« 研修中 | トップページ | おにぎりあたためますか? »

2014年2月10日 (月)

選挙制度

日曜はまだ泥濘む道を歩いて選挙に行った。いつも、ちょっとした混雑が嫌で期日前投票をする(自宅から投票所までの距離と役所までの距離が大して変わらない)のだけど、今回は土曜日に半強制引きこもりとなる45年ぶりだか46年ぶりだかの大雪だったもので。

案の定、ジジババで軽く渋滞気味の階段を上って少し並び、投票用紙をもらって台に行ったは良いが、はたと困った。誰に投票するか決めてないのよな。決めてないというか決められなかった。
白紙も考えたけど、結局その場でエイヤッと決めて放り込んできました。ここまで誰に入れる気にもなれない選挙も珍しい。

結局投票率は50%を割ったみたいですね。何で投票に行かないかって、そもそも政治に無関心な人もいるでしょうが、そこまでして投票したい相手が居ないってのもあるんだろうなぁ。
で、そう考えると、今回の候補の場合、ある程度致し方ない気がしていて、この制度じゃ来なくても仕方ないんじゃないかな、とか思ったり。

いつも思うのだけど、参院の比例区とか特にそうなんだけど、選挙民それぞれ思い描く理想があるわけじゃない。でも、その全てにマッチする候補者とか政党って中々いないと思うのよ。
例えば、今回、反原発と東京オリンピックは東京でやるな or 粛々とやろう、なんて打ち出した(その後撤回?したみたいだけど)候補者がいたけど、原発は反対だけどオリンピックは派手にやってほしいなー、と思う人からすると、この候補者に投票するかどうか難しいところよね。投票して当選した暁には「都民の支持を得た」と言ってオリンピックを縮小するかもしれなくて、それはその選挙民の理想とは裏腹なわけですよ。

なので、事前に10でも20でも共通の議題というか評価ポイントを決めておいて、「私はあなたに投票しますけど、この12個に対してはあなたに賛成ですが、この5個は反対です、残り3つは興味ありません」みたいなのをフィードバック出来れば良いような。さすれば、当選はしたけどこの公約は受けが悪かった、ということが候補者にも届くし、ニュース等で開示されれば当選した候補者も為政において無茶が出来なくなって良いことだと思うんだけどな。

まぁ、今回の選挙で分かったことは「上手に歳を取ろう」ってことでしょうかね。

|

« 研修中 | トップページ | おにぎりあたためますか? »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/54940042

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度:

« 研修中 | トップページ | おにぎりあたためますか? »