« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

JRA終了

春のGIシーズンも終了して大人しくしております。新馬かわいいよ新馬。

競馬で7千万円損…でも追徴 会社員、課税取り消し訴え

前も似たようなのがあったけど、あれは儲かっていて、課税対象というか経費の範囲を巡って争っていた。今回もロジックは同じだけど、負けてるらしい。
馬券買った→トータルで負けた→当たり馬券についてのみ利益と経費を割り出します→アナタ、モウカッテマスネー→税金払え、という流れ。

この理論が通ってしまうと誰も競馬やらんのじゃないか。利益が出てないのに何故か局所だけ見て課税するってのは、課税の考え方としても通らない気がするんだけどなぁ。営業の給料だけは経費だけど経理・総務・人事・広報・情シスの給料は利益生んでないから経費じゃありません、みたいな。
こんなこと言われたら経営者やってられませんわな。

にしても3年で7000万負けるってどういうことなんでしょう。病気だとしても元手が凄い。わしもそれぐらいJRAに貯金出来るように精進せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

ジム初日

先週雷雨の中で入会したジムに行ってきた。
良くあるパターンで、最初はトレーナーがついて器具の使い方やら体組成測ったりしてくれる奴。

湿度もなく、風が気持ちいい中、徒歩でジムへ。更衣室で着替えるも、イマイチまだ客層というか更衣室の空気感が掴めないので少し緊張する。
着替えて指定の場所に行くと、オードリー春日がスッキリしたようなニーチャンが待っていた。見るからにボディービルですね。色々測ってもらったけど筋肉量含め全般に問題なし。まぁやるなら脂肪減らしましょうか。で、脂肪減らすために筋肉つけましょうか、と。予想通りの展開ですね。

指定されたのは3kg減。オイラのベスト体重というか、まぁそこに越えられない壁があったわけですが。

2年ぐらい前は毎朝体重を測定して記録していたのだけど、旅行か何かで途切れてから放置。その後1年ほど経ってふと測ってみたら、まるで1年前と体重が変わってなかったので、それ以来体重を測ってなかった。

今回久々に測ったら2kg弱増えてた。高校卒業の時から変わらないウエストも近頃はわがままボディ気味だとは思っていたのよ。少し緩めすぎたか。
ベストより3kg増なので、確かに3kg減らそうと言うのは良い目標設定だね。流石。

傷めてる箇所の運動に関しては、月に2回見てもらってるトレーナーさんと同じ事を言ったので、信用するに足りるかと。

ということで、3kg減らすらしいぞ。今日の晩は付き合いで天ぷら食いに行くけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

TdF2014

そういえば日曜日、なんかニーバリが圧倒的に強くて終わった。コンタドールとフルームの脱落を指摘する人も居るだろうけど、Stage5であれだけの差をつけたのだし、今年のツールのコースはこうだったということだ。ニーバリは間違いなく圧倒的に強かった。

その他は少し面白味に欠けたかなぁ。サガンは勝たないけれど確実に上位で入賞することでポイント賞、プリトはガッツリ山岳狙いかと思ったけど、結局そういうことでもなく。バルベルデもポートもエンスト。

新城もアシストとしてガッツリ働いたけど得意の逃げでハラハラさせてくれるステージはなかった。

まぁでも、リクイガスファンだった身としてはニーバリのグランツール制覇は嬉しい限りですよ。ニーバリ、クロイツィゲル、サガンと、本当にリクイガスは良い若者を輩出したものだなぁ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

タックイン

<シャツの裾をズボンの中に入れるのはダサい>はいつから?

うちは親がアパレル関連、それも紳士服だったので、結構服の着方は厳しく(?)育てられた気がする。厳しいというか「常識」を多く教えられたんだろうな。

ワイシャツon素肌が出来なかったり、夏でもスーツだったら長袖シャツを着たりというのは、そのせいなんだけど、理論とかそういうのではなくて習慣になっているし、そこを外すと気持ち悪い。

実はシャツの裾を出すというのも、かなり気持ち悪い部類であって、未だにちゃんとした(?)長袖シャツだと無理だ。特にスクエアじゃないものを外に出すのは無理。ある程度ちゃんとした場所にそういう格好で来る人もだらしなく見えてしまう。

92年に新卒として入社したときに、人事が妙にドレスコードに五月蠅くて、最初は入っているビルの管理規約か何かが五月蠅いんだと思ってたんだけど(ホテル隣接のオフィス棟だったから)、後で聞いたらそうでもなくて人事部長の趣味とか何とかだったらしい。で、その中にポロシャツはOKだけど裾はズボンに入れろ、というのがあった。でも皆そんなことしないのよね。オイラも気持ち悪いながらも徐々にポロシャツの裾を外に出す方向へ。

結局今となっては違和感無く裾を出して街中歩いてるんだけど(ワイシャツは無理)、海外行くと普通にタックインで若者もオッサンも歩いてるからなぁ。まぁ正解なんて無いんでしょうけどゴルフぐらいは裾いれてやった方が良いんじゃ無いかと思う。もうゴルフやめて10年ぐらいだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

雷雨マーケティング

オフィスを定時に出た。梅雨明けした後とあって、昼間は夏の日射しだったのだけどどんよりとして風が強い。やだなー、やだなー、と思いながら徒歩で南下。一応 XバンドMpレーダを見てみると、すぐそこまで雨雲が来ているではないか。
少し脚を早めて、しばらくしてから見ると雲は遠ざかっていた。どうやら雨雲は東へ向かって移動中のようで、すんでのところで躱したらしい。そのまま目的地へ。

1ヶ月ほど前から左の大腿部に深刻では無いながらも少し痛みを感じることがあり、トレーナーに話してテストして貰ったところ、左足が右足に比べて弱いと。大腿部の外側の筋肉が特に、とのこと。歩き方か何かかな。それとも暫く走るのやめてたからかな。
で、改善方法として自重を使ったトレーニングを教わって、2週間後に再度診てもらったところ強くはなったけど、まだもう少し、自重じゃ無くてマシン使った方が早いですよ、と言われた。

