« ホンモノ | トップページ | 徳島市 »

2014年5月12日 (月)

徳島Away

今年の頭ぐらいに徳島行こう、という話があり。もう一昨年ぐらいになるのかな、知り合いのSさんが関西の実家の方に帰ったので、合流して徳島に行こうと。なんで徳島かというと東京@徳島の試合があるから。

去年プレーオフでJ2からJ1に上がったものの、目立つ補強もなく、J1残留が難しいだろうというのは開幕前からの予想。となると、アウェイで徳島に行けるのは今年を外すといつになるか分からない、という東京サポHさんの弁。

ま、どーでもいーけど、オイラは実家に帰りがてら行けるのかな?と調べたら高速バスで1時間ほどらしい。それは便利だ、ということで一緒に行きましょう、と。

金曜に帰省して一宿一飯じゃないな、朝飯も食って三ノ宮へ。コンビニでおにぎりと日焼け止めを買ってそごうの隣の高速バス乗り場で待つ。予約サイトに男女隣り合わせにはなりません、となっていたのに隣にBBAが乗ってきたんだけど、直で現金で乗ってきたみたいだ。三ノ宮から乗るならバスターミナルでチケット買えばいいのに。このBBAがガサゴソと落ち着き無くて鬱陶しかったんだけど、バスは定刻通り渋滞もなく進んだ。
明石大橋で淡路島に渡り、大きくS字を書くように海岸に近づいたり離れたりしながら進むと鳴門大橋、その向こうの小鳴門橋を渡ったところが高速鳴門というバス停。スロープを降りて観光案内所の様なところでトイレを借り、上着をリュックに仕舞い、カメラをセットアップして出かける。

サッカーの日は、このバス停の近くの競艇場が臨時駐車場になり、スタジアム近くまでシャトルバスが出るそうだが、歩いても30分ちょっとらしいので天気も良いので歩こうかと。

道へ出てまず目に入るのが大塚倉庫の倉庫群。この後も大塚パワーを思い知ることになる。

とりあえず Google Maps を頼りに南下するんだけど、思った以上に何も無いのよね。で、地図で見ると鳴門酒造って書いてある場所なんですが。

どうも廃墟っぽい。後で調べても何の情報も出てこないし、廃業してるのかなぁ。
で、歩いて行くと撫養川というのかな?沿いに出る。撫養は「むや」と呼ぶそうな。この沿岸は綺麗に整備されていた。ちょっと富山の北側を思い出す。

オイラはそそくさと駅より北側で川を渡ってスタジアム側に行ったんだけど、鳴門駅側から続々と青赤な人達がやってくるのが見えた。ホームのサポーターは車で来るんだろうなぁ。
ということで結局オイラの足で30分ほどで「大塚スポーツパーク」に到着。正直歩く意味はあんまりないので、さっさとバスに乗って行った方が良かったですね、うん。

大塚スポーツパークは野球場や陸上トラックもあり、向かいにはデッカイ緑色の大塚製薬の工場があって、大塚様々といったところ。

何かスポンサーもポカリスエットとかチオビタとかアースとか色々あるけど全部大塚グループだし。

ここで、大阪から来ていたHさんSさんと合流。

そうそう、セレッソサポとかがフードコートで何も買えなくて飲み食いせずに2時間観戦したなんて書いてたのを見た記憶があったので、神戸からおにぎり買って言ったんだけど、フードコート空いてました。まぁ開幕戦+フォルランで混んでたってのもあるだろうし、徐々にスタジアム側も慣れてきているのかしらね。並ばずに生ビール買えましたよ。

んで、スタジアム内へ。バックスタンドはどうも屋根を付ける工事中のようだけど、係員に聞いたら座席は出来ているので行けば入れるとのこと。ゴール裏のアウェイはバクスタ側なので、バクスタ行こうと。ただ、このスタジアム、中でスタンドが繋がっていないみたいで、一度出てスタジアムの外を回って再入場をしなければならなかった。綺麗なスタジアムなのにもうちょっと頑張れば良かったのになぁ。

試合はシュート数 22vs8 で東京が圧倒しつつも、カウンターで危ないシーンが3回ほどあって、何か徳島が勝ってもおかしくないスコアレスドロー。打っても打っても入らない。徳島はホーム初の勝ち点ということで目出度く勝ち点4となったそうな。どんとはれ。
東京はまず守りを固めてから、というのは分かるんだけど、攻撃に切り替わったときのスピード、アイディア何れも見られないので結局引いて守られると何も出来ない感じなのよねぇ。

フラストレーションの溜まる展開に東京サポからは「シュート打て!」「誰でも良い!」とか、消極的なボール回しにブーイングが出たりしていたけど、徳島サポは相手にパスしたり意味なく外に出してしまったりしても生暖かく見守っている感じで、GKのセーブに拍手を送る感じでした。後、チャントがのんびりした感じなんだけど、太鼓と一緒に阿波おどりの鉦の音がするのよね。それがまた微妙にタイミングがずれている感じだったのが気になった。

そういやメインには居たのかも知れないけど、バクスタにはビール売りは一人も来なかった。非常な好天で、日射しがキツく、ハーフタイムに客がワラワラとポカリスエットを手に帰ってくるのが何だかすげーなーと最後まで大塚パワーを感じながら眺めてました。

|

« ホンモノ | トップページ | 徳島市 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56163641

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島Away:

« ホンモノ | トップページ | 徳島市 »