« うにくろ | トップページ | 東京會津祭 »

2014年7月18日 (金)

D論

<小保方博士論文>「不正あったが学位取消に該当せず」早大調査委・配布資料(全文)

オイラの大学でも卒論レベルだと「すみません、論文間に合ってません」ということで発表の時にはダミー(酷い奴は本当に空っぽ同然のがあったらしい)を審査の教授に提出して、後日必死に書いて提出というのがあったと聞いた。まぁでも提出は絶対必要ですね。
研究室のポスドクの人に聞いた話だとD論審査ってのは、当然学士や修士とは比べものにならなくて、1人につき5人だったかの教授が座ってる前で1時間だかもっとだかの発表をしたあと、微に入り細に入り質問攻めされるという拷問のような時間だと聞いた。

さて、今回の件は早稲田としては

  1. ザル審査で間違って博士号与えてました
  2. 早稲田ではザル論文でも博士号は取れます

の究極の2択を迫られた挙げ句、後者を取ったと言うことだろう。1を選択してしまうと「他にも居るんじゃねーの」てな騒ぎになってOBが心安まらないというのもあったかもしれない。後、審査した教授の責任問題とかね。

ということで、今回の結論としては「早稲田大学では、コピペで、画像足りない(それも絶対3枚必要な画像が2枚とか)状態の論文草稿でも教授方はまるで論文を読まないで審査する(いやもしかしたらお忙しいのでしないかも)ので気づかないからD論審査を通る事が出来て博士号を貰えるし、後でバレても『ゴメン下書き出しちゃった、てへっ』と言えば問題ない」ということですね。

これは飽くまで調査委の報告なので、これを受けて大学がどうするかなんだけど、まぁひっくり返すことは無いでしょうねぇ。だったら調査委の意味ないし。つまり、早稲田の博士課程ってのはディプロマミル認定なわけで。博士まで出るのに幾らかかるのかな?

何人か稲門の知り合いいますがマジメな人は可哀相ですね。

|

« うにくろ | トップページ | 東京會津祭 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56824199

この記事へのトラックバック一覧です: D論:

« うにくろ | トップページ | 東京會津祭 »