そういえば3年ほど前に専業ニートを脱出したときにスポーツクラブも退会したのだった。オフィスと逆方向だったし、これまでみたいに頻繁には行けないだろうから、と。また通うかなぁ、と思ったのだけど、自宅の近所に丁度良いのが無く、職場の近くのもイマイチだ。ということで、通勤経路の中間点ぐらいのジムの見学にいってみようと思った次第。

フロントで見学の旨を伝えて座って待たされ、担当の女性が説明を始めたところで凄い音。間もなく豪雨が降ってきた。ま、建物の中まで降られずに入れたのでラッキー、と思いながら説明を聞き、施設を見学。ただ、見学中も雨の勢いは増すばかり、雷鳴も中々聞けないぐらいのボリュームになってきた。いやーすごいね。

ということで、一通りの説明をしてもらったけど、とてもじゃないけど建物から出られる雨量じゃ無い。ま、この時間帯でさほど混雑してないし(マシンの順番待ちとかがイヤだ)、他に選択肢もないんだし、来週からということで入会するか、と思い時間つぶしを兼ねて入会手続きを。まんまと豪雨にはめられた感じ。

「私も8月生まれなんですよ」と言うので「獅子座ですか?」と聞くと「獅子座です。血液型は何ですか?」「B型です」「あ、私もです」「ろくなもんじゃ無いですね」と話して笑う。オイラが10歳も若ければ絶対勘違いするんだろうな、と思いつつ手続き完了。バスの時刻表を見ると後15分なので、少し待たせてもらって屋外へ。雨は小降りになっていたので、バス停まで小走りで移動して無事乗車。
家の最寄りについたら雨は止んでいた。無事帰宅。

結局傘無しで乗り切ったので良かったなと思っていると、また雨音がして降り始めたので本当についていたんだろう。ということで、来週からリハビリです。治ったら久々に軽くビルドアップしますかね。オッサンですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

野犬

何度か書いてるけど、犬を飼うってのは動物虐待だと思うのよね。個人的には飼いたいなんて思わない。可哀相。犬そのものは嫌いでも無いけど。

で、カフェとかで犬連れて入れますみたいなのも、こちらから願い下げ。もう落ち着かない。
というか、飲食の場に犬が居る(犬に限らないけど)ってのが落ち着かない。一度、友人宅でお昼をご馳走になってたときに、そこの大型犬がテーブルの下に潜り込んでて、もう落ち着かなくて。「大人しいから」とか言うけど、そんなの保証にならんしね。実際、途中から興奮して吠えまくりだしたので「ほらやっぱあてにならん」と思ったものよ。

こないだ歩きながらぼんやり考えていた時に、そういえば子供の頃、犬買ってる奴とか散歩させてる奴いなかったな、と。
実家は当時新興のというか山を切り開いたようなところの団地だったもので、多分犬飼えなかったんじゃ無いかな。確証はないけど。少し離れた戸建てエリアに行けば飼ってる奴がいたのかもしれないけど、記憶にないんだよなぁ。友達の家に行ったら犬とか猫が居たっていう覚えが。なので慣れてないのかもしれん。

ガキの頃の犬といえば、夕方になってどこからか遠吠えが聞こえて、親に「暗くなって外に居ると野犬に噛まれるよ」と言われた覚えが。東京には野犬はいないんだろうか。というか時代に伴って減ったのかなぁ。
どうでもいいけど、野良犬と野犬って同じらしいけど、野良犬の方が「良い」って漢字が入ってるのな。恵美子と恵子みたいなもんか(なんじゃそれ)。

どうでもいいけど、タロとジロの話、美談どころじゃ無くて南極で野良化したら生態系ぶっ壊したかもしれんだろうが!というお叱りの指摘があるらしくてなるほどと納得。映画「南極物語」は小学校の推薦なんとかだかで観に行ったんだけど、余りに下らなくて謝罪シーンで辟易して小学生ながら途中で出てきた覚えがある。

ま、近頃の若者は知らないでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

個人情報

ベネッセ流出:漏えい2300万件に さらに増える可能性
これにY!BBの時のお一人500円をかけると115億円かな。持ってる男、原田社長は200億円を用意して対応すると行ってるらしいけど、昨期の最終利益が200億弱らしいですね。

一方でこんな話も。
プライバシーマーク 審査体制見直しも

個人情報を保護するため適切な体制を整備している企業に対して「プライバシーマーク」の使用を認めている財団法人は、個人情報が大量に流出した「ベネッセコーポレーション」に対してもこのマークを付与していた事実を重く見て、認定の審査体制の見直しを検討することになりました。

多分、実際に現場に居る人達はPマークがザルなことは知ってると思うのよね。オイラも過去に何度か立ち会ったことがある。なんかの天下りなんかなー、みたいなジサマがやってきて、趣味の質問をして終わり。書類の不備を徹底的に突く人も居れば、キャビネットの施錠を見るのが趣味の人もいる。一度だけネットワークマニアがいて、随分細かくログの話を聞くなぁ、っていうかPマークの範囲を超えてて、何だこの人?と思ってたらISMSもやってるとかで、今自分がPマークの審査やってることを忘れてたみたいですね。大丈夫かいな。

なので、審査の度に来る人が違って、言うことが違う。前回、ここを直せといって直したところをまた直せと言われたり、前回OKと言われたところにイチャモンつけられたり。でもとりあえずPマークをホームページや名刺に載せられると、それだけでお仕事を頂けたりするのでみなさんヘイヘイと審査に振り回されるわけです。「見直し」ってどうするんでしょうねぇ。

そういえば、前にアパレル系の外資系クライアントにプロモーション案件で行ったら「個人情報保護法導入と同時に顧客名簿は捨てた」と言われて唖然としたんだけど、ある意味正しい判断かもしれん。ここまで騒ぎになることを考えるとリスクが大きすぎるという判断か。

