« 元号 | トップページ | プレッシャー »

2014年7月 7日 (月)

TdF 2014

2010年のFIFAワールドカップは、録画しながらも全試合観たのよね。今年は1日1試合でも結構ツラい。時差の問題かな?まさかの年齢?認めたくないものだな、と思ってたんだけど、よく考えたら4年前は兼業で自宅警備してたんだった。好きなときに起きて、ジム行ったりしながら片手間に仕事して、って感じ。やっぱ一般社会人のフリをするのはキツイねぇ。

そんなワールドカップも準々決勝となると全試合観たいので、1日2試合。週末なのでリアルタイムで見るべく頑張ったのだけど、土曜の夜から Tour de France も始まって日曜は体調最悪であった。

そんな 101回目の TdF はエゲレススタート。ロンドンオリンピックを機に自転車人気が上がったと言われるイングランドだけど、ヨークシャーは昔から自転車が人気だそうだ。
南欧とは違う独特の白とグレーの入り交じる雲と何も無い緑の草原が美しい。その中をプロトンが抜けていくのは中々の眺め。コースの何でも無いところに、カペル=ミュールか?と思わせるほどの群衆が詰めかけて声を掛け続けるのが異様ですらあった。何も無いし暇なのかなぁ(コラ)。ロンドンオリンピックの時もあったけど、ロードレース観戦に慣れていない慣習に選手が切れるような場面もあったけど。

第1ステージからフォイクト叔父さんの逃げとか、残り1kmでカンチェのエンジン点火とか見所沢山だったのだけど、やはりカヴ君のやらかしかと。マキュワン御大の真似かどうかは知らないけどゲランスにヘッドバッドを浴びせながら強引にコースを取った瞬間にスッテンコロリン。当初は鎖骨を折ったかと思っていたのだけど、結果は脱臼だったようだ。結果として第2ステージをDNSとなった。
驚きはその後に謝罪のコメントを出したことで、更にはゲランスには直接電話をかけて謝っていたとのこと。いつもならプレス経由で罵り合いをするキャラなのに、逆に心配になってしまう。

ウイリアム王子夫妻がスタートに立ち会い、表彰式にも出るということで、イギリス人が勝ってマイヨを着れば話として出来すぎなことに加えて、カヴの母方の実家がゴール地点のハロゲートだったと言う。色々と残念だったろうなぁ。

第2ステージは、最後の最後に勝利を確信したと思われたサガンの横からニーバリがアタック、サガンは結局どっちつかずな感じでスプリントも不発で4位フィニッシュ。なんだかなぁ。まぁ、昔から緑のリクイガス好きとしては、ニーバリの勝利も嬉しいのだけど。

今夜はイングランド最終日。ケンブリッジからバッキンガムを目指すそうな。

|

« 元号 | トップページ | プレッシャー »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/56718537

この記事へのトラックバック一覧です: TdF 2014:

« 元号 | トップページ | プレッシャー »