« 鉄の匂い | トップページ | さしみ醬油 »

2014年12月22日 (月)

限定商品

限定スイカ「全員購入可」に…東京駅に希望者殺到、販売中止で

100周年にとんだ汚点を残したものだけど、そもそも何故限定にしたんだろう?と考えると謎が深まる。

「限定XX点」「今月末まで」というのはテレビショッピングやスーパーのタイムセールから、B2Bの営業現場まで使われる手法だけど、目的としては「早く売りさばく」「高く売る」「集客」などが考えられる。いわゆるマーケティング手法の超基本的な奴ですな。

でも、今回のJR東日本の場合、理由がよくわからん。地方の駅がやるなら鉄ちゃんが集まって意味があるかもしれないけどなぁ。何となく「XX周年グッズは限定数量で」という縛りがあるのかな。
まぁ不良在庫を抱えにくくなるってのがあるけど。時機を逸したボジョレー・ヌーボーとか冬限定ビールとか痛々しいからな。

以前、FC東京が「おでんくん」なるアニメ?とのコラボグッズを販売したときにも、買い占めみたいなことが起こってクラブが謝罪するということがあったんだけどな。
【追記】おでんくんコラボグッズ販売について【お詫びと受注販売のご案内】

あの時は所謂「転売ヤー」が割り込んだり一人で5とか10とか買っていったのが居たとか。結局、普通に通販で買えるようになってしまったもんで、転売屋はおでんくんに囲まれて涙目だったと思うんだけど。

今回のSuicaも方法は示されていないものの「希望者全員に行き渡るよう」にするらしい。一方で既にオークションで落札した人が居るとか。
東京駅100周年スイカ、ネットで高値 20万円で落札も

金銭の授受は終わったのかこれからなのか。興味あるところだなぁ。

|

« 鉄の匂い | トップページ | さしみ醬油 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58341447

この記事へのトラックバック一覧です: 限定商品:

« 鉄の匂い | トップページ | さしみ醬油 »