« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月27日 (金)

店じまい

はい、今年も店じまいです。

今年は公私に頑張りましたよ。それだけ問題も多かったし、踏ん張って解決したし。ここ数年に比べれば嫌なこともストレス感じることも多かったけど、それだけ良かったことも多かった気がする。
本当はスッキリ色々片付けて店じまいしたかったんだけど、1件だけ残ったというか12月中旬に勃発したので、まぁこれはオイラのコントロール出来る範疇では無いので仕方ない。

別に高望みはしないので、来年も今年と同じぐらいで過ごせればいいかな。少しのスキルアップをしながら。後、今年は引越やなんやで長い休みを取れなかったから、来年は旅に行こう。

ほな、おおきに。ごきげんよろしゅう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

ジャンボのミニ

先日飲み会の席で「年末ジャンボ宝くじ」を買ったという人がいた。
あんなもん、買った瞬間に期待値半分ってことはパチンコと同じだし、パチンコなら技量でカバー出来るけど完全にランダムな数字あわせに何を期待するのか、とか、良く当たる宝くじ売り場って、だから売上が高い=発券枚数が多い=当たりくじが出やすい、つまり当選確率はどこで買っても同じ、ってことに何故愚民共は気づかないで有楽町だか銀座だかの売り場に群がるのかとか、そんな野暮なことは言わずに「ふんふん」と聞いてた。

するってーと、買ったのは厳密にはジャンボ宝くじではなくて「年末ジャンボミニ」だという。なにそれ?
ジャンボなのにミニ?ということで聞いたら1等が5億じゃなくて7000万なんだと。
「安いの?」と聞いたら300円で同じだという。「って言うことは、当たりやすいの?」と聞いたら「知らない」と。え?知らんもの買ったの?とビックリしたんだけど、ビックリしたのはオイラぐらいだったので却って変な顔で見られた。

世の中の人って結構理解してないものにお金出すのかなぁ。確かに「イオンなんちゃら」とか「天然」とか「植物性」とかってだけで訳も分からず物が売れるもんなぁ。「神戸なんちゃら」もひどいよなぁ。神戸に無いもの売ってたり、神戸に無い店あるもんなぁ。

調べたら、確かにジャンボミニの方が発売数に比して1等が多い様に見える。まぁオイラはどうでもいいけど。

ちなみに行きつけの大将も年末ジャンボを買うと行ってた。こっちは5億の方らしい。
当たったら1ヶ月間店を無料にすると言っていたので、こっちの宝くじは全力で応援したいと思う。
web宝くじシミュレーター for 年末ジャンボ宝くじ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

GRAVITY

いわゆるPRではないサイトで「今年いちばん良かった」みたいなことを書いていたのを目にして、3連休暇だったので映画見に行った。今思えばステマだったのかもしれん。

サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのなんか宇宙の奴、ってのは前に映画見に行ったときに Trailer 見てたから知ってたけどそれ以上は知らず。

結論としては「こいつ、動くぞ」と「しかしクラウン、無駄死にではないぞ」を混ぜたような映画ですね(意味不明)。

ネタバレ気味になるかもなので、この後は注意ね。

まぁスリリングな展開、が目論見なんだと思うんだけど、この手のストーリーって結果は2つしかないのであって、映画としてまとめるためにはその内の1つなわけですよね。それが何らかの形で裏切られると、「おわっ、そうきたか」みたいな感じになるのですが。
で、本作は見事に予定調和でございました。のっけからちょいとヒヤヒヤする感じがあるんだけど、「ここでゲームオーバーだと尺短すぎるやろ」と思うと、まぁ大丈夫なんだろうな、という予想が安易についてしまう。まぁ万事がそんな感じなので落ち着いて鑑賞することが出来ました。同じく結果が分かってても ARGO とは違うなぁ。何だろう、演出とかそういう持って行き方かなぁ。

ただ、今回3Dで観たんだけど、良かったですね。宇宙空間での描写がほとんどなんだけど、至極よく出来ていると感じました。そんな衝撃受けて大丈夫なんか?とかそういうのは諸処にあるんで、考証はどうなのか分かりませんが、映像としてはとてもよく出来ている感じですよ。

ということで、観るなら是非映画館で、3Dで、って感じ。

どうでもいいけど、映画一人で見に行くんで9:45からの回でネットで席取ろうとしたら、空いては居るんだけどポツポツとペアで抑えられてるのよね。朝早くからカップルで映画見に行く奴もいるんだなぁ、なんて思ってたんだけど、実際館内みたら結構男2人が多かった。そういえば、前に学生時代の友人が「嫁がスターウォーズを見に行ってくれない」っていうので、朝一番の上映に2人で行ったことあったな、なんて思い出した。
後ね、TOHOで観たんだけど、3D眼鏡ってもう使い回しじゃないのね。昔は回収してたから、当たりが悪いと指紋ベッタリの渡されたりしたんだけど、今は持ち帰れるらしい。で、次回持ってくると100円引きだって。逆に売店で100円でも買えるよ、と。時代は変わっていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

