« 阿波の敵を江戸で | トップページ | 逸ノ城 »

2014年9月25日 (木)

秋刀魚

先日、飲み屋の隣の席で一人で秋刀魚塩焼きを食ってたオッチャンが、「どうだ、これは綺麗に食べただろう」と店員に皿を返していた。なるほど見事なもので、綺麗に骨だけが残っていた。

身のついた腹側の肉を残そうとしたり、酷いのは半身だけ食べて「裏返すのが面倒くさい」と裏側を食べない人もいたな。近頃のガキお子様は魚を敬遠するのだとか聞くが、オッサンオバハンでも居るのは居る。

有り難いことに親が魚が好きだし親父は釣りも好きだった事もあって、魚は焼きや煮付けやで食卓に上がり、自然と魚を食すのは不自由ではなく育った。が、一度福井の飲み屋で虎魚の丸揚げを出されて「まだ食べるところあるよ」と言われたときは流石に分からなかったなぁ。

そういえば、知人の会社の人は所謂「娘さんを下さい」挨拶に相手方の京都の実家に行ったときに煮魚だか焼き魚だかを出されたけど、綺麗に食べなければいけないというプレッシャーから骨も残さず食った、という話を聞いた。ゴツイ営業系らしいけど愛の力は素晴らしいものです。近頃は家に帰らない日が多いらしいけど…

|

« 阿波の敵を江戸で | トップページ | 逸ノ城 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/57485491

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚:

« 阿波の敵を江戸で | トップページ | 逸ノ城 »