« ジジイ | トップページ | 「あら、もうお帰りになるの?」 »

2014年8月20日 (水)

心の目で見る富士山

盆の静岡行きですが、やっぱ静岡といえば富士山じゃないですか。

ということで、以前富士山に登頂したときに浅間神社奥宮へ行ったので本宮に行ってみる。

これが富士山頂の奥宮。なんか高校生の団体みたいなのがワチャワチャやってて邪魔だった。

で、本宮は富士宮の駅前にあったのね。というか、行って初めて気づいたけど富士宮って浅間大社のことだったのか。正式には富士山本宮浅間大社といって日本中の浅間神社の総本社だそうな。しまった、年末のフライング初詣に取っておけば良かった。

本殿は家康が作らせたものが残っているそうだけど、神社自体はなんてことなくて、火山弾と並べて何故か南極の石があったのが気になったぐらい。後、裏手に湧玉池という富士の雪解け水が溶岩の地層の間から出てきて出来た池があって、これが本当に透明度高くて綺麗だったんだけど、透明度高そうな写真が上手く撮れなかったので割愛(涙)。

さて、静岡に来たからには他にも富士山ビスタポイントがあるはずなので行ってみる。

まずは日本平。展望台があるらしいのだけど、上っていく途中から五里霧中。着いたときにはどっちに何が見えるのかも良く分からない状態で、本気で20mほど先のロープウェイ乗り場がどこか分からなかった。なので写真無し。

大体、久能山へ渡るロープウェイがこんな感じです。

これあれね。メガテンでよくある奴ね。向こう行ったらラスボス倒すまで戻れない系。

後は何と言っても世界遺産登録するのにセットに出来るかどうか揉めたという三保の松原。

多分、もうちょっと右側に富士山が見えるんだ。心の綺麗な人には。

三保の松原自体は何てこと無い松林なんだけど、砂浜が黒っぽいのが神戸人にはやっぱ違和感あるのよな。白砂青松であって欲しい。
羽衣の松は老朽化して、数年前に3代目に代替わりしたそうです。
三保「羽衣の松」が世代交代しました! ‐ 静岡市
一応見たけど、立派な松の木でした。そんだけ。

とりあえず「火の鳥」を思い出しながら後にしました。

やっぱ、富士山といえば茶畑舐めの絵はがきみたいな奴でしょ、ということで富士宮から少し東の茶畑へ。

もはやどっちに富士山見えるのか知りませんけど、見えるんですよ。心のk(ry

でも、茶畑は中々よい眺めでしてね、少し散策しました。まだ青い栗が沢山落ちていたのは先だっての台風のせいなのかしら。

ということでお仕舞い。静岡、予想はしていたけど見るとこがまるで無いぞ。富士宮で車で行ける良い観光スポットはないのかと検索したら白糸の滝が出てきて絶望した。人というか街はのんびりした感じで良いところですけどね。

|

« ジジイ | トップページ | 「あら、もうお帰りになるの?」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/57123617

この記事へのトラックバック一覧です: 心の目で見る富士山:

« ジジイ | トップページ | 「あら、もうお帰りになるの?」 »