みんな騒いでるから普段から個人情報に気をつけてるのか?というところではこんなネタも。
ベネッセの個人情報流出事件の自称被害者がどうして親子で顔と名前を晒してNHKに出ているの?とネットで話題に

先日、知人と話をしていて「500円の補償じゃ納得いかん」と息巻いていたので(当人は被害者ではないけど)、幾らなら納得なのかと聞いたら10万とか20万とか。ほう。じゃ、普段から個人情報を守るように気をつけてるのかというと全く何もしていないようだ。郵便物だってそのまま捨てるみたいだし、クレジットカードの明細もそのままポイ。住所と名前のセットを気にせず捨てるけど、どっかから漏れたら大騒ぎ。TBCの時みたいにスリーサイズとか体の悩みが流出したらそれは本当に大変でしょうけどね。
この辺もマスコミに煽られてる感がありますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

東京會津祭

正直何か良く分からず申し込んだ。福島の酒の試飲会らしいのだけど、DJがうんたらとか渋谷のクラブでやる(?)とかいう話で。
それに加えて、土曜は久々に寿司を食ったんだけど、寿司より酒が美味い感じで、グイグイ飲んでたら妙に酒が残って。二日酔いで頭ガンガンという感じでは無いんだけど、ずーんと目の上が思い感じが昼過ぎまで。何となく回復したのでバスで出かけました。

16時半からの第2部に申し込んでいたのだけど、少し遅れて17時頃に入場。会場が地下だったのだけど階段を降りていくとタバコ臭くて、「あぁ、これは失敗か」と思ったら受付横が喫煙所で会場内は禁煙だったので安心した。
受付でグラスを受け取って入場。音楽は流れているがそんなに五月蠅い感じでは無く、ただ人が多い。で、これ系のイベントにはありがちな試飲会慣れしてないので、酒を注いでもらってもその場を離れない人のせいで、少々酒を注いでもらうのに時間がかかる。

酒については特筆すべき事もないかなぁ。殊更に老ねたり、酷い酒はなかったですね。そういう意味では良かったかも。後、途中でお会いした人とも話してたんだけど、前売り2000円、当日3000円というイベントとしては良かったと思います。物販もあったりで、初心者向けにも良かったかと。8000円とか1万とかのイベントは結構増えてきましたけどね、これぐらいのサイズのイベントが良いよね。凝った料理とかいらないから。

途中で出会ったSさんと色々話ながら飲んで、最後に会津音頭?だかをステージでやり始めたぐらいで出たら大雨。すぐそばの良く行くお店に行ったら予約で一杯というので、別の店で飲み直して帰ってツールみてたらいつの間にか寝てた。

ああそうだ、つまみも売っててSさんが買ってた「えご」ってのが不思議でした。「いご」とも言うらしいんだけど、海藻を煮溶かして固めたものだとか。感じとしては天草から寒天って感じなんだろうけど、さほど純度は高くなくて深緑と茶色のあいだといったところ。そのまま食べると何故か抹茶風味で、辛子や醬油をつけると軽く磯の匂いがするというものでした。正直、そんなに美味いものではないけど、色々あるものですな。元は新潟(佐渡)のものが、山を越えて会津に伝わったのだとか。同じものが博多にも伝わって、こちらは「おきゅうと」というそうな。名前は聞いたことあるけど食ったことは無い。

オイラはニシンの山椒漬けってのが美味くて、2回買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

D論

<小保方博士論文>「不正あったが学位取消に該当せず」早大調査委・配布資料(全文)

オイラの大学でも卒論レベルだと「すみません、論文間に合ってません」ということで発表の時にはダミー(酷い奴は本当に空っぽ同然のがあったらしい)を審査の教授に提出して、後日必死に書いて提出というのがあったと聞いた。まぁでも提出は絶対必要ですね。
研究室のポスドクの人に聞いた話だとD論審査ってのは、当然学士や修士とは比べものにならなくて、1人につき5人だったかの教授が座ってる前で1時間だかもっとだかの発表をしたあと、微に入り細に入り質問攻めされるという拷問のような時間だと聞いた。

さて、今回の件は早稲田としては

  1. ザル審査で間違って博士号与えてました
  2. 早稲田ではザル論文でも博士号は取れます

の究極の2択を迫られた挙げ句、後者を取ったと言うことだろう。1を選択してしまうと「他にも居るんじゃねーの」てな騒ぎになってOBが心安まらないというのもあったかもしれない。後、審査した教授の責任問題とかね。

ということで、今回の結論としては「早稲田大学では、コピペで、画像足りない(それも絶対3枚必要な画像が2枚とか)状態の論文草稿でも教授方はまるで論文を読まないで審査する(いやもしかしたらお忙しいのでしないかも)ので気づかないからD論審査を通る事が出来て博士号を貰えるし、後でバレても『ゴメン下書き出しちゃった、てへっ』と言えば問題ない」ということですね。

これは飽くまで調査委の報告なので、これを受けて大学がどうするかなんだけど、まぁひっくり返すことは無いでしょうねぇ。だったら調査委の意味ないし。つまり、早稲田の博士課程ってのはディプロマミル認定なわけで。博士まで出るのに幾らかかるのかな?