オルフェーヴル

有馬記念の予想は難しかった。
オルフェーヴルが本線だがテキは「8割の仕上げ」とのこと。確かに凱旋門賞がピークだろうし、調教もラスト1Fで失速気味という感じ。更には引退後の種付け料(600万)も確定済みということで、別に負けたところで馬の価値は下がらない。むしろ無事に帰ってくることが一番という状態。
2番人気のゴールドシップはJCで全く走る感じのない15着。宝塚を勝っているとは言え、買う気になれない。
キズナ、ジェンティルはさっさと店じまいで出てこないので、全体のレベルは低い。逃げ馬がいないので展開も難しい。

さてどうするかね、と悩んだ末に岩田に乗ることに。前走、1年半の屈腱炎休養明けで金鯱賞2着。ダービー、菊花賞ではオルフェの2着になってることだし、力はあるはず。ついこないだ大負けしたゴールドシップよりはウインバリアシオンでしょ。

ということで、得意の複勝を見たら2.5倍。これは美味しい。ということで、厚く4番複勝を。

でもなー、いくら本調子じゃ無いっても、この面子でオルフェが負けるとは思えないなー、ということで、6-4頭の三連単を3点買い増し。内が気になるので、1,2 と大外でゴールドシップを降ろされた内田の追うジジイのトウセンジョーダン。結局これは、10,14,15着と無駄だったな。

スタート直後にぐいぐいと追っつけて何とか中断に進むゴールドシップ、スタート良く出たウインバリアシオン、オルフェも普通に出た。と、中頃から4番が下がっていくので、あらあらと思って見ていたら、4角で外を回すオルフェに並びかけるようにウインバリアシオン。お、これはもしかして!と思ったらもしかしなかった。

オルフェーブル圧勝。ウインバリアシオンも伸びてるはずなんだけど8馬身差。これで引退なのかー、なんだかなー、という感じだったけどしっかり馬券は取れました。

今年は去年に引き続きJRAから預金引き出せたんじゃないかしら。ということで、来週はTCKから預金引き出しに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

おつきあい

水曜、友人と食事。カウンターの席であった。
オイラ達より小一時間ほど後に2人連れが隣に座った。60前後ぐらいのスーツのオッチャン2人。途中、片方のオッチャンが外でタバコ吸ってくると立ったところで、残されたオッチャンが話しかけてきて色々話してたんだけど。

そしたら戻ってきたオッチャンも話に入ってきて、流れで「やだなぁ。まだ水曜ですよ」とぼやき始めた。仕事が嫌なのかと思ったら、夜が嫌なんだと。なるほど、ある程度の役職にもなると、このシーズンはお付き合いの飲みが続くんだろうなぁ、と同情した。今日は気の置けない友人と2人なんだろう、「俺、あんま食べないから少なくていい、あー酒も半分で良いよ」てな感じ。
その後も話をしているのを聞くと「XXさん、ゴルフは週1ですか?」「いや、俺も出来るだけ週1にしようとしてるんだけどさ。週2は正直つらいよ」と。別に自慢する風でもなく、本当につらそうであった。

サラリーマンも上り詰めると、それはそれで面倒そうだなぁ、やっぱ付き合いの悪いオイラには無理だなぁ、なんて思いながら聞いてた。

このオッチャンが面白かったのは、やたらとタバコを薦めてたこと。タバコを吸うかと聞かれたから吸ったことは無い、と答えたら「タバコは美味いですよぉ」と笑いながら話してくる。

最初に外にタバコに立ったときに、残されたオッチャンが「タバコなんて原始人の吸うもんですよ」なんて茶化してたんだけど、残された方は17年前にタバコをやめたんだとか。「吸うのをやめると、却ってタバコの匂いが嫌いになるもんでしてね」ということで、喫煙者オッチャンの方は気を遣って外に吸いに行ったようだ。
戻ってきて話すには、昔は飛行機でもタバコが吸えたもんなのに、いつからか国際線で吸えなくなった。それから海外にも行ってない。家内や子供が海外に行きたいといったら見送って、自分は家で犬と留守番してるんだ、と言っていて、冗談かと思ったら本当らしい。そこまで行ったら見上げたもんだなぁ。ってか仕事に支障ないんだろうか。

