« 新人研修 | トップページ | 白糸の滝 »

2014年5月26日 (月)

TOJ 2014 Tokyo

今年のTOJはランプレから"イケメン"ポッツァートが参加するというので楽しみにしていた。別にイケメン好きではないけどね(そういえばイケメンというのは元来は二丁目用語だとか)。
かつてオイラの好きなリクイガスで走り、カチューシャに移ってイタリアチャンピオンになったときにはクレムリンをトリコロールに塗り分けたナショナルチャンピオンジャージを着て、イタリア協会と一悶着あったクラッシックレーサーもしくはステージレースではパンチャータイプの名選手である。

TOJ伊豆ステージの完走はたった41選手! ポッツァートは東京ステージを走れず
前日、土曜日の伊豆ステージでポッツァートの入っていたグルペットがまさかのタイムオーバーで失格。なんということでしょう。グルペットなのでそれなりな人数が足切りされてしまって、残ったのが41人。本来100人弱いるはずなんだけど半分以下に減ってしまった公算になる。

ま、とはいえ、天気良さそうだしとりあえず近場まで散歩しますかね、とEP-2を提げて出かけました。
少ないけれども、毎年少しずつ沿道の観客が増えているような。そんなのを眺めながら、芝浦のモノレールの下に陣取って待機。歩いて来たのもあって少し蒸し暑い。

暫くして露払いのパトカーが走っていったので、テストも兼ねて撮影しようとしたらシャッターが降りない。あれ?なんか C-AFモード(追従オートフォーカス)になってるぞ。うへ、えっとどうやって直すんだっけ、と思っているうちに一人飛び出した選手が曲がってくるのが見えたので、もうそのまま何枚か連写。

今回は一応動画も撮ろうと思っていて、iPhone を左手で胸の辺りに構え、右手でEP-2を構えてたんだけど、案外iPhone の方が良く撮れてた。何か悔しい。

途中から傾いていくのはEP-2の方に夢中になってるからです。

でもやっぱ、コーナーの方が選手が近いから、シャリシャリとしたスポークの音とか良く聞こえて楽しい気がする。来年見るなら、またコーナーに陣取ろう。

帰宅してシャワーを浴びて、途中のスーパーで買った発泡酒とフライドチキンを食って昼寝。起きたらオークスが終わってた。ハープスター届かなかったか。やっぱ追い込みは展開のアヤがあるよなぁ。最強の馬は逃げ馬だ。

|

« 新人研修 | トップページ | 白糸の滝 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56315347

この記事へのトラックバック一覧です: TOJ 2014 Tokyo:

« 新人研修 | トップページ | 白糸の滝 »