« 凱旋門賞 | トップページ | 日吉大社 »

2013年10月 7日 (月)

灘五郷

週末、京都で所用があったのに無くなったけどまぁいいやと神戸へ。特に目的も無く日程が先に決まったんだけど、調べたら白鶴が酒蔵開放をするという。

土日開催だったんだけど、日曜は行けないので土曜日。朝から雨が降っていたのだけど、住吉で阪神電車を降りたらカッと日射しが照りつけて暑かった。余談だけど、梅田行き直通特急に乗って御影で降りたんだけど、後から来た快速急行の奈良行きは御影を通過していった。どちらもオイラが高校時代には無かった種別なんだけど、特急と急行のどちらが速いのか、接頭辞で優位性まで変わるのか、謎である。

さて、国道を渡って暫く行くと青地に白の鶴のマークが大きく見える。酒蔵でここまでデカイのは、石川の菊姫以来かしらねぇ。

んで、入ってすぐ脇辺りは焼きそばや野菜の直販やらと祭りの雰囲気なんだけど華麗にスルーして受付で案内図をもらう。奥の資料館で試飲、後は1時間に4回工場見学があるらしい。これ、酒蔵見学じゃなくて「工場見学」ってパンフレットにも書いてあった。凄い。

とりあえず試飲コーナーへ。「本店壱号蔵」を改装して作ったという資料館は良くある酒造りの歴史とかを人形とかで展示してあって、あとはショップというところ。ここに試飲コーナーが作ってあって、果物系と安めの酒は無料、吟醸等は有料試飲だった。無料の方は「んー」って感じだったので、有料試飲を試す。大吟が500円、その他200円が2種類と100円が2種類あったので、3つ飲んでみたんだけど、あの試飲会とかの小さなプラスチックコップみたいなのに並々入れてくれるのよね。50〜60cc ぐらいあるんじゃないかと。なので3種類飲むと1合ぐらい飲んだ状態になります。結構ヤヴァい。

吟醸酒は中々のもので、そんじょそこらの地酒屋のいかれた吟醸なんかよりずっと上ですな。どうも安酒なイメージがあるけど、やはり技術はしっかりしているんでせう。

見学の時間になったので、フラフラと工場へ。ここでも麹を食べさせたり酒米を食べさせたりしていて面白かった。蒸した酒米食ったのは初めてで、酒未来か何かだったんだけど、思ったより不味くはなかった。炊いてあるのじゃなくて蒸しているので少し固くてパサパサしてたけど。

んで工場見学。若い社員が案内してくれる。これまでの蔵見学と大きく違うのも社員、それも若い社員がワラワラいることである。みなちゃんと教育されてるし工場全体の温度管理とか衛生管理とか凄い。


日本よ、これが仕込みタンクだ!(総ステンレス)

圧巻はヤブタ8台置いてある部屋。見学コースからは4台しか見えなかったけどね。

もちろんここでは所謂「上撰」なんかを作ってるってことで、吟醸造りなどは別でやってるそうな。後、瓶詰めの工場も別の敷地だと言っていた。 オール空調入りで年がら年中醸造出来るって事なので、石高換算だとどれぐらいかと聞いたら「えーっと、3万…3万ちょっとだったと思うんですけど」とのこと。文字通り桁違い。

見学終えて、オニーサンに礼を言って外に出ると職人さんが樽を巻いていた。あの鏡開きとかに使う酒樽に菰を巻いて縄を掛ける奴。20分ぐらいかかるらしい。で、見事に締め終わった奴を使ってすぐに鏡開きのデモ。マッチポンプ的である。

鏡開きってやる前に結構周到な準備が要るものだなぁと思って見ていた。縄を切り、菰を巻き込み、くさびで蓋を緩め、バールのような物でギシギシと蓋を開けてから、もう一度蓋をセットして準備完了らしい。

一通り見届けてから退出。日照りと酔いで暑いのだけど、そのまま勢いで東方へ。ちょっと歩けば菊正宗。

ここはショップ内に試飲2種、ひやおろしを試したけど「ムムム(c)モヤさま」という感じだった。出てさらに東に住吉川を越え剣菱を過ぎて少し北に上がると櫻正宗。

こちらは1階にショップ、2階にレストランという綺麗な建物があって、ショップでは社員2名が5種類ほどを試飲させてくれた。安い種類でも美味い。聞くと、宮内庁御用達だとかで関東の方が良く売れてて、地元で知名度ないんです、と。有名な話だが、清酒に「正宗」と付けるのはここが発祥である。もっと小さい蔵だと思っていたので聞いてみたら「いや、うちは小さいですよ。石高にして1本ぐらいです」というのだけど、1本とは1万石である。

さて元の道に戻ってまた少し行くと浜福鶴の煙突が見える。ここもショップ(資料館)があり、隣で工場を見ることが出来る。

これまた小さいとは言え立派な設備だ。やっぱ灘は規模が違いますねぇ、と思って帰って来ました。そうそう、ここは気の良いオッチャンが8種類ぐらい試飲させてくれるかな。何故か純吟が少し老ねてる感じがしたけど、残り少なかったので変わってしまったのかもしれない。ひやおろしがスッキリして美味かった。異人さんが興味深そうに試飲してました。

そのまま勢いで国道を渡り直し、何故か御影まで散歩してから帰宅。飲んで歩いてで昼を食って無かったので帰宅してからオカンにうどんを作ってもらい、食って昼寝したのでした。幸せ。

また今度は西の方へ行ってみましょうかね。

|

« 凱旋門賞 | トップページ | 日吉大社 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/53519725

この記事へのトラックバック一覧です: 灘五郷:

« 凱旋門賞 | トップページ | 日吉大社 »