« 2014 FIFA World Cup | トップページ | IRKit »

2014年7月15日 (火)

TdF 2014 第10ステージ

革命記念日であり、最初の休養日の前日には160kmほどに7つの峠がてんこ盛りのコースが用意された。フルームがリタイアし、コンタドールがパヴェで2分半ほど失った状態からどれだけニーバリに対して巻き返せるかというのが見所。
前日に逃げに乗ってマイヨジョーヌを手に入れたフランス人のギャロパンが誇らしげに走る 14 juillet、だが結局ゴールでは5分弱の遅れでフランス人のマイヨジョーヌは1日で終わった。

ポイント賞はまだ1週目ながらサガンでほぼ決まりそう、総合はニーバリにコンタドールがどこで勝負をかけるか、という中、既に総合を諦めたホアキンとヴォクレール、それに前日逃げで山岳ポイントを稼ぎまくったマルティンの山岳賞争いが注目された序盤、ホアキンがやっぱ一枚上手かな、というところで寝た。
だって、4時起きだったもんね。

今朝6時に起きて続きを見たら途端に右足から血を流すコンタドールの映像が。立って包帯を巻いているのが異様(普通は走りながらドクターカーの横について治療を受ける)だったのだけど、またバイクに跨がって走り始めた。暫く行くとアシストが待っていて引き上げる動きを見せるがスピードは上がらない。今日はタイム差が開いても仕方が無いからとりあえずゴールまで、というところかな、と思っていたのだけど、丁度ティンコフ=サクソの中野マッサーの電話中継が始まったところでバイクを捨てて車に乗り込む姿が。

結局坂の下りでコントロールを失ってクラッシュ、頸骨を骨折していて、激痛に耐えながら坂を下りきったんだけど、そこから踏むことは出来なかったと。転倒の瞬間は食べ物か何かを探して背中のポケットに手を突っ込んでいたらしい。
リース監督に「どうすればいい?」と聞いてきたので「痛むんだろう、自分で決めることだ」と監督が言ったらアシストに感謝の言葉をかけてバイクを降りたそうだ。ツールに入るときの調子はこれまでになく非常に良い状態だったので、本当に残念だ、彼が一番落ち込んでいる、とリース監督。

一方のニーバリはスカイのエースに昇格したポートやバルベルデを突き放し、先行したホアキンも躱す脚でステージ優勝。他のチームに譲れてよかった(アシストが仕事しなくて良い)と言っていたマイヨジョーヌを1日で取り戻す形になってしまった。

コンタドールはなー、居なくなったら本来はクロイツィゲルが第2エースとして昇格するところなんだろうけで、例のUCIとのドーピング云々で欠場だし。ニーバリの相手は2分台のポートとバルベルデになったけど、今日の感じじゃ相手にならないような。むしろニーバリまで何かのトラブルでリタイアとかいう方が怖い感じだなぁ。

ってことで今日は休養日なので久々に飲みに行こうかな。

|

« 2014 FIFA World Cup | トップページ | IRKit »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56795722

この記事へのトラックバック一覧です: TdF 2014 第10ステージ:

« 2014 FIFA World Cup | トップページ | IRKit »