« ブラック自営業 | トップページ | 決済 »

2014年5月29日 (木)

鶴瓶噺 2014

EX THEATER というのが六本木に出来たと。タモリ倶楽部でイスの据え付けを随分手際悪くやっていて面白かった。
で、見てたら鶴瓶噺をやるというのでチケット取ってみた。

六本木ヒルズから西麻布交差点に下っていく途中ぐらいにある劇場。そんなに広くないようで、入場したのにホールに入れず渋滞したり、なんだか手際が悪いなーという感じがあった。地下2階が所謂1階相当になるようだ。タモリ倶楽部ではだだっ広くクラブみたいにも使えるし、スライド式のイスが出てきて劇場っぽくも使えるということだったけど、今回は後者の方だった。で、オイラの席はそのスライド式で設置される仮設のイス。人が歩くと結構揺れるのよね。慣れるまでは気になった。

開演時刻にはほぼ満席に。この日が大千穐楽だったそうな。

演目の方は、鶴瓶が出てきてステージで2時間半喋り続けるというもの。落語じゃなくて、何というか一人できらきらアフロやるような感じ。水も飲まずに台本もなしに。凄いもんですね。

中身はこの1年にあったことをネタにしてずーっと喋るわけで、まぁ面白い話もあれば、そうでもない話もあったりして、でも沸点の低い(いわゆるゲラ)客も多かったみたいで良く受けてましたよ。
オイラは同じ鶴瓶なら落語会のマクラとかで話す方が面白く感じたかなぁ。緩急の問題なのか、なんなのか。落語って噺に入ってるときは一人芝居みたいなもんなんで、マクラの部分って案外心理的な距離感が近いのかもしれませんね。

最後はちょっといい話で締めて終わったのが21時半。これまた地下2階から脱出するのに渋滞するのは造りとして仕方ないのね。中途半端な時間で、ちゃんとした店はラストオーダー過ぎる頃だし、ということで六本木ヒルズで軽く飯食って帰って寝ました。

|

« ブラック自営業 | トップページ | 決済 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56345339

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴瓶噺 2014:

« ブラック自営業 | トップページ | 決済 »