何人か稲門の知り合いいますがマジメな人は可哀相ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

うにくろ

そろそろ短パン通勤の季節ですね。

オフィスではクーラーで寒くなるのと、見た目の問題もあって長ズボンに履き替えることにしている。2年ほど前に今のオフィスに半常駐になったときにユニクロで安いジーンズモドキ(?)を買って置いていたんだけど、そろそろそいつも退役なので、銀座のユニクロに買いに行った。

初めて行ったんだけど、12階建てのビル全部がユニクロっていう、なんだかムダな感じのビルで中国人が結構居てビックリした。取りあえずメンズは上なのでエレベーターで上の方へ。涼しげな素材のクロップドパンツかカーゴパンツみたいなので、使いやすい(その日によって上半身何を着てるか分からないから)グレー系がいいかなぁ、なんて思って見たんだけど、クロップドパンツもカーゴパンツも1800円ぐらいですかね。メッチャ安い。

でも、なんだか素材とか色味とかピンと来ない。別にオフィスで着るだけだし、外に出るといってもせいぜいコンビニぐらいなんだけど、何かこれ着る気にならないなぁ、と。
あれこれ見たんだけど、結局手ぶらで店を出ました。上から見下ろす松坂屋跡地の工事と、なんか屋上庭園ってところに三輪神社があって三つ鳥居があるのは興味深かった。
銀座の天空神社 – GINZA KOMATSU | ギンザコマツ

とはいえ、履くものが無いと困るので近所のZARAへ。こっちは打って変わって薄暗い感じの店舗内に女性客が一杯。とりあえずメンズ階まで上がって、まぁ似たようなもんだろうけど、と思って見たら一発でピンと来ましたね。3900円ぐらいだったか。2倍の値段ではありますが、こっちの方がいいよなぁ、ということで購入。

しかし、天下のユニクロ、日本の消費者の嗜好を巨額の予算でリサーチしてデザインしてそうなもんだけど、何故響かないのか。オイラの感覚がおかしいのかなぁ。別に部屋着みたいなものなので、ユニクロだからイヤだ、っていうバイアスは掛けて無いと思うんだけど(だったらそもそも行かないし)。謎だ。

ちなみに繊維関連の知人に聞いたところ、縫製はZARAやH&Mよりもユニクロの方がいいと思うよ、とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

IRKit

「外出先からエアコンを制御したい」

もう何年も前からそう思ってた。でも、一般の学習リモコン系ではエアコンのリモコンは学習できないとか、プログラマブルな感じのは下手したら数万円したりとか、なによりゴツかったり、気になる度に調べてたんだけど理想的なものがなかった。

つい1ヶ月ほど前にも「外出先からエアコンを制御したい」欲がムラムラとこみ上げてきて調べてたら IRKit というものに辿り着いた。
IRKit - Open Source WiFi Connected Infrared Remote Controller

なんか細かい事は良く分からないけど、エアコンをコントロールしてる人がいるらしい。ということで、Amazon から購入。決して安くないけど、これまで調べてきたプロダクトに比べれば半値以下のようなものだ。

で、届いたら本体だけ。後は紙が2枚。Mac Address と SSID が書いたものと、もう1枚はなんだったかな。USBでの給電が必要なのだけど、そのケーブルも付属しないという味気なさ。で、仕方なく上記のページを見に行くんだけど、そもそもの始め方が分からないのよね。


暫定でエアコンに向けるために額に引っかける

答えとしてはスマホでアプリダウンロードして家の中のWiFiに繋げることで全てが始まる。まぁゴリゴリと curl とかで WiFi の情報を書き込む方法もあるけど。
で、これで iPhone を使ってテレビのON/OFF とかエアコンの ON/OFF が出来るようになるんだけど別にそんなことがしたいわけじゃ無い。ちなみに、テレビは同じ信号で ON/OFF 出来るけど、エアコンは ON と OFF で別信号なのね。少なくともうちの機種は。

ということで、今度は外部の GateWay を使ってアクセスするために IRKit のIPアドレスを取得する。
MacBook Pro をWiFi に繋ぎ、

% dns-sd -B _irkit._tcp

を実行すると暫くして Instance Name が帰ってくるので(搭載されてるアクセスポイントの名前と同じ?)、今度はその Instance Name で

% dns-sd -G v4 IRKitXXXX.local

みたいに「Instance Name」.local を探すとIPアドレスが分かる。これで IRKit に搭載されている HTTP サーバを叩ける。後は外部からアクセスするためのIDとKeyを取得。Bonjour 使ってるから Windows の人は知らん。どうにかなるんだろう。

% curl -i "http://10.0.1.2/keys" -d ''

HTTP/1.0 200 OK
Access-Control-Allow-Origin: *
Server: IRKit/1.3.0.182.gaf86b44
Content-Type: text/plain

{"clienttoken":"XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"}

% curl -i -d "clienttoken=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX" "https://api.getirkit.com/1/keys" HTTP/1.1 200 OK
Server: ngx_openresty
Date: Tue, 07 Jan 2014 08:46:06 GMT
Content-Type: application/json; charset=utf-8
Content-Length: 94
Connection: keep-alive
X-Content-Type-Options: nosniff

{"deviceid":"XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX","clientkey":"XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"}

これで準備完了なので、後は door コマンドでインターネットと繋がっていることを確認(略)。

で、こっからが真骨頂でリモコン情報を学習します。

curl -i "https://api.getirkit.com/1/messages?clientkey=XXXXXXXXXXXXXXXX&clear=1"

HTTP/1.1 200 OK
Server: ngx_openresty
Date: Tue, 07 Jan 2014 09:03:59 GMT
Content-Type: application/json; charset=utf-8
Content-Length: 481
Connection: keep-alive ETag: "-19571392"
X-Content-Type-Options: nosniff

これで待機状態になるので、IRKit に向けてリモコンをピッとやると、コンソールにドバババっと JSON が出るので記録。
で、このJSONを使って

curl -i "https://api.getirkit.com/1/messages" \
-d 'clientkey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX' \
-d 'deviceid=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX' \
-d 'message={"format":"raw","freq":38,"data":[6881,3341,904,815,904,2537,904,815,…]}'

ってやると、リビングで(エアコンはリビング)ピッと鳴ってエアコン起動。やりましたよ。

一応社外のサーバから同じコマンド叩いてみて成功。後は、適当な Web サーバに適当なHTML置けばよろし。JSONだし気軽なのでオイラは jQuery で $.post するようにしましたが。
これで家に近づいたら iPhone で当該HTML開いてボタン押せばエアコンが付きます。逆に切り忘れた!と思っても地下鉄の中からOFF出来るし。ON/OFFがトグルじゃない(信号が違う)ので、不安なときもとりあえずOFF押せば良いよね。
IFTTTと連動とか色々やり方はありそうですが、とりあえず目的が達せられたので満足です。

