« 蝦夷共和国 | トップページ | 限定商品 »

2014年12月19日 (金)

鉄の匂い

STAP問題:小保方氏の「コツ」明らかにならず−−理研会見一問一答
結局、STAP細胞の件はマスコミと理研の質疑が最後までずれたままだったな。「ありまぁす」と言ったばかりにマスコミは「あるのか?ないのか?」という事を言う。有無じゃなくて、出来てたのかどうかというのが問題なのに。
宇宙人を見たという嘘つきを問い詰めるのに「宇宙人はいるのか?」と聞いても「いると信じてる」という明後日の回答が帰ってくる。それに宇宙人がいる可能性は0ではないし、今後見つかる可能性もある。細胞を初期化して万能細胞を作ろうって頑張ってる研究者はいるでしょうよ。

未だに「制約があって」云々とか言ってたそうだけど、だからノートはきちんと取りましょうね、と実験の初日に口酸っぱく言われるわけです。大学1年の化学実験で。必須でしたけどね、うちでは。

定性分析の日に、授業をろくに聞かず(普段からボーッとした感じだった)に実験に挑んだTが、適当な検出結果を持って行って「なんで鉄が入ってると判断したの?」と教授に聞かれたときの「鉄の匂いがしました」という迷言は同期の間の伝説ではある。奴のノートには何も書いてなかった。どういう順番でどういう試薬を加えたのか、加熱をしたのかしなかったのか。何も書いてないからどこで間違えたかも分からない。

今回の小保方某の「コツ」というのも、結局白紙のノートと同じレベルの話なのだけどな。そこをマジメに「コツは明らかになったのか?」とか突っ込んでも、それ以前の問題だから。「コツってwww」というのが正しいツッコミだと思う。
それにしても、あの代理人のオッサンは退職で急にハシゴ外された感じなんじゃ無いかしら。退職しても懲戒はあるから仕事は続くんだろうな。

|

« 蝦夷共和国 | トップページ | 限定商品 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58313558

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄の匂い:

« 蝦夷共和国 | トップページ | 限定商品 »