話の中でひっかかった事があったので、帰宅して調べてみたら、喫煙者オッチャンは某有名企業の社長さんだった。あんなふざけたこと言ってたのに、すました顔で「ご挨拶」なんて書いてあるのが可笑しい。そりゃまあ忘年会シーズンのお付き合い大変だろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

ルーコン

ちょくちょく味スタに行くので、傍目から見ると東京サポに見えるかもしれないけど「サポなのか?」と聞かれると心の中ではそうでもない。東京に住んでてサッカー見に行くのなら国立か味スタ行くかな、ぐらいな感じで。実際は等々力の方が近いし、等々力も何度か行ってるけど。

元々サッカーは好きで、学生時代はダイヤモンドサッカーなど見ていた。上京した年にJリーグが始まったのかな。鳴り物入りの外国人選手に興味はあったけど、レベルはダイヤモンドサッカーの世界と雲泥の差だったし、特に日本代表を応援する気持ちも無かったので、実は初めて日本のサッカーを観たのは2010年だ(サッカー観戦自体は何故かシアトルでのマンU vs セルティックが最初)

味スタでの仙台戦にサポの友人に誘われてホイホイ行った。
正直そんなに面白かったという感想はなくて、テレビと違ってディフェンスラインとかFWの走り出しとか好きなところ観てられるのは良かったかな、ぐらい。ま、ラグビーでテレビ画面に映らないキックケアに帰る選手を観るようなもんだ。
寧ろ初めて行ったサッカースタジアムの殺伐とした感じ、ホームとアウェイの仕切りとか、ここから先はアウェイグッズ禁止とか、そういうラグビー観戦に無い雰囲気が珍しく感じた。あと、2万5千とか入るんだ、すごいなー、と。

その後も誘われて何度か見に行く内に東京の順位が怪しくなり、まぁ残留は大丈夫でしょう、と思っていたら神戸が踏ん張ったおかげで何故か見に行き始めた年にJ2降格と。
降格自体もなんかネタ的に面白かったんだけど、折角見始めたのに降格って、というのもあって、ちょいとムキになって見出したような気がする。あれで普通に8位とかだったら、そのまま見に行かなくなってたかもな。

2011年震災後のJ2開幕千葉戦を見に行って惨めな気分になったり、北陸の神社仏閣酒蔵めぐりに富山アウェイ絡めたりしてたんだけど、そんな中に戻ってきたのが引退撤回のルーカスだった。そういう選手がJに居たのは知ってるけどちゃんと観たのはこの年が初めてだ。随分楽しそうにプレーするなぁ、という印象だった。チーム自体はそのままJ2優勝して天皇杯も取ってしまったんだけど、翌年以降は面子の割には中位でフラフラ。

この間のJ最終節、ホーム仙台戦が2013年で引退発表したルーカスのリーグ最終戦だったので、消化試合ではあったけど見に行った。J99ゴール目となるゴールを決めて涙を浮かべ、試合終了間際にポポビッチの粋な計らいで観客の拍手の中、平山と交代となった。

今年というか来年は今の国立競技場での最後の天皇杯ということで、チケットは購入済。順調に勝ち上がることが出来れば、もう一度国立でルーカスを、と思っていたんだけど…
【東京】ルーカス全治6カ月 天皇杯絶望
練習中に骨折しちゃったんだそうで。このままブラジルに帰っちゃうんでしょうかねぇ。

「俺にはまだやり残したことが!」とか言って戻ってきたりしねーかなー。しねーだろーなー。来年監督イタリア人だしー。って思ってたらシャルケのエドゥー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

価格の決め手

2ヶ月ほど前にネットダフ屋のことを書いたけど、また同じ議論が弁護士やらを巻き込んでマスコミで再燃しているような。

オイラの意見は変わらずだけど、ふと昔のことを思い出した。

10年以上前に勤めてたベンチャーで、ITバブルが膨らみつつある頃に、当時の社長にこう言われた。
「シゲ!これからは消費者が価格を決める時代なんだよ!」

ヤフオクは始まったばかりで全然下火、今や携帯向けゲーム会社になった会社がオークションサイト(その後オークションとは名ばかりでDELLのPCとか売ることになるんだけど)を始めた、そんな頃だった。彼もオークションに目を付けたようだ。
全く以て先見性があって、キレイな未来を描くのが得意だったんだけど、それを現場まで落とすことは全くしない人だった(少なくとも当時は)。「砂上の楼閣」の達人。
よく勉強してたしアイディアは素晴らしかったんだけどな。ま、オイラも現場や技術に固執せずにもう少し彼の側に近寄るようにすれば、もう少し上手く仕事というか会社を続けられたのかもしれん。

