« 菊 | トップページ | 平穏な生活 »

2014年10月28日 (火)

差別意識

ゴロゴロっと女性閣僚が2人いなくなって、首相の任命責任云々という話もあるようだけど、女性だっていうので掻き集めた感は否めない訳で。これをもって、女性の能力が云々という議論は筋違いだけど、結局女性を登用します、しました、ってのがアピールになったり、それで喜ぶ有権者が居る内は差別意識が無くなっていないって事だよなぁ。

話変わって南アのラグビー代表 Springboks
Springbok rugby team is still too white – Desmond Tutu

今の若い人にはアパルトヘイトという言葉も「何それ?」って感じかもしれないのだけど、それだけ時間が経っても未だに心理的な「平等」は無いようだ。
どうも南アではラグビーは支配階級のスポーツで、被支配階級はサッカーに興じるという報道が多いのだけど、フィジーだと比較的裕福なインド系がサッカーやったりするみたいだからどうなんでしょうねぇ。フィジアンはラグビーやるけどインド系は余りラグビーはやらないと聞いた。
南アの文化的なものもあるのかもしれないし、いや、その文化はアパルトヘイトの中で醸成されたのだとも言えるのかも。

いずれにせよ、Springboks では2019年の日本でのラグビーワールドカップの時点では白人と非白人をスコッドに半分ずつ入れなければならない事に決まっているそうで、来年のイングランド大会でも努力目標が課せられているのだとか。これ、監督にとっては頭痛いよなぁ。
弱小国ならまだしも優勝も狙える力のあるチームなのに、能力とは別のところで人数計算しなければならない。それも陸上リレーとかじゃなくてポジション別のスポーツだから適材適所ってのがあるし。スクラムのバランスやハーフ陣の連携を二の次にして代表メンバーを選ばなければならないのかも。

これこそ逆に馬鹿にした話のような気がするし差別意識の表れのような気がするのだけど、彼の国にとっては大事なことなんでしょうかね。女性閣僚みたいに。

|

« 菊 | トップページ | 平穏な生活 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/57812717

この記事へのトラックバック一覧です: 差別意識:

« 菊 | トップページ | 平穏な生活 »