« 店じまい | トップページ | SAYONARA国立 »

2014年1月 6日 (月)

フライング初詣2014 〜大國魂神社〜

2010年5月、甲州街道の第3回は東府中を出て高尾へ向かった。

東府中を発って30分ほどで通過したのが大國魂神社。この時は何だか立派そうだな、と思いつつも前を通り過ぎた。あの頃はまだ歩くの慣れてなかったしね。今日中に高尾に辿り着かないと次の小仏が、という状態だった。

後で調べてみたら、景行天皇41年(西暦111年)に出来たと伝えられる非常に古い神社で、武蔵国の総社であったそうな。ちなみに府中の府は国府の府ね。あと、景行天皇は第12代ってことで実在性が怪しい時代ではある。140歳ぐらいまで生きたんだと。

ということで、今年のフライング初詣は大國魂神社に決定。大晦日に府中駅へ。降りて出たところが参道だ。参道は両脇にケヤキが並ぶが源頼義・義家が寄付をしたのが始まりとか。義家は八幡太郎ね。

3年前の5月に青々としていたケヤキも寂しい姿、そして神社の銘が見えないようなテキ屋の数々。全く雰囲気が違う。

毎年、大晦日に神社に行っているので、仕込み中のテキ屋のオッチャン・オバチャンは見慣れてるんだけど、ここのテキ屋の密度と活気は今までで一番かも。敷地面積や由緒から行くと鹿島神宮とかの方が賑わいそうなもんだけど、広いスペースにベンチを並べて露天の食堂みたいな設備まで作っていた。

あと、大晦日の神社は大抵閑散としてるのがいいんだけど、ここは混んでたなぁ。

拝殿は大したことがないのだけど、きちんと本殿と別れたそこそこのサイズのものでした。後、お守りの売り場も凄い数がスタンバイされてたなぁ。

東京の地酒とサントリー武蔵野ビール工場の奉納。

ま、そんなわけでアッサリと終わって帰って来ました。府中とかね、別に名物食うとかいう感じでもないしね、てか、そろそろネタ切れなんですよ。近隣の名のある神社仏閣は行き尽くした感がある。年末に旅行すると高いしなぁ。今年の年末はどうすっかなぁ。

|

« 店じまい | トップページ | SAYONARA国立 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/54510317

この記事へのトラックバック一覧です: フライング初詣2014 〜大國魂神社〜:

« 店じまい | トップページ | SAYONARA国立 »