結局10年以上たっても「消費者が価格を決める時代」は来ていないようだ。まぁ、ヤフオクが浸透してるだけマシではあるけど。

問題のチケットだって最初からオークションにかければ、ネットダフ屋だってそうそう手を出せなくなると思うんだけどな。高くかって安く売るのはアホらしいし。ネットダフ屋と「本当の」ファンが一緒の仕組みで価格をつり上げていけばダフ屋とファンが手に入れるチケット価格に差が無くなるわけだ。つまり転売のうま味が無い。
ファンクラブ限定とか先着順なんて仕組みを作って置いて、「本当のファンにチケットが渡らない」とか言う主催者がおかしい気がする。つーか、この時代になっても朝10時から電話もネットも繋がらないとかいう原始的な仕組みはどうにかすべき。

本当に何から何までオークションの世界になれば、製品企画とかももう少し慎重にするようになるだろうな。いくらで売れるか分からない物を市場に投入する怖さ。
要らない機能てんこもりの家電とか駆逐されていくんじゃ無いだろうか。一方で、ホントに美味しいお米が炊ける炊飯ジャーが高値でも売れていくとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

シャンパン

「あちらにはスパークリングでいい」 食材偽装・高級ホテルは客を“選別”

ホテルではどうやって客を選んでいたのか。証言によると、インターネットの予約サイトを通じて正規よりも割安な価格で宿泊していた客は、軽く扱っていた。ラウンジの入店時に予約の経緯が分かる仕組み。ホテル入店時にサービスされることがあるウエルカムドリンクも、うやうやしく「シャンパンでございます」と言いながら、スパークリングワインを提供していたという。

良くないことをしてたのは確かだけど、この偽装がらみをあんまほじくっても誰も得しないよなぁ、と思いますね。喜んでた客の心理的落差が大きいだろうし。あと、どうして回転寿司チェーンとかの表示違いはほじくらないんでしょうねぇ。ネギトロの原材料とか、そもそも偽装じゃなくてみんな偽物だと分かって食べてるという東スポ的扱いなんだろうか。

どうでもいいけど、オイラの中ではシャンパンって松茸とか生鮑と並んでCPの低いモノなんですよね。不味いとか嫌いではないし、食べれば美味しいんだけどね、そこまでお金払って食べるほどおいしいですか?という感じ。
シャンパンも、その値段払うんだったら、カヴァでもスプマンテでも安いので美味しいのあるのに、と思ってしまうのです。

お付き合いとか試飲会とかで高いのから安いのまで色々飲ませて頂いてるんだけど、シャンパンって蒸れた感じというか酵母臭い感じがあるじゃないすか。あれがあまり好きになれないのよな。泡は細かくていいのだけど。だからオイラの中で良いシャンパンってのは酵母の匂いがあまりしないの、っていう評価軸になってしまう。試飲会とかで卸の人に「あ、これあんまり匂いが強くなくていいですね」と言うと微妙な顔をされてしまうんだけど。

酒でも何でも本当に美味しいと思えるものを美味しいと言って飲み食いするのが良いよなぁ。銘柄とか店構えとか年代とかに引っ張られる人が多すぎる気がする、と自戒の念を込めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

皮膚感覚

今日は昼からよく冷え込んだ。今年も残すところあと半月。来週辺りには冬至である。

歩いていたら少し先の信号が赤に変わった。残念。仕方が無いので少し速度を落としつつ近づいていったときに異様なものが目に入った。異様とは言え、時々見かけるものなんだけど。
ジーンズに半袖Tシャツ、それもヘインズか何かみたいな白の無地のTシャツを着た異人。ヘッドホンをして軽快である。白人だ。

で、隣に別に友達でもないようなのだけど、コートを着込んでマフラーをした別の白人がいた。この差はなんだ?

特にアメ人の皮膚感覚がおかしいのはよく知ってるんだけど、そういえばローマで年越ししたときは皆それなりの格好をしていた。冬のNZでラグビー見たときも男女で上半身超薄着だったのはアメリカ応援してる奴等だけだったな。そう考えると、白人の中でもアメリカ人だけが皮膚感覚がおかしいのかしら。

いや、プレミアの中継見てると上半身裸のサポーターとかいるから、アングロサクソンの特徴なのかしら。オージーやキウィはそういうのをたまたま見かけなかっただけなのかなぁ。

そんなことを思ってたら信号が青になったので、歩いて行ったんだけど、やっぱ奴等おかしい。てかいつも思うけど真夏はどういう格好してるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

プロジェクションマッピング

近頃耳にするプロジェクションマッピング。TdFの表彰式では凱旋門をスクリーンにして視覚効果を使った迫力のある物だったんだけど、当然現地で見たわけでは無く。
VIDÉO MAPPING TOUR DE FRANCE 100è ÉDITION

