« オッサンスキー | トップページ | 日本選手権 »

2014年2月18日 (火)

遭難

大したことでは無いが「難に遭った」。

宿に戻って形式的ではあるがもう一度宿帳に記入。女将さんに「あの時お電話頂かなければお部屋用意できませんでしたよ」と。この宿の宿泊客が戻ってきただけでなく、他の宿に泊まってた人もやって来て満室だとか。朝はキャンセル続出でブルー気味だったけど、良かったのかしらね。
案内された部屋は昨日の2階から1階へ変更。窓からの眺望は最高である。

優に2mは積もっているが備えのある雪国では大したことないようだ。

元々土曜帰りで日曜は自宅で体を休めようというオッサンプランだったのが不幸中の幸いではある。とりあえず、今日の指定を持っているのでどないすりゃええねん、と越後湯沢の駅へ向かう。湯沢の街は融雪のためか道路の真ん中に等間隔にスプリンクラーが設置されているのだけど、昨日からの大雪で排水溝の流れが悪いのか道路が冠水気味。「あー、長靴借りてくれば良かったな」と思うものの、ゴアテックスのスニーカーなので爪先歩きで何とかなった。

駅に着くと案の定みどりの窓口には長蛇の列。

写真に写ってるところから蛇行して、窓口の外には150人ぐらい並んでいただろうか。改札の近くで暇そうにしている駅員さんに切符を見せて「これ、払戻は明日以降でも大丈夫ですか?」と聞くと「大丈夫です」と。「ここじゃなくて東京でもいいですよね?」と聞くと、これも「大丈夫です」と。
宿を出る前に iPhone からえきねっとで明日の朝の新幹線の指定を抑えておいたので、券売機で発券。これでやることは無い。

というか、払戻は明日以降で大丈夫、明日の新幹線も券売機で取れるのに長蛇の列を作っている人達は何をしてるんだろう?絶対に今日帰らなきゃなんなくて新潟周りの切替とかしてるのかな?迂回したところで帰れそうにないけどなぁ…そんなことを思いながら冠水した道を歩いて戻り、冷えた体を温泉で温める。
素泊まりにしたので、夜は居酒屋へ。学生時代に何度も行った店、5店舗ほどあるが、どれも潰れていない。この辺り、20年ほどの時間の流れを感じないのだよな。駅のすぐ近くに「射的」とかあるし。変わったのは「射的」のくせに「WiFi使えます」なんてステッカー貼ってあることぐらいだ。

22時頃横になって気がついたら4時半。ぼんやりテレビとか見て、最後の雪見温泉に入って荷造り。上越新幹線は車両のやり繰りの関係か10本が運休だがオイラの予約は影響を受けないようだ。
朝食を付けてないので早めに駅に着いてカフェでクッキーなど食らう。9時に土産屋が開き始めたので、ぽんしゅ館(今は名前が変わってるかも)を覗いたんだけど何故だか新潟の酒にはオイラのアンテナが反応しなかったのでツマミになりそうなものを買って終了。

ホームに上がるとほぼ定刻通りにMaxたにがわが入線。

ただ、越後湯沢発の「たにがわ」は問題ないけど、新潟から来る「とき」が遅れているようで、10分弱通過待ちをして出発。
いくつもトンネルを抜けて高崎手前に出たところで燦々と降り注ぐ日光。木曜は太陽出てたっけ?なんだかすごく久しぶりに太陽を見た気がした。白夜開けのスウェーデン人の気持ちはこんな感じか(大袈裟)。
この後、大宮〜上野間、上野〜東京間に新幹線が多数存在してるということで、何度か時間調整が入ったけど20分ほどの遅れで無事到着。案外東京も寒いな、と思いながら蕎麦食って恵比寿駅でチケットの払い戻しを受けて家に帰りました。

|

« オッサンスキー | トップページ | 日本選手権 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/55032901

この記事へのトラックバック一覧です: 遭難:

« オッサンスキー | トップページ | 日本選手権 »