« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

最後の国立

当初、雨予報なので見送ろうと思っていたのだけど前日辺りに予報が改善したので行くことに。雨が降り出したら帰ってくればいいや、と。

歩いて向かうと、やはり湿度が高く、襟足に汗を感じるも頑張って向かう。入場すると「SAYONARA国立競技場」という赤いタオルをくれた。色落ちしそうだなー、と思ったけど、そういえば近頃って色落ちあんまりしないね。ガキの頃って結構色落ちするものってあった気がする。

生ビール700円を買って席へ。間に合った。

曇天で霞む視線の先に新宿のビル群。こんなに街の真っ只中にあるスタジアムは世界的にも珍しいんじゃないかなぁ、と毎回思う。

試合はセットプレーから名古屋が得点。キショーヤノってブンデスでほとんど出なくて代表からも消えたと思ってたら、いつの間にかFWからDFになってた。甲府の盛田師匠の逆パターンか。後半は東京が何度も得点チャンスを作ったが決めきれず。ここ数試合、先制点を取って固く守るパターンだったけど、先制点を取られると守る相手を破る術が少ないなぁ。武藤一人では可哀相な感じ。

終盤に双子の松田兄弟対決が実現したらしいけど、そのまま前掛かり東京に名古屋のカウンター&時間稼ぎで終了。まぁまぁ見所有る試合だったかな。相変わらず闘莉王はイタイイタイ言って審判に文句言ってた。一時期ほどの運動量はないなぁ。

結局雨は降らず。今後はラグビー日本代表の香港戦があるけど見に来ないだろうな。今度こそ最後の国立か。別に特に感傷的になる理由もないけど。

同行のHさんと15時過ぎから酒の飲めるところを探して彷徨い、結局ヒカリエの上で遅いランチを食べる客の中で、刺し盛りと大信州2合を飲む異色の客を演じて帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

解約ツアー

先日のクレジットカード解約のついでに思い出したので解約。今度は銀行。

先日、某銀行から「システム統合のお知らせ」というDMが旧住所に来て転送されていて。おかしいな、解約した口座から来るのかなと思って問い合わせ。当該口座は以前にローン組んだときに作ったけど、ローン終わって解約したもの。

と思ってたら解約してなかったらしい。勝手に解約したつもりになってただけ。
なのに、引っ越ししたときにカードとか通帳とか全部処分してしまっていた。

ということで、現在のステータスとしては「住所が変更されていて」「通帳のない」口座が存在する。面倒なので解約しようと窓口を訪ねた。まぁほとんど残高ないだろうし、通帳再発行でお金取られるなら住所変更だけして放置するかな、とか思いつつ。
対応してくれたオネーチャンもこんなややこしいのは珍しいらしく、何度も奥に戻って確認しながら手続きしてくれた。本当に申し訳ない。最終的には思ったより多い3000円ほどの残高があって、解約できます、と。ただ、お金が絡むので上長の確認が必要ですので、時間がかかりまして…と言われるので、「え?3000円で?」とか「現金支出が面倒なら振り込みでも結構ですよ」とか聞いたんだけど、そういうものらしい。てーへんだな。

ということで何と手続きが完了するのは5月中旬だそうです。すごいなー。

で、その足で別の銀行へ。というか腐れりそな銀行です。ろくにATMも無いんだけど、昔世話になってた会社に頼まれて報酬の振り込み用に作った口座。放置してたらハガキが来た。
普通預金口座の休眠口座管理手数料について|口座を開きたい|りそな銀行

口座を放置してると年間1200円取られるんだそうですよ。そんなの聞いたこと無いと思って調べたけど他行ではそんな制度ないみたいで。何だろう、お金を借りて後ろで融資した利子で儲けて、っていうのが銀行だと思うんだけど、何その「預かってやってるぞ」感。もうね、りそな銀行なんかに口座作らない方がいいですよ。何かメリットあるかしら?前も指紋認証カードでトラブったし。

ということで窓口へ。入るなり如何にも新卒っぽい緊張気味の男性がお出迎え。新卒配属するの早いなぁ、と思う。新卒じゃなければなんなんだろうか、あの緊張感。
「解約したいんですけど」と言うと解約は初めてだったらしく、ベテランおばさまっぽいところへ行くも、おばさまは別のお客様に説明中で、背後霊のようにぼーっと立ってる。適当な間合いで割り込むなり、あきらめてオイラに「少々お待ち下さい」と言って間をつなぐなり何かすれば良いのに。
その後もギクシャクした案内が続いたけど窓口の対応は至ってスムーズ。ちゃっちゃと解約して帰って来ました。

ということで、通帳を捨てるときは慎重に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

TOEIC

TOEICとTOEFL、英ビザ申請に使えず

TOEICは日本独自の資格なんでムダだ、留学するならTOEFLが必要、みたいな話を聞いた覚えがあったんだけど、ガセだったんだな。少なくともイギリス留学には使えたわけだ。

そのTOEICでサマがあったので、TOEICを運営する会社のテストはVISA取得に使えませんよ、と。TOEIC運営会社がTOEFLもやってたので、それもダメ。何やら、試験管が正答を読み上げて、受験者はそれをマークするだけの10分以内のテストが行われたり、替え玉受験がオッケーだったりでメチャクチャだったそうな。他にも収入?資産?証明の偽造もあったとか。

そういや日本でも日本の免許持ってるはずの中国人運転手が事故って取り調べしようとしたら全く日本語が通じなかった、なんてニュースがあったような。

とりあえずイギリスの留学VISAを取るための英語検定資格はあと5つほどあるそうなので、そのどれかを受けろと。建前としてはどれを受けても合格する人はするんでしょうが、頑張ってTOEFLとかの勉強してた人はどうなるんでしょうね。TOEFL専門みたいな教室?の宣伝も見かけるような。飛んだトバッチリ。

他の国はどうするんでしょうねぇ。

あ、オイラは新卒の時にTOEIC受けさせられたっきりです。あれから英語力落ちてるだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

解約手続き

家にDMが来た。保険か何かだけど「クレジットカード会員に」送られているらしい。見ると、以前プータロー時代にジムに通っていたときに使っていたカード会社だ。作りたくなかったけど、ジムに入るときに強制的に作らされた。ジムは退会したけどカード解約忘れてたな。

で、旧住所に来てるし、面倒だからこのさい解約しようとWebサイト見たら、PDFで解約用紙をダウンロードして、印刷して書き込んで送れと。封筒で80円って幾らになったんだっけ?82円だっけ?面倒だな。
そう思いながら、PDFを編集して諸々書き込んでカード番号を入れる段になって、カードが期限切れなのに気がついた。2013年で切れてる。ってことは新しいカード送ってきてたのに気づいてないのかな。どっかにあるのかな。

こういうときどうすりゃいいんだろ、ということでカードセンターに電話。

「明細のご案内は【1】を、」みたいなガイダンスの後、オペレータへの接続を選ぶもカード番号を入れろと。これ、やってみて思ったけど、こういうときスマホはいかんね。押したかどうか分からないので、押して画面の上を確認して、ってのが面倒だ。16桁+暗証番号で。

やっとのことで現れたオペレーターに斯く斯く然々で、と話をしたら、「では、念のためお送りしているはずのカードは停止させて頂き、そのまま解約致します」とあっさり。「書類とか不要ですか?」と聞いたら「このお電話で承りました」とのこと。

えー、何も引っかからなかったらPDF印刷して82円払って郵送してたところですよ。見直してみたけどWebサイトには電話で解約できるなんて書いてないし。まぁ、コールセンタが大変になるから郵送に誘導してるのかなぁ。

ってことで、案外Webサイトとか調べずにまず電話してしまうオッサン・オバチャンは得してるのかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

幻想

IFTTTで位置情報 で書いて、その後何度もテストしているけど、ちゃんとメールが届く。自宅に近づくと携帯にメールが飛んでくる。

それに気づくのは家に帰って携帯出した時だ。あんま意味ない。家に帰る前に気づいてクリーニング取りに行ったりしたいのに。

やっぱ電話が鳴り続けるとかじゃないと気づかないかなぁ。ヘッドホン経由で音出してくれると一番いいんだけどなぁ。

IFTTTにも Phone Call ってあるんだけど、USのみってこと。てか、費用負担はどうなってんだろ。

ってことで、エリアに入ったらメールを飛ばしてPOPサーバに cron でチェックかけてメールが届いてたらATコマンドでモデム経由で発呼して…ってとこまで幻想した。今でもATコマンドって使うのかな。モデムとか随分つかってないなぁ。

ネット上のFAXサービスとかで上手く何とかできんかな。月額無料のサービスとかないかしら。電話にでなけりゃ通話料かからないわけだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

Amstel Gold Race 2014

アルデンヌのクラッシックが始まった。何故か JSports での中継が長いので20時ぐらいから見る羽目になる。
まぁいつも通り逃げが決まって、正直残り30kmぐらいまでは退屈な展開が続くのだけど、今年は日本チャンピオンジャージの新城が参加。バスク一周などでも調子が良さそうということだったのだけど、残り15kmぐらいだったか、集団から消えてしまった。

と思ったらいつの間にか脇から現れて逃げを吸収した後は先頭10人ぐらいに入って走る。カウベルフに入ったところでジルベールが持ち味のキレのあるアタック。バルベルデが追いすがるもついて行けず、新城もここで消えた。
どうせ登りきった後ぐらいで黄金のタレ(失速)でバルベルデにやられるかなと思ったものの、そのまま力強く独走でゴールへ。
その後しばらくしてゴチャゴチャとした集団がスプリントしながらゴール。

結果、もがいた新城が10位だったようだ。

それもバルベルデ、モレンマ、モレーノ、ガスパロット辺りと並んでるから立派なもんだよなぁ。全員が勝利を目指すワンデイのクラッシックでの10位はステージレースの10位とは価値がまるで違うと思うのだよなぁ。

現在29歳、カンチェラーラやボーネン、ウィギンス辺りが33歳、峠を越した感のあるエヴァンスは37歳。後3年ほどでどこまで伸びるかなぁ。
Photographer YUZURU SUNADA Diary プチ・新城ブーム到来かも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

フォルラン

やっぱね、W杯のMVPが来るっていうんだから見ておきたいじゃないですか。

ということで土曜日は味スタへ。事前に前売り完売、当日券ありません、と聞いていたから覚悟していたけど、まぁ結構な混み具合でした。フォルランに加えて、ポポやアーリアの因縁(?)もあるしね。

4月も半ばを過ぎ、桜も散って八重桜も終わろうかという季節なのに肌寒い。雨降りそうな空模様だし。

選手入場前ぐらいかな、セレッソサポから、女子が「ディエゴ!」と叫ぶと、男が「フォルラーン」と叫ぶ応援があったんだけど、なんか妙な気分にさせられるものだった。自分がやれって言われたらちょっと小っ恥ずかしいな。でも、所謂「セレ女」ですか、何か女子っぽさが感じられるのは良いですね。ピンクだしね。
そういえば、スタジアムに向かう途中、ピンクのカバンもった女子2人がコンビニ袋に缶ビールの6缶パックを入れて歩いてたんだけど、キンチョウスタは缶の持ち込みありなのかな?

入場でコレオを披露して、盛り上がった中始まったんだけど、前半は大人しい試合だった。目当てのフォルランは基本は前線の真ん中で飛び出しを狙っているんだけど、左右に広がったり、中盤の底辺りまで戻って捌いたり、右に開いてクロスマシンと化したり、色々やってたけど、結局この日はチャンス無し。1本、正面エリア外でスペースがあってミドルを打ったけど吹かし気味で不完全燃焼。後半は監督の指示なのか、前線に張り付いたけど、東京のディフェンスが良くて、ほとんどボールが回ってこなかった。何とも残念。

試合は後半に入って、東京が左サイドを攻め立て、太田がタックルをかわしてのクロスに平山がドンピシャで飛び込んで得点。その後は、特に前掛かりになったようにも見えなかったんだけどセレッソのラインがメチャクチャになってカウンターを食らいまくってた。そんな中で秀人のヒールから武藤がDFの前に切れ込み、背中にチャージを受けたのを跳ね返してからのGK股抜きシュート。非常に綺麗だった。

後半動いたのでゲームとしては面白かった。セレッソはトラップミスや明後日方向へのパスなどが見られて、その辺りがACLの疲れなのかな。試合数だとヤマナビの東京も同じだけど。後、胸トラップでパスとかヒールで交わすとか、小技をやりたがって失敗するようなところも散見されたのだけど、チームで流行ってるのかなぁ。若さでしょうか。逆に東京は前半は突破を仕掛けられて慌てるところもあったけど、後半は完璧なディフェンスでセレッソは横パスしか出来ない感じだった。あれが新監督の狙いかな。
ポポは東京時代も細かいパスにこだわっていたけど、あの感じでは突破出来ないなぁ。裏へ1本とかサイドをドリブルで、とかの方が東京としては怖かったんだと思う。面子的に。

この日は銀座で飲み会の予定があったので、試合終了間際に席を立って飛田給駅へ。ヘロヘロに酔っ払って次の日は二日酔いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

IFTTTで位置情報

IFTTT って「いふと」って読むの? ifthisthenthat ってことで、何かをトリガに何かをしてくれる仕組みを作れる便利ツールだけど、正直これまでは特定メールの転送とか位にしか使ってなかった。
iPhone で写真撮ったらどっかに投稿とか、そういう怖いことオイラしないから。

こないだ iPad 版が出たとかで、久々に見てみたら「iOS Location」って Trigger が増えてた。昔からあったのかもしれないけど。つまり、iPhone(もしくは iPad とか iPod touch とか)持って特定の場所に行くと、何かすることが出来るらしい。

iOS には「リマインダー」って標準アプリがあって、これも特定の場所に入ったら、もしくは出たら通知してくれる、っていうことなんだけど、実際設定してみてもイマイチ上手く動かないのよな。オイラの設定が悪いのか。リマインドしてくれるときとしてくれないときがある。

ということで、この IFTTT に期待して設定してみた。家の近所に帰ってきたら SMS を送るってのはどうか。SMSは設定しようとしたら、最初に確認のSMSを送るから云々という手続きがある。まぁ、異国のサービスだし無理だろうなとダメ元で電話番号を入れてみたら、見事に届いたので設定出来た。

後はiPhone でレシピを作って意気揚々と自宅に帰ってみたんだけど何も起こらない。
あ、そうそう iOS Location を使うには iOS でIFTTT アプリのバックグラウンド更新をONにしなきゃなんない。もちろん設定してから実験したけど。

おっかしーなー、とレシピの内容を確認したら、自宅に設定したつもりのポイントが太平洋のど真ん中に設定されていた。どうも、iPhone 上でドラッグして場所を指定してもダメみたいで、住所をいれて検索して設定しないとダメみたいだ。

ということで、翌日、今度こそと帰宅したんだけどやっぱり飛んでこない。この後何度も色々やってみたけどなしのつぶて。やっぱリマインダーと同じく位置情報関連はダメなんだろうか。
で、SMS の代わりに GMail を設定して、自分にメールを送るように設定してみたら、届きましたよ。
忘れた頃にポケットでブリブリと振動したので取り出したら、しっかりとメールが。

オイラの場合は家の近所にクリーニングを取りに行くのを忘れるってのが多いので、これがあれば随分と解決されそうな気がする。果たして今後もきちんと鳴ってくれるかどうか。

Put the internet to work for you. - IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