一度生で観てみたいな、と思ってたら、恵比寿でやるってので会社帰りに散歩がてら寄り道して行ってきました。
ヴァン クリーフ&アーペルがプロジェクションマッピングを実施

行ったら何かあれね、ロブションで展示会なのかパーティなのか上客向けのイベントをやってるらしく、その一環でプロジェクションマッピングやったみたい。わしゃよく知らんかったけど、有名なアクセサリとかのブランドらしい。
この寒いのにすんごい薄着の綺麗なオネーサンがネックレスキラキラさせながらポーズ取って写真撮影してたり、なんかスポーツのミックスゾーンみたいなところでインタビューしてるのを撮影してたり。おそらく店舗で流したりカタログに使ったりするんでしょうなぁ、なんて思ってると、すんごいデカイ白いフカフカを首の周りに巻き付けたオバサマがレッドカーペット歩いてロブションの方に入っていったり。

ま、オイラみたいな貧民は仕切りで隔てられたところからボンヤリ眺めるだけなんですけどね。

んで、肝心のプロジェクションマッピングですけど、カラフルな植物がゆらゆらしてるところを蝶々とか妖精が飛んでるってのがずーっと流れてるだけであんまり建物を上手く使った感じじゃなくて、ちょっと残念だったかな。左側の一番上の窓から滝が流れてるのは面白いとは思ったけど、後はただ輝度の高い映像を投影してます、って感じだった。

暫く見てたら何か変わるのかなーと思ったけど残念ながら大した変化も無く。まぁキレイっちゃキレイですけどね、寒いので帰って来ました。後で色々ネットで読んだら一番最初に隕石が降ってきてそこから妖精達が出てきて、みたいなストーリーがあったらしく、5時半に行けばもう少し面白いものが見られたのかも。って行けるかよ!

まぁ、TdFのが100周年ってのもあって予算的にも気合い入りすぎだったんだろうけどな、何か上手い奴を観てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

CM

2013タレント番組出演本数ランキング

どーでもええけど見てしまうわけですが、そんなに設楽って出てるんだ…という感じ。テリー伊藤、加藤浩次、国分太一に関してはおそらく今年1度もテレビで見ていないので自分のフィルタというか偏り加減がな。まぁ属性みたいなもんがあるんでしょう。それに番組数と視聴者数は関連性無いしね。CM出演ランキングとかになると、基本録画しか見ないオイラは絶望的に分からない。まだ駅貼りポスターとか吊り広告やってくれてればイメージあるけど。

近頃、仕事以外で同業の人と話すことが少なくなって、というかバックグラウンドの違う人と話す方が面白いのでそうなってるのかな、何せ自分の業界用語とか業界の共通話題で話すことが少ないのよね。そうなると巷の情報ってのは大事なわけで、CMの話とかされると分かんないんだよなー。そういうときはちょっと残念だ。

「俺、テレビ見ないから(キリッ」みたいな人っているけど、あんまり面白くないことが多いんだよなぁ。趣味の話とかなら面白かったりするんだけど、最初の入り口のところがねぇ。
出来る営業さんって雑誌からテレビからいつの間に目を通してるのかってぐらい見てたりするし。オイラの美容師さんもこないだ話したら女性なんだけど男性誌を読んでるって言ってた。ファッションアイテムの名前とか分からないとお客さんと話が出来ないんだと。バーで「県民ショウ(?)」の話をされてもオイラ分からないのでなぁ、いかんなぁ。

CMに関しては、CMだけまとめて見ればそれはそれで面白そうなんだけどな。というか、キリの良いところでちゃんと(?)CM入れれば案外飛ばされないんじゃ無いかしら。「この後すぐ!」みたいに煽ってCMに入るから録画なら確実に飛ばすよね。次が見たい状態にしてCMに入るんだもん。「・・・でした。」って感じでCMに入れば、お茶入れに行くなりトイレ行くなりするかもしれないけど、案外CM流しっぱなしになるかもよ、と思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

システム屋

職業に「屋」と付けると差別的なんだそうだ。下らない。オイラは自称「システム屋」だった。今は「何でも屋」だけど。

久しぶりにキチンとした会社とやり取りしていてここのところ疲れてる。それも同時並行で2社。キチンとした会社のシステム部門のマジメな担当者、もう1件はキチンとした会社のお抱えのシステム会社。

ここのところ、何かダラダラっとやってきたのよね。いい加減な仕事してたわけじゃないよ。
なんつーか経営企画とか広報とかそういう人達から「こうしたいんだけど」って言われて自分で仕様決めて実装してテストして「使ってみておかしかったら連絡下さい」みたいな。デカイ会社の仕事って面倒な割に儲からないから面倒で受けなかったりしてたのもあるし。

今回はそうはいかないんだよなぁ。こっちで仕様決めたらきちんとシートにまとめて出さなきゃなんないしなぁ。後から追加とか訂正とか妙に引け目を感じるし。会議に引っ張り出されてスーツ着ていったり。昔の現役バリバリの時の覇気がないんだよなぁ。ただただ面倒くさい。
システム部門の方はいい人なんだけど、システム会社のオッチャンがもう嫌な感じなのよ。いや、彼は彼なりにちゃんと仕事してるのは分かるんだけど、重箱の隅つつく系だから疲れる。あと、システム屋特有の素っ気ない感じがなぁ。オイラもあんなんだったんだろうか。あー面倒だ。

それにつけても色々やる度に報酬を得るってのは簡単じゃないなぁと思うわけですよ。後3ヶ月ぐらいこれが続くのよねぇ。うだうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

株式会社神戸市

阪急神戸線と神戸市営地下鉄、相互直通運転を検討へ

上下に分かれてるのはまだしも通り一本分離れてるし、それを地下でやるってのは結構大変そうだけどなぁ。まぁ、案外あの辺小さい店とか多いから再開発でバーンってのはありなのかな。下北みたいに王子公園駅ぐらいまで地下にして。

まぁでも西神中央方面に住んでる人にしかメリット無いよなぁ。西宮側から西神中央行きたい人がどんだけいるかしら。ユニバーも今じゃ影が薄いし。

ただな、湊川公園で地下鉄から神鉄に乗り換えってのが遠いので、もし新神戸から須磨浦公園行きとか乗れるならそのまま新開地行った方が便利なのかな、なんて思ったり。

どうでもいいローカル妄想でした。でも多分出来ないような。元々の地下鉄開通やポートピアを成功させた往年の「株式会社神戸市」の面影はないもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

借金

猪瀬知事「1年間の給料返上したい」 5千万円問題

東京都民ですが何か?
1年間の給料ってのがどの報道にも載って無くて調べたらあった。
WEB広報東京都[平成25年11月/都職員の給与状況・職員給与費の推移・参考資料]|東京都

月収148万のところを10%引きで133万だそうな。別に悪いことしたから減額とかでもなさそうで、平成11年に石原慎太郎が初当選したときからだそうなので、リップサービス的な慣習なのかしら。これに年間で3ヶ月分のボーナスが出ます、と。ざっと年収2000万弱ですね。あらステキ。
まぁ、政治力発揮してくれれば都民的に2000万ぐらい安いものかもしれませんけどね。今の状況じゃいただけないですね。

で、いつもこういう政治家の献金がらみをみてて不思議なんだけど、逮捕されそうな人からの献金を「あれは借金だ」って言って凄い勢いで返そうとするじゃない。ってことは、受け取った5000万円はいつでも返せるように準備しておかなきゃなんないってことよね。今回は5000万なんて端金でしたけどね、4億とかって人も居たし。ま、あの人は手元資金の一部が4億だとか言ってたから痛くも痒くもないか。

なんせ、いつでも返せるようにしとかなきゃいけないとなると献金されても嬉しくないし、そもそも借りる理由も無い訳なんだけど。使うことはおろか、運用も出来ないしねぇ。

ああいう献金受けたときは帳簿に付けておいて10年ぐらい寝かせて何もなさそうなのから使っていくのかなぁ。それとも保険屋みたいにリスクによってクラス分けされてて、常に「いつでも返すよう資金」としてプールされてるのが全献金額の何パーセントかになってるんだろうか。そっちの方がリアルかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

税金

高額飲食に新税検討 政府・自民「1人1万円超」で調整

課税基準は今後調整するが、1回の飲食で1人当たりの代金が1万円を超えたら、1人の飲食に対して数百円程度の税を課す案などが浮上している。

オイラこういうのは賛成ですけどね。単価12,000円の食事が12,300円になったところで、払う人は払うでしょうし。お金持ちにとっては端金でしょうし、ハレの日の食事代が数百円上がる!って目くじら立てるのも野暮なもので。
ま、勘定2つに分けたらどうなるんでしょうね?「5000円と7000円で分けて会計して貰える?」とか「3人で食べたことにして貰える?」とか。

一方で、年収1千万円以上に増税案 財務省が所得控除カット提示なんて話もあるわけで、これはいただけないなぁ。金持ちから税金取るってのは良いだろうけど、直接抜くのはなぁ。一回使わせてから徴収しないと景気良くなんない気がするんだけどどうなんだろう。経済音痴ですけど。
使う金とられちゃ遊べないじゃない。市場にお金が出ない。金持ちにカネを持たせて使ったところでしっかり取れば、飲食やら小売りやら色々とお金が回ると思うんだけどね。

前にも書いたと思うけど、高級車なんて消費税100%でもいいと思うのよ。金額で買うか買わないか決めるような人達が乗るもんじゃ無いし。そうやって回すのが長い目で見て税収に繋がると思うんだけどねぇ。税収が下がってます、足りません、だから所得税率上げます(控除カット)、じゃどこまで行っても終わりが見えない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

無敵

亀田大残留、JBCが説明求める「空位になると聞いた」

もうどうやっても亀田家には勝てない訳ですよ。皆さん諦めるべきです。

それにしても亀田家の資産価値はあの親父さんがピン球投げてる映像の頃から何倍になってるんでしょう。ビジネスというか投資としては凄い利回りを出してるんだろうなぁ。使って更に稼ぐって感じですよね。出版とかセミナーとかすればいいよな。「王座を失わない方法教えます」。

しかし今回の件、亀田側がリミットオーバーの相手に負けたら王座陥落ってのは酷い話のような気がして。相手のスペックが同じ土俵で闘える状態じゃ無いので、そこで王座云々ってのは話が出来ないんじゃ無いかしら。そんなんだったらメイウェザーでも誰でも噛ませ犬みたいな上の階級の奴ぶつけてとりあえずベルトを剥ぎ取ることが出来てしまう。いや、メイウェザーだったら勝ちそうだな。

まぁなので、今回のはIBFに関してはノンタイトル、単なるWBAのタイトル戦にすればよかったのかな?いやWBAもリミットオーバーなんだから、今回のはなんだったんだ?

亀田ボクシングコントが発見した「無限に王座を防衛しつづける方法」が完璧すぎると僕の中で話題に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

El Tiempo es Oro.

新実死刑囚の妻を強要未遂容疑で逮捕 アレフ入信迫る
松本サリン事件ってもう20年ほど前の話なんですなぁ。

由紀容疑者と男性は今年1月、交流サイト「フェイスブック」で知り合ったといい、男性が8月、府警に被害を相談して発覚した。府警は、男性をアレフに入信させ寄付金を得る目的があったとみて調べている。

凄いよ Facebook! 今の時代、宗教勧誘も Facebook! FBきっかけの犯罪とか殺人とかも結構あるし、こんにゃくゼリー理論によればFBは取り締まらなきゃと思うんですが、どっかの議員さん騒がないのかしら。

関係ないけど、ってかFBで知り合ったってので思い出したんだけど、先日友人の息子の友人(ややこしい)が、動画サイトを親に隠れてすんごい長い時間観てたのが発覚して親にどえりゃー怒られたんだそうで。Youtube的なのじゃ無くて、ドラマ配信とかしてる奴らしい。中学生。

オイラが中学生ぐらいで親に隠れて出来るって言ったら、せいぜい漫画読むとかラジオ聞くとかぐらいではなかったか。テレビなんてリビング行ってスイッチ入れなきゃ観られないんだもの。なんか液晶の携帯テレビ出たときは欲しかったなぁ。透過型で鏡に映して観るのとか、今考えたら未来的すぎるんだけど。

あぁ、うちはゲーム&ウォッチ買ってくれなかったけど、あれも隠れて出来るね。そう考えると DS とか PS Vita とか WonderSwan とかの携帯ゲーム部分については変わらないのか。やっぱ、ブラウザがついてて、高速通信できるってとこが問題なんだろうなぁ。

いい歳こいた大人でも 2ch やら LINE やら、後はソシャゲですか、ああいうのに時間を大量に費やす人も多いわけだけど、今の子供達はよくよく自分で時間の使い方を考えて行動しないと、この先長い人生大変な事になりそうだなぁ、などと思ったのですよ。オイラ達の世代に比べて圧倒的に自由度が高い。ユビキタスって奴ですか?無駄に時間が使えちゃう。いっくらでも。
周りを見てると小さいときからお古の iPod とか iPhone とか渡されてる子供けっこう多いし。何故か Android 渡されてるの知らないんだけど、以前知人の医者が2台持ちしてて、子供に両方触らせたら Android は上手く操作できなかったらしく捨てられたそうな。今なら少しはマシかな。

親も動画観るな、ゲームやるなってその場その場で叱ってもキリが無いし、高校生になったり通学時間が延びたりするともう管理不能だもんね。根本的に将来を見せて自律する方向に持って行かないとねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

即PAT

近頃はクレジットカードで馬券が買えると言うことで、JRAダイレクトってのを見てみたんだけど、馬券買うときに手数料が100円かかるらしいのよね。その100円はデカイでしょ、ということで使う気にならなかった。
JRA|JRAダイレクト|JRAダイレクトとは?
まぁ、海の向こうの御仁なら便利かなと思ったんだけど、日本のクレジットカード持ってないってので万事休す。

こないだ何となくJRAのサイトを見てたら即PATというのがあった。PATって電話とかネットで馬券買える奴で、昔知り合いの会計士の先生に競馬場連れて行ってもらうと、阪神とかの他場の馬券を携帯でポチポチ買ってた奴だ。なんか審査とか面倒っぽかった。

それなのに「即」っていうので何かと思ったら、JRA指定の銀行に口座があってオンラインバンキングの手続きがされていれば、すぐにでも馬券が買えるようになると。なるほど、銀行の身元調査とオンラインってとこを利用するわけですね。で、信託銀行とかネット銀行とかだろうなと思って見たら三井住友や三菱東京UFJも使えると(他はジャパンネット・楽天・住信SBI)。特に手数料とかもかからないらしいので、何かの時に(何の時?)と思って手続きだけしておいた。確かにすぐに準備完了である。
JRA|電話・インターネット投票

秋のGI シーズンになって、何度かPATで買おうかなと思ったものの、何となく競馬場以外で買うのはなぁ、百歩譲って小綺麗目のWINSじゃないと気分が出ない。ということで放置。

こないだの日曜日、昼過ぎに眠たいなぁと思いながらJCダートのオッズを見たらペルシャザールが3番人気で複勝が2倍以上ついていた。不良馬場のダービー3着、ダート転向して3着→1着→2着→2連勝という成績。これで3番人気はおいしい、と思ったので何となく5000円買ってみようかと。
最初に銀行口座から振込を行って、その資金で馬券を買うという仕組みのようだ。何か不安になりつつも購入完了。で、昼寝した。

起きたら16時10分。終わってるやん、ということで録画を見直す。4角で外をぶん回したので少し不安になったけどしっかり届いて優勝。あー単勝(8.4倍)だったらなぁ、なんて野暮なことは考えない。複勝2.5倍でも十分です。一応 PAT にログインして見ると「的中」と赤文字がついている。

なんか空しい。昼寝しててテンション上がらないからかな。何となくアナログ盤に固執するオッサンの気持ちが分かった気がした。

翌日、オンラインで銀行の入出金をチェックしたらこんな感じ。

JRAに振り込んで、2.5倍で振り込まれてきましたよ、と。手数料はJRAが負担してるのかなぁ。それぐらい楽勝で払ってやりますよ、っていうぐらい儲かってるってことか。それにしても日曜日に資金移動できるってのも凄い。

とりあえずPATデビューでした。これなら海の向こうの御仁も参戦できるんじゃないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

試飲会ライブ寿司

土曜は軽食を取って昼過ぎに外出。
近所のクリーニング屋がお手上げだった気に入りのジャケットを染み抜きに出しに歩いて20分ほどのクリーニング屋へ。スキンヘッドにヒゲという何だか NCIS にでも出てきそうな風貌のオッチャンが応対してくれたのだけど、とりあえず預かって抜けそうかどうか確認するとのこと。

ここから歩いて40分ほど、某酒販店の試飲会へ。和洋取りそろえての試飲会でいつもは膝が怪しくなるまで飲むのだけど、今回はワインだけ大人しく試飲。というのも、試飲会のラインナップは1本から卸値で売ってくれるので、とりあえず良さげなワインだけは探しておこうと。6種類ほど目をつけたところで退散。足元は大丈夫だ。

更に歩いて40分。ライブ会場前に着いたけど少し早いので近所のカフェで時間つぶし。やっと座れた、という感じで20分ほど時間を潰して会場へ。客層はオイラより少し高めメインなので落ち着いた雰囲気だが、楽しんだ。アンコールまで含めて立つこと2時間半。うええ疲れた、ということで15分ほど歩いて予約の寿司屋へ。

他の客は早い予約だったみたいで貸し切りだった。大音量で少々耳がやられているので声のボリュームに気をつけつつ大将と話をする。鱈場蟹、鯖とカラスミが良い時期だ。鍋島 New Moon, くどき上手10年古酒、写樂純吟をいただく。

もう明日は12月ですねぇ、なんて話しつつ、そういえば正月のカラスミを受け取りに年内もう一度来なきゃなんないから予約しておこうと。年末近くは混むようだし、クリスマスイブは何故か毎年同じ面子なんだそうだ。24日に来て寿司食って、そのまま全員来年の予約をして帰ると。皆さん、そこらのレストランでクリスマスメニューとか割高に食べるよりよっぽど寿司がいいのだそうだ。なるほど。寿司屋にクリスマスメニューは無いしな。いつもと同じ値段か。

干瓢巻きでお茶を啜って、ご馳走様でした、と店を出る。徒歩1時間で帰宅したら23時を過ぎていた。良く歩いたし、少し盛り込みすぎたかな、とシャワーを浴びて寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »