« Tokyo 7s 2014 | トップページ | 上賀茂神社 »

2014年3月25日 (火)

裏・神戸観光ルート

連休前半は実家に帰った。親のPCをあれこれ掃除して、挙動不審の一因が接触不良を起こすカードリーダにあることが分かったので、それを買いに街へ。

「星電社の跡地にヤマダ電機がある」という親からの情報を頼りに三ノ宮へ。阪急三宮で降りて西口からセンター街に入り込んだら左か右か分からなくなった。人生の半分以上を東京で過ごしてしまったオイラは落ち目である。
どうでもいいけど、星電社自体は会社として存続してるんだな。
株式会社星電社(せいでん) 会社案内/株式会社星電社の歩み

仕方ないから携帯で調べるかと思ってiPhoneを取り出したのだけど、人の流れが速すぎて画面など見ていられない。よく見ると、歩きスマホを見かけない。関西の人間の歩く流れの中で歩きスマホは危険極まりないって感じかなぁ。少なくとも東京ほどは見かけなかった。
とりあえず裏の通りまで進んでユザワヤを発見。ああ、こっちか、とヤマダ電機へ。
PCアクセサリーのフロアに行くもカードリーダーは無く、店員に尋ねるとカメラや携帯電話のコーナーにあるとのこと。1階に戻って購入。このヤマダ電機、フロアに案内の店員が溢れているものの、何故かレジは2台しか稼働していなくて並んでから買うのに2分ほどかかった。何かマーケティング戦略でもあるのかしら。

さて、カードリーダを買ってしまったら後は目的が無い。とりあえず神戸大丸のデパ地下の酒売り場で物色するもピンとくるものは無く。ただ、田治米の営業さんが居たので少し話して試飲させてもらった。

地上に出て森谷のコロッケに並ぶ暇な人々を眺め、一貫楼の豚まんでも買って帰ろうかと思ったら、これまた10人ほど並んでいるのでやめ、当てもなく歩く。

元町駅を北側へ抜け、歩いて行くと兵庫県庁。

更に上ると相楽園なる庭園がある。

明治時代の実業家の私邸とのことだけど、街の中に静かな庭があるのが六義園に似ている。全体の規模は小さいが、何というか造りが大きな印象を受けた。躑躅や菊の頃は良さそうな。入場料300円だが、養老施設の団体10人ほど以外はほとんど客がいなかった。

どうせ暇だし湊川まで歩くか、と西へ向かって歩いて行く。神戸にも高層マンション増えたなぁ、などと眺めながら歩いていると、細道の奥にど派手な屋根が見えたので二度見。一回は通り過ぎたのだけど気になっていって見たら関帝廟だった。てっきり元町の中華街にあるんだと思ってたらこんなところにあるのね。横浜とは打って変わって客はオイラ一人。でも派手さは負けてない感じ。

さらに西に進むと山にぶつかったので登ると大倉山公園。
何となく大倉山公園という名前には覚えがあるのだけど、実際行ってみたら何の思い出も無かった。記憶から抹殺されてるらしい。
エリア毎に各都道府県の木が植えてあるらしいのだけど、一番頂上近くは静岡県エリア。

なんとも安易な作り物の富士山である。

今度は南下して湊川神社へ。地元では楠公さんと呼ばれ、主祭神が湊川の合戦で亡くなった楠木正成という神社ではあるが、正直あんま有り難みを感じる境内ではない。空襲で燃えて鉄筋コンクリートなもので。

楠公さんは小さい頃親に連れられて何度か来たような気がするんだけど、もっと湊川公園の駅に近いと思っていたら案外離れていた。
で、iPhoneの地図を頼りに歩いていたら、急に街並みが変わる。「ようこそ福原へ」との文字。

福原というのは平清盛の福原とは関係あるような無いような地名で、昔の遊郭の跡地である。今となっては所謂風俗街になっている、と聞いたことはあるが通ったことは無かった。どうも、そこに踏み込んでしまったらしい。

たこ焼きややうどん屋に混じって「KING OF SOAP」などとデカデカと書かれた店や分かりやすく下品な店が並ぶ。歩いていると角刈りのオッチャンが黒いコートで「いらっしゃいませー」と深々頭を下げてくれるのが逆に怖いって。
写真撮りたかったんだけど、駐車場とかにもそれっぽい人達が居たりして撮れなかった。んで、ググッと北上して湊川公園。ここで散歩は終了。

まぁ、間違っても観光客に勧められるコースではありませんが、個人的には新しい発見があって面白かったです。地元と言えど行ったことの無いところ、通ったことの無い道はまだまだあるもので。

|

« Tokyo 7s 2014 | トップページ | 上賀茂神社 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/55499338

この記事へのトラックバック一覧です: 裏・神戸観光ルート:

« Tokyo 7s 2014 | トップページ | 上賀茂神社 »