ま、上に書いたように人を選ぶデバイスですけどね。エアコン以外にも何か出来そうな気がしますが、テレビとHDRぐらいしかないからなぁ。テレビ付けても嬉しくないし。HDRは WiTV で制御できるしなぁ。

ちなみに今年は台風接近で窓を開けられなかった先週木曜しかエアコン使ってませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

TdF 2014 第10ステージ

革命記念日であり、最初の休養日の前日には160kmほどに7つの峠がてんこ盛りのコースが用意された。フルームがリタイアし、コンタドールがパヴェで2分半ほど失った状態からどれだけニーバリに対して巻き返せるかというのが見所。
前日に逃げに乗ってマイヨジョーヌを手に入れたフランス人のギャロパンが誇らしげに走る 14 juillet、だが結局ゴールでは5分弱の遅れでフランス人のマイヨジョーヌは1日で終わった。

ポイント賞はまだ1週目ながらサガンでほぼ決まりそう、総合はニーバリにコンタドールがどこで勝負をかけるか、という中、既に総合を諦めたホアキンとヴォクレール、それに前日逃げで山岳ポイントを稼ぎまくったマルティンの山岳賞争いが注目された序盤、ホアキンがやっぱ一枚上手かな、というところで寝た。
だって、4時起きだったもんね。

今朝6時に起きて続きを見たら途端に右足から血を流すコンタドールの映像が。立って包帯を巻いているのが異様(普通は走りながらドクターカーの横について治療を受ける)だったのだけど、またバイクに跨がって走り始めた。暫く行くとアシストが待っていて引き上げる動きを見せるがスピードは上がらない。今日はタイム差が開いても仕方が無いからとりあえずゴールまで、というところかな、と思っていたのだけど、丁度ティンコフ=サクソの中野マッサーの電話中継が始まったところでバイクを捨てて車に乗り込む姿が。

結局坂の下りでコントロールを失ってクラッシュ、頸骨を骨折していて、激痛に耐えながら坂を下りきったんだけど、そこから踏むことは出来なかったと。転倒の瞬間は食べ物か何かを探して背中のポケットに手を突っ込んでいたらしい。
リース監督に「どうすればいい?」と聞いてきたので「痛むんだろう、自分で決めることだ」と監督が言ったらアシストに感謝の言葉をかけてバイクを降りたそうだ。ツールに入るときの調子はこれまでになく非常に良い状態だったので、本当に残念だ、彼が一番落ち込んでいる、とリース監督。

一方のニーバリはスカイのエースに昇格したポートやバルベルデを突き放し、先行したホアキンも躱す脚でステージ優勝。他のチームに譲れてよかった(アシストが仕事しなくて良い)と言っていたマイヨジョーヌを1日で取り戻す形になってしまった。

コンタドールはなー、居なくなったら本来はクロイツィゲルが第2エースとして昇格するところなんだろうけで、例のUCIとのドーピング云々で欠場だし。ニーバリの相手は2分台のポートとバルベルデになったけど、今日の感じじゃ相手にならないような。むしろニーバリまで何かのトラブルでリタイアとかいう方が怖い感じだなぁ。

ってことで今日は休養日なので久々に飲みに行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

2014 FIFA World Cup

なんで4時スタートなんよ。5時にしてくれればいいのに。

暑くて目覚めたら2時。再度横になって携帯のアラームで起きたら4時。顔をあらってリビングへ。予想は2-1でドイツの勝ち。

ドイツは相変わらずの早いターンで前を向き、鋭い縦パス、グラウンダーのクロスっぽいボールをゴール正面に回してシュートを狙う。しかしブラジルと違ってアルゼンチンの守備は綻ばず、決定機は来ない。
逆に、ボールを奪ってからサイドを抉るカウンターでアルゼンチンが何度もチャンスを作るが、悉く決定機を逃す。イグアインはダメだな。

チャンスを決めきっていれば 1-2 でアルゼンチンといった展開だったけど、そのまま延長へ。でもって、例のマリオ=ゲッツェですよ。後半終了直前に入って素晴らしいトラップからサイドネット。

飛び出したノイヤーはハンドじゃ無かったのかとか、度重なるシュバイニーへのファウルはどうなのよ、とか色々あったけど、まぁ実力通りというか、アルゼンチンは決勝だけ本当に強かった感じでしたね。

表彰式では何故か列に加わってるメルケルが気になったけど、それよりなんでメッシがノイヤーの後ろに居るのかと思ったら、まさかの大会MVP。まぁMVPは準優勝チームのシンボリックな選手が貰うものではあるけど、今大会のメッシの出来ではなぁ、他の選手が可哀相だ。怪我が無ければ ディ=マリア、でなくてもマスケラーノ辺りが妥当なんだろうけど、FIFAのマーケティング的な意図でしょうかね。コロンビアのフェアプレー賞とか。

もうちょっと気持ち切り替えて作り笑いでもすればいいのに、メッシ、と思ったけど、優勝賞金35億円を逃したんだからあんな顔にもなるか(違

さて、次はルシアですか。それよりその先のカタールの方が気になりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

からあげクン

先日、ローソン e-Gift なるサイトのリリースを見まして。
ローソン e-Gift|ローソン

SNS 経由でローソンの商品というか正確には権利が相手に送られて、相手はローソンの端末でクーポンを出力してそれをレジで提示して支払うという仕組みらしい。

で、商品なにかなと思ったら映画のチケットと商品券とからあげクン、ということでこんなもん何に使うんじゃろう、と思っていた。

昨日、知人が田舎から上京してきたのに財布に札も入れずにやってきたと。腹減ったと。

ああ、なるほど、こういうときに使うのね、ということで、からあげクンを恵んでやることに。
サイトに行って、からあげクンを選んで、適当にメッセージ入れて、後はメールなりSNSなりで送信。決済はクレジットカードでした。216円なんて少額決済、ローソンだから出来るんかなぁ。

