« OSXの日本語入力 | トップページ | オブストラクション »

2014年3月10日 (月)

J開き

Jの開幕第2週に甲府@東京があるということで、甲府盆地から客人がいらっしゃると。まぁ、国内ラグビーシーズンも終わったので J の季節でしょうかね。
甲府組と合わせて6人での観戦、ホーム開幕戦なので早めに行った方がいいかな、と思って向かったのだけど、甲府組の方が早く着いていた。バクスタ上段の甲府寄りで上下3人ずつで座る。駅から歩くと暖かかったのだけど、日陰に座ると寒い。持参のホットワインで暖を取る。これ、試合が始まる頃には日が差し込んできて逆に眩しいぐらいだった。

どうでもいい話をしていると練習が終わって、志村けん登場。どうやらCXのDVDのプロモーションを兼ねていたようで、本田アナウンサーと一緒に変なおじさんを1分ちょっとやったぐらいで終了。ベテランならではの安定の芸だが良い商売だ。後で花束贈呈にも出てきていた。

試合は開始早々に新外国人のエドゥのミドルがリフレクションになったところを甲府のGKが処理ミスでゴール。ありゃ足で強めにクリアしなきゃいけないのに、勢いが無くなった変な回転のボールをトラップしようとしたんだな。何となく楽勝ムードが漂う東京側。
ところが、この後も甲府は堅守を崩さない。FKには全員がゴール前に帰る状態。一方の東京も今年からイタリア人監督に交代だが、ボールを奪われるとFW3人以外は全員が引く(武藤も帰らなきゃいけなかったのかな)、FWも前からプレッシャーを掛けるというディフェンス意識の強い指示が出ているようだ。正直、甲府相手にそこまでMFが引かなくても…と思ったけど、そんな感じでボールを奪取してもカウンターが決まるわけでも無く、両チームあまり見せ場無く前半終了。
後半開始早々は両チームとも打って変わって攻撃的になり、オープンで面白かった。城福さんとしては前半を0-1で折り返したので、何とか1点返して引き分けに、東京としては前半取れるはずだった2点目をとってゲームを一気に引き寄せたい、そんな感じで双方チャンスを作ったけれども不発。そうこうしているうちに、また守備的に戻ってしまった。
ゲームが動いたのは後半26分、ロングスローからバタバタっとしたところで、甲府10番にバイシクル気味のジャンピングボレー。これで同点。この前後辺りから東京が雑になるというか、相手に合わせてしまう感じが。甲府はひたすら守って、前線に高くて長いボールを。ドリブルする気はないので上手く裏に抜ければラッキー、後は再度から中に放り込んで当たればラッキー、という感じ。これに東京も付き合う感じでやたらとボールが高く上がる試合に。ちょうどJ2に落ちた時の最初の頃のようだ。そんなことをしている内に決定機を2回作られてしまった。逆に東京はナオ、米本、平山を入れたものの3人とも持ち味が生きるシーンが無く 1-1 ドロー。試合としては3-1か3-0 で甲府でもおかしくなかった。

東京はルーカスやアーリアが抜け、ヒョンスも出て行った割にエドゥぐらいしか補強が無く。監督も新しいと言うことですぐに上の方を狙える感じではないのは分かっていたが、中盤が苦しいなぁ。米本が完全に戻ってくればもう少し良くなるかしら。この日はエドゥをポストに使う感じも無く(それだけ甲府が良くマークしていたと思う)、渡辺はディフェンスを頑張っていたように見えるけど前を向いて何かをすることは無かった。ルーキー武藤は上手いなあ、と思ったけど。怪我がなければいいな。ああいう器用な選手って膝とか足首とかやっちゃって、っていうイメージがあるので。

試合後は飛田給の居酒屋であーだこーだ。Hさんが楽しかったのか酔っ払いモードに入ってしまって甲府組の方々を遅くまで引き留めてしまった。早く酒を無くそうと頑張って飲んだオイラも帰宅してすぐ爆睡。

11月、甲府アウェイの頃にはどうなっているんでしょうねぇ。

|

« OSXの日本語入力 | トップページ | オブストラクション »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/55312665

この記事へのトラックバック一覧です: J開き:

« OSXの日本語入力 | トップページ | オブストラクション »