« 俺も俺も | トップページ | スカさん »

2014年10月20日 (月)

第15回 若手の夜明け

掲題のイベントに参加するのも何度目か。ただ、近頃はラインナップが同じになってきたので行ってなかった。

今回久しぶりに見たら、普段と異なる蔵が来るし、全部で31蔵というので久々に行ってみることに。土曜の昼の部である。

渋谷駅のマークシティを抜けて神泉町の交差点にある如何にも住友といったガラス張りのビルの入ったところが会場。以前の鉄階段をカンカンと上り下りするホールとはまるで違う雰囲気だ。なんせ天井が高い。

今回は本当に良い酒が多かった。入ってすぐのところの陸奥八仙から反時計回りに大分のちえびじんまでだったかな。グルッと壁沿いに蔵が並んでいました。

夜の部の方が盛り上がるのか、開場当初は人が少ない感じでしたが、会場が広くなったからでしょうか。試飲する側としては有り難いことですね。結局紀土以外の全蔵の試飲をしたら90分経過で閉場でした。ちょっと時間が足りない感じでそこは残念。

今西酒造の方とお話ししたり(残念ながらお世話になった杜氏さんは来られてなかった)、先日佐久に行ったときは開いてなかった澤乃花の方と佐久の話をしたり雪害の話を聞いたり、巌の髙井専務と山形のSさん話で盛り上がったり、歳が近いこともあって楽しかったですよ。後まぁ、この歳ぐらいで敢えて酒造りやってるってことで、みなさん勉強して努力してらっしゃるというのが酒の味からも伝わってくるというものです。

そうそう、先だっての静岡県地酒まつりで樽酒の燗1種類しか出してなかった白隠正宗が、今回はちゃんと3だか4種類だか出していたので聞いてみたら、基本は昔の酒作りと飲み方を目指してるんだそうで。木桶作りかどうかは知らないけど、樽貯蔵で燗で出す、というのをポリシーでやっているんだそうな。ふーん。
燗といえば、確か花巴がお燗マシーンが不手際で届いて無くって…と超燗上がりする酒を常温で出してちょっと悔しそうだった。

17時に終わって、涼しく暗くなった夕方の道をフラフラと歩いて帰ったのでした。

|

« 俺も俺も | トップページ | スカさん »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/57733026

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回 若手の夜明け:

« 俺も俺も | トップページ | スカさん »