無事奴の手元にからあげクンが届いたようです。

ローソンは確か全都道府県にあるはずなので、飢えている人が居たらからあげクンを施してやればよいのではないかと。後、「俺いまダイエット中だから」とかほざいてる奴には夜中に20個ぐらい送りつけてやればよいのではないかと。

あ、オイラにくれるときは商品券の方がいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

TdF 2014 第5ステージ

今朝の準決勝、ARG-NEDは退屈だった。ディ=マリアの中距離砲を欠くアルゼンチンは前線を抑えられると何も出来ない。オランダもロッベンを抑えられ、スナイデルのクロスは精度を欠いた。カイトは良く動いていたと思うけど。結局PK戦にもつれ込んでアルゼンチンがドイツの相手に。ただ、前半ぐらいから「どっちが上がってもドイツの相手じゃないよなー」と思っていた。メッシは効率的な動きと言われるものの、このレベルだと明らかに運動量が少ない気がするし、ドイツの守備陣相手にどれだけできるかしら。イグアイン次第なのかなぁ。

その数時間前に、ベルギーとフランス国境では目の離せない戦いが行われた。パリ〜ルーベを逆走するように作られた TdF のステージ。それも前夜からの大雨で9つある石畳区間の2つが排除されるというコンディション。パリ〜ルーベも悪路のイメージが強く、泥んこになった選手の顔の印象が強いが、実はここ12年間の天候は悪くなかったそうな。

前半は普通のアスファルト区間だけど、ここから落車が多発。普通の雨のコースより転びまくってたのはペロトンに走る緊張感か、石畳用にチューンしたバイクの特性か。その中で優勝候補のフルームが転倒。前日左のお尻がむき出しになるぐらい擦りむいていたのだけど、今回は右側から。暫くして空撮されたロータリーでも Sky のジャージの転倒が映っていた。又もフルーム。手首が動かないような様子で、心も折れた表情。そのままチームカーへと消えた。自分でドアの開け閉めも出来ない具合。

一方でマイヨジョンヌを纏ったニーバリは前方で踏ん張る。コンタドールをはじめとして総合リーダーは山岳とTTが得意な代わりにどちらかというと体重が軽いこともあってか石畳に苦戦。なのにニーバリは凄いスピードでサガンとカンチェラーラを連れて走り抜けていった。レース後曰く、マウンテンバイクの経験が活きたのだとか。

最後は、元シクロクロスチャンピオンのボームが独走で優勝。奇しくもオランダ人の優勝だった。フグルサングに連れられたニーバリは3位。サガンとカンチェラーラはお見合い気味だったのか不発で4位と5位。カンチェラーラはリスク回避の方向を取ったようだが、ニーバリはあらゆるリスクを取って飛ばしたんだそうな。

まぁ、まだ先の長いツールだけど、2分37秒遅れのコンタドールが19位。第20ステージに唯一ある ITT は54km で1時間ちょっとの予定。その前の山岳でどういう戦いが行われるのか。実力者が遅れたときのツールは面白い。ドーピングがなければね(ヴィノが過ぎる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

独伯戦

5時に起きて顔を洗ってテレビを点ける。2画面にして、片方でサッカー、もう片方で昨日のTdF 第3ステージのゴール前10kmほどを再生。準決勝ともなるとお互い前半は様子見でなかなか…と思ってたら1点入ってた。前半11分。
あー、セットプレーか。さもありなん。まぁ、両チームともここからやね。

またキッテル勝ったのか(TdF)…カヴがいなくなってドイツ人強いな。

と思ったら10分後ぐらいにクローゼのワールドカップ新記録となる通算16ゴール目。後はジャンジャンバリバリ、7分で4点取った。DFが飛び出したのにボールに触れず入れ違いになったり、怠慢な後ろ向きのプレーでボールを取られたりというのがあったけど、ドイツの決定力、まさに「崩す」という感じで無理せず打ちやすいポジションにボールを動かして誰でも打てる力が素晴らしかった。クロスはたったの7本。

最後のオスカルの得点はボアテングが抜かれたところがオフサイドっぽかったっけどFIFA公式でもそこのスロー再生はしなかったし、まぁいいじゃないか、というところか。5点目のエジルも微妙だったもんね。

結局ブラジルはコロンビア戦のようには行かなかった。カウンターをくらいそうになったらチアゴ=シウバが中盤で足を狩りに行く、ファウルは貰ってもカードにならないシステムは破綻。ドイツのプレーヤーはブラジル選手の足が伸びてくる前にパスを回すし、ドリブルで突っかけることもしなかった。相手がオランダの方がやりやすかったんだろうなぁ。
ブラジルのファウルはたったの11。コロンビア戦の3分の1だけど、させてもらえなかったのと、心が折れた時間があったのが効いたか。レーヴの牽制もある程度意味があったのかも知れない。
ブラジルのラフプレーを牽制するレーブ「欧州なら全員が退場」

3位決定戦のモチベーションはどの程度でしょうねぇ。

その相手が決まる亜蘭戦は明日。ノーガードの打ち合いになりそうで楽しみだけど、ペルシがお腹痛いとか。ドイツも7人ぐらいお腹痛かったみたいで、インフルエンザとの報道もあったけど、ブラジルは何かあるのかしら。まぁそろそろ冬だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

プレッシャー

西村主審らW杯準決以降の審判団に残った

以前も書いたけど2008年のEUROの審判団のドキュメンタリー映画があって、中々に面白いのだけど、その主演(?)とも言えるハワード=ウェブはオーストリアvsポーランド戦でオフサイドの見逃しや不当なPKがあったとして、殺害予告を受ける。特に後者はまんま緒戦の西村主審のジャッジに近いものがあるのだけど、結果としてウェブを含むイングランド審判団は帰国させられることになるのだよな。

あの開幕戦以来出番がないということは、同様に返されるんだろうなと思ってた。空港でクロアチアサポーターに首を絞める真似をされたとかいう話もあったし。

今大会は審判のレベルが低いと言われるのだけど、映像技術が進んだからというのもあるのかもしれない。いやでも普段のヨーロッパリーグに比べても低いかなぁ。特にこの間のコロンビアが敗退したブラジル戦は酷いと感じた。確かブラジルは3分に1回(31回)の頻度でファウルしているけどイエローは2枚、その内の1枚はGKジュリオ=セザールが明らかにボールの無いところで両足を狩りに行ったもので、普通ならレッドだと思うのだけど、見えない力がブラジルを守ったのだろう。選手はCKなどの機会に観客席に手を挙げて煽るような仕草をしていたし、あの中で冷静にブラジルにカードを出すのは勇気がいるのかもしれない。

明日のドイツvsブラジルはメキシコ審判団だというが、前半の話題のスアレスの噛みつきを見逃して何のペナルティも与えなかった審判団である。大会から追放されるようなファウルというか蛮行だったというのに試合中には何もなかった。あそこで毅然とレッドを出していれば試合は動いたかもしれないし、スアレスだってあんなに重い処分にならなかったかもしれないのだけど、そんな審判団がブラジル戦を冷静に吹けるだろうか?既にドイツにはハンディがありそうだ。

この審判団でブラジルが勝ち上がるようなことがあると、日本の審判団が再び決勝を吹いてブラジル優勝の立役者となる、というFIFAの筋書きもあっておかしくないような。残すところ3位決定戦を入れて4試合、どうなりますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

TdF 2014

2010年のFIFAワールドカップは、録画しながらも全試合観たのよね。今年は1日1試合でも結構ツラい。時差の問題かな?まさかの年齢?認めたくないものだな、と思ってたんだけど、よく考えたら4年前は兼業で自宅警備してたんだった。好きなときに起きて、ジム行ったりしながら片手間に仕事して、って感じ。やっぱ一般社会人のフリをするのはキツイねぇ。

そんなワールドカップも準々決勝となると全試合観たいので、1日2試合。週末なのでリアルタイムで見るべく頑張ったのだけど、土曜の夜から Tour de France も始まって日曜は体調最悪であった。

そんな 101回目の TdF はエゲレススタート。ロンドンオリンピックを機に自転車人気が上がったと言われるイングランドだけど、ヨークシャーは昔から自転車が人気だそうだ。
南欧とは違う独特の白とグレーの入り交じる雲と何も無い緑の草原が美しい。その中をプロトンが抜けていくのは中々の眺め。コースの何でも無いところに、カペル=ミュールか?と思わせるほどの群衆が詰めかけて声を掛け続けるのが異様ですらあった。何も無いし暇なのかなぁ(コラ)。ロンドンオリンピックの時もあったけど、ロードレース観戦に慣れていない慣習に選手が切れるような場面もあったけど。

第1ステージからフォイクト叔父さんの逃げとか、残り1kmでカンチェのエンジン点火とか見所沢山だったのだけど、やはりカヴ君のやらかしかと。マキュワン御大の真似かどうかは知らないけどゲランスにヘッドバッドを浴びせながら強引にコースを取った瞬間にスッテンコロリン。当初は鎖骨を折ったかと思っていたのだけど、結果は脱臼だったようだ。結果として第2ステージをDNSとなった。
驚きはその後に謝罪のコメントを出したことで、更にはゲランスには直接電話をかけて謝っていたとのこと。いつもならプレス経由で罵り合いをするキャラなのに、逆に心配になってしまう。

ウイリアム王子夫妻がスタートに立ち会い、表彰式にも出るということで、イギリス人が勝ってマイヨを着れば話として出来すぎなことに加えて、カヴの母方の実家がゴール地点のハロゲートだったと言う。色々と残念だったろうなぁ。

第2ステージは、最後の最後に勝利を確信したと思われたサガンの横からニーバリがアタック、サガンは結局どっちつかずな感じでスプリントも不発で4位フィニッシュ。なんだかなぁ。まぁ、昔から緑のリクイガス好きとしては、ニーバリの勝利も嬉しいのだけど。

今夜はイングランド最終日。ケンブリッジからバッキンガムを目指すそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

元号

旅券:生年月日、平成を昭和と誤る…20代、台湾に入れず

 宮崎県は3日、県庁内のパスポートセンターが宮崎市の20代の女性に発行した旅券の生年月日に誤りがあり、女性が台湾で入境を拒否されたと発表した。旅券の記載上の生年月日では80代になっていた。
   県によると、女性は5月21日に旅券を申請した際、生年月日の欄で誤って「平成」ではなく「昭和」にチェックを入れた。

最初ぱっと読んだ時は「そりゃ平成生まれなのが悪いわ。平成生まれとかとんでもない」と思ったんだけど、いつも面倒なのが元号。何でも屋なので、結構バックオフィス周りの書類を扱うことも多く(社労士も会計士も持ってないけどね)、その度に「えっと、今年は平成何年だっけ?」というロスが発生する。例のUSBの裏表逆に刺すロスタイムみたいなもので、「お前は今までに平成何年だったか思い出すのにかかった時間を覚えているのか?」てな感じ。多分結構な累積時間になってると思う。モッタイナイ。

なんで役所の書類は西暦にしないんでしょうねぇ。近頃、誕生日とかは外国人向けもあるのか西暦と元号を選べるフォーマットを見かけるけど、流石に誕生日の和暦表示ぐらいは覚えてるわけです。まぁでも西暦で書いた方が安心だわな。今回の事件みたいなのがあるし。

元号無くすとウヨな人達が騒ぐのかしら。そういう意味では、昔、星新一が書いてた2001年になったら元号を「ニセン」にしよう、っていう話は秀逸だったと思う。遅きに失した感があって残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

痛がり

W杯は演技派ぞろい? 302人転倒、交代は9人

   ウォールストリート・ジャーナル紙が1次リーグ第2戦までの32試合を調べ、選手が倒れてプレーが中断した回数をまとめた。対象選手は302人。そのうちケガがひどくて交代するなどした選手は9人で、残りは痛がるふりだったのでは、と指摘している。
   同紙は選手が倒れたときの点差に注目。リードされている状況では40人が倒れ、倒れていた時間は計12分半だったが、相手をリードしているときは2倍超の103人、時間は約4倍になったという。

知ってた。

J でも多いんだけどね、倒れる→プレー止める→審判が駆け寄る→担架呼ぶ→立ち上がる→担架帰るってやつ。ほぼ確実に担架乗らないのよね。
ラグビーでは倒れてもプレーを止めずにメディカルスタッフが入るので(脳震盪の疑いなど酷いときはレフェリーが止める)、基本的にプレーヤーが自発的にプレーを止めることは無い。スポーツマンシップ云々というよりはそういうスポーツだからね。治療が長引くようならプレーが切れたところでレフェリーが外へ出す。痛くもないのに倒れたところで、アタックかディフェンスのラインの人数が減って損するだけ。

サッカーでもやればいいのにといつも思う。レフェリーが止めるまでプレー止めなくていいし、レフェリーが担架を呼んだ時点で、必ず当該選手は一旦ピッチから出て治療を受けなければいけない、プレーが切れるまで当該選手はピッチに入れない、と。さすれば、倒れる事はある程度のリスクになるから芝居は減るんじゃ無いかと。

ATに入ってからキーパーが倒れてダラダラダラダラとか誰も見たくないのよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

八百長

W杯カメルーン戦で八百長の疑い

カメルーンvsクロアチアがその試合らしい。現時点で八百長かどうか分からない訳だけど。

あの試合見たときに違和感があったのはソングがクロアチア選手追っかけていって思い切りエルボーを振り下ろしたシーン。倒れた方もオーバーアクションで倒れたと思ったけど、ソングは毒電波でも受信したのかという感じで気でも触れたように倒しに行ってて不思議だった。当然一発レッド。
普通、ユニフォーム掴むとか腕を絡めるとかそういうのは有るけどね、エルボーってわざわざ腕畳んでダメージ与えに行ってますからね。
この試合ではその後も仲間内で喧嘩があったりしてニュースになったんだけど、もしかしたら買収された奴とされてない奴の「おい、お前さっきから何してんねん、本気でやってんのか?」「うっさいなぁ」みたいなことが有ったのかも知れないと妄想は膨らむ。

ただねぇ、ソングはアーセナルから移籍したときに年俸250万ユーロとか言われてたからなぁ、幾ら払えば買収できるのかってのがねぇ。もちろん、八百長で動く金も大きそうだから、それなりに払えるのかもしれないけど。他の選手はわかんね。毎回のように、本戦直前になって協会とボーナスを巡って争って飛行機に乗る乗らないをする国だからな。

そういえば、良いところまで行ってたガーナもお金で揉めた末に色々やらかしてましたね。

打って変わって、今朝のUSとベルギー。あんまり期待してなかったけど素晴らしい展開というか両GKの活躍で目の離せない試合でした。ぬるかったアルゼンチンvsスイスとは随分違って、オイラ朝は自転車とかラグビーとかの録画を流しながら軽いトレーニングするのですが、ソファに座ったまま出社直前まで見てましたよ。PK戦になったら遅刻しそうだった。

そんなわけで週末まで少しゆっくり出来ると思ったら TdF が始まるんですね。始まる前からクロイツィゲルが UCI と揉めてるとか。記事だけ見ると UCI の言いがかりというか、だったらどうすりゃええねん、という感じではあるのだけど。
3年前のバイオロジカルパスポートに異常値? クロイツィゲルがツール欠場

とりあえずジロでは落車を繰り返してしまって本調子でなかった Yukiya の本当の走りを見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

出べそ

「売春婦の子」ウルグアイ大統領が罵倒
例の噛みつきスアレスに対する処分が重すぎるということで、「FIFAの連中は売春婦の子だ」と大統領自らが仰ったらしい。スペイン語で言ったらしいけど、英語にも同じ言い回しあるね。
ワールドカップつながりだとマテラッティとジダンの件があるね。あの時はイタリア語だったけど、ジダンは同じラテン語圏ということで分かったのか。ユーベ時代に習ってたんでしょうか。あれも似たような話だったはず(姉貴と売春婦がどうたらとか)。

日本で悪口言うときにそんな強烈なのって無いと言うか、「売春婦の子」とか公然と口にするのも憚られる感じなのは文化なんだろうな、と思いつつ、同じような言い回しを考えていたら「お前のかあちゃん出べそ」しか思い当たらなかった。

しかし、この言い回しを何で知っているのか分からない。言われた覚えも言った覚えも無いけど、何かで繰り返し見聞きしたんだろうか。というか、言ってもダメージ与えられそうに無いし、言われてもツラくないし、何よりダサい。

で、やっぱりこれを調べる人がいるものだけど「言葉の常備薬」という書籍に寄れば、「でべそ」は臍ではなく女性器のことなんだとか。ということで、「お前のかあちゃんのアソコを知ってるぞ」→「お前のかあちゃんはヤリマン」→「お前は売春婦の子」みたいな感じで結局同じような意味合いに落ち着くようだ。
何か洋の東西を問わないところを見ると人間の根源的な痛点なんでしょうかねぇ。ただこれが、大陸方面に行くと「やっちまうぞ」的な方向に行くらしいので、それも何度となく皇帝の変わった歴史と文化かもしれないな、とか思ったり。

ま、ホンマかウソか分かりませんが、そういう意味合いらしいと知ったら、ますます口にすること無さそうですね。そもそも今のガキンチョは知ってるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »