« 価格の決め手 | トップページ | おつきあい »

2013年12月19日 (木)

ルーコン

ちょくちょく味スタに行くので、傍目から見ると東京サポに見えるかもしれないけど「サポなのか?」と聞かれると心の中ではそうでもない。東京に住んでてサッカー見に行くのなら国立か味スタ行くかな、ぐらいな感じで。実際は等々力の方が近いし、等々力も何度か行ってるけど。

元々サッカーは好きで、学生時代はダイヤモンドサッカーなど見ていた。上京した年にJリーグが始まったのかな。鳴り物入りの外国人選手に興味はあったけど、レベルはダイヤモンドサッカーの世界と雲泥の差だったし、特に日本代表を応援する気持ちも無かったので、実は初めて日本のサッカーを観たのは2010年だ(サッカー観戦自体は何故かシアトルでのマンU vs セルティックが最初)

味スタでの仙台戦にサポの友人に誘われてホイホイ行った。
正直そんなに面白かったという感想はなくて、テレビと違ってディフェンスラインとかFWの走り出しとか好きなところ観てられるのは良かったかな、ぐらい。ま、ラグビーでテレビ画面に映らないキックケアに帰る選手を観るようなもんだ。
寧ろ初めて行ったサッカースタジアムの殺伐とした感じ、ホームとアウェイの仕切りとか、ここから先はアウェイグッズ禁止とか、そういうラグビー観戦に無い雰囲気が珍しく感じた。あと、2万5千とか入るんだ、すごいなー、と。

その後も誘われて何度か見に行く内に東京の順位が怪しくなり、まぁ残留は大丈夫でしょう、と思っていたら神戸が踏ん張ったおかげで何故か見に行き始めた年にJ2降格と。
降格自体もなんかネタ的に面白かったんだけど、折角見始めたのに降格って、というのもあって、ちょいとムキになって見出したような気がする。あれで普通に8位とかだったら、そのまま見に行かなくなってたかもな。

2011年震災後のJ2開幕千葉戦を見に行って惨めな気分になったり、北陸の神社仏閣酒蔵めぐりに富山アウェイ絡めたりしてたんだけど、そんな中に戻ってきたのが引退撤回のルーカスだった。そういう選手がJに居たのは知ってるけどちゃんと観たのはこの年が初めてだ。随分楽しそうにプレーするなぁ、という印象だった。チーム自体はそのままJ2優勝して天皇杯も取ってしまったんだけど、翌年以降は面子の割には中位でフラフラ。

この間のJ最終節、ホーム仙台戦が2013年で引退発表したルーカスのリーグ最終戦だったので、消化試合ではあったけど見に行った。J99ゴール目となるゴールを決めて涙を浮かべ、試合終了間際にポポビッチの粋な計らいで観客の拍手の中、平山と交代となった。

今年というか来年は今の国立競技場での最後の天皇杯ということで、チケットは購入済。順調に勝ち上がることが出来れば、もう一度国立でルーカスを、と思っていたんだけど…
【東京】ルーカス全治6カ月 天皇杯絶望
練習中に骨折しちゃったんだそうで。このままブラジルに帰っちゃうんでしょうかねぇ。

「俺にはまだやり残したことが!」とか言って戻ってきたりしねーかなー。しねーだろーなー。来年監督イタリア人だしー。って思ってたらシャルケのエドゥー?

|

« 価格の決め手 | トップページ | おつきあい »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/54299875

この記事へのトラックバック一覧です: ルーコン:

« 価格の決め手 | トップページ | おつきあい »