« フォルラン | トップページ | 幻想 »

2014年4月22日 (火)

Amstel Gold Race 2014

アルデンヌのクラッシックが始まった。何故か JSports での中継が長いので20時ぐらいから見る羽目になる。
まぁいつも通り逃げが決まって、正直残り30kmぐらいまでは退屈な展開が続くのだけど、今年は日本チャンピオンジャージの新城が参加。バスク一周などでも調子が良さそうということだったのだけど、残り15kmぐらいだったか、集団から消えてしまった。

と思ったらいつの間にか脇から現れて逃げを吸収した後は先頭10人ぐらいに入って走る。カウベルフに入ったところでジルベールが持ち味のキレのあるアタック。バルベルデが追いすがるもついて行けず、新城もここで消えた。
どうせ登りきった後ぐらいで黄金のタレ(失速)でバルベルデにやられるかなと思ったものの、そのまま力強く独走でゴールへ。
その後しばらくしてゴチャゴチャとした集団がスプリントしながらゴール。

結果、もがいた新城が10位だったようだ。

それもバルベルデ、モレンマ、モレーノ、ガスパロット辺りと並んでるから立派なもんだよなぁ。全員が勝利を目指すワンデイのクラッシックでの10位はステージレースの10位とは価値がまるで違うと思うのだよなぁ。

現在29歳、カンチェラーラやボーネン、ウィギンス辺りが33歳、峠を越した感のあるエヴァンスは37歳。後3年ほどでどこまで伸びるかなぁ。
Photographer YUZURU SUNADA Diary プチ・新城ブーム到来かも(笑)

|

« フォルラン | トップページ | 幻想 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/55888778

この記事へのトラックバック一覧です: Amstel Gold Race 2014:

« フォルラン | トップページ | 幻想 »