送迎

今朝は暑かった。出社準備している家の中の時点で「暑いな」と感じたけど、長袖にリュックを背負って歩くともう暑い。早くも日陰を選んで歩く季節になってしまった。

夏バージョン(日陰が多い)の裏道を歩いていると前方の車が中途半端なところで止まった。交通量も多くないので嫌でも目につく。
降りてきたのは新卒っぽいスーツがフィットしない感じの若い男子。背は高い。時刻は8時45分ぐらいだったから、営業職か何かで朝早くからやってる業種の外回りに連れ回されてるのかな、てーへんだな、と思った。丁度、近くに保育園とかあったから、なんか食品関係とかね。でも、運転席の方は降りてこない。駐車場にでも回すんだろうか。

んで、そのまま歩いて行って若者とすれ違い、なおも止まっている車の横を抜けながら何気なく社内を見たら、運転席にオカンがいた。どう見てもオフィス行く格好じゃない紛う事なきオカン。

まだ9時までは少し時間があるし、遅刻しそうで送ってやったとかでもなさそうな。若者も別段急いでなかったし。振り返ったら、車が若者を追い抜こうというところで、若者が車に手を振るところだった。呆然。

今時の坊ちゃんはオカンが会社まで送ってくれるのかー。でも、会社の前に付けなかったって事は、一応その辺の恥みたいな感覚はあるのかな。何だかネタのような異世界を見ましたよ。明日以降も時々すれ違うのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

すれ違い

週末、散歩をしていたら前方から来る人に既視感が。

でも、どう見ても知らないニーチャンだ。芸能人でもないし。妙な気分のまますれ違った。

すれ違った後振り向いてもう一度確認したときに、ジャケットの下から覗くシャツが眼に入った。

チェック柄。

あ、オイラが来てるのと同じ柄じゃん。てか同じシャツ着てたんじゃね?

所謂 Fast Fashion ではないけど、それなりに店舗数のある店のシャツだもんなぁ。家を出る前に見た鏡の中の自分と似てたってことで既視感か。

こういうのは初めてだったけど、うにくろのダウンとか来てる人は結構経験することなのかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

ERCC

サッカーで言うところのCLに相当する Heineken Cup、去年の秋頃から消滅の噂があった。
ハイネケンカップ消滅?: 戯言

本当になくなるらしい。で、新しく European Rugby Champions Cup (ERCC) が創設されると。
European Champions Cup finally confirmed as rugby heavyweights end bitter dispute | Mail Online

結局、イングランドとフランスのリーグがごねて、俺たち抜けるよ、勝手にカップ戦作るよ、と脅しをかけて2年弱で新しいカップ戦が決まってしまったので、なんというか凄い交渉力ではあるな。
この2カ国は参加チーム数を減らさず、それでいて全体は24チームから20チームに減るとのことで、これが商業的にどう出るんだろうか。まぁ、2カ国のリーグが強いのは確かだから、より盛り上がる組み合わせが増える、という考え方なのか。

で、それより何より、今年はJSports でハイネケンカップやってなくない?放映料高くなったのかな。ある意味テストマッチよりCLの方が面白いのと同様、6Nationsよりハイネケンカップのほうがスター選手勢揃い、みたいで面白いのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

桜花賞 2014

WINS等で馬券を買うなら勝ち負けを意識するものだけど、競馬場はそうではない。
青空と芝生の間を光る馬体が駆け抜けるのを見るのは気持ち良いもので、馬券はオマケと言っても良い。

週末1日、のんびり潰して数千円使っても良いものよ。入場料自体は200円だし。

そんなもんなんだけど、やっぱね、馬券がかすりもしないと何かこうスッキリしませんね。
オイラの軸馬は悉く、鞍上の手が4コーナー手前から動いてるけど上がってこない、4角回ったところで前が空かない、直線入って早々に2番手から下がっていく、とか。こんなんばっかりだと絶叫すら出来ないわけですよ。「ここで来るのかよー照男ー」ってぐらい。
せめてハナ差の1着3着とかそういう盛り上がりが欲しかった…ということで、1勝どころか予想がかすりもせず終了。オマケに14時過ぎた頃から日が陰って風が強くなるし。
外は寒いので引き上げて桜花賞は内馬場側の屋内モニターで見てたんですが、オイラの本線、蛯名のフォーエバーモアのコーナー通過は9番手-7番手で結果8着。なんですかね。どうやっても盛り上がれないでしょ、これじゃ。

それにしてもハープスター、馬柱の割に人気集めすぎだろ、テキが強気すぎるだろ、ということで、まだレッドリヴェールの方が強いと踏んでいたんだけど外を回してゴボウ抜きで相変わらずのディープ産駒の強さを見せつけた感じ。強い相手と内で揉まれたらどうなるのか分からないけど、素晴らしい切れ味なのは確かだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

事故物件

事故物件:あえて借ります…「縁起悪い」より「家賃安い」

そういえば学生時代に友人Oが住んでいた家は事故物件だったような。事故物件ときちんと言われたのかどうか知らないけど随分家賃が安いとかいう話だった気がする。以前手伝った会社も業務拡大で引っ越した小綺麗なオフィスの家賃を聞いたら格安で「めっちゃ安いですね」と言ったら「エレベータホールで殺人があったらしいよ」と笑いながら話をされた。住所で調べたら確かに異人さんが撃ち殺されてた。でも、まぁその会社はまだ有るみたいだしな。

縁起悪いってなんでしょうねぇ。リーマンだライブドアだで、一時期ヒルズは縁起悪いとか言われてたけど SFDC の勢いは凄いしね。いまは出て行ったけど。

オイラいつも思うんだけど、都心の一等地とか大体墓の跡じゃないのかと。江戸の街は人口増に従って中心から渦巻き状に拡大していくんだけど、その途中で寺を外へ外へと追い出して行くのよね。そのころは墓地はわざわざ持って行かずに放置されたらしいし。ってことは都心には随分と墓が埋もれてるんじゃないかねぇ。
東京に限らず歴史のある城下町とかはみんなそんなような。それをちょいと前に人が死んだかどうかで縁起が悪いとかどうとかって近視眼的な気もする。

エゲレスの地では幽霊が出る物件の方が箔がついて家賃が高いなんて話を聞いたな。フランスやスウェーデンだと金持ちが城に住んでたりするしね。古城なんていわくの一つや二つないとおかしいしねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

足立ナンバー

行き帰り徒歩だとタクシーをよく見かける。非常によく見かけるのでいちいち気にしないのだけど、やっぱ気になるタクシーっているもので。

  • オイラは最短距離を通るので裏道っぽいところを通るんだけど、細いけど対向2車線。なのに「何をチンタラ並んでるねん、右折やったらこっちやろ」とかっ飛ばした末に赤信号で、向こうから車が入ってきてアタフタ。
  • マンションの玄関につけようとしたのかもしれないけど、どう見てもフェンスに向かって左折しててバックしようにも後ろを車が走っててバックできずアタフタ。
  • バス停で客を降ろそうとしたらしいけどバスが来て、前に出したら路駐の車が居て大して前にも進めず、後ろからバスに詰められてそこから出ることも出来ず、バスは乗り場に付けることが出来ず乗客の視線を浴びつつアタフタ

こういうのが何故か全部足立ナンバーなのよな。ということは、特定のナンバーが変なことをするなんてことは考えられないから(!)、都内のタクシーのほぼ100%が足立ナンバーだと推論できるのではないだろうか。

で、色々調べてみたけど、ナンバー別のタクシーの台数って統計がないね。そんなのねーか。

関東運輸局に平成25年までの月別保有車両数ってのがあって(何故かヘッダは24年だ)、おそらくこれが登録台数なんだろうということで見てみる。「乗用車 普通」ってとこで見ると品川37.5万、足立28.7万、練馬29.7万、多摩35.5万ということで足立区はむしろ少ないぐらいだ。
なんだけど、これが営業用になると品川と練馬が5千台なのに比べて足立区は8千弱、乗用車35万台を抱える多摩は1千台ちょっとしかないのな。

まぁ営業用が全てタクシーではないだろうけど、こうしてみると、オイラが見かけるタクシーの2台に1台は足立ナンバーでもおかしく無さそうだ。ほぼ100%とは遠く離れた数字だけどね…
とりあえず乗るときは選べるなら足立ナンバー避けようかなぁ。でもこの台数だと難しそうだ。

あ、念のため、上の画像は切り貼りの後、縮尺を変更してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

二枚舌

なんかカッポーギの件、論文は捏造だと理研が判断して、それにカッポーギが異議申し立て、一方で理研は細胞が本当に作れるのかどうか追試すると。
正しい手続きだとは思うのですが、マスコミの報道を見てると全部一緒にかき混ぜてるような感じで。

論文が捏造だったかどうかと、細胞が実際作れるかどうかは全くの別問題なのよね。なので、細胞が実際作れるならそれは世紀の大発見な訳で、非常に価値のある研究な訳ですよ。でも、論文を捏造したり、参考文献として記載しないで引用したりしていいかどうかというと、それはダメ。
今日は会見したそうですが、結局は「アタシは信じてる」ってだけの客観性のない話でしかないんだろうから、報道する価値もなさそうなもんだけど。

にしても、あんだけ捏造だウソだ再現性がと騒いでおきつつ、CMでは相変わらずグル○サミンだコンド○イチンだ流してる訳で。場合に寄っちゃ怪しいどこぞの大学の教授のお墨付きとかつけて。
そう考えるとマスコミも分かっててやってるんだろうなぁ。詐欺の片棒ってやつで。

関係ないけど、情報系の技術者なら大抵 riken.go.jp にはお世話になってると思うんだけど、今みたら理研のドメインは riken.jp になってるのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

新人歓迎会

昨日の帰り道に新人歓迎会らしき人々を何組か観た。

思い返せば歓迎会された覚えが無い。最初は学生時代「お前、Java 書けるよな?」と言われて連れて行かれた割の良いバイトのはずがいつの間にか学生ベンチャーに取り込まれていてスルー。
次は、これが一番歓迎会されやすかった筈なんだけど、新卒で入った会社では最初の飲み会が何故かサポートチームの慰労とUSに転籍するとかいう物好きな輩の送別会というのに連れて行かれて、うちの部署はホスト側だからと金を取られ、サポートチームの一人は盛大に吐き、やっと終わったと思ったら直属の上司2名に居酒屋に拉致されて朝の4時頃まで付き合わされた。コンビニATMが無い頃、朝4時に手持ち5000円程で「俺らはカプセルホテル泊まるから、じゃあな」と放り出される新人の心細さ。24時間営業のシティバンクのATMを羨ましく思ったものだ。
その後、古巣に戻ったけど何かなし崩し的に戻ったもので歓迎会はされなかったような。そもそも所属も曖昧だったしな。で、独立起業したら誰が歓迎するねん、って感じだし、シニアニートになっても誰も歓迎してくれないし、手伝った会社は業務委託から常駐にシームレスに移行したので歓迎会されず。

まぁこうなれば一生歓迎されなくてもいいですけどね。

話変わって入社式は必要なのか、なんて話があって、これまた覚えてないんだよなぁ。静寂の中、取締役のIさんの携帯が賑やかに鳴ったのは覚えてるけど社長が何しゃべったか全く。
集合写真は思い出作りにいいかと思いますがねぇ、わざわざ新卒座らせて、役員集めて30分とか1時間とかやらなくてもいいんじゃないかなぁ。何か意味あるかしら。
そういえば、大学の入学式とか卒業式の学長の話も何一つ覚えてないんだよなぁ。覚えてる人っているのかしら?もしかして覚えてるのが普通とかだったらオイラ弱るな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

怠惰

日曜は起きたら8時を回っていた。日頃、平日/休日関係なく、遅くとも7時半に勝手に目が覚めるオイラとしては異例のことである。

賞味期限の切れた食パンを魚焼きグリルで念入りに焼く間に目玉焼きを作って食う。天気予報を見ると昨日までの予報と打って変わって嵐だと。元々予定も無かったので夕方に味スタ行くかと思っていたけど見た瞬間無かったことに。

ぼんやりテレビを観ていたら昼前になったので、買い出しに行く。だって昼過ぎからは雷雨や雹になるかもよ、と。で、家を出たら雨が降ってきた。なんてこったい。傘を取りに戻って、雨が強くならないうちに、と急ぎ足でスーパーへ。晩飯の用意も買い込んで外に出たら晴れてた。けど寒い。

帰宅して酒を飲みながらテレビ。頂き物の11BYの五橋、黄色くなった純米酒で、冷やで飲むと古酒独特の匂いが強い。これが好きな人もいるけれども、オイラはどっちかというと無い方が好きだ。少し燗をつけるとウソのように匂いがなくなりスルスルと飲める酒になった。外は稲光が走ったり青空が出たり。変わらないのは強風だけ。

ラグビー1試合みて、16時過ぎから思い出して味スタの試合を観て「やっぱ味スタ寒そうだなー」と思って、19時過ぎからはツール・ド・フランドルを。21時過ぎからはアーセナル@エバートンを観てたけどアーセナルは全くいいところが無かったので自転車に戻る。
残り20kmぐらいでカンチェラーラがアタックしたところで時計を観たら23時半。そろそろ眠さが限界だ。寝よう。

何だか今日は何もしなかったなぁ。と思う。別に悪い事じゃないじゃないか。休日しっかり取って何もしないで過ごせるのは幸せな筈だけど妙に罪悪感のようなものが残る。でも、若い頃よりは落ち着いてきたか。
20代の頃は暇があれば何か仕事しようとしてたし、30半ばぐらいからは暇があればどこか遊びに行こうとしてた。取り憑かれたように。そう考えれば落ち着いてきた方なんだろう。

朝7時に目覚ましなしで目が覚めて、昨晩の続きの録画を見返したら、やっぱりカンチェラーラが優勝してた。ロングスプリントではなく、逃げの中からのゴール前スプリントだったけど。「はいはい、カンチェカンチェ」と思い続けてもう何年になるだろう。ボーネンやフースホウフトに勢いや衰えなど調子の波が見える中で、淡々とパワーを出し続ける凄さ。
奥さんに花束を持って帰ると約束してレースに出たらしい。かっけーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

27年ぶり2度目

先日、昼の会食の後オフィスに戻って仕事をしていたら腹が痒い。なんだかなぁ、と思って仕事を続けていたのだけどどうにも痒いし、心なしか股関節の周りも痒い気がしてきた。
トイレに行って確認するとポツポツと虫刺されが。なんだ?あの店は壁蝨でも、うわ、ダニってこんな漢字なのか、ダニでも居たのか?と思いながらしゃーねーなー、と仕事をして帰宅。

帰宅してテレビ観ながら飯。何か腕の方まで痒くなってきたなぁ、これ明日起きても痒かったら皮膚科いってから出社するか、面倒だなー、と思ってしばらくしたら右肘の内側にボッコリと盛り上がりが。わ、左の脇の下も真っ赤。と思ってる内にみるみる手先の方に小さな丸い斑点が増えていく。わー、これは死ぬなー、とは思わなかったけど面倒なことになったな、と思った。

とりあえず、近場で夜間救急やってるA病院に電話。なんか弱々しい気だるい感じの看護師さんが「今日は皮膚科の先生いないんでー」と必死に断ってくる。余りに来るなオーラを出すので「わかりました、検討してお伺いするときは再度電話させていただきます」と。で、都の方で近所の救急を案内しますって番号があるので、そっちに電話したら別のB病院を紹介。
東京都医療機関案内サービス“ひまわり”|東京都内の医療機関をさがせます。

