせう。

見学の時間になったので、フラフラと工場へ。ここでも麹を食べさせたり酒米を食べさせたりしていて面白かった。蒸した酒米食ったのは初めてで、酒未来か何かだったんだけど、思ったより不味くはなかった。炊いてあるのじゃなくて蒸しているので少し固くてパサパサしてたけど。

んで工場見学。若い社員が案内してくれる。これまでの蔵見学と大きく違うのも社員、それも若い社員がワラワラいることである。みなちゃんと教育されてるし工場全体の温度管理とか衛生管理とか凄い。


日本よ、これが仕込みタンクだ!(総ステンレス)

圧巻はヤブタ8台置いてある部屋。見学コースからは4台しか見えなかったけどね。

もちろんここでは所謂「上撰」なんかを作ってるってことで、吟醸造りなどは別でやってるそうな。後、瓶詰めの工場も別の敷地だと言っていた。 オール空調入りで年がら年中醸造出来るって事なので、石高換算だとどれぐらいかと聞いたら「えーっと、3万…3万ちょっとだったと思うんですけど」とのこと。文字通り桁違い。

見学終えて、オニーサンに礼を言って外に出ると職人さんが樽を巻いていた。あの鏡開きとかに使う酒樽に菰を巻いて縄を掛ける奴。20分ぐらいかかるらしい。で、見事に締め終わった奴を使ってすぐに鏡開きのデモ。マッチポンプ的である。

鏡開きってやる前に結構周到な準備が要るものだなぁと思って見ていた。縄を切り、菰を巻き込み、くさびで蓋を緩め、バールのような物でギシギシと蓋を開けてから、もう一度蓋をセットして準備完了らしい。

一通り見届けてから退出。日照りと酔いで暑いのだけど、そのまま勢いで東方へ。ちょっと歩けば菊正宗。

ここはショップ内に試飲2種、ひやおろしを試したけど「ムムム(c)モヤさま」という感じだった。出てさらに東に住吉川を越え剣菱を過ぎて少し北に上がると櫻正宗。

こちらは1階にショップ、2階にレストランという綺麗な建物があって、ショップでは社員2名が5種類ほどを試飲させてくれた。安い種類でも美味い。聞くと、宮内庁御用達だとかで関東の方が良く売れてて、地元で知名度ないんです、と。有名な話だが、清酒に「正宗」と付けるのはここが発祥である。もっと小さい蔵だと思っていたので聞いてみたら「いや、うちは小さいですよ。石高にして1本ぐらいです」というのだけど、1本とは1万石である。

さて元の道に戻ってまた少し行くと浜福鶴の煙突が見える。ここもショップ(資料館)があり、隣で工場を見ることが出来る。

これまた小さいとは言え立派な設備だ。やっぱ灘は規模が違いますねぇ、と思って帰って来ました。そうそう、ここは気の良いオッチャンが8種類ぐらい試飲させてくれるかな。何故か純吟が少し老ねてる感じがしたけど、残り少なかったので変わってしまったのかもしれない。ひやおろしがスッキリして美味かった。異人さんが興味深そうに試飲してました。

そのまま勢いで国道を渡り直し、何故か御影まで散歩してから帰宅。飲んで歩いてで昼を食って無かったので帰宅してからオカンにうどんを作ってもらい、食って昼寝したのでした。幸せ。

また今度は西の方へ行ってみましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

凱旋門賞

昔はさぁ、凱旋門賞っていうと競馬ゲームのゴール地点みたいなもんでしたよ。凱旋門賞の1着馬育てるとか、ジョッキーとして凱旋門賞で優勝するとかするとエンディングみたいなね。オイラが大学生ぐらいまでそんな感じじゃなかったっけ。賞金よりも格。賞金ならドバイが上でしょうが。

エルコンドルパサーは斤量がなぁ、という2着。ディープインパクトの時も3位に敗れた上に禁止薬物で失格。去年はオルフェーブルでゴール前抜け出しながら失速の2位。今年こそはのオルフェーブルと華のあるダービー馬キズナという勝てそうな2頭が出るというのが例年にも増して夢がありますね。
2頭とも現地での前走で勝利しているし、芝が云々ということはなさそう。

復調気味の武が一気に日本人ジョッキー初の凱旋門賞ジョッキーになるのかどうか。
それにしても新旧日本ダービー馬がロンシャンで対決、1番人気はオルフェーブルってのは凄いことですよ。

で、スカパーが無料放送期間中というからグリーンチャネルも無料かと思ったら何故か凱旋門賞はダメらしい。
スカパー!10日間無料放送(スカパー!)|衛星放送のスカパー!
中央競馬の中継は無料なのに。ということでわざとらしい演出が期待されるフジテレビの中継を日曜23時から見るしかないのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

ヤンエグ

今日は朝7:30からミーティング。9時からミーティング。タクシー飛ばして11時から商談。急いで戻って12時から会食。17時からミーティングの後ぱーりー。

ITバブルど真ん中の昔を思い出しましたよ。もう若くないけど。
商談まとまったから良い日だったかな。帰って寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

視界

小4での色覚検査、中止から10年 異常知らず進路選択、トラブルも

かつて、小学4年生を対象に学校で色覚検査が行われていた。しかし、「色覚検査をすることは差別につながる」などの声が挙がり、平成14年に学校保健法を改正、検査の施行義務がなくなった。任意で検査を行う場合は保護者の同意が必要とされ、15年度以降、ほとんどの学校で検査が実施されなくなった。

どういうロジックで「差別につながる」のか良く分からんけどな。だったら血液検査もやめれば良いのに。B型だからいい加減とか協調性が無いとかどれだけ言われてきたと思っているんだ。

徒競走で全員1着とか演劇でシンデレラが一杯とかそういう思想ですかね。で、社会に出て突然競争に晒される。この記事中の就職しようと思ったら…というのと同じだ。

高校生では約7割が進学・就職のための受診だった。「異常を感じたことがなく、高校入学後に検査で異常が分かった。もっと早く分かっていたら進路を決めるときに違っていただろう」(工業高・電子機械科の17歳男性)、「海上の仕事に就きたいが、受験資格に色覚があった。人と見え方が違うことはうすうす気づいてはいた。就職・進学に支障があるとしたらショック」(17歳男性)など、進路がほぼ固まった後に異常を指摘され、とまどうケースも報告されている。

何が優しさなのかよく考えた方が良いよね。子供の将来に限らず視野の狭い人っているよな。見える将来が短いから、超短期間の最適化をして裏目に出る。逃げられない物から逃げようとしたり、他人に迷惑掛けることが分からず自分がやりたいように行動したり、結局ばれる嘘をとりあえずついたり。

自分にとばっちりが来るならまだしも子供のことは可哀相な事が多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »