« CM | トップページ | 皮膚感覚 »

2013年12月13日 (金)

プロジェクションマッピング

近頃耳にするプロジェクションマッピング。TdFの表彰式では凱旋門をスクリーンにして視覚効果を使った迫力のある物だったんだけど、当然現地で見たわけでは無く。
VIDÉO MAPPING TOUR DE FRANCE 100è ÉDITION

一度生で観てみたいな、と思ってたら、恵比寿でやるってので会社帰りに散歩がてら寄り道して行ってきました。
ヴァン クリーフ&アーペルがプロジェクションマッピングを実施

行ったら何かあれね、ロブションで展示会なのかパーティなのか上客向けのイベントをやってるらしく、その一環でプロジェクションマッピングやったみたい。わしゃよく知らんかったけど、有名なアクセサリとかのブランドらしい。
この寒いのにすんごい薄着の綺麗なオネーサンがネックレスキラキラさせながらポーズ取って写真撮影してたり、なんかスポーツのミックスゾーンみたいなところでインタビューしてるのを撮影してたり。おそらく店舗で流したりカタログに使ったりするんでしょうなぁ、なんて思ってると、すんごいデカイ白いフカフカを首の周りに巻き付けたオバサマがレッドカーペット歩いてロブションの方に入っていったり。

ま、オイラみたいな貧民は仕切りで隔てられたところからボンヤリ眺めるだけなんですけどね。

んで、肝心のプロジェクションマッピングですけど、カラフルな植物がゆらゆらしてるところを蝶々とか妖精が飛んでるってのがずーっと流れてるだけであんまり建物を上手く使った感じじゃなくて、ちょっと残念だったかな。左側の一番上の窓から滝が流れてるのは面白いとは思ったけど、後はただ輝度の高い映像を投影してます、って感じだった。

暫く見てたら何か変わるのかなーと思ったけど残念ながら大した変化も無く。まぁキレイっちゃキレイですけどね、寒いので帰って来ました。後で色々ネットで読んだら一番最初に隕石が降ってきてそこから妖精達が出てきて、みたいなストーリーがあったらしく、5時半に行けばもう少し面白いものが見られたのかも。って行けるかよ!

まぁ、TdFのが100周年ってのもあって予算的にも気合い入りすぎだったんだろうけどな、何か上手い奴を観てみたいものです。

|

« CM | トップページ | 皮膚感覚 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/54241464

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクションマッピング:

« CM | トップページ | 皮膚感覚 »