« 最終節 | トップページ | 手びねり »

2014年12月 9日 (火)

ミニスカ

かれこれ何ヶ月になるか。

徒歩通勤の途中で必ず遭う女性がいる。いつも帽子を目深に被っているのでハッキリと分からないけど、ガッツリ刻まれたほうれい線から察するに50歳ぐらいなんだろうか。で、チャリンコで向こうからやってくる。
大体いつもすれ違うのが、大きな交差点を渡ってしばらく行ったところの長い直線の歩道なのだけど、オイラの姿を認めるといつもミニスカートの裾を伸ばして隠そうとする。

あのさぁ、見られるの嫌ならミニスカート履くなや。という以前に、オバハンのパンツ見たところで何も嬉しくないんじゃ。って書くと若い女の子のパンツは見たいのかとか、見えたら嬉しいのかグヘヘとか誤解を招きそうだな。
何にせよ、その仕草に毎朝イラッとする。気持ちいい青空の下を歩いていてもそこからオフィスまで15分ほどドンヨリする。

オイラがガキの頃に、オカンは結婚しているのに(もう男にアピールする必要が無いのに)何故化粧をして出かけるのかと聞いたところ「素顔で外に出たら周りに迷惑でしょ」という回答を得た。なるほどと膝を打ったものである。
この心意気があのBBAに伝わらないものか。社会の迷惑ですよ。履くのは自由だけど、だったら気持ち悪くない程度に堂々としていて欲しい。何だよ、あの勝手にこっちが興味あるような設定で「いやー、みないでよー」みたいなアクションは。がっぺムカツク。

|

« 最終節 | トップページ | 手びねり »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/58217603

この記事へのトラックバック一覧です: ミニスカ:

« 最終節 | トップページ | 手びねり »