ここなー、あんま評判良くないけど皮膚科で殺されることはないか、と電話。でもやっぱり皮膚科は居ないって。後、緊急受付だから診察料に1万円弱上乗せするよ、いい?と確認された。まぁ、こうやってハードル上げておかないと本当に救急じゃ無い人もくるんだろうなぁ、とそこは理解。でも、どっちにせよ内科の受診しか出来ないんだったら家に近いAの方がいいや、ということで、A病院に再度電話してタクシーでGo。ワンメーターで申し訳ないけど。

受付後に薄暗い廊下のソファーで待たされる。端っこにデカい白人と日本人のカップル、後はオイラだけだ。たまに看護師がパタパタと行き来する。持参した本を読みながら時間を潰す。普段小説など読まないけど、読んでない小説をストックしておくとこういうとき助かる。病院で殺人モノってのも乙なもんよ。
暫くしたら、ズングリした所謂ヲタクっぽい兄ちゃんが座って iPad で何かし出して、その後に点滴のスタンドを持った女性が来て夫婦喧嘩を始めた。早くしろだのなんだの、どうやら嫁が救急にかかる羽目になったのが、オタッキー旦那は気にくわないらしい。こんなとこまできて喧嘩かよ、と思ったけどさっさと入院病棟の方に移動していった。

その後、白人が呼ばれて、暫くしてオイラも呼ばれたので入る。若いシュッとしたニーチャンで、胸には「内科」とある。服脱いで見せて、既往症聞かれて(無い)、食べ物のアレルギー聞かれて(トニックウォーター以外無い)、昼飯と晩飯を聞かれて(昼の会食がちょっとしたコースだったので思い出すの面倒だった)、先生いなくなった。絶賛放置プレーで5分ぐらい立ったときに、更にシュッとした別のニーチャンが来て、同じようなこと聞かれて、「とりあえず内科的処置しかできないんで炎症を治める薬出しますけど、明日改めて皮膚科行って下さい」と言われる。うむ、電話で問い合わせたときから覚悟の上よ。「折角だからH1ブロッカー打っておこう」と看護師に声をかける。「折角だから」が気になるけど、とりあえず腕を出して観念。

点滴受けるのは大学入試直前に謎の胃炎(おそらくストレス性)を起こして気分は悪くないのに吐きまくって栄養失調寸前ってのを起こして以来22年ぶりである。この点滴、20分ぐらいだったんだけど、本の続きを読みながら受けてたら、みるみる腕の腫れが引いていくし痒くも何ともない。すげーなー、やっぱ経口と違って静注はすげーや、と感動しつつ、化学調味料ガーとか言う人はこういうの拒否するんかしら?とどうでもいい疑問が過ぎる。

「さっきの患者、吐いてないって行ってたけど、改めて聞いたら昨日吐いてたんだって、ノロかも」「院内感染すると大変よねぇ、どうする?」とか「え、2人部屋ってこんなに高かったっけ?」なんていう看護師トークをカーテン越しに聞きつつ点滴が終わる頃には、すっかり何ともなくなってしまった。元より気分も悪くないし、腹が痛い訳でも無いし、すっかり健康体だ。礼を言って少しばかりの薬を処方してもらい(救急では薬の処方は最小限らしい)、歩いて桜を愛でながら帰宅。

翌日、オフィスに通院してから出社する旨を伝え、ネットで口コミの良かった皮膚科に向かったんだけど、ついたらガランドウで内装業者が作業してた。なにこのベタなどっきりカメラ、と思いつつ電話すると鳴るけど出ない。夜逃げ?と思ったところで仕方が無いのでプランBの皮膚科へ徒歩20分。

先生にすっかり腫れの跡形もない腹と腕を見せる。変なの。昨晩の治療明細を見せて説明すると「蕁麻疹ですね」と。2000ほどある皮膚病の中で蕁麻疹は原因の特定が難しく、血液検査をしても分からないことが多いと。要は臨床的というか人体実験的にどれがツボなのか見つけるしかないようだ。ストレスかもしれんし。

だったら検査はいいです、ということでヤクだけ出してもらって会社へ向かった。全身腫れたので通院してから行きますって言った割にピンピンして到着したので、ちょっと懐疑的な眼で観られるのがつらかった。

とりあえず、中2の時に食堂で買ったクリームパンに当たって以来、27年ぶり2度目の蕁麻疹でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

桜2014

先週金曜は接待飲み(接待される方)だったのだけど、飲み放題だったので折角日本酒の揃えが良い店なのにビールばかりのみ、疲れた後、行きつけに寄ってワインを2杯飲んだら、土曜は見事に二日酔いであった。
夕方ぐらいに少し散歩をしようと外に出てビックリ、桜が満開ではないか。翌日の日曜は嵐の予報だし、これでは桜が散ってしまう、と急いで東京タワー方面へ。

何だか桜の木自体に例年ほどの盛り上がりを感じ無かったのは気のせいか。なんというか花の付き方が控えめなように感じた。芝公園も人がそれほどいなかったなぁ。

翌日は予報通り嵐がやってきたのだけど、夕方に陽が射した。ちょうど友人宅で飲み会だったので、これ幸いと一升瓶を背負って向かい、飲んでいたら拍手の音が、と思ったら豪雨。次いで稲光。大荒れだったけど帰宅する頃には雨が上がっていた。
帰宅途中の公園で見上げると、あれだけの嵐なのに桜は残っているようだ。

火曜の朝、家を早めに出て青山墓地へ。

やはりここは見事だけど、正直見飽きた感もある。まぁ、定点観測みたいなもんだ。

逆光のギロッポンヒルズ。

青山一丁目方面。

毎年、毒々しいまでの派手な色で咲くこの花はなんなんだろう?ボケっぽいんだけど、こんなに大きな木になるのかしら。

今年はまた山梨かどっかに花見に行こうかと思っていたのだけど、この陽気では週末には葉桜になりそうな。もう葉が出てる木も多いしなぁ。東北方面に遠征するのも今からの思いつきじゃしんどいしなぁ。

ということで、今年の桜は間の悪い桜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

いいとも

31日の夜は来たるべき消費税切替を前に早めに帰宅してボーッとしてた。ボーッとしてたらテレビでいいともの特番が始まった。

近頃見たことが無いから今でもやっているのかどうか分からない、けど昔懐かしい感じのオープニングでタップリとタモリが歌いながら出てきた。ちょっと冗長だな、と思った。観客は芸能人とCXの偉いさん含むスタッフのようだ。そっから吉永小百合の中継があって、これまた冗長でチャンネル変えようかと思ったけどiPad見て時間潰した。
程なくして、最初のゲストの明石家さんまが出てきて、その内に懐かしい立ちトークが始まった。よく考えると平日昼間の番組を何故覚えているのか不思議だけど、このコーナー好きだった。その後、当時は生だった「いただきます」だっけ?小堺一機の番組のオープニングに関根勤と一緒に出てそこでも一くだりやってたような、面白かったな。

何だか近頃見ないようなノーガードで打ち合うさんまとタモリを見て、面白いかどうかは人それぞれだろうけど、懐かしい気がした。タモリって不思議な人で、基本淡々として自分の趣味分野だけ熱くなって、BIG3のゴルフとかだと一番真剣で一番面白くなくて、それを弄られるという立ち位置だったけど、さんまや鶴瓶には牙をむき出しでツッコんだり、イタズラを仕掛けたり、そういう二面性のようなものがある人だという印象。黒柳徹子ともそんな感じか。

まぁそんな懐かしい進行の途中でダウンタウンとウンナンが「いつまでやるねん」と乱入したけど、この時のナンチャンの「お笑い、もう止めました」感が凄かった。テレビで見るのは笑う犬以来かな。イロモネアで立ってるのは見たけど。何だか、纏ってる空気感が笑いを取る感じ0で達観した感じだった。ウッチャンは控えめ、浜田が流石の仕切りを見せてさんまと絡んで、松本は例によって生放送では少し滑り気味な感じで受けたフレーズの天丼を繰り返す。

その後、更にとんねるずと爆笑問題が入ってきたんだけど、何かこの辺で個人的には凄く白けた。この2組って流れぶった切って変なことするとか、大声出すとか、暴れるのを芸だと思ってるような気がしてたんだけど、この日は正にそれ。なんかハリウッドザコシショウと大して変わらんレベルというか、関西で言えばのりお師匠がやり倒した流れというか、ホントどうしようもないな。
ナイナイも入ってきたけど存在感無く、中居君が上手に仕切りだして気がついたらさんまが居ない、って辺りで見るのを止めたので、ネットで話題になってたタモリの最後の挨拶とやらには辿り着かなかった。

とんねるずを尊敬してるっていうさまぁ〜ずには、ああいうノープランというか、計算できないからとりあえず暴れとく、みたいなのは感じられないんだけど、なんなんだろうな。昔からさほど好きではなかったけど、あれ見て完全に無いわ、って感じになっちゃった。
「俺/私、とんねるずの笑いが好きなんだよね」って人ってどんぐらいいるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

消費税

数ヶ月前から万全の準備をしたつもりだったけど、やっぱり当日になってみないと分からんことがある。特に日にち跨ぐ系はね。
前払、後払、数ヶ月連続のサービス、色々な商品が混在している中で1つだけ計算ミスってた。情報の世界なら全部消してやり直せばいいじゃん、てなもんだけど、実際動いてるシステムの中で、どんどんDBが更新されていく。仕方が無いので根本を修正後、既に出来てしまったレコードをいかに過不足無く更新するかというパズルに挑戦。
ちなみに裏の勘定系に仕訳を登録するためのテーブルでのミスなので客にはバレなかったのが幸い。

結局午前中3時間ほどやって、テスト環境まで作ったところでパワーランチに2時間抜けて戻ってきてテストして本番に反映して…疲れ果てた。

なんで2段階であげるんやろ。消費者心理が冷めるのは2回より1回でええんじゃないのか。もう8%とか中途半端だし、2回開発しなきゃいかんし。一気に10%でええやん(暴言)。

個人的には駆け込みでダイソンの掃除機買いましたよ。駆け込みというか引っ越してからハンディのちゃんとしたの欲しいなと思ってたのがこのタイミングになっただけだけど。そんな家買ったり車買ったりできまへんで。バカみたいにティッシュペーパーとか買うほど暇じゃないし。3%分がなんぼやねん、と。

駆け込み需要前に家電の価格は上げられていたって書いてあったけど、これはちゃんと価格推移見てたから大丈夫。って思って見たら本当に3末は急激に上がってたんだな。3頭に買っておいて良かった。
価格.com - ダイソン DC61 モーターヘッド 価格推移グラフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »