« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

10年目

今、メインで行ってるオフィスの椅子は自前なのよね。昔、自分で会社やってて、やっと売上が立ち始めたぐらいの時に投資として買ったもの。独立起業なんて言うと聞こえはいいけど、「あたしが死んでも代わりは居ないもの」ってことで馬車馬のように働くわけです。精神的にも先の見えない状態で。決してお勧めしませんね。
で、体壊したら終わりなわけで、内臓疾患はしゃーないとしても、首や肩や腰や、そういうのはツラい。業務上ツラい。なので、椅子だけは良いものを買おうということで清水の舞台から飛び降りたわけです。

それからメインのオフィスを変える度に持ち込んで、今のオフィスでは皆さん赤なのに一人だけ緑の椅子に座ってるのですがね、近頃座面に綻びが出てきまして。別に何てこと無いんですよ、軽く擦り切れてきたぐらいで少し布帛の糸がほつれてるんです。
なんだけど、腰掛けようとする度に目に入って気になる。なんか精神衛生上よくないなー、こわいなー、こわいなー、と思ってる内に修理に出そうと思いまして。

見積もり取ったら椅子の代金の1割ぐらいでしたけどね、とりあえずお願いして2週間ほどで戻ってきました。2週間、仮の椅子ですごしてましたが、やっぱ良いわ。慣れてるのが良いわ。

で、このBlog探してみたら書いてた。
椅子: 戯言

2004年の5月か。ちょうど10年ほどになるのねぇ。オイラも30だったか。あの頃は勢いがあったよなぁ…(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

ザックジャパン

予選リーグが終わった。とりあえず1日1試合を見て、後はハイライトという感じで乗り切ったけど、印象に残ってるのはファン=ペルシーのダイビングヘッドとスアレスの噛みつき(1年ぶり3度目)か。
Luis Suárez suspended for nine matches and banned for four months from any football-related activity

どう見ても噛みつくタイミング(?)でも無いんだけど、所謂「カッとして手が出る」代わりに「歯が出る」んだろうか。4年前の好セーブに続くスポットライトである。4年後はまだ31歳。次は何をしてくれますでしょうか。

スペイン、イングランド、イタリアというところが大会を去ったのが騒がれたけど、個人的にはあまり驚きでは無かった。特にスペイン、CLとか見てても思うけど、細かいパスを繋いで崩しながら…という所謂ポゼッションサッカーは随分対応されてきている感じが強い。逆にマドリのCロナとベイルが典型的だけどスピードもしくはパワーのある選手で一発後ろを狙ってとか、カウンターからドリブルで、というのが短期決戦では強い、逆に言うとそれに対応出来る守備がないとキツイ、ということなんだろう。イングランド、イタリアもある程度順当な敗退だったと思う。

逆に、ドイツの安定感は凄い。後ろからずっしりと構えて、ちょっとやそっとじゃ崩されない感じがする。その点、ブラジル・アルゼンチン・オランダ辺りは怪しいんだけど前が圧倒的だからな。レオ様はまだ本気出してない感じすらするし。得点圏にランナー背負う前のダルビッシュみたいな。

で、ザッケローニ監督が辞意を発表だとか。ここ最近の代表監督の中では就任中の評判が一番良かったような気がするのだけど、集大成でやっちまった感じですかねぇ。人選とか戦術とかね。選手との折り合いの中でザッケローニがやりたいシステムや戦術を選択できたかどうかも怪しいけど。彼は彼で協会とのコミットメントがあったのだろうし、結果との差があったんだろうから仕方ないんだろうなぁ。
多分、親善試合ぐらいなら無難にこなせるところまでレベルがあがったんだろうけど、ガチの大会ではまだ厳しいと。それがザックのせいかどうかは分からない。今回のアジア枠の成績を見ても、チームのレベルが上がったとは言いながら欧州や南米は更に伸びていたと。1枠減りますかね。イブラが出た方が盛り上がっただろうし。

列島ブルーな朝…日本代表W杯敗退で“逆経済効果”306億円
4年前、友人の知人(要は赤の他人)の家で集まってサッカー見ようと誘われた。あまり気乗りしなかったけど行ったのよね。日本-オランダ戦だった。何かパーティグッズみたいなの買ってきてたりして変な盛り上がりだった。
どっちが勝つか、みたいな話を振られたのでオランダだと思う、ファン=ペルシー(当時はアーセナル)が楽しみだ、というような返答をしたらドン引きされた。
ニワカがどうこうと言う気はしないけど(誰だって最初はニワカだ)、取っかかりだからこそ冷静にチームが置かれてる状況を判断するのは大切だと思う。

結局、大手代理店とそこから放映権を買うマスコミに踊らされて、どう考えても厳しい「予選突破が普通」な雰囲気に踊らされる。4年前も今回も。FIFAランキングが何の指標か分かってるんだろうか?
選手だって可哀相じゃない。欧州の一流どころでちゃんと出てたのは岡崎と長友と内田ぐらいですよ(吉田って誰?)。皆さん、△言いますけど、個人的には本田は前回大会で俊輔が急に凋落したもんで、慌てたスポンサーと代理店が仕立て上げた新しいスターでしかない。彼自身気づいてるのか気づいてないのか分からない性格だけど、持ち上げられた後に来るのは落とされることだけよね。俊輔の時も潮が引くようだった。

とりあえずマスコミをどうにかしたいですね。テクニカルな話が全く無くて「自分たちのサッカー」「気持ちの問題」とかいう質問や批判をする記者や解説者は滅びなきゃいかんですよ。ナカータの時代から意味不明な質問が多すぎる。
世の中にはちゃんと欧州/南米のリーグやJを毎週見て、きちんと話が出来る人達がいるんですから。スポーツライターとか雑誌編集者とかスポーツ実況アナウンサーとか。ただの元代表選手やキー局の局アナやタレントには別で得意な仕事があるでしょうにね。

ということで、4年前も書いた気がするけど、代表応援して悔しい思いをした皆さんはリーグとヤマナビ、天皇杯を見に行きましょう。7月半ばから始まるから。スタジアム行って。ビール飲みながら。代表選手見られるよ。

あ、じゅんいちダビッドソンが心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

25BY 全国新酒鑑評会 公開きき酒会

忘れてた。

土曜日のイタリア戦でビールを我慢したのは、その後に備えて。久しぶりの公開きき酒会に参加するので。
毎年平日に行われていて、ニート時代は毎年行っていたんだけど、このところ第2種兼業ニートになってからは参加出来なかった。今年は土曜日ということでラグビーの後地下鉄を乗り継いで池袋へ。

着いて会場に入ると東北エリアに長蛇の列。それ以外はそうでも無さそうなので、とりあえず東海から。

いつもの光景ですね、スポイトで自分の杯に酒を移して啜って吐く。

なんだけど、今年は土曜開催ということもあってか、変なのが多かった。一番引いたのは、併設の日本酒フェアで貰ったのか買ったのか、つまみを載せた紙皿を手にきき酒する女性3人組。あのー、きき酒に食べものって何をしに来てるの?後は、やたらと後ろから押してくるオバハンとか。ヘロヘロのオッサンは毎年いるけど今年は多かった気がする。気持ち悪かったなぁ。オイラの方をじーっと見て、ニターと笑うオッサン。そっちの気の人かと思ってたらただの酔っ払いだった。

とりあえず金賞受賞の酒は一通り利いたんだけど、正直あんま印象がないな。結構急いで回ったのもあるか。兵庫・京都の大手蔵のが例年より美味い気がしたぐらい。全体としては米の種類が増えたし(以前は山田かそれ以外かっていうぐらい、ほとんどが山田錦だった)、純米で勝負する蔵が増えていると思う。

その後フェアの方に行ったんだけど18時過ぎてたので食べ物系は殆ど終わり、山梨の酒造組合に至っては既にもぬけの殻というやる気の無さ。新潟が浴衣のオネーチャンを並べてオッサンどもの人気でしたね。確かにほとんどの都道府県の酒造組合は蔵元のオッサン達が酒を注ぐので、あれは異色で目立った。

19時ぐらいに、山形からお越しのS製造部長と合流して渋谷の店で飲み。だけど、皆、出品酒を大量に利いた後なので、何とも鼻が甘ったるく、出来るだけ香りの低い純米酒をお願いします、という変なオーダーをし、飲みながら色々苦労話や裏話をお聞きしてお開き。歩いて帰ったら0時丁度でした。

疲れたけど充実の土曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

ランキング10位

国際ラグビーボードの世界ランキングが23日に更新され、21日にイタリア代表を下した日本が過去最高位の10位にランクアップを果たした。過去の最高位は12位。

先日のイタリア戦の勝利によって初のトップ10入りとなった。9位サモア、8位スコットランド辺りまでが背中の見える辺りか。そこに現時点では越えられない壁があって、フランス、そしてウェールズ・アイルランド・イングランドの所謂「宗主国」が続き、トップ3にワラビーズ・ボクス・オールブラックスと並ぶ。
あんまり勝てそうなイメージ無いけどランキングだけならアルゼンチン(12位)越えたんだなぁ。

ちなみに日本のFIFAランキングは46位。競技人口が全く違いますけどね。野球よりは多いけど。
まぁここに来ての強化は、やはりエディー=ジョーンズの手腕によるものと言わざるを得ないんだろう。

その一方で「ラグビー協会、3年連続の赤字」なんてニュースもある。

日本ラグビー協会は19日、東京都内で理事会を開き、約2億3000万円の赤字となる2013年度の決算を承認した。12年度の約4億3000万円から約2億円減ったが、3年連続の赤字によって内部留保金は約8億3000万円となった。

余りに単純な計算だけど、このまま行くと4年持たずに破産ですわね。ってことは2019年の日本での World Cup の時には清算された日本ラグビー協会が…まぁ何とかするんでしょうけど。
アルゼンチンもかつては全くラグビーの人気が無かったけれどもランキング上昇、つまり代表が強くなることで国内での人気が急上昇し、良い選手育ってきたと言う。ジャパンにもそれを期待したいなぁ。こないだのイタリア戦でも後ろの小学生は結構詳しくて見る目あったしな。何故か大野のことを「落ち武者」と呼んでたけど。

サッカーも日韓戦なんかで盛り上がってないで、もっと上のチームとガッツリ出来るようにしないとねぇ。今回の大会でアジアのレベルが露呈して、文字通り井の中の蛙だったということが分かったんじゃ無いかしら。JFAは潤沢にお金あるでしょうから、欧州に顔の利く監督も取れるんだし、もっと良いマッチを組んで、ボロ負けしながら強くならないとねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

改竄

何となく国立博物館のメルマガを取ってるんですけどね。昨日来たメルマガが

本日配信を予定しておりましたメールマガジンは、
6月30日(月)に配信を延期致します。
いつも楽しみにしてくださっている皆様には、
ご迷惑をおかけ致しますこと、心よりお詫び申し上げます。

となってまして。

なんだろうかと思っていたら
「長年の夢、実現」 24日開幕の台北・故宮博物院展で開会式

同展については、宣伝ポスターの一部で同院の正式名称「国立故宮博物院」が正しく表記されていないとして台湾の総統府が日本側に抗議。東博が速やかに修正に応じたことで、予定通り行われることになった。予定されていた馬英九総統夫人、周美青氏の開会式出席は見送られた。

で、更に色々探すと、博物館はちゃんと記載してたけど、一部主催者メディアが「国立」の字を抜いてポスター等を作った事への抗議だったとのこと。なんだけど、何故かその記事はキャッシュはあっても本体が消されてるのよね。少なくとも最初の時点で報道したのは産経と日経だけだったみたいだ。

でもって、結局色々記事を見ても、「台北故宮博物院展、24日に開幕 東京国立博物館」なんて感じで、結局国立を抜いて報道してるみたいね。まぁ、時間や字数が限られてるから国立ぐらい削っても仕方ないんでしょうか?揉めたところなんだし、朝日も主催者なんだから気を遣ってもよさそうなもの。

例えば「京都国立博物館」を「京都博物館」って言われたら随分違う気がすると思うんだけどなぁ。大東大を東大とか。本千葉と千葉とか。東仙台と仙台とか。

そういや、昨日飲んだ友人が別の店で雪の茅舎を頼んだら、店員が奥に向かって「ゆきぼう1つ!」って通したって話を聞いた。「ユキボウ」はやっぱイメージ違うよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

イタリア戦

金曜の朝はイングランド-ウルグアイを見て仮眠取ってシャワー浴びて出社したら、社員が一人早々と来てギリシャ戦見てた。お寒い試合だったようで可哀相に。

翌日の土曜日がオイラの中の代表戦。ここのところ連敗続きでランキングを落としているものの、今や 6 Nations の一角(いつも圧倒的に弱いけど…)であるイタリア戦である。

欧州一とも評される No.8 パリセ、LoR のドワーフのような容姿のPR カストロ=ジオバンニは怪我や疲労で来日しなかったのが残念だけど、ベルガマスコやポルトラーミなどが先発出場だったのを見てもホンモノのイタリア代表が来てくれた。やっぱエディーさんが監督になってから良いマッチが組めるな。CTB マージは登録されてたのにリザーブにもいなかったな。怪我したのかしら。

天気は例によって雨予報から回復して曇り。時折日が射して暑かった。が、諸事情によりビールは我慢。スパークリングウォーターで耐える。スパークリングウォーター、苦手なんだけどね、間違って買っちゃったのよ。たまにUSでやるパターン。

試合は開始早々に山田が飛び込んで先制トライ。あらまぁ、と思って見てたけど、前半はペナルティトライを取られたこともあって13-13 のまま終了。ハーフタイムへ。

後半、2つのPGで6点差まで広げ、1つPGを返されたものの、19分に鮮やかにCTBサウのトライが決まり、五郎丸もしっかり決めて26-16の10点差に。
その後、タッチ際のボールキャッチがプレイオンで両チームフワッとしたところを突破されて1本トライを返されたが、そのまま3点差で勝利。まさかの勝利、それも点差以上に固い勝利に見えた。ウェールズ戦の時はヒヤヒヤしたもんな。

日本は何と言ってもスクラムが強かった。

モールは結構押される場面があったんだけどな。スクラムは随分強化されたのが、このところのサモア戦とかでも分かる。後、ゴール前の執拗なFWのアタックにも体を張って良く止めて粘ったのが勝因かと。
逆に、ラインブレイクしたときに孤立してしまうシーンが何度かあった。高いレベルのチームはまずサポートが来ることと、来ないときはスピードを緩めてフォローを待つという判断が出来るので、その辺りが更なる伸びしろかなぁ。
イタリアはブレイクダウンに早く強く絡んできていたのだけど、展開したときのハンドリングエラーが多かったのと、スクラムを押せなかったのが誤算だったんじゃないだろうか。後半は選手が苛つくようなシーンも多かったし、前半はディフェンスの時に大きな声が出ていたんだけど、後半は聞かれなくなった。

後、この試合、南アフリカの主審とNZのアシスタントが吹いていたんだけどしっかりとしたレフェリングで良かった。日本がペナルティトライ&シンビンを取られたところも含めて。トップリーグもこれぐらいしっかりしてくれればなぁ。

というところで、国際マッチシーズンは終了。2ヶ月後には秩父宮でトップリーグ開幕です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

罪と罰

なんか脳科学者?のオッサンが脱税してたのを逆ギレしたと。

脱税脱税って秋の虫みたいにうるさいから書いとくがな、オレが申告してなかったのは悪いよ。謝る、ごめんな。でも、倍返しでたくさん払ったんだよ。ものすごく損した。その後も毎年たくさん納税して、国家の財政に貢献している。お前らにごちゃごちゃ言われる筋合いはない!

脳科学言う前に自分の脳味噌を見直した方が良いと思うのだけど。てか、テレビに出る「脳科学者」ってトンデモ科学みたいな人が多いというか、真っ当な人が真っ当な事を言っても面白くないんだろうなぁ。ま、見る側もそこまで心の準備をして楽しまなきゃダメってことだな。

脱税したという罪に対するペナルティとして「たくさん払」わされただけであって、損得勘定ではないのだよな。「ものすごく損した」というこの発言は裏を返すと「ばれなきゃ丸儲け」という思考が露わになっていて悪質極まりない脳の持ち主かと。

テレビは良くこんな人を使い続けるなぁ。同じ穴の狢的な感じなのか。

「誤解」て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

ワイヤレスマウス

この歳にして初めてワイヤレスマウスを使いました。

週明けぐらいに出社してマウス使ってたら急にホイールがゴリゴリしだしまして。M$の普通の奴使ってたけど、そろそろ替え時かな、と思って Amazon でポチッと。色々迷ったけど1000円台だし、とりあえずこれでいいかと Logicool。キーボードは倉庫から引っ張り出してきた Logitech なので揃ったことになる。
ちなみに、日本では商標の関係で Logitech が使えないようだ。

ケーブル無いってことはバッテリ入ってるから重いんじゃね?とか、電池交換面倒じゃね?とか色々思ってたんだけど、確かにちょっと重いけど使ってて問題はないなぁ。むしろ、少し小さくなった方が気になるといえば気になる。やっぱマウスは店頭で選んだ方がいいなぁ。

とはいえ、そんなに問題を感じてるわけでは無く、たまーにケーブルが引っかかることが無くなっただけストレスから解放されたかも。

そうそう、最初「コードレス マウス」で検索してしまったよ。確かに「無線 = ワイヤレス」なイメージだけど、あのマウスのケーブルはコードであってワイヤじゃないよなー、とか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

飲み会

ここのところ飲み会のお誘いが多く。

週末とかならいいんですけどね、平日に社外の人と飲むと時間が合わないのです。

基本的に働くのは18時までにしているので、18時にオフィスを出るんですがね、19時半スタートとか20時スタートと言われるとね、手持ち豚さんですよ。晴れてればいいんだけどねぇ、今日みたいにハッキリしない天気だとブラブラ散歩するのもねぇ。

18時に仕事終わるって言うと、楽な仕事だと思われるかもしれないけど、9時間はみっちり仕事してますからね。昼休みも取ってませんよ。飯はコンソール飯です。後、保守とかそういうダラダラ時間外になりそうな仕事は出来る限り受けてません。

とか言いつつブログ書いてるんじゃねぇ、というツッコミは勘弁。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

壁面収納

去年引っ越したんだけど、リビングに収納をどうしようかと。内覧に行ったら前の人は棚を置いていたんだけど、何だかスッキリしてなかったからな。デザインの問題かもしれないけど。
そんなこんなで段ボールを積んだまま半年ほど放置してたんだけど、ふらりと寄った家具屋で展示品を処分しますってことで、半値ぐらいで売ってくれるという話になった。壁面収納ってお高いんでしょう?と思ってたけど半値ならなんとかなるし、何より家の壁と寸法がピッタリだった。

で、納品されたのが4月ぐらいだったか。まぁ気に入って使ってますよ。

ところが気温が上がってきて気になることが。

テレビの下のスペースにHDRとかを入れて置くんだけど、完璧に見えないように扉が閉まり、リモコンはリピータで中に飛ばす仕組みなのよね。この中が結構温度が上がる気がするのですよ。これ、あれかな、サーバ管理とかやってるから気になるだけで普通の人は気にならないのかなぁ。
HDRも録画や再生してないときは然程上がらないと思うんだけどねぇ、なんか気になるねぇ。

と言っても冷却する方法も無いし。ペルチェ入れたところで結局中で放熱したら意味がないしね、水冷とか出来ないし。ということで、とりあえずUSBの扇風機を買って、テレビとの配線用の穴に向けて回してますが、意味があるような無いような。
どうでもいいけど、この扇風機とても静かで、その割にはちゃんと風が来る。

色々見るとオシャレ壁面収納に限ってHDR的なものを完璧に目隠ししてるようなんだけど、皆様どうしてるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

サッカーファン

日曜は起きてイングランド-イタリアを見た。ホジソンがアマゾンの真ん中で試合なんか馬鹿げてると行ったら、抽選でマナウスを引き当てたという試合。マナウスはアマゾンのパリだそうだ。
結局、史上最高に期待されていないと母国で言われるだけあって、イングランドの敗戦だった。初戦敗退すると予選突破確率は一桁%だったと思うのだけど、前の日にスペインも負けたしな、どーなるんだろな。

試合が終わったのが9時、小腹が空いたので納豆ご飯食ったら眠くなったので寝た。日本負けたらしい。

昼過ぎになって所用で代官山方面へ。散歩がてら歩く。日射しは強いが短パンで日陰を選んで歩くとそこまで厳しくもないかな、という感じ。ちらほらと代表ユニを見かける。結構新しいユニを着てる人が多いのは恵比寿〜代官山エリアならではか。あれ、決して安くはないよねぇ。

毎度の事ながら、こういうニュース見ると日本にはサッカー好きが多いんだな、と思う。
日本敗戦も渋谷はお祭り騒ぎ!無職の40歳男が痴漢で逮捕も

日本というか渋谷近辺にはサッカー好きが多いのか。

何だかちょっと哀愁の漂うニュースの見出しではあるけど、サッカーというよりは祭りなんだろうなぁ。江戸時代とかそれ以前ぐらいの、何の祭りかは重要ではなく、祭りの日は無礼講なので男女混じって乱痴気騒ぎってことなんだろう。

D通のゴリ押しでただ一試合だけ夜10時スタートになり、本当のサッカー好き友達が深夜のレシフェを彷徨う羽目になったりしたみたいなので、結構マジメに心配してます。とりあえず今のところは盗難にも遭わず生きてるみたいだけど。ペルナンブーゴなんて、材木輸出するぐらいしかできないのにねぇ(大航海時代脳)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

わーるどかっぷ

昨日はつらつらと来年のワールドカップのスケジュール見ながらロンドン行きたいなーとか思ってたんですが。

今回の大会は個人的になんだか盛り上がりに欠けると思ってたんだけど、今朝6時前に起きて追っかけながら見てみたらやっぱり良いもんですね。ただフジテレビってのが頂けないけど。あんな面子でハーフタイムとかどういうロジックの人選なのか。スカパーが放映権を理由に撤退したのが惜しまれてならない。

西村氏が開幕戦の笛を吹くと聞いたときはすげーな、と思ったけど、よく考えたら日本人が決勝吹けるようになったらホンモノだよなぁ(もちろん開幕戦任されるのも凄いけど)。まぁでも、やっぱちょっと荷が重かったかしら。今回のPK与えた笛もいかにもわざとらしいプレーにまんまと引っかかってましたが、それ以外の笛にムラがなかっただけに惜しまれる。クロアチアも可哀相。
まぁ、J では「おいおいおいおい」と言いつつ見慣れた光景ですけどね。ラグビーと一緒でレフェリーのポジショニングみたいなのがあるのかな。サッカーの方が大変そうだけど。

つーか、ああいう感じだから南米のチームは好きになれんのだ。軽快でテクニカルだけど、すぐに飛ぶ。アルゼンチンはそうでもないかな。ブラジル・チリ・ウルグアイの辺りはオイラの中ではワイヤアクションのように吹っ飛んだりするイメージだ。

ということで、何となくベルギーを軸にドイツ・ブラジル・アルゼンチン・オランダに流したい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

ニホンウナギを絶滅危惧種に指定 国際版レッドリスト

まぁ、前々から言われてることですから今更驚きはないですけど。

ただまぁ、鰻は好きだなぁ。食べる頻度が高いと言うことでは無いけど、美味しいよねぇ。

別にレバ刺しとか鯨肉とか食べられなくても何とも思わないけれども、鰻は困るなぁ。

野生生物の国際取引に関するワシントン条約で規制対象になる可能性が高まる。将来的に稚魚やかば焼きの輸入が制限される可能性もある。

シラスウナギの輸入制限は困る気がするけど、中国産の蒲焼きとかが入ってこなくなって、ある程度高級化するのは仕方ないというか、まぁ良いことのような気がしますけどね。スーパーなんかで売るもんじゃ無くて、ハレの日のものですよ、ええ。

なんて考えてたら穴子食いたくなってきたな。煮穴子もいいしね、笹の香りが仄かに移った焼き穴子も良いですね。腹減った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

ビックリマンチョコ

水樹チケット欲しい…菓子1000袋不法投棄

所謂AKB商法の食品版ですか。記事にもあるように普通ゴミとして出せば問題なかったんだろうけど、200kgってね。25歳会社員がどんなお部屋に住んでたか知らないけど、実家住まいでポテチ1000袋あったら凄いな。親の顔が見てみたい。いや、貶す訳では無くて、実際どういう顔してたかが見てみたい。

子供の頃は掲題のビックリマンチョコのシールだけ取って捨てる奴がいるってので問題になりましたけどね。オイラの周りで見たことは無かったけど、実際にいい歳して大量に買う人ってどれぐらいいたんだろう?
今みたいにオークションサイトとか無い時代であれだけ問題になったのだから、今だと凄い勢いで盛り上がるのかなぁ。SNSとかもあるからねぇ。自慢パワーに火を付ける。

そういえば、株価ニュースで知ったんだけど、近頃は妖怪ウォッチなるものが人気とか。
7552 (株)ハピネット (ハピネット) :日経会社情報:マーケット :日本経済新聞

画像やら価格情報やら銘柄情報やら色んなモノが隈無く行き渡る時代になりましたな。ガセも多いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

キャプチャでシャッター音

以前、オイラのTLで一瞬だけ話題になった。

なんで、iPhone で画面キャプチャ取るときにシャッター音がするのかと。

正直、カメラのシャッター音もスタジアムとか車窓から風景撮ったりするのとか気を遣う。オイラは撮らないけど、料理の写真取る人が居たりすると、他のテーブルからシャッター音がするのも気になる。けど、まぁカメラは盗撮防止ってことで必要なのかもしれん。

画面キャプチャが無音で有ることに何のリスクがあるのかしら。

特に旅行の時、目的地周辺の地図、飛行機のチケットのバーコード、乗り換え案内等々、いざという時に回線掴めないときの事を考えるとキャプチャして画像にしておきたいのだけど、バスとか電車の中でやるとめっちゃ目立つし不審がられるのよねぇ。

もう iOS も8になるんだからこれぐらい何とかしてくれればいいのに。

ちなみに以前開発で使った Android 端末はスクリーンキャプチャが取れなくて弱った。メールであーだこーだやりとりするのに。
少なくとも標準ではキャプチャする方法が無いみたいだったけど 4.0以降はあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

蕨餅粉

ガキの頃に夏になるとオカンが蕨餅を作って冷蔵庫に入れてくれていた。たまに作るのも手伝ったもので、鍋の中の半透明のドロドロをスプーンで掬って氷水に投下するとプルンとした塊になったのを覚えている。もう30年ほど前のことだ。

ふと作ってみようと思い立って近所のスーパーに行ったんだけど「蕨餅粉」って売ってないのよね。3つぐらい回ったけどどこにもなく。
近頃はコンビニとかで蕨餅売ってるけど、あれはもしかしたら恵方巻きよろしく関西の文化なんだろうか。

週末、用があって立ち寄った日本橋で地下通路からふと見かけたお店。
製菓・製パン材料の販売|富澤商店

製菓材料を売っていると言うことで覗いてみたら、ちゃんと蕨餅粉がありましたよ。200gで170円だったかな。さほど高くない。
結局、今の時代にワラビからデンプンを取っていることはないので(隣に置いてあったのはバカ高かったからホンモノかもしれんけど)、くず粉と内容は変わらないように思える。

そういや、小学校の時に裏山に入って、クズ(と先生は言っていた)の長ーい根っこを掘って抜いて、刻んだり叩いたりして水にさらしてデンプンを取ったことがあるなぁ。あれ何だったんだろう。理科の授業にしては結構自由な授業だった気がするけど。広口瓶の底にさらさらとした粉末が溜まって、さらす毎に白くなっていったところは覚えているんだけど、最終的にどうしたのか覚えてないな。

ここのところ気温が下がり気味だけど、カッと暑くなったら作ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

入梅

しましたな。

引っ越してから初めての梅雨でござんす。鬼が出るか蛇が出るか。

風呂場に窓があるのと、風通しが良いのが気に入って引っ越した物件ですけどね、どうなりましょうね。

ああ、やだやだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ビール

元々あまりビールを飲まないんだけど、近頃は所謂典型的な日本のビールが重たいというか面倒くさく(?)なってきて、たまに「あー、暑いな、ビールでも」と思うときは発泡酒か「第三のビール」買って帰ってる。ベルギービールとかサミュエル=アダムスとか飲むときはそれなりに覚悟(?)して飲むからいいんだけどね。軽々に日本のビールを飲んでしまったときの妙なしんどさ、みたいなのを感じる。

サッポロ、「極ZERO」を発泡酒へ 異例の規格見直し

発泡酒ってのが、麦芽比率の低いビール、第三のビールってのは麦芽0で作ったものか、発泡酒を麦焼酎的なので割った奴だと認識してる。もしかしたら違うかも。
本件、国税の指摘で製造工程が第三のビールじゃないので発泡酒にしますってことらしいんだけど、元は「リキュール(発泡性)1」っていうことで、発泡酒の麦焼酎割として申請してたみたい。ということは、実は割ってませんでしたってことなのかなぁ。

それにしても一時期続いた純米酒と言ってるけど実は純米じゃありませんでした事件もそうだけど、国税は恐ろしいねぇ。タレコミでもあったのかねぇ。

関係ないけど、先日知り合いがUSに転勤になるというので送別会をやったのよね。20人ぐらい集まったので、とりあえず乾杯用にビールをピッチャーで頼んだんだけど、その中に某ビール会社の人がいて、曰く「ピッチャーのビールは泡を立てて注いじゃダメだ」とのこと。ピッチャーに入れる際に既に泡立っているので、再度グラスに注ぐときに泡立てるとムダに気が抜けるのかマズくなるんだそうだ。
なるほど、と理屈は理解したけど、いざグラスに泡の無いビールが入っていると何だかね、あんま美味しそうじゃないよね。

ビール:「3回注ぎ」おすすめ キリン分析
これな、某テレビ局のバイトやってたときに某ビール会社(キリンじゃ無い)の営業さんが同じ事言ってたな。更に言うと20cmほど上から注ぐと固くてしっかりした泡が立って残りますよ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

プロジェクター

手伝い先の会社で合宿をやるそうな。オイラは行かんけど。

ホテルに泊まって会議室借りてあーだこーだやるらしいんだけど、ホテルに「会議室にプロジェクターはあるか?」と聞いたら「レンタルです」という回答だったらしい。で、お値段が驚きの3万円だとか。

え?え?ということで確認しても3万円。

確かにプロジェクター持って行くのは手間ですけどね(めっちゃ小さい奴は流石に大きく映すとツラいのは経験済み)、3万はないでしょ。
ということで、Amazonで適当に中古買ってホテルに送りつけて、捨てて帰って来た方が安いという金満ニッポンな感じで悩んでるそうな。

なんか会議室のネット接続も有料とか言ってるらしいしな、今時旅館でも無料WiFiなのに、大手系のホテルはどんどん滅んでいくのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

憧憬

これでも航空工学を目指したことがあるんですよ。大学の途中ぐらいまでは。

ガキの頃の記憶で強烈に残ってるのは、遠く東京という地で走っているという小田急ロマンスカーのカラーイラストと、テレビの中で飛ぶブルーインパルス、あとはイラストは覚えていないけどデトマソ=パンテーラという車の名前である。やっぱ男児は乗り物が好きなもんだ。
で、男児としてありがちな将来の夢はパイロットってところだったんだけど、ただ、オイラの場合は航空工学志望まで引っ張ったので、それなりに影響があったのかもしれない。最終的にはなんちゃって情報系に落ち着いてるけど。

前にもちょろっと書いたように国立競技場に大した思い入れもないので、ラグビーの香港戦が最後のスポーツイベントと言われても別に行く気も無く、Perfumeが歌うと聞いても行く気も無く、OBの早慶戦やると聞いても行く気はなかった。
が、ブルーインパルスが飛ぶとなると、これは見てみたい。中々ない機会だし。

金曜、もうすぐ仕事も終わって秩父宮に…なんて思いながら仕事してたらジェットエンジンの轟音が。ああ、予行飛行やるんだ。それも見れば良かった。

土曜日は暑い日で、家でパンツ一丁でダラダラした後にやおら出かける。展示飛行は1735から。コースは国立競技場上空を通って渋谷駅上空で旋回開始という話なので、Google Maps とにらめっこ。調べるとヒカリエに展望台は無いらしい。表参道ヒルズの屋上は居住者しか入れないと。六本木ヒルズの展望台から真横に見るというのも面白そうだけど、どうせなら真下から見たいなぁ、ということでベタに明治公園に行くことにした。国立競技場の少し渋谷側にあるし近くに高いビルも無いので見やすいだろう、と。

外苑前の駅を過ぎ、秩父宮の方へ向かう人が多い。はて、今日は神宮で野球があるのかな?と思ったけどそうでもないらしく、結構な人がブルーインパルス目当てに国立方面に向かっているようだ。

1725ぐらいについたら人だらけ。とりあえず少し渋谷よりの場所に立つミリオタっぽい人の後ろに待機。トランシーバーで国立の中だか向こう側だかの仲間と交信しているようだ。報道ヘリが邪魔だとかなんとかで遅れるかもしれないとかいう話をしている。本当かどうかは知らないけど。

17時35分、妙に高まる緊張感のなか、オイラも iPhone を構えた。一眼レフはオイラの腕とレンズじゃ期待できないので持ってこなかった。阿呆のように皆が競技場の上空を眺める中、誰かが「来た!」と叫ぶ。

あぁ、これがガキの頃憧れてたブルーインパルスかー、と思う。思ったより南というか東というかの方を飛んできたのでポジションチェンジ。後、1回目は撮影に夢中になりすぎて生ブルーインパルスを見ていなかったことに気がつく。本末転倒だ。

ということで、渋谷から帰ってくる2回目、その後の折り返し3回目、4回目は片目で iPhone の画面を確認しつつ、片目で生を見るというアパッチ操縦的な感じでやってみました。

何となく4回目が頭上を飛んでくれたような気がする。

何とも儚いスモークの痕跡を見つつ足早に渋谷方面へ向かいました。途中の陸橋の上とかにも人だかりがあって、案外楽しみにしてた人多かったんだなぁ、と。あんま知られてない&興味の無いネタだと思ってたんだけど。

日曜のジロの最終ステージでもトリエステゴールの上空でイタリア空軍の Frecce Tricolori が展示飛行を行っていた。イタリアに似つかわしくなく精緻なデモを10分以上やってたんじゃないだろうか。最後は空にトリコロールを綺麗に描いて去って行った。あれぐらいタップリ見たかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

サモア戦

金曜は一緒に働いてる人と飲みの予定だったのだけど、1名のお子様が病気になったというか、もう治ってきてるんだけど奥方への配慮的なので飲みに行くのは気まずいと。そりゃしゃーないね、ってか大変ね、ということで飲み会が流れた。

一人で飲みに行くのもな、金曜は妙に混んだりして好きじゃ無いし、と思ってたらサモア戦があることを知った。あるのは知ってたけど、てっきり土曜か日曜だと思ってたら金曜にやるとのこと。
ネットで当日券を買って16:30ぐらいに秩父宮へ。結構な混雑で、22mラインぐらいの上段に席を見つけて座る。

国歌が流れた後、シヴァタウを踊るサモア代表。これ、リズミカルでいいのよね。

試合は33ー14で日本が圧勝。サモアはランキング8位の強豪だが、今回はかなり面子を落とした感じであった。とはいえ、パワフルなサモアをスクラムで押し込むなどセットプレーではかなり優勢に進められたのが良かったか。
一方で攻撃の際のラインのパス回しが低かったりでエラーが続出。特に五郎丸が目立ったけど、彼は正確なキックで貢献した。

まぁ全体的に安心して見られるゲームでしたかね。CTB起用の松島君は細身に映るけど体幹の強さと下半身のしなやかさを感じさせた。もっとしっかりすればJPピーターセンのようなディフェンスにも貢献するプレーヤーになれるかもしれない。

いつもとちょっと違う酔っ払ったオッサンの多い中での観戦を終えて徒歩で帰宅。
次はイタリア戦があるんだけど、カストロ=ジオバンニは来ないとかいう噂だしなぁ。何より新酒鑑評会公開きき酒会と被ってるのが迷いどころだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »