« 逸ノ城 | トップページ | 佐久の花酒造 »

2014年9月29日 (月)

鶏のむしり

諸事情あって佐久へ行った。

これまた諸事情あって佐久平からではなく軽井沢から行く。

しなの鉄道で小諸へ向かう。しなの鉄道は長野新幹線開通時に切り落とされた横川〜篠ノ井間の内、軽井沢〜篠ノ井を結ぶ第三セクターである。横川と言えば、ということもあってか軽井沢駅にはおぎのやが釜飯屋を出してた。

小諸で乗り換え。JRへの乗り換えに改札は無く、陸橋を渡って隣のホームに行くだけである。小諸駅から出る人も多いみたい。学生時代に展示会で来たことがあるなぁ。小諸と上田。
小海線で臼田というところへ向かうのだけど、おいらの乗ったのは中込行きだったので乗り換えがある。


これは臼田駅ね

中込はJRの営業所があるらしく、複線になっていて全ドアが開く。他の駅は基本的に単線の無人駅だ。ワンマンなので一番前のドアからしか乗降出来ない。
中込で向かいの車両に乗り換えて小淵側行きへ。これで小淵沢まで行けるのなー。
臼田駅は有人駅だった。が、駅前はがらーんとして静かだ。

どうも、臼田宇宙空間観測所というのが車で30分ほどのところにあるらしく「ほしのまち」として村おこしをしようとした形跡のような看板が各地にあった。


遠くにロケット様のものが見える

しばらく西に歩くと千曲川を渡る。北方に廃墟のような大きな建物が見えたのだけど、佐久総合病院という立派な病院だった。

そのまま橋を渡って歩く。車はたまに通るが歩く人とは会わない。金物屋やメガネ屋などがあるがひっそりとして町全体が静かだ。甲州街道歩きでこういう雰囲気には慣れているのだけど、同行のUさんには新鮮なようだ。
暫く歩くとバス道、と言っても1時間に1本か2本程度だったと思うのだけど、道に当たるので右折。

長野はもう寒いと聞いていたけど盆地ということもあってか非常に暑い。時刻も13時前なので飯にする。

何かの事業所のような建物に「鳥忠食堂」の看板。引き戸を開けて入ってびっくりした。子供連れやら何やらで満員。そして賑やか。オマケに待ってるオッチャンが1人いる。街中の人がここに集まってるのか、というような外と中のギャップ。
入ってすぐのホワイトボードに名前を書いて待つこと3分ほどで通された。

来る前に佐久には「むしり」という料理があると聞いていたので、メニューを探すと一品料理の欄にあった。Uさんが「ビール飲みたいですね」というのでオイラも一口もらおうと瓶ビール。若くて愛嬌のあるオネーサンに「瓶ビールとグラス2つ」と頼むと「運転は…」と驚きの顔。前もこんな展開あったな、と思いつつ「電車と徒歩で来たんですよ。東京からです」というと驚かれた。まぁ針の穴を通すようなスケジュールでやってるからね。
「オススメはなんですか?」と聞くと「うーん、みなさんラーメンか、ささみカツ丼が人気ですかねぇ」と。確かに見るとやたらと「ささみカツ」を押しているようだ。ささみカツラーメンなんてものまである。じゃぁ、「鶏のむしり」と「ささみカツ丼」2つで、と注文。

ビールにたくあんが一皿。これが味が浸みている割にしっかりした歯ごたえで美味い。しばらくして、「むしり」到着。


齧り付いた訳では無いです

ベースは塩味で外側がパリパリで熱い。なんというか腿焼きなんですけど絶妙に美味いのですよ。「熱いっすね」「美味いっすね」といいつつ食ってビールで流し込んでいたら、隣のテーブルに「ラーメン大盛り」が来て目を疑った。紛う事なき洗面器サイズ。更に、揚げ物がはみ出した丼が6つほど奥の座敷に運ばれていく。

そのうち、オイラ達にも来ました。

ささみカツ丼。20cmほどの立派なささみのカツが3本ご飯にのっかって、というか乗り切らずにはみ出していて、絶妙な甘辛いソースがかかっております。美味いんですよ、美味いんですがね、多い。まず序盤はカツをかいくぐってご飯を取るのが難しい位。不思議な味付けのスープと共に完食して店を出た。
ちなみに「むしり」が550円、カツ丼が750円だったと思う。CP高いし美味いし、総じてレベル高いので、佐久にいったら是非鳥忠食堂にトライしていただきたい。ちなみに「むしり」は持ち帰れるようなことを言っていた。

そういえばカツ丼待ってる間に iPhone 弄ってたら御嶽山が爆発したとのニュース。軽井沢駅に浅間山の注意があったなぁ、なんて思い出した。

この日の晩飯は18時半からと決まっていたのだけど18時過ぎても腹が減らず、というか寧ろ満腹感があって非常に苦労することになったのでした。

|

« 逸ノ城 | トップページ | 佐久の花酒造 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/57524728

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏のむしり:

« 逸ノ城 | トップページ | 佐久の花酒造 »